介護の仕事に向いている人の特徴とは?自分に合った職場の探し方も紹介

介護職に転職しようと考えても、初めての介護の仕事が自分にできるのかと不安に感じることがあると思います。介護職は人と接する仕事であり、誰にでもできる仕事ではなく、向いている人と向いていない人がいるもの事実です。

しかし、自分では向いていないかもと感じていることが、実は介護向きだったということもあり、イメージだけでは決められない部分です。

ここでは、どのような人が介護の仕事に向いているのかをご紹介していきます。

介護職に向いている人の特徴

介護職は、介護を必要とする高齢者と接する仕事であり、性格や資質で向き不向きがあり、次ような特徴のある人が向いています。

人と話すのが好きな人

介護の仕事はご利用者の日常生活の中で行われます。しかし、施設に入所している場合や自宅で生活しているどちらの場合でも、活動の場所が限られているご利用者には、話をする相手も限られています。

そのため、介護職員はご利用者の話し相手として積極的に会話をしていく必要があります。ですから、些細な話題でも自然に会話につなげられる、話をすることが好きな人は介護の仕事に向いているといえます。

思いやりや気配りがある人

介護を受ける人は、自分でできない部分があり、「介護を受けなければいけない」ということに対して様々な感情を抱いています。

そのため、介護に従事する者はそれらの気持ちをくみ取る力が求められます。ご利用者や家族がどのように感じているのかなどを、相手の立場に立ってしっかりと聞くことができる、思うやりや気配りのできる人は介護職に向いています。

気持ちの切り替えができる

介護の仕事は、人と接する仕事であり自分の感情や意見を押し殺さなければいけない場面が沢山あります。また、ご利用者や家族などから感情的な対応をされることもあります。

そのような状況でも、気持ちの切り替えが上手く、いつまでも引きずらずストレスをため込まないタイプの人は、なぜ相手がそのような対応をしたのかということに客観的に向き合うことができるので、職場の中でも信頼される存在になれるでしょう。

気の長い人

介護が必要な高齢者は、動作などがゆっくりになりますが、自分でできる部分は自分でしていただくのが基本です。

そのため、ケアをする時は本人のペースに合わせて急かすことなく待たなければなりません。決められた時間の中で、しなければいけない仕事が多い中でも、イライラせずに気長に待てる人は介護の仕事に向いています。

人の役に立つ仕事がしたい人

介護は、大変である反面ご利用者や家族に感謝されることも多いのが特徴であり、人の役に立てていると実感できる仕事です。

そのため、仕事で悩むことがあったとしてもモチベーションを上げられる環境にあり、誰かの役に立つ仕事がしたいと考えている人にとってはぴったりの仕事といえます。

介護職に向いていない人はどんな人?

介護の仕事に向いていない人とは、どんな人かは一概には言えませんが、次のような人は仕事の内容によっては向いていないと感じることがあるかも知れません。

せっかち・おっちょこちょい

高齢者は動作が緩慢で、話すスピードがゆっくりであったり、会話にまとまりがない方も多いため、せっかちな性格でそれらを待つことができない人には不向きかもしれません。

また、介護の仕事は丁寧に接することが求められます。それゆえ、じっくり人の話を聞くことができずに早合点をしがちな人や、おっちょこちょいでミスが多い人は丁寧な対応を心がけるよう、注意が必要です。

会話が苦手

介護の仕事は、基本的にコミュニケーションをとることで成り立っています。その中でも、会話はコミュニケーションの手段のうち最も大きなウェイトを占める部分でもあり、会話が苦手な人はストレスに感じてしまうかもしれません。また、ご利用者や家族の思いや意向を十分に聞き取ることができないと、思わぬトラブルに発展することもあります。

しかし、最初はうまくいかなくても、業務の中で相手の意図をくみ取ることを意識し、慣れていくことで上手に会話を行えるようになることは可能です。

効率や収入を意識しすぎている人

介護の仕事は、資格や経験年数の長い職員の配置に対して介護報酬に加算が付くようになっており、各事業所においても経験年収や資格の取得によりキャリアアップすることで収入が増えていくように設計されています。

そのため、初心者のうちから短期間でたくさんの収入を得ることは難しく、そのように考えている人には向いていません。

介護の職種によって、向いている人は違う?

介護の職種によって、仕事の範囲や内容が異なり、考え方や生活によって適性が異なります。

そのため、自分はどのような仕事がしたいのかに加えて、性格的にあっている職種を選ぶことで、よりやりがいを感じながら仕事をすることができるでしょう。

施設職員

施設職員は、特別養護老人ホームや介護老人保健施設、有料老人ホームなどの介護施設に入所している方へのケアを行います。介護施設には介護職員以外にも医師や看護師、リハビリスタッフなど、さまざまな職種が連携しながらケアにあたっています。

そのため、施設職員はチームで働くことが好きな人におすすめの職種です

デイサービス

デイサービスは、日帰りで施設に来られたご利用者に対して、入浴や食事、レクリエーションなどのケアを提供します。特に、レクリエーションは高齢者の心身の機能を維持するために重要ですが、楽しんでもらえるものを考えなければなりません。

そのため、デイサービスの介護職はレクリエーションの企画を考えたり、人前で盛り上げるのが得意な人にはぴったりです。

ホームヘルパー

ホームヘルパーはご利用者の自宅を訪問して、必要なケアを行います。そのため、施設とは違い基本的にはひとりで介護を行います。ご自宅という空間で、それぞれのご利用者の生活様式にできる限り合わせたケアを行う必要があり、ある程度の介護スキルと判断力が求められます。

反面、一人ひとりのご利用者と向き合うことができるため、集団の中での仕事ではなく、じっくり個別的な介護を希望している人にはおすすめの職種です。

ケアマネージャー

ケアマネジャーは、ご利用者や家族の要望を伺い、状況を判断しながら最適なケアプランを作成する仕事です。本人や家族だけでなく、主治医や関連事業所などからの専門的な意見を聞くことも重要なため、しっかりと話が聞けて、どのような人とも良好な人間関係を築くことができる人に向いています。

また、介護保険を遵守し、公正中立な立場で、時にはできないことを伝えなければならない場合もあるため、感情に流されず、言うべきことをきちんと言える人でなければなりません。

自分にあった職場の見つけ方

介護の事業所は沢山ありますが、その中から自分に合った職場を探すことが大切です。。入職した後に、自分が思っていた職場と違ったと後悔する事がないようにしたいですね。

希望の働き方と合致しているか

一番大事なことは、自分が希望している働き方の合致しているかどうかです。育児や介護と仕事の両立をしたい場合、様々な条件の下で働きたいこともあります。そのような時には、1週間の勤務日数や勤務時間などが希望と一致しているか、必ず確認をしておくようにしましょう。

また、残業時間がどの程度あるか、子どもなどの体調不良で急に休むことは可能かなど、求人情報には載っていないようなことでも事前に確認しておいた方が良いこともあります。自分の希望の条件を明確にし、その働き方ができるところを探しましょう。

施設や一緒に働く仲間の雰囲気

介護施設や事業所によって、運営の方針や雰囲気が全く違います。また、施設系サービスではその種類によって、入居者の状況や重点的な介護のケアに違いがあり、どの施設が自分に向いていそうかも考えるようにしましょう。

また、事業所や一緒に働くことになる仲間の雰囲気が自分にあっているかどうか、通勤にかかる時間に無理がないかも判断材料にしましょう。

そのためにも、面接に伺った際の対応や職場の雰囲気はしっかりとチェックするようにします。もし、面接場所が実際に勤務するところと違う場合には、事前に施設や事業所の見学をさせてもらい、通勤の所要時間や職場の雰囲気を知っておくようにすると良いでしょう。

まとめ

介護職は、決して易しい仕事ではありませんが、感謝されることも多く非常にやりがいのある仕事です。人のお役に立てる喜びを得ながら、年齢や経験に関係なく自分を成長させることが可能です。

介護施設やデイサービス、訪問介護など職種の選択肢は多様にあり、自分にぴったりの職場を見つけることもできるでしょう。介護の仕事に興味を持った思いを大切にして、ぜひ新たなチャレンジをしてみてください。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ