創価学会のお葬式「友人葬」とは?葬儀の流れ・費用・参列マナー

葬儀は故人の信仰していた宗教によってその作法や流れに違いが見られます。また、近年葬儀の形も多様化してきており、あまりなじみのない葬儀の場合どのようにすればよいのか悩むこともあるのではないでしょうか。

特に創価学会の葬儀の形である友人葬では、一般的な仏式の流れとは似ているようで異なる部分も多いため戸惑うことも多いかもしれません。この記事では友人葬の流れやマナーなどについて解説していきます。

友人葬とは

友人葬とは創価学会を信仰している学会員の方の葬儀の形です。

創価学会は大乗仏教である日蓮大聖人の仏法を信奉する団体です。この創価学会の教えでは、故人の成仏は生前の信仰によるものとされています。そのため、故人の成仏と葬儀の形式には関係がないと考えられるようになりました。これにより1991年頃から葬儀に宗教者を呼ぶことはせずに、故人は知人たちに囲まれて見送られる友人葬という独自の方法での葬儀が行われるようになりました。

友人葬と家族葬は全然違うもの

友人葬と聞くとその言葉から親族や親しい友人だけの少人数で執り行う家族葬や密葬をイメージするかもしれません。しかし、友人葬は家族葬や密葬とは全く違うものになります。

家族葬や密葬が会葬者を親族や親しい知人のみに限定して僧侶に読経をしてもらうのに対し、友人葬では会葬者を親族のみに限定することはなく、遺族のほかにも知人や同志が読経などを行って故人をお見送りすることになります。

友人葬の特徴

友人葬では一般的な仏式の葬儀と比べて違いのある部分も多く、はじめて参列した時には一般的な仏式の葬儀のイメージとは随分違うと感じることがあるかもしれません。友人葬で他の葬儀の形と大きく違いがある特徴には以下のようなものがあります。

儀礼的な意味の香典はいらない

一般的な仏式の葬儀の習慣として古くから葬儀には香典を持参するようになっています。これは、故人への弔意を表し、遺族を助けるという意味を持ちます。

しかし、創価学会の葬儀では基本的に香典は必要ないとされています。ただし、遺族の意向や地域の風習で香典を受け取られることもあるため、特に断りがなく香典を持参したほうが良いのかを悩むような場合には、香典を準備しておき辞退されれば持ち帰るようにするのが無難でしょう。

僧侶の代わりに導師を呼ぶ

仏式では僧侶に来ていただいてお経をあげていただきますが、友人葬では僧侶をお呼びすることはありません。友人葬では故人は僧侶の読経によって成仏するのではなく、友人たちの真心のこもった読経が大切であると考えられているのです。このため僧侶の代わりに導師と呼ばれる人が友人代表として葬儀の進行役を担うことになります。

この導師を中心として、読経やお題目の「南無妙法蓮華経」を導師の進行に従って遺族や親族、参列者一同が唱えることになるのです。このように葬儀の中で参列者がお題目を唱えるところは、一般の仏式とは大きく異なるところとなります。

また、導師は創価学会の幹部であり儀典長とも呼ばれます。儀典長は僧侶ではありませんが信仰歴が長く教義に精通しており、葬儀の方法も熟知しているためスムーズに葬儀を進めて行くことができるのです。

戒名がいならい

友人葬では、故人には戒名をつけずに生前の名前のままで弔いや供養が行われます。そのため、葬儀の際の準備される位牌には故人の生前の名前が記載されています。

また、僧侶に戒名をつけてもらう必要がないため戒名料のお布施もいりません。

友人葬の祭壇

仏式の葬儀では祭壇は白木で組んだ白木祭壇を用います、しかし、友人葬で使用される祭壇ははこの白木祭壇ではありません。友人葬で用いる祭壇にはしきみ祭壇と白い生花祭壇と呼ばれる2つの種類の祭壇を用いるようにします。

©珠江 清水/stock.adobe.com

 

しきみ祭壇

創価学会の友人葬では祭壇にしきみをお供えするしきみ祭壇とすることが慣例となっています。

祭壇の中央部分には御本尊である掛け軸が掛けられます。この掛け軸をかける部分の御厨子を中心として、ご本尊の周囲や祭壇を魔除けとされる常緑樹であるしきみの葉で飾られた祭壇をしきみ祭壇と呼びます。

白い生花祭壇

白い生花祭壇では、しきみの代わりに白い生花が飾られます。ただし、ご本尊である中央部分はしきみ祭壇と同様にしきみで飾ります。

しかし、ご本尊の周囲以外の部分にはしきみだけでなく白い花が用いられているのが特徴です。ただし、近年は祭壇を飾るのは白い生花に限らなくても良いとされ、遺影や祭壇に色花を用いることも差し支えないとされています。

このように、友人葬では祭壇の飾りはしきみ祭壇や白い生花祭壇と言われているものの、その内容は厳格に決められているわけではなく、故人の好きだったお花で祭壇を飾ることも可能となっています。

友人葬に通夜はあるの?

友人葬の葬儀の流れは一般的な葬儀の流れと大きく異なるところはありません。そのため友人葬でも通夜は執り行われます。

友人葬の通夜は通常、葬儀の前日の18時~19時に開始されることが多いようです。友人葬の通夜では導師による読経と焼香が行われます。

友人葬の流れ

友人葬の流れはおおむね以下のようになっていますが、地域によって内容や順番が異なるため注意が必要です。

読経

友人代表の儀典長の導師の元、参列者で法華経の方便品(ほうべんぽん)と自我偈(じがけ)が読誦されます。このように、友人葬においては参列者がまごころで読経を唱えることが一番大切であるとされているため、参列者全員で読経するということが行われるのです。

また、方便品とは法華経の経文のひとつであり私たち皆が仏であることを説いています。自我偈は生命は永遠であることを明かした法華経の中でも重要な教えの部分とされ、仏の道を進み信仰に励むことを誓う内容となっていて、この方便品と自我偈は2回読誦されます。

唱題

唱題とはお題目を唱えることを言い、友人葬では「南無妙法蓮華経」を唱えます。参列者各々がお題目を真剣に唱えることで故人の冥福を祈るとされています。

焼香

通常1回目の自我偈に入るとお焼香が開始されます。お焼香の順番は通常、導師から始まり、副導師、喪主、遺族、親族、参列者の順に行われます。葬儀場では参列者がお焼香に向かうタイミングは、係りの方によって順に案内をされるためそれに従えばよいでしょう。

御祈念文・題目三唱

全員がお焼香を終えると導師によって、唱題終了の合図としての鈴が鳴らされます。そして、導師は追善供養の祈念を行うと再び鈴を鳴らし、その鈴の合図に合わせて参列者は題目を三唱することになります。

弔慰文・弔電紹介・弔辞

弔慰文や弔電などの紹介は導師の挨拶の時に一緒に行われることもあります。

導師の挨拶

導師が挨拶をします。

喪主の謝辞

葬儀の最後には喪主または親族代表によって葬儀・告別式への会葬の御礼と滞りなく終了した謝辞などが述べられます。

題目三唱

導師によって鈴が鳴らされ、それに合わせて参列者全員でふたたび題目を三唱します。

閉式の辞

司会者により葬儀終了が告げられます。

お別れと出棺

葬儀・告別式が終了したら、お別れの儀式が行われます。導師、遺族、会葬者によって唱題をしながらしきみやお花を棺に納めていきます。そして、最後のお別れが終われば近親者たちの手で霊柩車に運ばれて出棺となります。出棺の際には喪主によって挨拶をされるのが一般的です。

友人葬にかかる費用

友人葬では僧侶へのお布施は必要なく、導師への謝礼なども必要とされていません。

しかし、一般的な仏式のように香典を受け取らないことになっています。香典は葬儀の費用としての援助でもあるため、香典を受け取らない友人葬ではすべての費用を遺族が準備する必要があります。

親族や親しい知人のほか地域の創価学会員に参列いただくことがあり、通常の葬儀に比べると人数が増え、その分費用も多くかかってしまうこともあるでしょう。

そのため、費用については事前にしっかりと見積もりを取って複数の葬儀社を比較するなどしておくようにしましょう。

友人葬の参列マナー

友人葬に参列するときのマナーは一般的な仏式で行われる葬儀のマナーと同様と考えて良いでしょう。香典については基本は受け取らないとされていますが、場合によっては受け取られることもありますので、事前に分からない場合には持参するようにしておきましょう。

友人葬にふさわしい服装マナー

友人葬に参列する時の服装は通常の喪服で問題ありません。

男性であれば黒の上下のスーツに黒無地のネクタイ、黒色の靴下を着用します。スーツの上着はシングル・ダブルのどちらでも構いませんが、パンツは裾がシングルになっているものを着用しましょう。また、靴は黒の革靴とし、エナメルなどの光沢のある素材やスウェード素材は避けるようにします。

女性の場合はブラックフォーマルのパンツやワンピース、アンサンブルのスタイルが好ましいです。肌の露出は避けスカート丈は膝からふくらはぎとなるようなものを選びましょう。ストッキングは薄手の黒色のものとし、靴は飾りや光沢のないものを選びましょう。また、アクセサリーは真珠のイヤリングやネックレスが定番となり、2連などになっているものは避けます。このほか、念珠を持っている場合は持参するようにしましょう。

創価学会では念珠は片方の親玉から2本の房が、もう一方の親玉からは3本の房が下がる5本房の念珠を二重にして使用します。しかし、非会員が葬儀に参列する場合には自分の持っている念珠を持参して構いません。

焼香の回数・作法

友人葬においてもお焼香の作法は一般的な葬儀と同様です。

まずは、親族の方に向いて一礼し祭壇の方を向きます。創価学会の焼香の回数は3回となり、香をつまんで3回とも額まで持ち上げて押しいただく形を取りましょう。焼香が終われば再度親族の方を向いて、一礼して席に戻るようにしましょう。

お悔やみの言葉

お悔やみの言葉は他の仏式の葬儀と同様にして構いません。死や苦を連想させたり、不幸が重なることをイメージさせる忌み言葉や、その場にそぐわない言葉の使用を避け、遺族の心情に寄り添った言葉がけをするようにしましょう。

供物・供花におくるもの

故人への感謝や遺族への弔意を表すための供物や供花をおくる時には、宗教ごとの考え方に合ったものを送るようにしなければなりません。

特に友人葬における祭壇は、しきびや白い花だけを飾るとされるのが基本的な考え方です。ただし、近年は一般的な菊や色花を飾ることも多くなっていますので供花をすることは可能です。その際には、事前に遺族の意向を確認した上で手配をするようにしたほうが良いでしょう。

友人葬をしたくないときはしなくてもいいの?

故人と遺族との宗教が違うこともあります。友人葬では地区の役員の信者に導師になっていただくお願いに行かなければならず、喪主が創価学会の信者ではない場合には故人の葬儀を友人葬の形でしたくないということもあるでしょう。

このように様々な理由で喪主に友人葬をしたくないという意向が強い場合には、無宗教葬などで行われるようなケースもあるようです。ただし、この場合でも故人の信仰を尊重することは大切であり、後に創価学会とのトラブルになるようなことは避けるように努めることが大切です。

友人葬の場合の供養の仕方

創価学会では故人を偲ぶ親族や縁者のまごころを重んじているため、各人の勤行・唱題が個人を弔うための追善になるとされています。したがって法要やお墓参りに関しても特別な方式を重んじるというようなことはありません。しかし、お墓に関しては少し決まりごとが多いことが特徴と言えます。

© tamayura39/stock.adobe.com

創価学会の墓所・納骨堂に収める

創価学会の墓苑は3種類あり、故人を個別に埋葬する「墓地公園」、20年間遺骨を収容するための「長期収蔵型納骨堂」、永久に収蔵できる「常楽納骨堂」に分けられ、全国に墓地公園や納骨堂を保有しています。

また、仏教の平等感から墓石の大きさやデザインは同じものを使用するのが風習となっており、使用する石も白みかげ石に限定されています。火葬された遺骨はこれらの墓所や納骨堂に収められることになります。

追善勤行法要に参加する

創価学会では必ず法事をしなければならないとか法事を執り行わなければ成仏できないという考え方はありません。

しかし、一般的な法要である年忌法要を禁じているわけではなく、普段なかなか顔を合わすことのできない親族が集まり、自宅で勤行・唱題して故人を偲ぶことを認めています。

また、創価学会の会館では日程を決めて定例の追善勤行法要が実施されていてこの法要に参加することになります。この法要は、故人の親族や同志が集って真心のこもった追善の題目を送ることで故人の永遠にわたっての福徳と安穏を祈念する厳粛な儀式と位置付けられています。

まとめ

創価学会の葬儀である友人葬は、一般的な仏式の葬儀と同様のこともあれば特徴的な部分もあります。しかし、友人葬に参列したからと言っても自分は学会員ではない場合もありますので、お題目などを唱えることができないこともあるでしょう。そのような場合には葬儀の流れを把握しておくことで、静かに邪魔にならないようにするのがマナーとなります。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ