【銀山温泉】まるで異世界!大正ロマンあふれる景色が最高の温泉街

銀山温泉は、1983年4月から約1年間放送されたNHKの連続テレビ小説「おしん」の舞台となり全国にその名が知られることとなった、山形県尾花沢市にある温泉街です。

皮膚病・慢性婦人病・冷え性などたくさんの効能を持つ泉質の温泉と、大正ロマンあふれる景観が特に魅力的です。

今回は、山の奥でまるで隔絶された世界のように広がる温泉街、銀山温泉の魅力をご紹介します。

ぜひご覧になって頂きたい見どころやグルメのほか、銀山温泉までのアクセス方法のご案内もしていますので、どうぞ楽しんでご覧ください。

銀山温泉の魅力

銀山温泉は大正浪漫のムードが漂う大人の町といった雰囲気を持ち、訪れる人々が安らぎと感動を同時に得ることができる素敵な場所です。銀山温泉が持つ数え切れない魅力の中の一部をご紹介します。

 映画「千と千尋の神隠し」のような世界観

主人公の千尋(ちひろ)が不思議な街の温泉宿で働く中での成長を描いたジブリ映画、「千と千尋の神隠し」の舞台に似ているということで、温泉好きだけでなくジブリ映画のファンも多数訪れるようになりました。

実際に映画を観たことがある方なら、映画のシーンを想起させるような光景をたくさん見ることができるでしょう。まだ観たことがない方は、一度映画をみてから銀山温泉を訪れるとより一層楽しむことができるはずです。

 きらびやかな夜の町並み

銀山温泉の風情ある町並みは、夜にこそ真価を発揮します。

温泉街の真ん中を銀山川が流れ、その両側に立ち並ぶ温泉宿を始めとした趣ある建物がライトアップされる様は必見です。

ガス灯が灯る薄暗い歩道、銀山川の水面に映る月明かり、橋を往来する人々の表情、そのすべてがこの銀山温泉の美しい夜の景観を彩っています。

 知る人ぞ知る紅葉スポット

銀山温泉は入浴・宿泊・紅葉狩りを一度に楽しむことができる場所でもあります。

銀山温泉街の奥にある白銀の滝から銀坑洞までは往復2kmの散策コースとなっており、そこでは10月下旬〜11月上旬まで紅葉を楽しみながらの散策ができます。

また、紅葉の時期だと少々寒いかも知れませんが、浴衣を着たまま散策できるのがこの銀山温泉ならではの楽しみです。

 ため息が出るほどに美しい雪景色

冬の銀山温泉の美しさは筆舌に尽くし難いものがあります。

街を彩るアンバーの光を白い雪がキラキラと反射し、夜中でもまだぼんやりと明るい幻想的な世界を演出しています。

銀山温泉観光でおすすめの散策スポット4選

銀山温泉に行ったらぜひ立ち寄って欲しいスポットをご紹介します。

すべて温泉街からそう遠くない場所にあり、徒歩で巡るのも簡単です。

銀山温泉の温泉街

まずは銀山温泉の温泉街の風情を楽しみましょう。

昼と夜でまったく異なる表情を見ることができるので、1日の中で時間をあけて2回以上散策するのがおすすめです。

温泉街の規模としてはそれほど大きい訳ではありませんが、温泉街の中は車両の乗り入れが禁止されているため、街の雰囲気に浸りながらゆっくりと自分のペースで観光することができます。

和楽足湯

温泉地の観光の楽しみのひとつ、足湯もちゃんとあります。

ロケーションも素晴らしく、銀山川沿いの街全体を広く見渡せる場所で山形県屈指の名湯を無料で味わうことができます。

そしてこの和楽足湯も、夜には柔らかな灯が灯り、ムーディーな空間に身も心も滲むような極上の癒しの体験を得ることができます。

源泉がそのまま使用されているので、銀山温泉が誇る優れた泉質を手と足で感じてみてください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Robin(@robin.tw.jp)がシェアした投稿

白銀公園

銀山温泉は効能に富む温泉や歴史を感じる町並みのほかに、自然が織りなす神秘的な景観を楽しめる場所でもあります。

温泉街の奥へ続く歩道を歩いて行ったところに白銀公園が広がり、銀の採掘が行われていた「銀坑道」や、自然の中に映える赤色が特徴の「せことい橋」などのたくさんの見どころがこの公園のエリア内に点在しています。

季節により表情を変化させる自然と、その自然と共存してきた人々の手による造形物の対比が美しく、思わず足を止めてカメラを構えたくなるような光景を随所で見ることができます。

公園内の歩道はよく整備されているため歩きやすく、お子様からお年寄りの方まで気軽に散策が可能です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Bill/Keris/KK(@kit719)がシェアした投稿

白銀の滝

温泉街から散策路に入る入り口あたりで見ることができる落差22メートルの滝です。

すぐ近くで見ることができる上、流れ落ちる水の量が多いので見応えは十分にあります。

ここは、滝の奥に見える赤いせことい橋が景色の中にアクセントを添える、銀山温泉定番の写真スポットとなっています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Claire Cheng /クレア🇹🇼 🇨🇦(@clairemiow)がシェアした投稿

銀山温泉名物のおすすめグルメ

銀山温泉を散策しながら食べることができる、ここでしか味わえないグルメをご紹介します。

どれも気軽に楽しめる価格と量なので、試しに食べてみて、気に入ったらご家族や友人にお土産として買ってあげましょう。

 

はいからさんのカリーパン

温泉街の奥の方にある飲食店「はいからさん通り」の商品で、銀山温泉観光の定番グルメとなっているのがこの「はいからさんのカリーパン」です。
お洒落な入れ物に入った持ち帰り用も販売しているのでお土産としてはもちろん、銀山温泉の景色を見ながら食べ歩きをするとより美味しく感じられます。

少し辛めに作ったカレーを山形県産の小麦「ねばりごし」を使用した生地で包んで揚げたこのこだわりのカレーパンは、現在は通販でも購入することができます。
銀山温泉から帰った後もカレーパンを食べながら見た銀山温泉の景色を思い出すための「しおり」として、現地でこの味を体験しておくのも良いでしょう。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ハル(@kc_onochan_6kp)がシェアした投稿

銀山まんじゅう

温泉街に至る下り坂を下ったところの正面に見える「めいゆう庵」で販売されている、銀山温泉名物のお菓子です。
刻んだ栗を混ぜ込んだ粒あんが特徴の黒糖のまんじゅうと、竹炭を練り込んで独特でありながら上品な味に仕上げた胡麻のまんじゅうの2種類があります。
この銀山まんじゅうを販売している「めいゆう庵」がある辺りから、観光の中心地である車両侵入禁止の温泉街が広がっています。
1個から購入することができるこの銀山まんじゅうは、めいゆう庵近くの温泉街を一望できる「白銀橋」の上で食べるとまた格別です。
これから始まる銀山温泉観光への期待感と高揚感を、銀山まんじゅうの味と一緒に強く記憶に残すことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

@w7k5nがシェアした投稿

銀山とうふ

白銀橋を渡ってすぐの場所にある「野川とうふや」にて、立ち食いとうふという珍しいスタイルで販売されているとうふです。

持ち帰りのみの販売で、食べ歩きがしやすいように一口大にカットされた状態で容器に入れて渡されます。

メニューはスタンダードな「立ち食い豆腐」のほかに「生揚げ」「豆腐てん(ところてんとうふ)」の3種類。

温泉街を散策しながら食べ歩きするのも良いですが、すぐ近くにある足湯に浸かりながら食べるのが1番おすすめの楽しみ方です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Takashi K(@takashi0390)がシェアした投稿

日帰り観光にもおすすめの温泉

銀山温泉には立派な温泉宿のほかに、安い料金で入浴できる共同温泉もいくつかあります。

日帰りでの観光におすすめの入浴施設をご案内します。

しろがね湯

温泉街の端に位置するしろがね湯は、モダンな内外装が特徴的な共同浴場です。

内部は薄暗く少々閉鎖的な空間となっており、コンクリート打ちっぱなしの浴室がとても良い雰囲気を醸し出しています。

カランの数が少なく浴槽も決して大きくはないので、入浴客が多い時間帯に入ると少々狭く感じるかもしれません。逆に空いている時間に入ると、この広すぎないプライベートな空間がとても快適に感じられます。

入浴料金 大人 500円
小学生以下 200円
入浴可能時間 8:00〜17:00

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

marumaru🐧(@h.nobuko)がシェアした投稿

古勢起屋別館

温泉街のほぼ中央、ひときわ目立つ立派な温泉宿「古勢起屋別館」では立ち寄り入浴も可能です。

歴史ある温泉宿でありながら、入浴料が共同浴場と同じくらい安いため利用しやすいのが魅力的です。

ステンドグラスの窓がノスタルジックな「ほっこりのちか湯」と、ひょうたんの形の浴槽が印象的な「ぬっくりの金太郎湯」の2つの浴場があり、時間ごとに男女の入れ替えを行っています。

入浴料金 大人・小人 700円
入浴可能時間 11:00~14:00

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

aкi(@ak._.s2)がシェアした投稿

おもかげ湯

時間制で利用できる貸し切りの共同浴場です。

6人くらいまでゆったりと入ることができるので、ご家族や友人などの団体で利用するとお得です。

もともとは観光客向けでなく地域の方のみが利用できる浴場だったこともあり華美な雰囲気はあまりありませんが、ひなびた雰囲気に安らぎを感じられる場所です。

おもかげ湯で入浴したい場合は、「はいからさんのカリーパン」を販売しているお店、はいから通りで受付をすることになります。

他の入浴客に気を遣うことなく、どこまでも開放的な気分で温泉を楽しめます。

入浴料金 50分 2000円
入浴可能時間 10:00〜17:50

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

♨︎ ✍︎(@onsen_520)がシェアした投稿

銀山温泉の旅館おすすめ人気宿3選

銀山温泉での宿泊を予定する方に特におすすめしたい、代表的な旅館をご紹介します。

日帰りでも十分に楽しめる銀山温泉ですが、最大限楽しむにはやっぱり旅館に泊まるのが一番です。

銀山温泉1万人期の旅館「能登屋旅館」

HP:http://www.notoyaryokan.com/

銀山温泉のシンボルとして並々ならぬ存在感を放つ老舗旅館です。

銀山川にかかる赤い橋の向こうにどっしりと構えるその佇まいは、銀山温泉の歴史の証人としての凄みさえ感じられます。

宿の中はというと、和と洋が調和したこれぞ大正浪漫といった意匠に満ちあふれ、それでいて安らぎを覚える落ち着いた空間となっています。

ここで過ごした時間は、一生忘れられない贅沢な時間となることでしょう。

創業100年の老舗旅館「昭和館」

HP:http://www.shouwakan.net/

最上階にある「天空露天風呂」がこの昭和館の大きな特徴のひとつで、訪れる人に最高の眺望と極上の癒しを約束してくれます。

女性は14:00~21:00、男性は21:30~10:00の時間帯で利用が可能で、時間の経過とともに移り変わる町の景観を存分に楽しむことができます。

地元産の食材を使用した旬の料理も昭和館の自慢で、贅を尽くした色とりどりの料理に心が踊ります。

秋・冬にはきのこ料理と体が温まる鍋料理を提供し、その時期、その場所だからこそ味わえる料理に強いおもてなしの心を感じることができます。

超有名建築家が設計した旅館「藤屋」

HP:https://www.fujiya-ginzan.com/

他の旅館とは明らかに趣が異なる、モダンな建築が印象的な旅館です。

「和の大家」と呼ばれ数々の受賞歴を持つ世界的建築家、隈研吾氏によるアーティスティックなデザインが通る人の目をひきます。

その世界観の創出には一切妥協を許さず、館内には雰囲気を壊すような余計なものを一切置かないという徹底ぶりです。

浴室にもその意匠が存分に用いられ、「ひばのお風呂」「地下のお風呂」「石風呂」「竹のお風呂」「半露天風呂」のすべて趣が異なる5つの貸し切り風呂は、好きな時に好きなお風呂を好きなだけ利用することができます。

銀山温泉へのアクセス

公共交通機関、自家用車を利用しての銀山温泉までの行き方をご案内します。

銀山温泉周辺の地図

公共交通機関での行き方

銀山温泉には飛行機・新幹線・バスを利用して行くことができます。

銀山温泉の最寄り駅は「JR大石田駅」、最寄りの空港は「おいしい山形空港」となります。

飛行機での行き方

飛行機で行く場合は最寄りのおいしい山形空港へ向かい、空港到着後に観光バス(おいしい山形空港観光バス 予約不要)か乗り合いタクシー(おいしい山形空港観光ライナー 要予約)を利用すると良いでしょう。山形空港から銀山温泉までの所要時間は1時間ほどです。

新幹線での行き方

新幹線で行く場合は銀山温泉に近い大石田駅を目指しましょう。大石田駅からバス・タクシーが利用可能です。

東京方面から 東京駅から大石田駅まで山形新幹線で3時間20分→大石田駅から銀山温泉までバス(はながさバス)で36分、またはタクシーで25分
仙台方面から 仙台駅から山形駅までJR仙山線で1時間20分→山形駅から大石田駅まで山形新幹線で30分→大石田駅から銀山温泉までバス(はながさバス)で36分、またはタクシーで25分
山形方面から 山形駅から大石田駅まで山形新幹線で30分→大石田駅から銀山温泉までバス(はながさバス)で36分、またはタクシーで25分

車での行き方

銀山温泉周辺は危険なほど細い道や通行止めの区間があるので、車で行く場合はその点に注意が必要です。

ここでは銀山温泉の公式サイトが推奨するルートをご案内します。

東北自動車道 古川IC → (国道47号線) → 鳴子 → 赤倉 → 山刀代峠 → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
東北自動車道 村田JCT → 山形北IC → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉
東北自動車道 仙台宮城IC → 関山峠 → 東根 → (国道13号線) → 尾花沢 → (国道347号線) → 銀山温泉

銀山温泉近くの駐車場

銀山温泉には無料の共同駐車場が1箇所あります。

その駐車場を通り過ぎてしまうと、行き止まりになってしまうので注意しましょう。

旅館を利用される方はそちらの専用駐車場をご利用ください。少し遠くなってもよければ、「大正ロマン館」の駐車場も利用可能です。

銀山温泉 共同駐車場 【駐車料金】無料
【住所】〒999-4333 山形県尾花沢市大字銀山新畑
大正ロマン館 【駐車料金】無料
【住所】〒999-4332 山形県尾花沢市大字上柳渡戸364-3

まとめ

銀山温泉は温泉好きの中では非常に人気がある憧れの温泉地で、素敵な魅力でいっぱいの場所です。

山の奥にあるため余計な騒音も一切なく、まるで異世界に足を踏み入れたような気分にさえなります。

四季の移ろいとともに美しく姿を変えるこの銀山温泉はいつ行っても最高の体験ができます。

一生に一度は銀山温泉の泉質・景色・グルメを味わって見ることを強くおすすめします。

 

この記事を書いた人:斎藤 誠

この記事を書いた人:斎藤 誠この記事を書いた人:斎藤 誠

旅行・温泉・ラーメンが大好きな、自称アウトドア派の30代。47都道府県すべてに訪れた経験を活かし、あなたにとって本当に役に立つ情報を発信します。

関連する記事

記事のカテゴリ