葬儀の花輪はどこで注文すればいい?相場の値段や名前の書き方を解説

葬儀の会場に花輪が飾られているのを見たことがあるでしょうか。花輪といえば、お店の開店祝いで飾られているのを思い浮かべるかもしれませんが、葬儀の会場でもお供え物として花輪を飾ることがあります。

家族や親戚、親しい友人などがなくなった時に花輪を送りたいと思っても、どこに注文をすればよいのかが分からないと困ります。この記事では、葬儀の花輪を送りたいときにどうやって注文をするのか、花輪の相場や花輪に入れる名前の書き方について解説していきます。

葬儀で送る花輪とは?

葬儀で使われる花の種類には供花と花輪があり、どちらも故人を偲んで弔意を表すものです。供花とは祭壇の周りに飾られる生花であり、スタンド式のものや盛花にされたものなどがあります。

一方、葬儀での花輪は葬儀の会場の入り口付近に飾られるもので、生花ではなく造花で作られているのが一般的です。また、供花は個人と親しい間柄の人から個人的に贈られることが多いのに対して、花輪は会社などの団体として贈ることが多いという特徴もみられます。

花輪を飾るかどうかは地域の風習によって違いがあることに加え、花輪はサイズが大きいため、会場の広さによっては置く場所がないこともありえます。そのため、都会の葬儀場では花輪を飾ることを断っている葬儀場もあるため、贈る際には確認が必要です。反面、広い会場や駐車場が確保できるような地方においては、会場の入り口にいくつもの花輪が並んでいるのも良く見られる光景です。

葬儀用の花輪の値段の相場は?

葬儀用の花輪のうち造花でできているものは、一回ごとに処分するのではなくレンタルする形をとられるのが一般的で、価格の相場は1万円~2万円程度です。

葬儀の花を贈る時には一基で贈る時と一対で贈る時があります。この一基とは1つだけを贈り、一対とは対になるように2つの花を贈るという意味です。葬儀用の花輪を贈る時には一基で贈られることがほとんどですので、注文する時には一基で依頼します。

また、花輪は大きく参列者の目に触れるものですので、あまり相場から外れたものにすると非常に目立ってしまうことになります。したがって、できるだけ相場に近いものを選ぶようにすることと、会社でいくつかの組織から花輪を贈る時には会社の代表者の花輪より豪華なものに序列を考えて手配をするようにしましょう。

もし、どのくらいの花輪を贈ればよいのかに迷うようなときには、葬儀社に相談するといろいろな背景を考慮して花輪を選んでもらうことができるでしょう。

花輪を注文して手配する方法

花輪は通夜から葬儀が終わるまで飾られるものです。したがって、通夜の始まるまでに設置しておかなければならず、訃報を知ればなるべく早くに手配をするようにします。

まずは、花輪を贈っても良いかを葬儀社に確認しましょう。地域や宗派、遺族の意向などを最初に確認することが必要です。

花輪の手配は花輪をレンタルしている業者を自分で探すか、葬儀社に相談をして取引のある業者を紹介してもらうようにします。そのほか、生花店などに相談をして購入することも可能です。ただし、葬儀社によっては他の事業所からの花の持ち込みは断られたり、持ち込み料が必要である場合や、業者の指定をされることがあるため、トラブルを回避するためにも事前に葬儀社に確認を取るようにしましょう。

また、花輪に記載する名前や配送先に間違いがないようにFAXやメールで確認されることもあります。そのような場合には発注が完了するまではしっかりとやり取りができるようにしておきましょう。

花輪に入れる名前の書き方とは

花輪には贈り主が分かるように名札を付けて贈ります。ただし、会社から贈る場合と親族として贈る場合で名札の書き方が違いますので、良く理解しておくようにしましょう。

会社から送る場合の名前の書き方

会社の費用で花輪を贈る時には社名と代表者名を書くようにします。会社名が長くなってしまう場合には「株式会社」や「有限会社」などの法人の種別の部分は省略して(株)や(有)と記載しても構いません。ただし、社名はなるべく省略しないようにしましょう。

また、故人の所属していた職場などでお金を出し合って花輪を贈る時には会社名+部署名一同とするか贈る人の人数が3人までであれば会社名の横に連名で氏名を記載するようにします。ただし、役職の高い人から順に右側から名前を書いていくように注意が必要です。肩書がある人を連名にする時には肩書+氏名とし、同じく役職の高い人から右から順に書いていくようにします。

親族から送る場合の名前の書き方

花輪は親族でお金を出し合ってまとめて贈ることもあります。ただし、孫や子どもなどの親族が花輪を贈る時には何人で贈る場合でも個人の氏名は書かないのが一般的です。たとえば、「〇〇家 親戚一同」「〇〇家 子供一同」というように、最後に「一同」とつけてまとめるようにしましょう。

花輪を送る際に注意しておきたいこと

花輪を贈るには通夜に間に合うように準備をしていかなければなりませんが、その際に気をつけておかなければならないこともあります。花輪を贈る前にはこれらのことを遺族や葬儀社に確認をとって、問題がないことを確認してから贈るようにしましょう。

喪主が辞退をしている場合には送らない

最近では、故人や遺族の意向により花輪や供花などを辞退されるケースも増えてきています。そのような場合には意向を尊重して花輪を贈ることは避けましょう。また、葬儀社によっては飾る場所などの関係で花輪の受取は出来ないこともありますので、その点についても確認が必要です。花輪は受け取れないが供花であれば可能なこともあります。

キリスト教式の葬儀の場合には花輪は不要

キリスト教の葬儀では生花での献花がされ、造花を使用することはありません。したがって、キリスト教の葬儀においては花輪は飾られませんので宗教の確認をしておくことが必要です。

キリスト教の葬儀では花輪ではなく白やピンクのユリや胡蝶蘭、カーネーションなどを使用した生花のアレンジメントを故人の自宅に贈るのが一般的です。

花輪をいただいたらお返しは渡したほうがいい?

花輪をいただいた場合、遺族としては香典のようにお返しをしたほうが良いのか迷うかもしれません。

花輪を贈られた場合には、葬儀などで顔を合わす機会があれば直接お礼を述べるか、葬儀の終了後に電話でお礼を述べると失礼に当たりません。

また、お礼のことばだけでなく、金額の半分から三分の一程度のお返しの品物をお礼状と共に贈るようにします。また、花輪は会社関係の団体からいただくことも多く、このような場合には複数人で分けられるようなものをお返しすると良いでしょう。

ただし、お返しの品は四十九日が明けてから贈るようにします。そのため、口頭でのお礼が出来ていない場合には、お礼状だけ先に送っておいても構いません。

まとめ

葬儀でも花輪が飾られることもありますが、最近では飾る場所や景観への配慮から花輪を飾ることを断られる場合もあります。そのため、花輪を贈ろうと考える場合には遺族や葬儀社に相談をしてから手配をすることが大切です。

しかし、地域によっては花輪を飾ることが一般的であるところもあり、花輪を贈ることに了承が得られた時には、通夜の時間に間に合うようにすぐに手配をしましょう。この際、相場から大きく外れないようにして自分の花輪が目立ってしまう事のないように注意が必要です。

このように、花輪を贈る時にはいろいろな配慮が必要となりますが、正しい手順を守り故人や遺族への弔意を大事にして、失礼にあたらないようにしていきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ