介護職の給料|安いって本当?2021年には上がるの?徹底的に解説

介護の仕事は保有している資格や仕事の内容、役職などによって給与に違いが見られます。中には、介護の仕事は給料が安いというイメージを持たれている方もおられるようですが、実態はどうなのでしょうか。

ここでは、介護職の給料について、それぞれの職種や雇用形態での違いも踏まえて令和2年度に厚生労働省が発表した「令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果」に基づき解説していきます。

職種(資格)ごとの給与

介護の資格には様々な種類があり、保有している資格によって資格手当がつく場合があります。月給・常勤の平均給与を保有資格や職種で比較してみます。

資格なし

介護の仕事は、資格がなくても就くことができます。資格なしでの月給・常勤の平均給与は27万5,920円となっています。

介護職員初任者研修

介護職員初任者研修は、介護に必要な知識や技術を学べ、介護の仕事をはじめて行う時や家族の介護に役立てることができる基本的な研修になります。
この資格を保有している場合の月給・常勤の平均給与は30万1,210円です。

介護福祉士実務者研修

介護福祉実務者研修は、介護職員初任者研修の上位資格としての位置付けで、介護の仕事をしていく上で必要である、より実践的な介護技術や専門的な知識を学びます。実務経験コースで、国家資格である介護福祉士の資格の受験資格を得るために必須の資格となっています。この資格を保有している月給・常勤の平均給与は30万3,230円でした。

介護福祉士

介護福祉士は3年以上の実務経験と介護福祉士実務者研修を修了し、介護福祉士の国家試験に合格することで資格の取得ができます。介護福祉士の資格を保有していると、資格手当が付く場合も多く、月給・常勤の平均給与は32万9,250円となっています。

社会福祉士

社会福祉士は社会福祉協議会などの支援相談員として何らかの理由で日常の生活に困窮している人に対してや、介護施設やデイサービスなどの生活相談員として相談・支援の業務を行います。常勤・月給の生活相談員や支援相談員の平均給与は35万5,150円、非常勤・時給の平均給与は13万2,830円でした。

ケアマネージャー

令和2年の常勤の平均給与は35万7,850円、非常勤で28万2,390円となっています。平成31年では34万7,460円、非常勤は25万6,320円であり、その差はそれぞれ1万390円、2万6,070円となっています。

ケアマネジャーは処遇改善加算の対象ではないですが、介護職員からキャリアチェンジをした場合、大きく給料が下がるという課題が考慮されているのではと考えられるのではないでしょうか。

施設形態によって給与は変わる?

介護職の給料は施設の形態やサービスによっても違いが見られます。施設系サービスのうち常勤の介護職員で最も平均給与が高いのは介護老人福祉施設で35万430円であり、次いで介護老人保健施設では33万8,920円、グループホームで28万7,770円となっています。また、非常勤では介護老人福祉施設で26万円、介護老人保健施設では27万5,300円、グループホームで20万7,980円となっています。

在宅系サービスは常勤の訪問介護で30万6,760円、デイサービスでは28万600円、非常勤の場合では訪問介護で17万4,150円、デイサービスでは19万480円となっています。

施設系サービスは、夜勤があるため手当てが付くことで在宅系のサービスよりも給与は高くなる傾向にあります。ただし、グループホームは1事業所あたりの入居者数が少ないところも多く、高い給与にすることが難しいのが現状です。

そのため、サービス提供責任者や管理者等の役職をもっていることが多い、常勤の訪問介護の平均給与の方が、グループホームよりもかなり高くなっています。

年齢や勤続年数で給与は変わる?

介護職員は新卒社員よりも中途での採用者が多く、年齢別の給与は40代までは年齢とともに平均給与も上がりますが、それ以降は低下傾向にあります。

しかし、勤続年数で見ると処遇改善加算の算定要件となっているキャリアパスに基づき、昇給のしくみや賃金体系が整備されている施設が増えていることから、勤続年数が長いほど給料が上がり、8年以上の勤務で平均値を上回る結果となりました。例えば、介護老人福祉施設では1年目の平均は29万5,270円ですが5年目で31万7,680円、10年目だと34万4,850円になります。

介護の給料は安い!?

介護士の仕事は給料が低いというイメージを持っている方は多いようですが、実際はそうでもありません。介護士の給与の増加に向けて処遇改善加算の整備がされ、平均給与は年々コンスタントに増加しています。

国税庁の民間給与実態調査によると、令和元年における日本人の平均年収は約436万円とされており、介護の仕事の給料が特段安いとは言い難い結果になっています。

介護の給与体系は、賞与としてまとまった金額を支給しないこともあり、そのような事が介護は給料が安いというイメージにつながっているのかもしれません。

2021年の介護保険制度改正で給料は上がる?

2019年に介護職員等特定処遇改善加算が設けられ、実際に加算の取得をしている事業所の月給・常勤の介護福祉士では、令和2年2月と平成31年2月の平均給与を比較した場合、勤続年数に関わらず増加しており、勤続年数が10年以上の場合は2万円以上も増加したという結果となりました。

処遇改善加算とは介護職員の賃金が増えることを目的とした加算であり、この加算を取得した事業所は加算額に相当する金額を、介護職員等の賃金として配分しなければなりません。

また、2019年10月から技能や経験のある介護職員の処遇が更に良くなることを目的にした介護職員等特定処遇改善加算が新設されました。しかし、介護職員等特定処遇改善加算は算定の要件のハードルが高く、加算の取得が進んでいないのが現状です。

そのような背景から、2021年度の介護報酬改定では、特定処遇改善加算での財源配分ルールが柔軟化される予定となっており、特定処遇改善加算の算定がしやすくなります。すると、これまで算定していなかった事業所でも算定しやすくなり、介護職員の給与アップがさらに期待されます。

給料を上げる方法

介護職の給料を上げるには、いくつかの方法があります。それぞれ具体的に方法を見ていきましょう。

より上位の資格を取得する

介護職は保有している資格の種類によって給料が違い、上位の資格になるほど給料が上がります。特に国家資格である介護福祉士の資格を取得すると、資格手当による給料アップが期待できます。

介護の仕事をしながら介護福祉士の資格を取得するには、3年以上の実務経験の後、450時間の介護福祉士実務者研修を受講すると、介護福祉士の国家試験の受験資格を得られます。

夜勤に入る

特養や老健、グループホームなどの介護施設で勤務している場合や、定期巡回・随時対応型訪問介護看護などの夜勤が必要なサービスでは、夜勤の回数を増やすと夜勤手当が増えるので給料を増やすことができます。深夜帯は22時から翌朝5時までの労働のことをいい、賃金は50%割増しです。中には、夜勤手当としてその割増分以上の金額を出している施設もあります。

夜勤手当は1回あたり4,000円~8,000円が相場と言われており、月に4回の夜勤をすると16,000~32,000円給料を上げることが可能になります。

そのため、体力的に問題がなければ夜勤専従の働き方をすることで、収入を上げることが可能です。

管理職など役職をめざす

事業所での経験を積み、リーダーや管理者などの役職を目指す方法もあります。ただし、管理者の資質として、部下の育成や経営などのマネジメント能力が必要です。管理職は誰でもなれるものではないため、日頃からそれらの力をつける努力をしておくことが大切です。

別の職場に転職する

現在働いている職場での昇給が難しいと判断できる場合には、他の職場に転職をするのもひとつの方法です。介護の仕事は人材不足のところが多く、売り手市場であるため職場を変える難易度は高くありません。事業所の加算の取得状況などによって、同じ仕事であっても転職することで給料がアップする場合もあります。

また、デイサービスなどの夜勤のない仕事から介護施設に転職して夜勤をすることで給料のアップが見込めます。どうしても給料を上げたい場合には、職場を変わることも視野に入れ検討してみましょう。

まとめ

介護の仕事の給料は、年々増加傾向にあり他の産業と比較して安いというわけではありません。また、継続年数に応じたキャリアパスが構築され、昇給やキャリアアップの要件が設定されていることから、今よりも更に年収が上がっていくことも期待できます。

また、資格取得は知識や技術の向上だけでなく、資格手当が付いて今よりも給料を上げることもでき一石二鳥と言えるでしょう。介護の仕事は無資格でもチャレンジできますが、計画的に資格の取得を目指し、給与アップにつなげてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ