訪問介護の仕事内容|必要な資格や給料、向いている人の特徴も紹介!

訪問介護員(ホームヘルパー)は介護を必要とする高齢者の自宅に訪問して、介護サービスを行います。しかし、ホームヘルパーという名前は聞いたことはあるが、具体的な仕事の内容まではよく知らないという人も多いのではないでしょうか。

今回は、訪問介護の仕事の内容や魅力をお伝えします。

訪問介護の業務内容

訪問介護は、在宅で生活をしている要介護者等の居宅で入浴や排泄の介助などの日常生活の援助を行う介護サービスです。ケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、訪問介護としてどのような支援が必要かを明確にします。訪問介護のサービスは、その人らしい日常生活が送れるように必要な介助が原則であり、あらかじめ決められたサービスを提供しなければなりません。

訪問介護の仕事は大きく分けると、「身体介助」「生活援助」「通院介助」の3つに分類されています。

身体介護

身体介護は、利用者の体に直接触れて行う介助です。具体的には、食事介助や入浴介助、排泄介助、歩行介助、更衣や洗面、整容の介助、ベッドから車いすへの移乗、買い物同行等、身体機能の低下によって利用者ひとりでは自立して行うことが困難な部分の介助を行います。

生活援助

生活援助は、買い物の代行や掃除、洗濯、調理など日常生活に不可欠な行為をホームヘルパーが代わりに行うことです。心身の機能の低下がみられ、一人暮らしなどの事情があり家族などの支援が受けられない場合に、利用者本人が出来ることを維持しながら在宅生活が継続できるように日常生活を支援します。

通院介助

健康を維持するために、定期的な通院を必要とする場合があります。通院介助は、家族に代わり病院に送迎を行うことです。利用者の自宅に専用の車両で迎えに行き、車への乗降の介助を行い病院の受付までの部分を担います。

ただし、病院内の介助は原則として病院のスタッフが行わなければならないことになっており、介護保険の対象外です。しかし、病院のスタッフでの対応が困難である等、特段の理由がある場合にはヘルパーでの院内介助が認められるケースがあります。そのため、場合によっては、院内での移動の介助や排泄介助等必要な介助を行うこともあります。

夜勤はどんな仕事をするの?

訪問介護の仕事は日中の仕事がほとんどですが、夜間対応型訪問介護や定期巡回・随時対応型訪問介護看護では夜間の利用者のケアを行うために夜勤を行います。夜勤での仕事は、就寝・起床にかかる洗面や更衣の介助や食事介助、排泄介助等です。

夜勤は事業所によって2交代のところと3交代のところがあります。2交代では2日分を続けて勤務し、例えば、16時~翌9時半などとなります。また、3交代では準夜勤と深夜勤とされ、勤務時間の一例では準夜勤では16時~翌1時、深夜勤では0時~9時などの勤務があります。

ヘルパーがやってはいけない仕事は?

訪問介護のヘルパーは、日常生活の範囲を超えた援助や利用者本人以外への援助を行うことはできません。したがって、利用者の専用の居室以外の部分の掃除や、大掃除、屋外の掃除は生活援助として認められていません。そのほか、ペットの世話や金銭や財産の管理、家族が食する調理なども認められません。

また、インシュリン注射や血糖値の測定、一包化されていない複数の薬を取り出して服薬してもらうことなどは、医療行為となるためヘルパーでは行うことができません。

一日の流れ

訪問介護のホームヘルパーの仕事は、ケアプランで決められた時間に利用者宅を訪問して、サービスを提供します。そのため、利用者のサービスが終了した後、事務所に戻らずに次の利用者のご自宅に向かうこともあり、移動手段として車やバイク、自転車などを用いることが多くなります。

また、時間帯によって実施されるサービスや1日の流れはその日によって違いがありますが、常勤の場合1日の訪問件数は3~6件程度です。

サービスの内容の一例をあげると、朝9時前後は歯磨きや着替え、排泄介助、デイサービスへ行く準備等の身体介助が計画される傾向にあります。それが終わると、洗濯や買い物、掃除、調理等の生活援助、おむつ交換などの排泄介助などそれぞれの利用者に位置づけられた介助を行います。

12時前後のサービスには昼食の準備や介助、排泄介助などがあるため、その前後の時間帯でヘルパーは休憩をとり午後からのサービスに備えます。

午後からも、入浴介助や買い物、掃除、夕食の準備など利用者によっていろいろな援助を行うことになります。

また、記録はサービスの終了時に利用者宅で行いますが、合間の時間でケアマネジャーへの報告書を作成したり、必要な連絡や報告を行います。

ホームヘルパーになるには資格が必要?

ホームヘルパーになるには研修を受講し、「介護職員初任者研修」の資格を取得している必要があります。この資格は、介護の基礎知識と技術を学び習得したことを証明するもので、以前は「訪問介護員養成講座2級課程(ホームヘルパー2級講座)」と呼ばれており、現在は、法の改正により「介護職員初任者研修」の資格介護の入門資格として位置づけられています。

介護職員初任者研修は、都道府県または都道府県が指定した研修事業者によって実施される研修を修了し、筆記試験に合格すると取得できます。

勤務体系

ホームヘルパーは、「直接雇用」「登録ヘルパー」「派遣」の勤務体系があります。「直接雇用」は訪問介護の事業者に正社員やパート社員として雇用される働き方です。パート社員は勤務する曜日や時間を決めて働き、利用者のサービス提供がない時間は事務所で仕事をすることになります。

「登録ヘルパー」は訪問介護特有の働き方で、訪問介護の事業所に勤務日数や勤務時間を登録し、自分の都合に合わせて仕事を受けます。訪問介護事業所に出勤することは少なく、利用者の自宅に直行直帰し仕事をする働き方です。

「派遣」は派遣会社に登録し、派遣会社から職場の紹介を受けて仕事をします。ホームヘルパーとしての仕事は、居宅ではなく有料老人ホームなどの介護施設に居住している方へサービスがほとんどです。

仕事の内容は、利用者や訪問する日や時間によって違います。そのため、どのような内容の訪問介護のサービスを行うのかはサービス提供責任者から文書で計画書を交付され、細かい留意事項などを打合せしてからサービスに対応することになります。

給与はどれくらい?

ホームヘルパーの給与の支払い形態は月給、日給、時給に分けられ、常勤の場合は月給、非常勤であるパートや登録ヘルパーのホームヘルパーは時給で支払われている割合が多くなっています。

公益財団法人介護労働安定センターによる「令和元年度介護労働実態調査結果」によると、ホームヘルパーの所定内賃金の平均額は、月給の場合1月あたり212,281円、日給で1日当たり10,285円、時給では1時間当たり1,287円となっています。

ホームヘルパーに求められる能力

ホームヘルパーは、介護が必要な方の自宅にお伺いし、基本的にひとりで介護サービスを行います。そのため、介護事業所はヘルパーに求める能力がいくつかあります。

高いコミュニケーション能力

ホームヘルパーは、利用者の自宅でなるべくその方のやり方にあわせた支援を行うことで生活を支えていきます。そのためには、ご利用者や家族の求めていることを聞き良い関係性を築けなければなりません。どのような人とも上手にコミュニケーションを取れる能力が求められます。

一般的な家事能力

掃除や調理などの生活支援を行うホームヘルパーは、決められた時間内に段取り良く日常生活に必要な支援を完了できる能力が求められます。特に調理では、利用者の希望により色々なメニューをリクエストされたり、好みの味付けにすることを求められることがあります。

また、利用者の自宅にある食材で献立を考えて調理を行う必要があることもしばしばあるため、一般的な家事は問題なくこなせるスキルが必要です。

体力

おむつ交換や車いすへの移乗介助、入浴介助などの身体介助だけでなく、買い物に行ったり掃除などの家事を行う訪問介護の仕事は体力を消耗します。また、1日に何件も利用者宅を訪問することもあり、十分な体力と回復力が必要です。

訪問介護のきついところ・やりがい

利用者のご自宅で、利用者に寄り添いその人らしい生活を支援できるホームヘルパーの仕事は、大変な反面やりがいも大きい仕事です。

きついところ

ホームヘルパーは基本的にはひとりでサービス提供を行うため、その場で誰かに気軽に相談をするということが出来ません。そのため、不測の事態が生じた時には、事業所に電話をして指示を仰ぐことになります。連絡をした方が良いのかどうかも含めて、自分ですべて判断をして実行しなければならない点は、ホームヘルパーの大変なところです。

ただし、事業所にはサービス提供責任者が配置されており、いつでも相談できる体制にはなっているため、判断に迷うようであれば連絡をすることで問題ありません。

やりがい・魅力

ホームヘルパーの仕事のやりがいは、介護を必要とするご利用者に対して、日常生活を支えるサポートを行うことで、自宅での生活が継続できていることを実感できることです。訪問介護のサービスは利用者や家族から直接感謝のことばを伝えられることもあり、自分が役に立っていると感じられることは、仕事をする上での大きなやりがいであると言えます。

また、登録ヘルパーとして働く場合、自分の都合に合わせて仕事を入れることができ、趣味や習い事、家事と仕事の両立が可能です。自分のライフスタイルを第一に考えられるところはヘルパーの仕事の魅力の一つです。

こんなシニアにおすすめ!

ホームヘルパーの仕事に向いているのは、家事が得意で利用者の要望によって応用を利かせることができる人です。調理の際の味付けを利用者の好みに合わせたり、幅広いレパートリーがある場合は特におすすめです。

また、人と話をすることが好きで聞き上手なシニアには、ホームヘルパーの仕事はおすすめです。サービス中の会話で相手の気持ちを汲んだコミュニケーションが可能となれば、利用者や家族の不安や新たな課題の発見につながります。

まとめ

訪問介護の仕事は、在宅での身体介助や生活支援を行うことでその人らしい生活を支えていく仕事です。特に生活支援では家事が得意なシニアは利用者にとても喜ばれ、若いスタッフよりも活躍できるチャンスもあります。

また、家庭と仕事を両立したい、体力に合わせた仕事をしたい、できるだけ多く仕事をしたいなど、仕事の量や内容を自分の都合に合わせることができるところは、非常に魅力的です。介護の仕事をしてみたいという方は、ホームヘルパーにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ