遺影を処分する方法 | 葬儀後やご先祖様の遺影の処分の仕方

故人の姿を写す遺影。

「葬儀が終わって遺影写真を処分したいけど、どのように処分したら良い分からない…」「遺品整理を行っていたら、押し入れからご先祖様の遺影写真が出てきた」と、遺影の扱い方に慎重になる方も多いのではないでしょうか。

整理したいけど、そのまま捨てるのはやはり気が引けます。

では遺影を処分するには、どのような対処をするのが良いのでしょう。

この記事ではご先祖様の遺影が出てきた場合、葬儀が終わり遺影の処分に困っている場合に役立つ、遺影写真の処分の方法について説明していきます。

基本的に遺影の扱い方に決まりはない

©naka/stock.adobe.com

遺影は葬儀の場で多くみかけることから、ある種の「仏具」のようなイメージがありますが、実際には遺影写真に宗教的な意味合いはありません。

そのため仏壇や仏具と違い、遺影写真には扱い方の決まりというものはなく、扱い方や処分の仕方に決まりはありません。

遺影は普段から飾っておいたり、法事の際のみ飾ったりする場合もあるでしょうが、中には葬儀が終わった後に処分される方もいらっしゃるかもしれません。

ただ処分すると言っても、もちろん遺影写真に対して敬意を持つことは大切ですし、決まりがないからといって無下に扱うのは心情が良くありませんよね。

葬儀後の遺影の取り扱い方法

葬儀場で遺影写真を飾った際には大きさが気にならなくても、自宅に戻って遺影写真を飾ろうとしたら大きいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

通常、遺影写真は四つ切サイズですからスナップ写真に比べるとかなり大きいです。ここでは、遺影写真を飾らない場合の対処方法を紹介していきます。

保管しておく

普段自宅にに飾らない場合でも、49日や初盆などの際に飾るためには保管しておかなければいけません。

特に49日や初盆のタイミングで親族が集まるという家庭では遺影はまだ処分せずに保管しておいたほうが良いでしょう。

保管の際にはガラスなどが割れないように箱や風呂敷を使って保管しましょう。こうしておけば、ほこりなどで汚れることを防ぐことも出来ます。

自分で処分する

自身で遺影写真を処分することに抵抗が無い方は、自身で処分するのが良いでしょう。

処分方法自体に決まりはありませんが写真・額・ガラスなどで処分方法が違います。

写真は封筒に入れて他の人から見えなくしてから処分するなど、処分方法に注意してください。遺影がむき出しのまま捨てるのは周囲からみてもあまり気持ちいいものではありません。

ただ処分するのは忍びないけど遺影が大きく保管する場所がないという方は、四つ切サイズからL版などの小さいサイズに加工して額に入れて飾り直したり、データに変換して残しておく方法も良いでしょう。

寺や神社に依頼して処分する

寺や神社などの宗教者の方に依頼して供養していただいてから処分するという方法もあります。この場合、寺や神社でお焚き上げをしてもらうことになります。

寺や神社などの宗教施設でお焚き上げをしてもらうことで、ご利益にあずかることが出来きます。お気持ち分のお礼が必要になりますが、遺影写真を粗末にしたくないという方にとっては大きなポイントになるのではないでしょうか。

デメリットは、正月などの限られた時期しか受け付けられていない場合が多いということです。

お焚き上げ供養のサービスを利用して処分する

寺や神社のお焚き上げでなく、お焚き上げ供養の専門業者や遺影処分の専門業者を利用するといった方法もあります。

こちらは、どの時期でも受け入れ対応可能な場合が多いです。

しかし寺や神社に直接依頼する場合に比べ、料金が高くなる場合がほとんどです。

遺影写真のみのお焚き上げであれば、寺や神社に直接依頼する方が良いでしょう。

遺影写真以外にもお焚き上げを行う際は、専門業者に依頼する方がスムーズにお焚き上げを行えます。

寺や神社での遺影の処分の仕方

寺や神社で遺影写真を処分する場合に、勝手に処分すれば良いという訳ではありません。寺や神社で処分と聞くと、難しく感じられる方もいらっしゃるでしょう。

しかし手順などを知っておけば、難しいことはありません。

実際に、寺や神社で遺影写真を処分する場合の手順や費用について見ていきましょう。

遺影の閉眼供養をする

© sand555/stock.adobe.com

魂を抜くという儀式のことを『閉眼供養』といいます。

ご先祖様の魂などが残らないように魂抜きをすることによって遺影写真をただの写真にするというわけです。

閉眼供養は自身の菩提寺に依頼しましょう。

檀家離れが進み、どことも付き合いが無いという方は、インターネットなどの『お寺さん紹介・手配サービス』を利用する方法もあります。

閉眼供養は自宅に宗教者の方を招いて行うかたちが多いです。

遺影をお焚き上げする

©tenjou/stock.adobe.com

閉眼供養が終われば実際にお焚き上げということになります。

この状態であれば、遺影写真もただの写真と同じ扱いです。

ですが、閉眼供養まで行う方がゴミと一緒に処分はされないでしょう。

そのため、お焚き上げの日程に合わせて閉眼供養を依頼した寺に持ち込みお焚き上げをするか、近所でお焚き上げを行っている寺や神社に持ち込むのが一般的です。

遺影の処分にかかる費用

遺影の処分にかかる費用は、閉眼供養にかかる費用とお焚き上げにかかる費用であるといえます。

閉眼供養は10000円~50000円程度お布施が必要です。

自宅で閉眼供養を行う場合は、お車代を別で包むようにしましょう。

お寺さん紹介・手配サービスはお車代込みで35000円程度のようです。

お焚き上げを行う場合、お焚き上げを行うものを集める場所があります。

そこに写真を入れるわけですが、一緒に数千円程度のお賽銭も入れるようにしましょう。

金額が決まっている場所もあれば、決っていない場所もありますので事前に問い合わせるのが良いでしょう。

なんで遺影を飾るの?遺影を飾る意味

遺影写真を飾る意味というのは諸説あるといわれ、明確な起源は定かではありません。

江戸時代から明治時代にかけて流行した『死絵』と呼ばれる歌舞伎役者などが亡くなった際に描いた浮世絵であったり、戦争で亡くなった方の家族が写真を座敷に飾ったことなどが発祥といわれています。

共通していえるのが、在りし日の故人の姿を偲ぶこと・故人の冥福を祈ること・供養のために飾っているといえます。

遺影写真は近代の写真技術の進歩とともに拡がってきたのです。

『八代目市川団十郎 死絵』

遺影とは?遺影の選び方や飾り方、処分の仕方まで遺影に関する全て解説

まとめ

遺影写真の処分に困っていた方も多いのではないでしょうか。

供養して処分する方法もあれば、サイズを小さくしたり形を変えたりして保管する方法もあることが分かりました。

宗教的な意味合いが無いため、絶対的な方法がありません。

ご自身や家族の考え方に合う方法で処分を行われてはいかがでしょうか。

 

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:畑中 誠

この記事を書いた人:畑中 誠この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ