生活相談員の仕事内容とは?初めてや資格なしでもなれるのかも解説

介護施設やデイサービスなどの介護サービスでは生活相談員が配置されています。利用者や介護職員、ケアマネジャーなどとの円滑な連携を行うための相談窓口である生活相談員とはどのような職種なのかをご紹介します。

生活相談員とは

生活相談員とは、特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの入居施設やデイサービス、ショートステイなどの在宅サービスにおいて、利用者が適切な支援を受けることができるように、利用者や家族との相談業務やケアマネジャーや行政などの関係機関との連携・調整などを行う役割を担う職種です。生活相談員はソーシャルワーカーと呼ばれることもあります。

また、介護老人保健施設では生活相談員ではなく、支援相談員と呼ばれていますが、主な業務内容は生活相談員と同様です。

ケアマネージャーとの違いは?

ケアマネジャーは介護保険サービスの利用にかかる、利用者のケアプランを作成するのが主な仕事です。利用者や家族の抱える課題やニーズを把握し、適切な介護サービスの提供ができるようにケアプランを作成し、サービス事業者ではケアプランに基づいた介護サービスの提供を行っていきます。

ケアマネジャーと生活相談員の違いは、ケアマネジャーは介護サービスの全体のケアプランを作成し方向性を示します。一方、生活相談員は、ケアプランに位置付けられた目標の達成を可能にするために、介護サービスの提供を行う上で必要な連携や調整などを通して、情報の共有や時には関係機関との連携を図るという重要な役割を担っています。そのため、日常生活上の細かい部分にまで意識を向けて行くのが生活相談員であると言えるでしょう。

ケアマネジャーの仕事内容とは?資格の難易度や給料、やりがいを紹介

どこでどんな仕事をするの?

生活相談員は特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの介護施設やデイサービス、ショートステイなど様々な事業所に配置が必要とされています。働く場所は違っていても、基本的な業務内容に大きな変わりはなく、相談業務や多職種や関係機関との連絡・調整を行う業務が中心となります。

生活相談員は、他の業務との兼務を行うことは少ないですが、小規模のデイサービスでは配置されている介護職員の数が少ないこともあり、空き時間には利用者のケアやレクリエーションなど介護スタッフのサポートを行う必要がある職場も見られます。

また、逆に介護施設では入居者100人に対して生活相談員が1人という場合もあり、入退所の手続きや家族との連絡調整等で多くの時間を費やしている職場もあり、職場によって業務の範囲や業務量に違いが見られています。

生活相談員になるには

生活相談員になるための特別な資格というのはなく、生活相談員になるための要件は、都道府県で定められいます。一般的には、社会福祉士、精神保健福祉士、社会福祉主事任用資格を保有していることとしていることが多いようです。

しかし、神奈川県では「介護保険施設または通所系サービス事業所において常勤で2年以上(勤務日数360日以上)介護業務の実務経験があること」が生活相談員の要件とされています。また、大阪府では介護福祉士や介護支援専門員の資格を持っていれば生活相談員になることができます。

このように、都道府県によって生活相談員の要件には違いがみられるため、事業所の所在地の要件はどのようになっているかを事前に確認しておきましょう。

未経験や資格がなくても大丈夫?

事業所の求人の内容によっては、生活相談員の要件を満たしていれば、未経験や資格が無くても採用してもらえることもあります。

なぜなら、生活相談員は、利用者だけでなく家族や他の事業所などと接する機会が多く、その事業所の顔とも言える存在です。そのため、経験や資格よりも人柄や相談業務やコミュニケーションのスキルを重要視されることも多く、経験や資格がなくても生活相談員になるチャンスは十分にあります。

生活相談員に必要なスキルは?

生活相談員は、いろいろな立場の人から相談を受けたり、時にはクレームへの対応をする必要があり、話しやすい雰囲気を持っていることが望まれます。また、一つのことにこだわらず、広い視野で物事を多角的に見ることができると課題の解決をスムーズに行えるでしょう。このほか、生活相談員は多くの業務を担っているため、それらを段取り良くこなしていくことができるスキルが求められます。

給料はどれくらい?

厚生労働省の発表した「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」によると、2020年の正社員の生活相談員の基本給は213,000円で、各種手当や賞与、処遇改善加算を加えた平均給与は34,310円となっています。これは、その前年度の2019年から1万円程度増加しており、生活相談員の給与は多職種と比較しても決して低賃金ではないといえるでしょう。

介護職の給料|安いって本当?2021年には上がるの?徹底的に解説

生活相談員のやりがい

生活相談員はケアマネジャーなどから利用者の紹介を受け、利用される前から契約などの手続きで利用者や家族と関わります。最初はいろいろな課題やサービスの利用に不安を持たれていた利用者が、徐々に自分たちが提供する介護サービスに慣れ、生活の状況が改善するなどの変化を身近に感じることができます。

また、相談を受けサービスの利用につなげることで、時間をかけて信頼関係を築くことが可能です。利用者や家族、ケアマネジャーなどにとって自分の存在がかけがえのないものになり、感謝の気持ちを伝えられることもあり、そのような事は仕事をする上で大きなやりがいになっていきます

介護でやりがいを感じるときは?仕事内容や働くメリットを紹介!

大変なところやストレスに感じることは?

悩みや不安を抱えている利用者の対応は決して思い通りに上手くいくことばかりではありません。事業所の窓口の立場である生活相談員は、時には苛立ちをぶつけられたり、自分たちの不手際のクレームを受けることもあります。そのような時には、自信を無くしたり悔しい思いをすることもありますが、不慣れなうちは常に相手の立場に立って物事を考える大変さやストレスを感じることもあります

しかし、いろいろな人と接する機会が増え、対人援助のスキルが向上すればそのような事が起こる前に対処できる方法を身につけられるようになるので、常に勉強であると考えれば乗り越えて行けるでしょう。

生活相談員に向いているのはどんな人?

生活相談員は、対話を通じて相談援助を行っていきます。そのため、相手が話しやすい、頼れる感じがするような雰囲気や人柄を感じることができるような人は生活相談員に向いていると言えます。普段の日常生活で相談事を持ちかけられることが多い、人の相談にのることが好きという人にはぴったりの仕事です。

また、利用者の抱えている課題の解決に向けて広い視野や知識が必要になります。時にはいろいろな人に意見を求めたり、相談することが必要になるため事業所の枠を超えて連携を取るという意識が求められます。

介護の仕事に向いている人の特徴とは?自分に合った職場の探し方も紹介

まとめ

生活相談員は、直接的なケアを行うだけでなく利用者や家族を支えて行く立場であり、事業所の窓口になります。そのため、幅広い知識やたくさんの人と連携を取っていくなど、その業務内容は決して簡単ではありませんがとてもやりがいのある仕事です。

介護の知識だけでなく、人と接する対人援助技術やこれまでの介護の経験を活かすこともできるため、キャリアアップの一つとして、生活相談員として活躍することを考えてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ