介護は資格なしでも働ける?無資格・未経験でもできる仕事内容を紹介

団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題を控えて、介護職員のニーズがますます高まっています。そのような背景もあり、介護の仕事は新卒の若い人だけでなく、異業種から転職される人も多く、さまざまな場面で活躍されています。

介護の仕事への転職や再就職を検討するうえで、資格が必要なのか気になる方も多いでしょう。今回は、資格がなくても介護職として働けるのかや、無資格ではどのような仕事を任されるのかについて解説いたします。

資格なしでも、介護現場で働ける?

介護の仕事に関連する資格は介護職員初任者研修や介護職員実務者研修、介護福祉士、社会福祉士など多岐にわたります。そのため、介護の仕事は有資格者でなければできないと思われている方もいるかもしれません。

ところが、介護の仕事は資格なしでも就くことは可能で、実際に働ける場所はたくさんあります。つまり、介護に関連する資格は数多くありますが、ケアの現場では資格の有無に関わらず、活躍することが十分可能であるといえます。

未経験で資格なしでも大丈夫?

たくさんの介護職員が必要とされる介護業界では、未経験資格なしでの求人募集も多く見られています

未経験ではあるが介護の仕事を希望される場合は、未経験者でも現場で業務を通じて必要な技術や知識が得られるように、初任者教育に力を入れていて、慣れるまでしっかりとフォローをしてくれるような事業者を探すようにすると良いでしょう。

そのためには、面接時に入職後はどのような研修を行ってもらえるのかや、補助が付かずに1人で仕事を行うようになるまでのスケジュールなどを具体的に聞くようにしましょう。

▼介護に関する仕事の資格一覧はこちらの記事をチェック

介護の資格にはどんな種類があるの?とり方や難易度なども解説!

仕事内容は介護補助が多い

介護の資格を持っていない場合でも、介護施設や通所系の施設で働くことが可能です。介護の経験が浅く、いきなりご利用者の身体に直接触れるのが怖い場合には、介護職員をサポートする介護補助の仕事を選ぶようにすると良いでしょう。

施設での仕事

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの入所施設やデイサービスなどの通所系の施設では一人ひとりのご利用者に応じた沢山の介護の提供が求められます。したがって、資格なしの職員であっても出来る仕事はたくさんあります。

例えば、生活援助と呼ばれる掃除やリネン交換、調理、配膳などの支援は直接ご利用者に触れることはありません。また、デイサービスなどの通所系の介護サービスでは朝夕に自宅と施設の送迎をする必要があり、施設の送迎車両のドライバーとして資格がなくても介護の補助的な仕事を行うことが可能です。

訪問介護での仕事

ご利用者の自宅に訪問して介護サービスの提供を行う職種のことを訪問介護員といい、訪問介護は一般的に「ホームヘルパー」とよばれています。

ホームヘルパーは自宅で生活されているご利用者が日常生活を送るために必要な掃除や洗濯、調理、買い物などの生活援助や、ご利用者の身体に直接触れて行う排泄や入浴の介助、更衣、移動の介助などの身体介護を行います。

しかし、ホームヘルパーは基本的には無資格がないとなれません。例外的に新型コロナウイルスの影響により訪問介護の人材を十分に確保できない時には無資格の職員でもサービスを提供できるとされましたが、サービスを行えるのは介護経験者に限られています。

ただし、介護保険の訪問介護サービスの対象外となる、大掃除や庭の草むしり、特別な調理や趣味活動への同行や冠婚葬祭の付き添いなどでは、資格がなくても担当することが出来ます。

訪問介護の仕事内容|必要な資格や給料、向いている人の特徴も紹介!

介護事務の仕事

介護現場ではご利用者へのサービス提供以外にも、介護報酬やご利用者のサービス利用料などの請求業務や郵便物の発送、備品の発注や在庫の確認、来客や電話対応など、事務系の仕事もたくさんあります。これらの仕事は介護の資格は必要なく、人柄や事務能力の高さが求められます。

無資格だとどこまで仕事ができるの?

入所施設やデイサービスなどの通所施設において、無資格であっても可能な仕事は介護補助のような仕事だけではありません。

例えば、おむつ交換やトイレでの排泄の介助や食事介助、歩行時の見守り、介助、入浴介助など直接ご利用者の体に触れて介護を行う身体介護も、介護福祉士の指示の下で行うことが可能です。つまり、施設では介護の資格がなくても、介護職員として仕事を通じて介護技術を身につけることができるのです。

しかし訪問介護における訪問介護員やサービス提供責任者、デイサービスや施設の生活相談員、ケアマネジャーなどの職種は、法令で介護の資格を保有していることが必須とされているため、無資格では就くことができない職種もあります。

無資格で夜勤を行うことはある?

施設系のサービスでは日勤帯での仕事やご入居者のケアに慣れてくれば、無資格の介護職員であっても、夜勤を行うことが可能です。先輩の介護職員の指導を受けながら一緒に夜勤を行ってもらって、夜間帯のご入居者の様子を知ることができ、介護スキルのレベルアップをすることができます。

夜勤の勤務時間は施設によって違いがありますが、夕食や朝食の準備や食事介助、服薬の介助、口腔ケア、排泄の介助やおむつ交換などが主な仕事になります。

介護の夜勤はしんどい?楽?50代以降の未経験で働く際の注意点も紹介

給料はいくらぐらい?

介護の仕事は低賃金であるイメージを持たれることもあるようですが、実際のところはそれ程低賃金ではありません。

無資格の介護職の場合では、給与の相場は地域や介護サービスの種類などで違いが見られますが、正社員で20万円~23万円、パート社員では時給1,000円~1,250円くらいになります

また、無資格であっても派遣の介護職員として働くことも可能であり、派遣社員の場合はパート社員よりも相場は高く、時給1,150円~1,400円くらいとなっています。

それに加えて、夜勤のある職場では、夜勤帯の時給は法律に基づいて加算されるほか、夜勤手当のつく事業所もみられます。

介護職の給料|安いって本当?2021年には上がるの?徹底的に解説

無資格で働くメリットとデメリット

介護の仕事は無資格で働くことができると分かったとしても、やはり実際に介護が必要な方に接するにあたっては、不安に感じることもあるでしょう。あらかじめ、無資格で働くことのメリットやデメリットを理解し、自分にできるかどうかを見極めておくことが大切です。

メリット

介護の仕事を長く続けて行こうと思うのであれば、キャリアアップにつながることを考慮して資格を取得したほうが良いでしょう。しかし、介護の資格の取得には時間も費用もかかります。もし、資格を取得し介護の仕事に就いたとしても、実際に仕事を始めてみると、「自分がイメージしていたのと違う」「自分には向いていないかもしれない」などと感じて、介護の仕事をやめてしまう可能性もあります。

そのような事を回避するために、無資格で働いて仕事の内容が自分にあっているか、この先も続けられそうかを見極めてから資格の取得を目指すようにすると、時間もお金も無駄になりません

また、多くの事業所では無資格で入職した場合「介護職員初任者研修」などの資格の取得にかかる費用を補助してもらえる制度を導入しているほか、資格取得によって手当てが付き、給与も増えます。

このように、資格をとる前にしっかりと介護の仕事を続けて行けるかどうか検討できるだけでなく、資格取得にかかる金銭的な負担が軽減できることが無資格で働くことの一番のメリットになります。

デメリット

無資格で働くことのデメリットは、資格手当などの差により介護福祉士や実務者研修修了者と比較すると給与の差があることです。無資格では基本給も低く、資格手当がつかないために、同じような仕事をしているようでも収入は2~3割程度低くなってしまい、賞与を含めた年収ベースで考えると大きな差がついてしまいます。

また、介護の仕事は無資格でも可能ですが、ご利用者に迷惑をかけるようなことがないように、知識は身につけておかなければなりません。「資格取得のための学びをしていないことで、知らないことばかりで仕事が大変だ」という事態になりかねない、ということは認識しておかなければなりません。

まとめ

無資格で介護の仕事をするのは、介護に興味があり一度やってみたいと思っている人にはぴったりの働き方です。

また、仕事をしながら資格取得を目指している職員も多く、通信制のカリキュラムもあるため、無理なく資格が取れるところも魅力です。いきなり資格の取得はハードルが高いと感じておられる方も、気軽に介護の仕事にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ