リストラでクビになったその後|不安な気持ちを切り替えたい人に向けた話

今この記事を読んでいる人はクビを言い渡されて、今後の未来が不安で調べていきついた人も多いのではないでしょうか?

クビになった後の生活は?リストラを拒否した人間のその後はどうなる?リストラをした企業のその後はどうなる?と色々と疑問を抱く人も多いでしょう。

こういった疑問を解消すべく、この記事ではリストラでクビになった人のその後について解説していきます。

▼クビになったけどそもそもリストラとは?という方はこちら

リストラとは?|そもそもよくわからない人に向けてイチから解説

リストラされました。クビです。

リストラを受けたその後

©kunewave/stock.adobe.com

会社でクビを言い渡されました。いわゆるリストラです───。

いきなりのリストラ、築き上げてきた毎日の幸せがある日とつぜん崩れ落ちたような気持ちになるでしょう。

収入は?家族は?今後の生活はどうする?といったことから、クビを宣告されたショックから立ち直れない人も多いでしょう。

優秀な人はすぐに気持ちを切り替えて、次の方向に目を向けることができます。

フィールドでプレーする誰もが必ず一度や二度屈辱を味わわされるだろう

打ちのめされたことがない選手など存在しない

ただ一流の選手はあらゆる努力を払い速やかに立ち上がろうとする。

並の選手は少しばかり立ち上がるのが遅い

そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。

テキサス大フットボールコーチ ダレル・ロイヤル

稲垣理一郎・村田雄介 アイシールド21,集英社,2003年,3巻86ページ より引用

しかし多くの人は、すぐに気持ちを切り替えることはできません。

中には気持ちを切り替えるタイミングを見失う方もいらっしゃいます。サンクコスト効果により意地でも残ると考えてしまいがちです。

サンクコスト(埋没費用)とは、「すでに支払ってしまい、取り返すことのできない金銭的・時間的・労力的なコスト」のことです。

そして、「サンクコスト効果」とは、「すでに支払ったコストを取り戻そうとする心理効果」です。サンクコスト効果の影響を受けてしまうと、サンクコストに気が取られ、合理的な意思決定ができなくなります。

引用:サンクコスト効果とは?どこよりも分かりやすい入門編 |マケフリ

 

クビになった後に、どのように気持ちを切り替えるかを紹介したいと思います。

現在の支出、リストラ後の収入予想、老後までに必要なお金を把握

その不安、漠然としていませんか?

クビを宣告されて、今までの生活が脅かされる不安があるかもしれませんが、果たして本当でしょうか?

 

巷ではリストラ後の転職活動は厳しいという話もあり、それについて不安を抱く方もいらっしゃると思います。

ただ、実際に転職活動をしてみたら、うまくいく場合もあるかもしれません。

 

また支出と収入の家計バランスを見直したところ、そもそもそこまで給与にこだわらなくても問題ないといった場合もあります。

支出は減るものの、時間は増えるから副業に時間をあてようといった考え方もできたりします。

リストラされたその後の人生。意外と何とかなる

気の持ちようとして役に立つのが、本を読むことです。

その際に、自分とは違う視点を持つ人や違う視点の考え方に触れると、自分の視野も広がります。

▼気のもちようが楽になる本はこちら

今まで働いていた環境の中から飛び出してみると視野が狭かったな、意外と何とかなるもんだと思ったりします。

そう思えるようになることが第一歩です。

中高年のリストラ事情を正しく理解する

リストラは客観的に判断することが大事です。

悲観的過ぎるのもよくありませんが、楽観的すぎるのも危険です。

しっかりと情報収集することが大事になります。

▼中高年のリストラ事情について知りたい方はこちら

https://hitoshia.com/media/work/restructuring/middle-aged/

リストラ拒否をしたその後は?

残る、残らないはその人の自由ですが、個人的にはリストラを拒否して残るよりも、次の職場を探す方が得策だと考えます。

リストラ部屋に配属された段階で給与は下がっていくため残り続けてもジリ貧ではありますし、我慢し続けるのも精神的にはきついです。

また未来がないよりも、未来がある方が人間は頑張れるます。

 

詳しくは以下の記事をご覧ください。

▼リストラを受けて残るべきか迷っている方はこちら

リストラを受けても残るべきか?迷ったら一読必須【一人で抱え込むのはNG】

▼リストラ部屋の記事はこちら

https://hitoshia.com/media/work/restructuring/room/

▼リストラ拒否の記事はこちら

https://hitoshia.com/media/work/restructuring/reject/

リストラした会社のその後は?

リストラした会社のその後は、正直企業によってそれぞれです。

 

そもそもリストラをして会社の経営は回復するのか?と疑問に抱く人もいるのではないでしょうか?

企業が利益を出すには、原価と販売管理費の金額よりも売上を出す必要があります。

売上-原価-販売管理費=利益

売上を最大化するために従業員がいますが、大きく売上に貢献する社員もいれば、赤字社員もいます。

赤字社員分の費用がなくなれば、相対的に利益はあがります。

 

またリストラをした場合、株価が上昇する場合もあります。

リストラがなぜ株価を上昇させるのか?

(1)人件費などの固定費を削減して利益率を高める。

(2)無駄な資産を廃棄して資産回転率、つまり資産効率を高める。

この2つがROEを上昇させるために、PERに変化がないことを前提として、株価は上昇するということになります。

引用:なぜリストラで株価が上昇するのか?

リストラをした企業の株価は上昇する傾向はあるものの、もちろん絶対ではありません。

本来は社員をリストラしなければならないほど切羽詰まった状況ではあります。

大企業ならまだしも、中小企業や零細企業の場合、リストラを拒否したとしても倒産して職を探さないといけない可能性は十分にあります。

まとめ

リストラのその後はどうなるかという皆さんが気になる点について解説しました。

他にもリストラに関する記事を随時更新していますので、是非チェックしてみてください。

参考:リストラに関する記事一覧|ヒトシア

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部

ヒトシア編集部です。 シニアの方々の、これからの人生がイキイキとなるような記事を執筆していきます。 毎月、ヒトシア編集部員が旅行、趣味、仕事、健康・美容、終活、介護についての先進的な取り組みをしているサービスや企業の事例をお届けします! フェイスブックを登録するとお得な情報を素早く取り入れることができます。

関連する記事

記事のカテゴリ