事務職のやりがいや魅力とは?辛いことや向いている人の特徴も紹介!

一見、事務のお仕事は単調な作業を繰り返しているように見えます。しかし、実はその中にも楽しみや達成感が多々あります。また反対に、落ち込むことや残念な気持ちを抱くこともあります。

そこで実際、事務職の現場で10年以上勤務した筆者が事務ならではの「やりがい」や「やりがいの無さ…」を体験と共にまとめましたので最後までご覧ください。では、ざっくり事務のお仕事内容からお話していきましょう。

事務の仕事内容

事務の仕事は、業務をスムーズに進めるためのサポートを行います。例えばExcelやWordで書類作成をする、電話や来客の際に会社の顔として丁寧な対応を行う、また郵便物の仕分けや備品管理など環境を整えます。よく事務職はデスクワークのみの仕事と誤解されやすいですが、商品発送に伴う梱包や不要書類のシュレッダーを行うなど、意外と動きのある作業 も多いです。

そのため会社にもよりますが、自分でスケジュールを立て「静」「動」バランスよく業務を進めていくことができますけます。

事務職の種類

事務職は種類が豊富で、求められるスキルもそれぞれ異なります。例えば営業事務の場合、営業マンとの連携が多いためコミュニケーション力が必須です。また医療事務の場合、専門用語が多いため前もって資格取得をしておくと入社後スムーズに業務を進めやすいです。

その他、貿易事務や学校事務、介護事務や経理事務などあるため、求職活動の際は、業務内容を確認し自身にあったお仕事を選んでいきましょう!

事務職のやりがい・嬉しかったこと

日々、単調作業をしているように見える事務職ですが実は「楽しい!」「嬉しい!」と感じる瞬間があります。そんな出来事に出会えるとモチベーションにも繋がりますよね。詳しく見ていきましょう。

感謝される

事務員は、上司や同僚から作業を依頼されることが多いです。その中でも特に雑用(新聞整理や大量コピーなど)は、気が抜けそうになります。しかし、そういう時こそ気を引締め丁寧な作業を積重ねていくと中、信用が残り感謝され自信にもつながっていきました!

上司や同僚に労いの言葉をかけられた

チームで1つのプロジェクトを任された際、「お客様からのクレームが一切なかったよ、本当にありがとう!」と声をかけて頂き表彰をされた際、とても嬉しく誇らしかったです。承認されることはモチベーションにも繋がりますね!

定時までに仕事をやり遂げた

会社にもよりますが、事務職は定時に帰りプライベートの両立もしやすいのが特徴です。しかし、急な依頼やお客様からの問合せで残業の可能性がでた際、全ての経験や知識を駆使し定時で業務を終了できたときは高揚感に包まれます。

自分の成長を感じた時

入社した際は、分からないことも多く先輩から注意をされることがあります。時には、怖いお局様に出会うことも。しかし、ある時点から怒られることが減り、逆に「教えてほしい」と言われたとき自身のスキルアップを感じ、さらに成長への意欲が湧きました。

社会人としてのマナーが身につく

特に、電話やメール、郵送物は相手の顔が見えないため少しの間違いで誤解を招きかねません。そこで、大きく役に立つのがビジネスマナーです。事務職では自然と言葉使い、文書作成など相手との良好な関係を保つためのマナーを実戦で学べるため日々の振舞いが豊かになります。

やりがいを感じられない時・つらいこと

単調な作業になりやすく毎日、同じ人との関りで視野が狭くなりがちなのが事務の特徴でもあります。これからお仕事を探す際の参考にしてください。

仕事が単調・同じことを繰り返す時

営業職や接客業と違い、事務は同じ人たちと同じ場所で明確なゴールがない中での作業が多いため、楽しみや達成感を自分で見つけていく必要があります。モチベーションを保つためにも、他部署の人と仲良くなり情報交換をするなどオススメです!

何のために仕事をしているのか分からなくなる

事務職は、1人で全工程を行うというよりは一部の工程を任され作業をサポートするため、自身の実績や日々積上げているという実感を抱きにくいです。

また、「誰にでも出来る仕事」と感じやすいため例えば資格をとってスキルアップを続けるなど、視野を広げ自分らしい道を模索することをオススメします。

前人からの引継ぎがない

今ではあまり珍しくないですが、会社によって引継ぎやマニュアルが準備されていないことがよくあります。そのため、入社後に手探りで作業を進める必要があり、何をするにも時間を要します。しかしその分、自身のスキルと作業スピードは格段と上がりました。

自身のやり方を否定される

ある程度、事務経験を積むと自分のやり方やペースが掴めてきます。しかし、それがどこの会社でも受入れられるとは限らず時には否定されることもあります。そんな時は、やはり落込みますが、自分をアップデートするチャンスと捉え良いものは積極的に取入れていきましょう!

事務職のメリット・デメリット

事務職ならではの「メリット」「デメリット」を理解したうえ、自分が希望するお仕事に近いものを効率的に見つけていきましょう。

メリット

パソコンスキルが身につく

何といってもパソコンのスキルが身につくため、知識をさらに深めていくと転職の際どこの会社からも重宝されます。

ビジネスマナーのスキルアップができる

パソコンスキルと同様ビジネスマナーも、いちど身に付けてしまえば一生使え日常でも役に立ちます。また人間関係もスムーズに構築していけますよ!

勤務時間が規則的

ほとんどの会社が「始業・休憩・終業」の時間や休日が決まっているため、家庭との両立がしやすいです。

求人がある

年間を通じて、事務職の求人は多いため自身に合った勤務時間や距離を考慮し探していきやすいです。

体力的にきつくない

職種によっては、体力を要するものもありますが事務職は比較的少なく、行っても軽作業程度なためさほど心配はないと考えて良いでしょう。

デメリット

ルーチンワークが多い

特に事務は、定型業務が多いです。週、月、年で見ても同じような流れで作業も進んでいくためあまり刺激はありません。

デスクワークがメイン

動く作業があるといっても、やはりメインはデスクワークになるため体がなまり易く、肩こり、眼精疲労はつきものです。

事務職に向いている人とは?

事務職は、何といっても「人とのコミュニケーションが好き」「パソコン作業が苦でない」人にオススメです。もちろん会社によって求められるパソコンスキルは変わりますが、それは自身に足りないと気づいた時、都度アップデートをしていけば良いことです。

また、いくらデスクワークがメインとはいえ黙々とパソコン画面を見ているわけではなく、他者との関わりの中で事務のお仕事も成り立っているため、「コミュニケーションが好き!」は大きな武器になります。

まとめ

事務の仕事は、一見地味で刺激がないようにも見えますが、人の役に立てる喜びや自身の成長を確認できるなど「やりがい」を感じられる場面が多々あります。しかし、事務ならではのデメリットもあるため、求職活動の際は、生活サイクルや体調面を考慮しながら探していくことをオススメします。

また、事務職は「なにか特別なスキルがないといけない…」と思われがちですが、基本的なパソコンスキルやコミュニケーションが好きであれば特に問題はありません。年間を通じて求人も多いため、あまり考えすぎず飛び込んでみるのも手ですよ。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部

ヒトシア編集部です。 シニアの方々の、これからの人生がイキイキとなるような記事を執筆していきます。 毎月、ヒトシア編集部員が旅行、趣味、仕事、健康・美容、終活、介護についての先進的な取り組みをしているサービスや企業の事例をお届けします! フェイスブックを登録するとお得な情報を素早く取り入れることができます。

関連する記事

記事のカテゴリ