介護でやりがいを感じるときは?仕事内容や働くメリットを紹介!

介護の仕事は、やりがいを感じられることが多く、「楽しい」「自分には向いている」と語る介護職員がたくさんいます。外からではなかなか分からない介護の仕事や魅力を、実際に介護現場で働く人の意見とともにご紹介します。

介護業界に興味をもたれている方や、介護の仕事を始めるかどうか迷われている方は、是非参考にして見てください。

そもそも介護の仕事内容とは

介護の仕事というと、高齢者のお世話をするイメージがあるかも知れません。しかし、介護の仕事は、直接的なケア以外にも幅広い仕事がありいろいろなことを行います。

利用者の介助

介護の仕事は、介護を必要としている人への介助が基本です。

要介護者が自分ひとりで行うことの困難な着替えや入浴、排泄、歩行の介助やベッドから車いすなどへの移乗の介助をなど、直接からだに触れて行う介助は「身体介護」と呼ばれます。身体介護には力を使う場面もあり、介護の仕事はある程度の体力が必要になります。

利用者やその家族とのコミュニケーション

介護サービスの利用者やその家族とのコミュニケーションも、介護の重要な仕事のひとつです。介護は要介護者が自立した生活が送れるようにすることを目標とします。

しかし、その過程でさまざまな課題が生じます。各々が抱えている課題や不安などを、傾聴、受容、共感というコミュニケーションのスキルを使いながら引き出していかなくてはなりません。

また、認知症の利用者の方への対応を学んだり、高齢者や家族と良好なコミュニケーションを心がけて対応していきます。

環境整備

自宅や施設の居室など、利用者の生活されている環境を整え、日常生活が問題なく行えるような援助をします。たとえば、掃除や洗濯、ベッドメイキング、食事の準備、配膳・下膳などを行います。

また、施設やデイサービスなどでは、単調な生活にならないような工夫が必要です。具体的には、介護が必要な状態になっても、楽しみを持って生活ができるように、レクリエーションやイベントを行います。その企画や準備、実施なども介護士の仕事になります。

介護記録の作成

介護士は介護サービスで実施したことや、要介護者の様子などの介護記録を作成します。その日の担当者が身体の状況や、食事摂取量、排尿・排便回数や特記事項、その日にあった出来事などを具体的に記録して、他の職員と共有します。

介護記録は、自分以外の人が見てもわかるように記載しなければなりなりません。また、手書きの記録ではなくパソコンやタブレットで入力する事業所が増えてきているため、これらに慣れていくことも必要です。

介護職のやりがい・嬉しかったこと

介護の仕事は、「やることが多く忙しくて大変」というイメージがあるかも知れません。しかし、「介護を必要とする利用者や家族の役に立っている」と、やりがいや嬉しかったと感じる場面も実は多いのです。

感謝されたとき

介護の仕事をしていると、利用者から「ありがとう」と感謝されることが本当に多いです。人から感謝されるということは、自分が役に立っているという自己効力感を満たすことにつながります。

自分では、仕事として特別なことをしているつもりはなくても、感謝されることによって仕事にやりがいを感じ、そこから介護の仕事が大好きになったという介護士はよく見られます。

自分の成長を感じられる

慣れない介護の仕事のなかで、最初は上手くできなかったことでも、徐々にできるようになってきます。

また、自分より長い人生を経験されてきた高齢者と接することで、自分の人としての未熟な部分に気付かされることがあります。高齢者だからこそ、自分の良くない部分を指摘されることもあります。

それらを謙虚な気持ちで受け止めることで、人として成長していくこともできるでしょう。介護技術だけでなく、仕事を通じて自分を成長させることもできるのが、介護の仕事の素晴らしいところです。

利用者について深く知れる

介護の仕事をするには、利用者との信頼関係がなければ良いケアができません。そのためには、利用者の日常生活についてや嗜好、考え方などひとりの人間として深く知ろうとしなければなりません。その上で、相手の望む介護はどのようなことかを考えてケアに活かして行きます。

しかし、すべての要介護者が、自分のことを全てさらけ出してくれる訳ではありません。必要なことは聴きながら、相手の話したくないことに配慮するなどの工夫が必要になってきます。このような、決して上辺だけではない対人援助にやりがいを感じる介護士は沢山います。

在宅復帰など利用者の目標を達成できた時

介護の仕事は、それぞれの利用者がどのような状態になることを目指していくのか目標を立てて、それに向けて必要なケアを実施していきます。

例えば、在宅復帰を目指すためにはリハビリだけでなく、食事や更衣など身の回りのことの自立を目指します。目標達成の向けたケアを実施した結果、自分が関わった利用者が目標を達成し、無事に在宅復帰できた時には、自分のことのように嬉しいものです。

ストレスを感じることは?

介護の仕事は、やりがいがある反面、ストレスを感じることもあります。ストレスの感じ方は人によって違いますが、その原因の主なものは次のようなものがあげられます。

身体的負担

介護の仕事は、入浴介助や排泄介助、ベッドからの移乗などの肉体労働が多いです。そのため、体力を消耗したり、腰痛を発症することがあります。また、施設での介護では交代勤務により、生活リズムが不規則になります。これらのことが蓄積すると、身体的な負担が大きくなりストレスになります。

身体的な負担の大きさは、働く場所や職種によって違いがあるので、自分に合った職場選びをすることで、ストレスの軽減が図れるようにするとよいでしょう。

人手不足

介護業界では、超高齢社会が進んでいることもあり、介護人材の不足が最大の課題となっています。そのため、事業所によっては慢性的な人員不足に陥り、その負担が現場の介護職にかかっている場合があります。

そのような職場では、新しい人が入ってきては退職を繰り返すなどの悪循環を来しており、夜勤回数が多くなったり、休みがとりにくくなるようです。そのようなところでは、十分な休息や自分の時間を持つことが難しくなるなどの理由から、ストレスを感じることになります。

人間関係

職場の人間関係はストレスに大きな影響を与えます。介護の現場は年齢やそれまでのキャリアの違う職員がチームで利用者のケアにあたらなければなりません。したがって、職員同士の人間関係が良くないと、日頃のケアにも影響します。

お互いの価値観を大事にするような環境でない場合、それは大きなストレスになります。また、利用者や家族を大切にするのと同様に、そこで働く介護職員を守ってくれるようなリーダーや管理者かどうかも重要なポイントです。

利用者やその家族との関係

介護の仕事は、人と接する仕事であり利用者や家族と良好な関係を持つことは非常に大切です。しかし、中には一方的な要求をされ対応に苦慮する場合や、認知症の方の暴言や暴力行為など、対応が難しくストレスを感じることもしばしばあります。

このような場合には、決して一人で抱え込まずに、職場全体の問題として解決策が見出せるように働きかけることが大切です。

介護職に就く魅力・メリット

介護の仕事は年齢に関係なく仕事に就くこともでき、介護職で得られる魅力やメリットは色々あります。

シニアになってから働き始めても、キャリアアップできる

介護の仕事は、子育てがひと段落したり、セカンドキャリアとしてシニアになってから働き始めることが可能です。

また、それまでの人生経験や家事のスキルを活かすことができることに加え、経験と資格の取得によってキャリアアップを図ることができ、介護の仕事をし始めた年齢によるデメリットがありません。

そのため、色々な年代の人が介護職として働いており、シニアから始めても若い人ばかりで居心地が悪いと感じることは少ないでしょう。

介護の資格にはどんな種類があるの?とり方や難易度なども解説!

生活スタイルに合わせて働ける

介護の仕事では、仕事の内容や職種によって違いはありますが、自分の生活スタイルに合わせて働くことができます。

例えば、デイサービスのように日曜日が休みの場合が多い職場や夜勤のない職場、訪問介護のように、自分の都合に合わせて仕事をする曜日や時間を決めることができる仕事があります。また、自分の都合のよい時間でパートとして働くことが可能な職場もあります。

そのため、子育てや介護などと仕事の両立がしやすく、子どもの成長や介護の状況に合わせて仕事のスタイルを変えていくということも可能です。

今後も必要とされ続ける安定した仕事で、求人が多い

超高齢社会の我が国では、これから先も当面の間、高齢者の人口が増えていきます。そのため、介護人材はまだまだ需要が高く今後も必要とされる仕事です。それに伴い、求人の数が多く、自分に合った職場を見つけやすいという点は大きなメリットです。

介護職に向いている人

介護の仕事は、やりがいが大きい反面、ストレスを感じることもある仕事のため、向き不向きがあります。次のような人は介護に向いています。

人と話をすることが好き

介護の仕事では、利用者や家族とコミュニケーションをとることが重要です。日常の何気ない会話を通して、季節感を感じたり、生きていることを実感することができます。積極的に会話をしてくれる介護士は、刺激の少ない高齢者にとってはありがたい存在であり、介護の仕事に向いています。

気配りのできる人

介護の仕事では、介護を受ける利用者や家族は遠慮してしまい、自分の意見や希望などを伝えづらいと感じておられる方もいます。ですから、忙しい業務の中でも、利用者や家族がどのように感じておられているのかを察知でき、気配りができる人は介護職に向いているといえます。

ストレスを溜めない

介護の仕事は、ストレスがかかりやすい仕事です。しかし、同じようなストレスがかかっていても、ストレスが蓄積して体調に影響をきたす人もいれば、それを上手に発散することができ、溜め込まない人がいます。後者のような人は介護職にぴったりです。

介護の仕事に向いている人の特徴とは?自分に合った職場の探し方も紹介

まとめ

介護の仕事は、大変そうというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、それ以上に人からに感謝されることや、ほかの仕事にはない大きなやりがいを感じることができるため、仕事を始めてから、介護の仕事が好きになったという方も多いです。

また、介護施設や通所、在宅での仕事など介護の職場はいろいろとあり、たくさんの求人がありますので、自分の希望にあった仕事の内容や時間で働くことのできる職場を見つけることもできるでしょう。ぜひ、再就職先として介護の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ