ケアマネジャーの仕事内容とは?資格の難易度や給料、やりがいを紹介

介護保険のサービスの要とも言われるケアマネジャーの仕事。介護職からケアマネジャーを目指す人も少なくありません。ケアマネジャーの仕事とはどのようなものなのでしょうか。この記事では、ケアマネジャーの仕事の内容や年収、やりがいなどをご紹介します。

ケアマネジャーとは

ケアマネジャーは正式名称を「介護支援専門員」といい、2000年の介護保険制度の施行により誕生した資格です。「ケアマネ」や「ケアマネジャー」と呼ばれることもあります。

役割

ケアマネジャーには多くの役割があります。代表的なものとしては、ケアプランの作成を行い、幅広い制度や介護の知識を持って、介護を必要としている人やその家族への相談援助を実施します。

ケアプランは「介護サービス計画書」と呼ばれるもので、介護を必要とする要介護者等の心身の状態のアセスメントにより課題を分析し、主治医や介護サービスの事業所の意見を踏まえて作成します。この、ケアプランは一度作成すれば終わりではなく、課題が解消され設定した目標の達成が出来たか、新たな課題の発生はないかなどをモニタリングし、必要に応じてケアプランの変更や見直しを行います。

また、適切な介護サービスの提供ができるように、サービス事業者や主治医などとの連絡・調整も不可欠です。

このほか、要介護認定にかかる業務や介護報酬の給付管理など介護保険を利用するために必要な幅広い業務を担っています。

働く場所で異なる仕事内容

ケアマネジャーとして働くには、在宅や施設のケアマネジャーなどさまざまな場所があり、それぞれにで業務内容に違いが見られます。

地域包括支援センターでの仕事

地域包括支援センターは、地域ケアシステムを構築し、高齢者や地域で暮らす人たちの暮らしの支援を行う機関です。また、地域包括支援センターの運営主体は市町村の直営で実施しているところもあれば、社会福祉法人や医療法人、営利法人などに委託をして運営しています。

地域包括支援センターでは、保健師(または地域ケアの経験のある看護師)、社会福祉士、主任介護支援専門員の3職種が所属しており、それぞれが連携を取りながら仕事をしています。ケアマネジャーの仕事は、要支援認定の人の介護予防ケアマネジメントや地域ケア会議の開催、地域のケアマネジャーへの助言や指導、地域住民への相談の受け付けや課題の解決に向けた支援など、幅広い業務を行っています。

居宅介護支援事業所での仕事

居宅介護支援事業所で働くケアマネジャーの仕事は、自宅で生活していて要介護認定を受けている高齢者が介護サービスを利用するために、ケアプランの作成を行うことです。また、適切に介護サービスが提供され、課題の解決や目標の達成に向かっているかをモニタリングを行うために、最低でも月に1回は利用者の自宅を訪問することになっています。

居宅介護支援事業所では、常勤で専従のケアマネジャーが1人以上であることが要件であるため、複数のケアマネジャーが所属している所もあれば、1人のケアマネジャーで運営している事業所もあります。

ケアマネジャーが担当する人数は1人あたり35人が標準にされており、ICTの活用や事務員の有無等により上限が40~45人未満にすることとされ、規定の人数を超えると報酬の減算をしなければなりません。

老人ホームでの仕事

特別養護老人ホームや認知症対応型共同生活介護(認知症型グループホーム)で働くケアマネジャーは、老人ホームで暮らす入居者のケアプランを作成します。施設サービス計画書の作成方法は、居宅サービス計画書の作成方法と基本的には変わりません。

しかし、様々な事業所が関わる居宅介護支援とは違い、施設では職員と情報の共有や連携がしやすく、常に様子を見に行くことが可能です。そのため、施設のケアマネジャーは入居者100人に対して1人配置していれば良いこととなっており、多くの入居者を担当する必要があります。

ケアマネジャーになるには

ケアマネジャーの仕事は、介護支援専門員の資格がなければ行うことができません。

ケアマネジャーの資格を取得するには、介護支援専門員実務研修受講試験に合格した後、15日間の講習と3日間の実務研修を受ける必要があります。また、介護支援専門員実務研修受講試験を受けるには、保健・医療・福祉の該当する国家資格を保有し、5年以上かつ900日以上の実務経験を有している又は、生活相談員・相談支援員等として5年以上かつ900日以上の実務経験が必要となっています。

どんな試験があるの?難易度は?

介護支援専門員実務研修受講試験では、介護支援分野から25問、保健福祉サービス分野から35問の計60問が出題され、各分野で正答率70%以上が合格ラインとされていて、どちらの分野も点数が取れるようにしなければなりません。

また、難易度は試験の年度によってばらつきがありますが、近年では合格率が10~20%となっていて、難易度の高い資格であると言えます

費用はどれくらいかかるの?

ケアマネジャーの資格の取得を目指し介護支援専門員実務研修受講試験に合格するためには、介護や医療に関する専門用語を正しく理解し、法律や制度の内容や意味するものをきちんと理解しておく必要があります。仕事をしながら、効果的に学習を進めて行くために通信講座や通学による講座などを活用することもあります。

通信講座の場合、費用や学習期間、サポート体制はそれぞれの講座によって違いが見られますが、中でも3か月から6か月程度の学習期間を設定していることが多く、費用は3~5万円程度が相場となっています。

ケアマネジャーの資格には更新が必要?

ケアマネジャーの資格を取得すると都道府県に登録され、介護支援専門員証が交付されます。この介護支援専門員証は5年の有効期間となっており、有効期間が満了するまでに所定の研修を受講し、介護支援専門員証の更新をしなければ業務を継続することはできなくなります。

ただし、ケアマネジャーの資格の更新をしない場合でも、資格がなくなったわけではありません。もし、ケアマネジャーの仕事をしているわけではないなどの理由で、今すぐ資格の行使が必要でない場合には、必要になった時に再研修を受けることで有効な介護支援専門員証を発行してもらうことも可能です。

ケアマネジャーになると、年収は上がるの?

ケアマネジャーは、実務経験や難易度の高い試験など簡単に取得できる資格ではありませんが、ケアマネジャーの給与はどのくらいなのでしょうか。

厚生労働省が発表した令和2年度介護従事者処遇状況等調査結果によると、ケアマネジャーの2020年のひと月の平均給与は常勤で約36万円、非常勤で時給が1,380円とされています。なお、介護職員の平均給与では常勤で約33万円、非常勤の時給は1,110円となっており、ケアマネジャーの給与は比較的高額であることが分かります。

ケアマネジャーのやりがい

ケアマネジャーの仕事のやりがいは、自分が立てたケアプランによって利用者やその家族の生活がより良くなることを感じられることにあります。ケアマネジャーは直接的な介護サービスは行いませんが、利用者や家族の困りごとに向き合いサポートします。課題の解決や負担の軽減ができ、生活の状況が良い方向に向かっていくことで、役に立てたという達成感を得られるだけでなく、感謝のことばを伝えられることも多く、やりがいにつながります。

また、利用者の支援を通して自分も成長していると感じることも多く、そのような仕事をしているという自覚は責任感をもって仕事をすることにつながって行きます。

こんなシニアにおすすめ!

ケアマネジャーの仕事は、基本的に日勤帯での仕事であり、相談援助や連絡調整にかかる業務が大半を占めます。そのため、身体介護を行うことと比較すると体力的な負担は小さくなります。介護職員として体力に不安を感じていて、人の話を聴くことが好きでコミュニケーション能力の高いシニアにおすすめの仕事です。

ただし、ケアプランの作成はパソコンで介護ソフト等のシステムを使用して入力することがほとんどですので、文字入力が問題ない程度のパソコンスキルが必要になります。

まとめ

ケアマネジャーは、介護保険の要とも言われるやりがいのある仕事です。事務的な業務が多いため、年齢が高くても仕事を続けることが可能であり、シニアにぴったりの仕事でもあります。

長く介護の仕事を続けたいと思っているのであれば、ぜひケアマネジャーの資格取得にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、定年・子育て後の再就職に関する情報以外にも、介護や終活、健康について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

  LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ