エンディングノートの書き方 | 書く内容とポイント【はじめての終活】

「終活」という文字とペン

©takasu/stock.adobe.com

以前はネガティブな印象でとらえがちであった「終活」ということば。
しかし、最近では芸能人の終活がメディアで取り上げられることも多くなり、自分もやってみようと興味を抱かれるシニア世代の方も増えてきました。
一言で終活といってもその内容は幅広く、何から手をつけていけばよいのかと迷われる方も多いのではないでしょうか。そのような場合にはまずエンディングノートをかくことから始めてみましょう。

この記事では終活のプロがエンディングノートの書き方のポイントを解説します。

エンディングノートとは

エンディングノートを書く人

©NOBU/stock.adobe.com

エンディングノートとは人生の終焉を迎えるにあたって、自身の希望や情報を書き記しておくためのものです。

内容や書き方に決まりはなく、自分の医療や介護、お墓、供養などに対する希望や意向を記載しておきます。

また、相続に必要な財産の詳細も書き記しておくことで、家族が知らない財産があったというような事を防止することができます。

今までの人生をふり返ることで、これからの人生をより良く送るために何をしたいのかを明確にすることにもつながります。

エンディングノートとは?書き方や項目、無料で入手できる方法を紹介

エンディングノートに書く内容・項目

エンディングノートには次のようなことを書いていきます。

  • 自分についての基本情報
  • 日常に置ける細かな契約
  • 介護の方法
  • 医療・延命治療について
  • 葬儀やお墓のこと
  • 財産や相続について
  • 親しい人の連絡先
  • 家族へのメッセージ
  • その他伝えたいこと

各項目の具体的な書き方のポイントを説明していきます。

ペンと項目

© Dmitriy/stock.adobe.com

自分についての基本情報

自分自身のことについて記載します。名前の由来や出生場所、住んだことのある場所、学歴や職歴などを記録しておきます。その他、自分の両親との思い出や配偶者、子どもとの思い出、連絡先なども記載しておくようにします。

今までに行った旅行先や行きたいと思っている場所、やりたいことや趣味なども書いておくと良いでしょう。

日常における細かな契約

私たちは携帯電話やインターネットの契約など、日常生活を送る中でさまざまな契約を交わしています。

オンラインで契約を行った場合、契約書が紙で残っていないことも多く、家族にとってはどのような契約をしているのかを把握することは難しくなっています。

さらにインターネットの場合は契約内容だけでなくログイン情報としてIDやパスワードが必要になります。万一の場合にはこれらの契約を解約する必要があります。この時に契約ごとのIDやパスワードを記してあると家族の負担を減らすことができます。ただし、パスワードは上に紙を張るなどして簡単に見ることができないような工夫をしておきましょう。

また、今は利用していないサービスを解約せずに会費だけを支払い続けている場合もあります。

自分が交わしている契約の内容を把握しておくことで、自分がどのような契約をしているのか、不要な契約はないかを見直すきっかけにもなります。

介護の方法

介護が必要になった場合に自宅や施設などどこで介護を受けたいと思っているか、誰に面倒を見てほしいかなどの希望を書きましょう。

子どもたちには迷惑はかけたくないと常々思っているのも関わらず、認知症になると「施設はイヤ」など本心とは違うことを言い出すことがしばしばあります。エンディングノートに予算や希望する施設、地域などを具体的に書いておくことで、家族は意思を汲み取り希望に合う施設を探すことができます。

認知症になったりして自分で意思決定ができなくなった時には家族に一任するのか、後見人を希望するのかなども記載しておきます。

元気なうちにしっかりと思いを記しておくことで、自分の意思を尊重した介護を受けられるようにしておきましょう。

医療・延命治療について

健康状態や今までかかった病気については、入院した時に聞かれることがあります。自分で答えられない状況になった時のために、家族に伝えられるように現在の状況と共に書いておくと安心です。かかりつけ医の情報も書いておくと良いでしょう。

また病気の告知ついて、「一切知らせないでほしい」「病名だけ知らせてほしい」など、どこまで知らせてほしいのかをなるべく具体的に書きます。延命治療を望むのか望まないのか、口から栄養が取れなくなった場合にはどうしてほしいかなどの意向も書いておくと良いでしょう。

もし今はイメージがつかなかったり、その状況になった時に家族と相談したい、家族に一任したいという場合は、今はそのような気持ちであること書いておけば大丈夫です。

葬儀やお墓のこと

自分らしい供養の受け方を決めておくことは今の時代では特別なことではありません。

生前に自分でお墓を購入したり、納骨堂と永代供養の契約をし、費用を支払っている人もいます。このような場合、自分が入る予定のお墓や納骨堂がどこにあるのか、寺院や霊園の名称、連絡先、担当者の氏名などを書いておきましょう。近年では供養の方法として海洋散骨や樹木葬などの新しい葬儀の形が出てきています。
また、葬儀社や戒名などすでに決まっていることはあるのか、どんなお葬式にしたいのかなどの希望や自身の宗派も書き記しましょう。

棺の中に入れてほしいものや遺影として使ってほしい写真がある方は、それが何か・どこにあるかをわかるようにしておくか、エンディングノートと一緒に置いておくようにしましょう。

ただし、自分の考えだけではなく供養してくれる人がいる場合には、一緒に考える機会を持ち、お互いが納得しておくことも大切です。

財産や相続について

財産については預貯金や負債だけでなく、不動産、有価証券、年金などについてもその内容を明確にしておきましょう。自分でもきちんと把握できていない場合は、エンディングノートを書くことで整理することもできます。

通帳やキャッシュカード、印鑑、有価証券、権利証などの保管場所も分かるようにしておきましょう。元気なうちに家族に見られることが躊躇されるような内容は、封筒に入れて密封するなどの工夫をすると良いでしょう。

預貯金に関しては、家族であっても代理で銀行などでお金をおろしたりすることは難しくなっています。入院などでまとまったお金が必要になった場合のことも考えておくようにしましょう。

生命保険に加入している場合には保険会社や受取人を書いておく必要もあります。

親しい人の連絡先

自分に何かあった場合に知らせてほしい人や、葬儀に来てもらいたい人の名前や住所、連絡先や関係性をリストにしておくことでエンディングノートを見ればすぐに分かるようにします。相手の連絡先は転居などで変更する場合も出てきますので、適宜内容は修正する必要があります

家族へのメッセージ

大切な家族や親しい人への思いや感謝の気持ちを綴っておきます。普段はなかなか口にできない正直な気持ちが伝えられるように言葉にして残しておきましょう。

両親や配偶者、子ども、親しい友人などへの想いを書き綴ることで、今まで自分がどんなふうにして周りに支えられてきたのかについて改めて気が付くことがあります。また、過去をふり返ることで、これから先の人生を考えるための貴重な機会にもなります。

ペットのこと

ペットを家族の一員として大切に育てている方も少なくありません。そのため、自分が世話をできなくなった場合のこともしっかりと考えておく必要があります。

例えば現状の制度ではペットに遺産を相続させることはできませんが、財産の相続の条件としてペットのお世話をお願いするなどの方法を取る方法もあります。

自分に変わって大切にお世話をしてもらうためには、あらかじめ依頼をしておき、合意を図っておくことが必要になります。

 

ここまでエンディングノートの項目についてまとめてみましたが、「もっと具体的にどのようなことを書いていけばいいの?」という方や「書いておいた方がいいことで何か抜け漏れがないか心配…」という方は以下の記事でエンディングノートに書きたい項目の一覧をご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

エンディングノートの項目一覧|書いておきたい内容がひと目で分かる!

エンディングノートを書くときの6つのコツ

「項目もいっぱいあるし、エンディングノートって書くの難しそう」と感じた方も大丈夫。
エンディングノートを書き方は自由です。これからご紹介する6つのコツを意識してエンディングノートを書いてみましょう!

©buritora/stock.adobe.com

1.項目や様式にとらわれすぎない

一度エンディングノートを書こうとチャレンジしたけれども、途中で断念したというような話もよく聞きます。このような方の多くは、全項目を埋めていこうとしたり、最初のページから順番に書こうとされた方です。

エンディングノートはすべてを埋めなければならないものではありません。途中で挫折しないためには自分の書きやすい項目から書きはじめるようにします。書きにくいところや分からないところは後回しにしたり空欄にしておきましょう。

2.自分史をまとめるつもりで書く

エンディングノートは自分がこれまで生きてきた証のようなものです。幼少期から今までの人生をふり返りながら、書ける部分から自分史をまとめるつもりで書いていきましょう。色々な出来事を思い出し、楽しみながら書き進めていくようにするのが途中で挫折しないポイントです。あまり思い出したくないことや覚えていないことを無理に思い出す必要はありません。

エンディングノートを通して自分の人生を可視化でき、これから先にしたいことややり残していること、どう過ごしていきたいかまでもが見えてくるようになるでしょう。

3.家族に伝えたい情報をはっきりと書く

伝えたい情報は誰に、何を、どうしてほしいと思っているのかやその理由が分かるように、はっきりと書いておくようにしましょう。

エンディングノートは生前から家族に想いや必要な情報を伝えることができます。そのため一方通行ではなく相手の反応を知ることにもなります。

エンディングノートに記載しておくだけでなく、普段からコミュニケーションをとって自分の思いを伝えておくことは重要なことです。しかし、なかなか口では言いにくい感謝の気持ちはエンディングノートでなら伝えやすいのではないでしょうか。

4.定期的に書き直す

エンディングノートは一度書いたら終わりでははなく定期的に見直し、書き直しをしましょう。

毎年誕生日やお正月などの家族が集まった時になどと決めておき、恒例にすると良いでしょう。古いものも残しておくと気持ちの変化をあとから振り返ることもできますね。

いつ書いたものかがわかるようにしておくために、記載した日付を記入することを忘れないようにしましょう。

5.セミナーに参加する

エンディングノートの書き方のセミナーが各地で開催されています。講師と対面でより具体的に書き方を知ることができますので、より深くエンディングノートについて知りたい場合にはセミナーに参加するのも良いでしょう。

6.終活のプロに相談する

エンディングノートを書き上げることは、時間も労力もかかります。1人で取り組むよりも誰かと一緒に行うほうが良いでしょう。

終活のプロの力を借りる方法もありもあります。エンディングノートを書き上げられるように支援してくれるだけでなく、さまざまな相談に乗ってもらうことで終活に関する疑問や不安を解消することもできます。

おすすめのエンディングノートは?

エンディングノートは書店で購入することができます。

その他、市役所や自治体の窓口で無料で配布されているものもあります。形式も手帳タイプのもの、冊子になっているもの、本のようになっているものなど内容や大きさもさまざまです。

最近ではシニア世代にもパソコンやスマートフォンが普及していることもあり、エンディングノートを無料でダウンロードし、パソコンに保存しておくこともできます。

おすすめのエンディングノートとしては、はじめて書く場合は自治体で配布されているような簡単なのもが良いでしょう。

最初からあれもこれもと欲張ると途中で挫折する事が多くなります。内容が足りないと感じたら空欄や別の紙に書いておくようにし、慣れに応じて内容の充実したものに移行していくようにするのが良いでしょう。

おすすめの人気エンディングノートを種類別に終活のプロが紹介!

エンディングノートを書いた後の注意点

ここまでエンディングノートの書き方についてまとめてきましたが、エンディングノートは書けば終わりではありません。

©hikastock/stock.adobe.com

法的拘束力がない

エンディングノートに相続の希望を書いてあっても法的な効力はありません。したがって、相続人が全員納得してくれなければ自分の意志とは違う形で相続がされる事があります。

遺産分割でのトラブルはこの25年で2倍になっています。財産が少ないから揉めないというわけではなく、家庭裁判所での遺産の紛争事件の3分の1は1000万円以下の相続で起こっています。

このような事態を避けるため、相続に関しては別に遺言書を作成しておくようにし、遺言書もあることを知らせるようにしましょう。

保管場所に気をつける

エンディングノートには財産やプライベートなことなどの個人情報がたくさん書かれています。目につくところに置いておくと思わぬことで個人情報が漏洩してしまう危険があります。

そのような事をさけるため、エンディングノートは封筒に入れるなどして、外部からはっきり分からないようにしておくようにしましょう。パソコンやスマートフォンにデーターで保存する場合には専用のフォルダに整理して置くようにし、パスワードをかけておくと安心です。

エンディングノートの存在を伝えておく

エンディングノートは自分が人生の終焉にさしかかった時に家族に自分の意向や手続きに必要な情報を知ってもらうためのものです。そのためにはエンディングノートを書いていることを家族に知っておいてもらう必要があります。

どこに保管してあるのかに加え、どのような状況になればエンディングノートの内容を確認してほしいのかを伝えておきましょう。もしデータで保管していてパスワードをかけている場合には、パスワードをメモしておき、そのメモのある場所を伝えましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。終活を始める第一歩としてのエンディングノート。難しく考えないで、まずは気軽に書くことから始めてみることをおすすめします。人生100年時代と言われますが、死は誰にでもやってきます。自分も家族も後悔しないように準備をしておくことは、決してネガティブなことではありません。エンディングノートをきっかけにして前向きな終活を楽しんでいきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ