介護の職種6つを紹介!それぞれの仕事内容・役割や必要な資格も解説

介護の仕事と一口で言っても、介護に関連する職種は様々あり、職種ごとに仕事の内容に違いがあるだけでなく、その職種に就くために実務経験や専門的な資格の取得が必要な職種もあります。

ここでは、初めて介護の仕事にチャレンジしてみようかと考えている方に向けて、それぞれの職種の特徴や介護の仕事をする上で役に立つ資格についてご紹介します。

介護の職種一覧

介護現場はさまざまな職種の人たちで支えられており、それぞれの役割を果たすことが求められています。また、職種によっては資格等の要件が定められているものもあり、注意が必要です。

介護士

介護士は、身体が不自由な方の身の回りの介助をする仕事です。仕事の内容は、排泄や入浴、着替え、食事の介助など直接からだに触れて行う「身体介護」と、掃除や洗濯、買い物など日常生活をする上で必要な援助を行う「生活援助」がメインとなります。

ご利用者の身体の状況や意向に応じて、それぞれの方にあった介護の仕方をしていく必要がありますが、ホームヘルパーを除いては無資格でも仕事をすることが可能です。

ケアマネージャー

ケアマネジャーは介護支援専門員とよばれ、介護サービス計画書(ケアプラン)を作成します。ケアプランはご利用者やご家族の置かれている状態や意向に沿って、主治医や介護事業者との連携を図りながら作成する必要があります。

そのため、ケアマネジャーになるためには、専門職としての実務経験を持つ者が、資格取得の試験に合格し、研修を受けた後に都道府県に登録される必要があり、簡単にはなれません。しかし、介護士としてケアマネジャーの資格取得を目標としている人は少なくありません。

生活相談員

生活相談員は介護サービスを利用しているご利用者や家族の相談に乗りながら、関係する職種や機関との連携や手続きを行います。また、ご利用者のサービスの利用にかかる相談や契約、サービス利用中のご利用者の相談やサポートなど広範囲の仕事を担います。

生活相談員になるには、社会福祉士や介護福祉士など一定の介護の経験が必要です。具体的な要件は都道府県やサービスの種類によって異なっています。

施設長などの管理職

介護事業所には管理者をおく必要があります。老人ホームなどでは施設長などの管理職が施設全体のまとめ役となり、サービスや従業員などの管理を行います。また、大規模の介護施設ではフロアリーダーやユニットリーダーなどのリーダー職があり、介護現場のリーダーとして施設長のサポートを行います。

在宅サービスなどでも管理者をおく必要があります。所長やセンター長などの名称で事業所の運営の責任者としての責務を果たします。

事務などの施設職員

介護の仕事では、介護保険制度に基づいて、国や自治体に介護報酬の請求を行います。あわせて、ご利用料金を計算しご利用者に費用の請求をします。それには、介護保険制度や請求手続きに関する知識が必要です。

また、施設系のサービスや規模の大きな事業所では、それ以外にも来訪者や来客への対応や資料作成、電話対応、発注業務なども発生するため、事務職員をおいて対応しています。

そのため、特別な資格は必要ありませんが、基本的なビジネスマナーやパソコンのスキル、コミュニケーション能力が求められます。

介護タクシー運転手

その他にも、車の運転が得意な方には、要介護認定を受けた人や通所施設の利用をされる方を車で送迎する介護タクシーやデイサービスなどの送迎運転手の仕事というものもあります。

送迎に使用する車両は、軽自動車から大型の乗用車をベースにした、車いすやストレッチャーのまま乗ることができる福祉車両となり、リフトの操作などが必要です。

また、介護タクシーは自分で開業することも可能です。

介護現場で役立つ資格

介護の仕事は無資格でも働くことができますが、介護の現場で働くにあたって役立つ資格があります。ただし、資格講座の履修時間が長いものや、資格取得のために実務経験や他の保有資格が必要などの条件があるものもあるため注意が必要です。

介護職員初任者研修

これから介護の仕事を始める人や、介護について学びたい人がファーストステップとして取得する資格です。介護の職務の理解や、介護の仕事をしていく上で理解しておく必要のある基本的な知識を130時間の講義の中で学びます。

また、講義の終了時には筆記試験により修了評価がされ、この試験に合格することで資格の取得となります。ただし、筆記試験は講義の内容を理解していれば合格できるものになっており、それほどハードルは高くなく介護の資格の中では最も取得しやすい資格です。

介護職員初任者研修の資格を取得していると訪問介護のホームヘルパーとして、利用者のご自宅での介護サービスを提供することが可能になります。

介護福祉士・社会福祉士

介護福祉士は、介護に関する専門的な知識と技術を持っていることを証明する、介護の資格のなかで唯一の国家資格です。

介護福祉士の資格を取得するには、「実務経験ルート」「養成施設ルート」「福祉系高校ルート」の3つのルートがあります。「実務経験ルート」は働きながら資格取得を目指す人にぴったりですが、3年の実務経験と介護福祉士実務者研修の資格を取得している必要があります。

社会福祉士は、福祉や医療に関する相談援助を行うために必要な専門知識や技術を持っていることを証明するための国家資格です。社会福祉士の資格を取得するための資格取得のルートは、学歴や実務経験などによって受験資格が決められており、どのルートの受験資格を満たしているのかを調べておく必要があります。

介護福祉士や社会福祉士の資格があると、生活相談員になることができます。

介護福祉士実務者研修

介護福祉士実務者研修は、介護のプロとして幅広い知識や優れた介護技術を取得し、自信を持って仕事に取り組めるように、介護保険制度や課題、コミュニケーションや介護の技術、高齢者や障がい者を理解するための知識のほか、介護職員が喀痰吸引や経管栄養などを行うための医療的ケアについても学びます。

訪問介護のサービス提供責任者になるには、この介護福祉士実務者研修の資格を取得してる必要があります。

ケアマネージャー(介護支援専門員)

ケアマネジャーは介護支援専門員のことで、介護保険制度に基づき、介護を必要としている人の心身の状態や置かれている状況を総合的に判断し、適切な介護サービスを利用することができるように介護サービス計画書(ケアプラン)を作成します。そのため、介護保険や介護に関する知識に加え、ご利用者やご家族の状況を判断し、思いを聞き出すための相談援助技術が必要となります。

ケアマネジャーになるには年に1回実施される資格試験に合格し、ケアマネジャーになるための研修を受講する必要があります。ただし、資格試験を受けるためには介護福祉士や社会福祉士、看護師、准看護師、栄養士などの基礎となる国家資格等に加えて、実務経験が必要です。

介護事務

介護事務の資格は、介護保険に関する知識のほか、パソコンのスキルや経理業務に必要な知識など、介護施設や事業所などでの勤務に活かすことができます。

介護事務の資格は民間資格であり、それぞれの団体によってカリキュラムの内容や履修時間に違いはあるため、どのようなことを学びたいかを比較してどの資格を取得するのかを決めていきましょう。

働く場所による仕事内容の違い

介護の仕事は働く場所によって、その内容に違いがあります。また、一緒に働くスタッフの職種もさまざまです。

介護施設

介護施設には特別養護老人ホーム(特養)や介護老人保健施設(老健)比較的介護度の高い方が入所して介護を受ける公的な施設と、入居者の状態に合わせて必要な介護の提供を受ける居住系の介護施設があります。

居住系の施設には、民間の事業者が運営している、住宅型有料老人ホームやサービス付き高齢者施設などと、公的施設である軽費老人ホーム、認知症型グループホームやケアハウスなどに分けられます。

介護士は、これらの介護施設に入居している要介護者に必要な介護を提供します。介護施設の種類によって、対象となる入居者の特徴や必要な介護スタッフの人員が違い、提供される介護サービスの内容も違ってきます。

住居型有料老人ホームやサービス付き高齢者住宅、軽費老人ホームでは、介護保険を利用した介護サービスの提供が外部事業所からの提供となります。中には、自費サービスとして施設の介護士が介護サービスを提供するところもあります。

グループホームは、認知症の方が共同生活を行う施設です。食事や入浴、排泄の介助などの身体介護を行うほか、入居者と一緒に食事を作ったり、散歩に出かけたりなど一緒に行動することも多いのが特徴です。グループホームでは介護士のほか、管理者、介護支援専門員、看護師などが配置されています。

通所介護

通所介護とは、自宅で生活されている人が定期的に施設に通って、入浴やリハビリなどの介護サービスを日帰りで受けることができる施設で、一般的にはデイサービスと呼ばれます。

通所介護での介護士の仕事は、入浴や食事の介助、レクリエーションを行うほか、施設の車でご利用者の送迎を介護士が行っているとこともあります。

通所介護の事業所に配置される職種は、介護士のほか、管理者、生活相談員、看護師、食事の提供をしているところでは、調理師や管理栄養士などです。このほか、機能訓練指導員として理学療法士などのリハビリ職を配置しているところもあります。

訪問介護

訪問介護で働く介護士は、ホームヘルパーと呼ばれケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、ご利用者の自宅を訪問し必要な介護サービスを行います。例えば、着替えや排泄の介助、入浴介助などの身体介助や、調理、掃除、買い物など日常生活を送る上で必要な生活援助を行います。

また、サービスの提供場所は自宅内だけでなく、通院介助やご利用者と一緒に買い物に行くなど、自宅外での身体介護も含まれます。

訪問介護の事業所には、ホームヘルパーのほか、管理者、サービス提供の管理や連絡調整などを行うサービス提供責任者が配置されています。

50代の未経験からでも始めやすいおすすめの職種は?

50代で未経験の人が、はじめて介護の仕事をするのにおすすめの職種は、グループホームの介護士です。グループホームは1ユニットが9名以下と少人数であることや、その中でも自分で歩行できる方などもおられるため、介護の仕事のなかでも身体介護の負担が比較的少ない職種です。

また、認知症の症状は人それぞれで、攻撃的になることも見られ、ご入居者の理解とコミュニケーション能力などが必要です。介護の仕事には知識や技術も必要ですが、グループホームでは感情の安定している人柄やコミュニケーション力を活かし50代でも活躍できる場面がたくさんあります。

まとめ

介護の仕事といっても、働く場所やサービスのメニューによってその内容は多岐にわたります。自分に合う仕事はどのような職場での仕事なのかを考えてチャレンジしてみるとよいでしょう。また、知識や技術の向上のためには、資格の取得は不可欠ですので、それぞれのタイミングで資格の取得を目指していくと良いでしょう。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ