介護現場で派遣社員として働くメリットは?デメリットや仕事内容も解説

介護の仕事をするためには、正社員やパート社員として介護事業者と雇用契約を結ぶのが一般的です。しかし、介護施設やグループホーム、デイサービス等では派遣社員として介護士の仕事をするという選択肢もあります。

ここでは、派遣社員で働くことに興味はあるけど実際のところどうなのかと、迷っている方に向けて、派遣社員で働くことのメリットやデメリットについて解説していきます。

そもそも派遣とは

派遣社員は、派遣会社と雇用契約を結び紹介された介護施設等で働きます。そのため、働いている介護施設等とは直接的な雇用関係にはなく、雇用主は人材派遣会社となり、福利厚生も人材派遣会社のものが適用されます。

派遣社員の待遇は、一般的にパート社員よりも高額に設定されていて、給与は介護施設ではなく派遣会社から支払われます。

また、3ヶ月や6ヶ月というように派遣期間が設定されており、派遣先と派遣社員の双方の合意があれば、最長3年まで期間を延期することが可能になっています。

派遣先が人材派遣会社を利用する理由は様々で、例えば正社員やパート職員を募集しているが、人が集まらないため、人材不足を補填するために一時的に派遣社員を利用する場合や、産休や育児休業等で期間限定で働いて欲しい場合等が挙げられます。

派遣とアルバイト、正社員の違い

派遣社員の雇用主は派遣会社であり、指揮命令権は派遣会社にあります。しかし、日常の業務に関するやり取りは、派遣社員と介護事業所で行うことになります。

アルバイトの場合、雇用主は介護事業者であり、待遇や勤務の条件、シフトなどは介護施設との契約で決定し、雇用契約を結ぶことになります。

正社員は、介護事業者と無期限の雇用契約を結びます。そのため、長期的な視点で人材育成や昇給、異動等が行われているのです。

派遣の種類と就業までの流れ

派遣社員と言っても、その種類や就業までの流れ、就業後に正社員登用されることがあるかなどに違いが見られます。そのため、自分にあった働き方を明確にして、どんな種類の派遣社員として勤務するのが良いのかを事前にチェックしておきましょう。

派遣の種類

派遣には「登録型派遣」「紹介予定派遣」「常用型派遣」の3つの種類があり、それぞれ働き方や、前提の条件が違うため注意が必要です。

登録型派遣とは、派遣期間を設けてあり、派遣期間が満了すればその施設との契約は終了となり、次の派遣先で仕事をすることになります。一般的な派遣社員の形態はこの登録型派遣を指すことが多いです。

紹介予定派遣は、派遣期間の後に派遣先の事業者と直接雇用契約を結ぶことを前提として派遣されるもので、派遣期間を「直接雇用をするかどうかを見極める試用期間」と捉えることができます。

常用型派遣とは、派遣会社と期限を定めない無期雇用の契約を結び、派遣会社の社員としていろいろな派遣先で勤務をするものです。

就業までの流れ

派遣社員として働くには、まず、派遣会社に登録をします。派遣会社への登録はWEBサイトや電話から行えます。

登録後は、簡単な面接や手続きを行うために派遣会社を訪問します。中には、登録会を開催し登録と面談を一緒に行えるイベントを行っている場合や電話だけで登録ができる派遣会社も見られます。

登録が完了すると、希望の条件に合う派遣先を紹介してもらえるので、内容を確認し仕事を行うかどうかの回答をします。派遣先には派遣社員の情報を確認していただき、派遣先、派遣社員の双方の同意が得られれば派遣先が決定します。

契約期間中の仕事は、派遣先の事業所の指示による職務内容と勤務時間で実施します。場合によっては、契約満了前に、派遣社員と派遣先の双方の合意があれば派遣期間を更新されることもあります。

派遣の介護士が行う仕事とは

派遣社員であっても、ご利用者に対して行う介護の仕事には変わりはありません。そのため、ご利用者それぞれの状態や希望などを把握し、身の回りの援助や身体介護など必要な介護を提供します。入浴介助やレクリエーションなどを任せられることもあり、ある程度の介護技術が求められることもあります。また、派遣社員では夜勤専従として早朝夜間の仕事だけをする働き方も可能です。

ただし、派遣社員には裁量権がないことが多く、通常の業務をしている中で発生した判断が必要な事項などについては派遣先の社員に確認をする必要があります。

派遣で介護士になるメリット

派遣社員を募集している介護事業所は多なってきており、介護の仕事の働き方も多様性の時代になっています。派遣で介護士になるメリットをご紹介します。

ライフスタイルに合った働き方が出来る

派遣での介護士は自分の希望を伝えて、希望の条件にマッチした派遣先を紹介してもらうため、ライフスタイルに合わせた働き方が可能になることが一番のメリットです。

例えば、「週に3日のみ勤務」、「夜勤・残業なし」、「3か月間だけ」などの条件を伝えておくと、派遣会社で条件に合った派遣先を探してもらえます。厳しい条件であり希望に合う派遣先がない場合でも、なるべく希望の条件が叶うような交渉も行ってもらえるため、より希望に近い条件での働き方をすることができます。

無資格・未経験でも働ける

介護の仕事に就きたいと思っていても、無資格・未経験では応募しにくい場合もありますが、派遣での働き方を選択することで無資格・未経験でも働いてほしいと希望している派遣先に就業することが可能になるため、就業のハードルが下がります。

また、介護士の派遣会社は無資格や未経験でも働くことが可能な派遣先を探してもらえるだけでなく、無資格の方が介護の資格を取得できるように手厚いサポートをしてくれる派遣会社もあります。派遣会社を選ぶときには、このような特典があるかどうかをチェックしておくことも大切です。

介護は資格なしでも働ける?無資格・未経験でもできる仕事内容を紹介

いろいろな職場を体験できる

介護の仕事といっても、介護施設やデイサービスなどのサービスメニューによって介護士の仕事の内容には違いがあるため、派遣社員としていろいろな職場を体験することで、どのような仕事の内容が自分に合っているかを知ることができます。派遣でいろいろな職場を体験できることは、就職した後で自分がやりたいことと違った、自分には合わなかったということを避けられるのは大きなメリットです。

また、紹介予定派遣では直接雇用をする前に、職場の雰囲気や仕事の内容などを知ることができることは、就職した後に「こんなはずではなかった」との後悔を避けることが可能です。

時給が高い

派遣の時給はパート社員の時給よりも高く設定されています。そのため、短期間でたくさん稼ぐことも可能です。

また、給与の支払いを日払いや週払いに対応してくれる派遣会社もあり、働いた分の給料をすぐに受け取ることができる場合もあります。

派遣で介護士になるデメリット

派遣での働き方には、良いことばかりではなくデメリットもあります。事前に確認をしておいて対策を検討しておきましょう。

契約期間が決まっている

派遣での働き方は、3か月や6か月の有期雇用であり、いろいろなところで働くことができるのがメリットです。反面、同じところで継続して働くためには派遣期間の更新をお願いしなければなりません。場合によっては自分は希望をしていても派遣の更新がされず、次の派遣先を探さなければならなくなります。

そのため、派遣期間の更新をしてもらえるようにしっかりと仕事をこなし、施設の管理者やリーダーなどにアピールしておきましょう。また、正社員になることを希望しているのであれば、紹介予定派遣での働き方を選択しましょう。紹介予定派遣であれば、派遣期間の満了後はそのまま正社員として直接雇用の契約を結ぶことが可能になります。

昇給や賞与は期待できない

派遣社員に対して昇給や賞与を出している派遣会社は多くはありません。そのため、長期的な視点で見ると、正社員で働いたほうが収入が多い場合もあります。

収入面に重きを置くのであれば、昇給や賞与のある派遣会社を探す、時給の高い仕事を選んで短期間・集中でしっかり稼ぐなどで収入を増やす工夫をしていきましょう。

介護職の給料|安いって本当?2021年には上がるの?徹底的に解説

派遣会社によって待遇が違う

派遣社員の健康保険や雇用保険などの社会保険への加入や各種手当、交通費などの有無は派遣会社によって大きく違いがあります。

派遣会社によっては、正社員と同様の福利厚生を完備しているところもあります。登録を希望している派遣会社の福利厚生がどのようになっているのかを事前に確認しておくようにしましょう。

交通費の支払いがない場合は、徒歩や自転車で通える勤務地を選ぶのも一つの方法です。

こんなシニアにおすすめ!

派遣での介護の仕事は、未経験で無資格のシニアにはぴったりです。介護の仕事は無資格であっても募集をしているところはありますが、年齢が上がるにつれて直接雇用は難しくなり、書類審査で落とされることもしばしばあります。自分でいろいろな事業所に問い合わせては断られることを繰り返していては、仕事へのモチベーションも下がってしまいます。

しかし、派遣であれば介護は未経験のシニアであっても、派遣会社の担当者がこれまでの経験や能力にを考慮して、マッチすると思われる職場や仕事を紹介してもらえるため、採用につながる可能性が高くなります。

介護の仕事に向いている人の特徴とは?自分に合った職場の探し方も紹介

派遣会社を探す時の注意点

数多い派遣会社の中から自分に合ったところを探すには、登録前によく比較検討するようにしましょう。その際に注意しておきたい点があります。

求人数

求人数が多ければ、自分の条件に合った派遣先を探しやすくなります。また、求人数が多いということは派遣先からも選ばれていて、実績もあり信頼できる派遣会社であるという目安になります。

福利厚生

福利厚生は派遣会社によって様々ですので、派遣社員でも活用できるものにはどのようなものがあるのかや必要なものが整備されているかを確認しておきましょう。

教育体制

派遣社員は雇用先で教育を受けることはないため、派遣会社がどのような教育をしてくれるのかは、はじめて派遣で仕事をする際や自分のスキルアップをしていく上で重要なポイントです。合わせて、資格取得などのサポートがあるかどうかもチェックしておきましょう。

担当者の雰囲気

派遣社員と派遣先との窓口になる担当者の雰囲気は重要です。派遣で仕事をしていく上で、何でも相談できて力になってくれそうかを見極めておきましょう。

まとめ

派遣での介護の仕事は、未経験・無資格であっても働くことができる場合も多いので、正社員やパート社員での採用に比べると仕事を得やすいことや、短期間でいろいろな事業所を経験することができるという点が魅力です。

また、介護の仕事がはじめてという方だけでなく、ライフスタイルを重要視し、自分の希望に合ったペースで仕事をしたいという方は、派遣での仕事を検討してみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ