葬儀で腕時計は着けてもいい?葬儀にふさわしい時計の選び方


服装や身だしなみに気を遣う葬儀に参列をする際に、腕時計は着けていくべきか、悩んだことはないでしょうか?

時間を見るための腕時計だから着けていってもいいとも、おしゃれな装身具の一つだから避けた方がいいとも考えられますよね。

この記事では、葬儀での腕時計はどちらの考え方がふさわしいのか、着けるならどのような時計がふさわしいのかを解説していきます。

▼葬儀・通夜におけるアクセサリーのマナーを知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

葬儀では腕時計を着けないほうが良い

できれば葬儀では腕時計は着けないほうが望ましいです。
というのも、葬儀ではおしゃれは不要と考えられています。葬儀の主役は亡くなった人であり、自分自身を飾り立てるおしゃれは失礼ととらえられてしまうのです。
葬儀で身に着けるのは男女ともに結婚指輪にとどめ、男性ではネクタイピンやカフス、女性では真珠のネックレスやイヤリング以外のアクセサリーは身に着けないことがマナーです。
腕時計も装身具の一つであるので、身に着けない方がいいというわけです。
また、時間を測る腕時計を身に着けているということは、時間を気にしているという意思表示としてとらえられてしまう可能性があります。
この考え方は一般的ではありませんが、そう考えてしまうという人も居ることを覚えておくとよいでしょう。

葬儀にふさわしい腕時計の選び方

とはいえ葬儀中に時間がわからないと困る方も多くいらっしゃるでしょう。そのため「時間を測る物」としての機能が重視された腕時計であればつけてもよいとされているのも事実です。
あくまで時間を図るためのものですので、フォーマルでシンプルな腕時計に限られます。

© Tiko/stock.adobe.com

葬儀の腕時計マナー:ベルトの色

葬儀に着ける腕時計のベルトの色は、黒一色にしましょう。
現在、ベルトの色は多種多様な色や柄がありますが、葬儀にふさわしいのは黒かつ無地であることにくわえ、素材は革が最も望ましいです。
ただ革といっても、クロコダイルなどの模様が入ったものや光沢が強いものはふさわしくありません。

また、革のベルトがなく金属製の場合はシンプルなシルバーが許容範囲です。
ただ金属製のベルトは光沢があっておしゃれ感があり、人によっては葬儀にふさわしくないと考える人もいますので、やはり革の黒色ベルトがふさわしいでしょう。

葬儀の腕時計マナー:時計の色

時計の色は、白か黒がふさわしいでしょう。
白と黒は最もシンプルでフォーマルだからです。
決まりではありませんが、男性が白、女性が黒を着けると服装とのバランスが取れて見えるのでお勧めです。
これは腕時計を着ける袖口が、男性はシャツの白であり、女性が喪服の黒であるため、綺麗にみえるのですが、決まりやマナーではありませんのでこだわる必要はありません。
なお、白と黒以外にも、落ち着いた色合いの時計は許容範囲内と言われていますが、白と黒以外だとフォーマル感が薄れ、おしゃれ感が強くなりますので、気を付ける必要があります。

葬儀の腕時計マナー:文字盤のデザイン

文字盤のデザインは、宝石が埋め込まれていたり、絵柄が描きこまれているものは避け、シンプルに数字が書かれているものが葬儀にはふさわしいでしょう。
また日付や温度など、時間以外の物が表示されている腕時計も避けましょう。

葬儀の腕時計マナー:時計の針

腕時計の針は、2針または3針のものがふさわしいでしょう。
3針より多いと、カジュアルさがでてきてしまうので、葬儀にはふさわしくありません。
また針の色がゴールドなど色合いは避け、黒か白にしましょう。
そして針が動く際に出てしまう音はできる限り静かな物がふさわしいです。
葬儀の静粛な場所では、小さな音でも大きく響いてしまうからです。
時計の針の音が響くと葬儀を台無しにしてしまう可能性がありますので、普段にはあまり気づかない針の音まで、気を付けるとよいでしょう。

葬儀にふさわしくない腕時計の特徴

葬儀にふさわしい時計をこれまで紹介してきましたが、ここでは逆にふさわしくない腕時計の特徴を見ていきます。
腕時計を普段着けていると葬儀という場にもそのまま着けて出かけてしまう可能性がありますので、普段から自分の時計が葬儀に着けていってもいいものかを確認しておくとよいでしょう。

© Pesh Siri/stock.adobe.com

華美な装飾がある腕時計

ベルトや文字盤に華美な装飾がある腕時計は、おしゃれとみなされるのでお葬儀にはふさわしくありません。
例えば、男性物では時間以外を表示するデザインがされていたり、女性物では宝石が使われてキラキラしていたり、花や動物の絵柄があしらわれていたりするものは避けた方がよいでしょう。

ゴールドや原色など発色の良い腕時計

葬儀でふさわしい色は白・黒・シルバーのため、その他のゴールドやメタリックブルー・ピンクなどに加え、赤青などの原色は華やかさが出てしまうので葬儀には不向きです。
腕時計は腕を華やかに見せるために作られている物も多くありますので、白・黒・シルバー以外の色は避けるように気をつけましょう。

クロコダイルなどの鱗模様やラバーやキャンバス製のベルト素材の腕時計

ベルトの素材も多種多様にありますが、黒の革とシルバーの金属製のもの以外は避けます。
特にクロコダイルなどの鱗模様など動物柄は仏教では殺生を嫌うために避けた方がよいですし、ラバーやキャンバス生地のベルトはカジュアルさが出てしまいますので、避けた方が無難です。

デザイン性の高い腕時計

時計の形にも様々なものがあり葬儀で最もふさわしいのはシンプルな丸型です。
正方形や長方形の形も葬儀では認められていますが、その他の形である三角系や楕円などはデザイン性が高くなり葬儀にはふさわしくありませんので注意しましょう。
また時計自体が分厚いクロノグラフも葬儀には不向きです。

懐中時計はマナー違反でない

葬儀で懐中時計を持参するのはマナー違反ではありません。
懐中時計はポケットに入れるタイプの時計で、腕時計が発明される以前に使われていた時計です。
腕時計が開発されるまで持ち運びできる時計として一般的に使われていたため、今でも腕時計と同じ扱いで葬儀に身に着けていても問題はありませんが、腕時計と同じくマナーがあります。
懐中時計は現在では装飾性が高くなっているものが多いため、葬儀ではシンプルなデザインを選ぶと同時に華やかなゴールドではなく、シンプルなシルバーが葬儀にはふさわしいでしょう。

葬儀でスマートウォッチを着けても良い?

©charnsitr
/stock.adobe.com

スマートウォッチは、通知をオフにすれば葬儀に着けていっても問題はありません。
スマートウォッチを着けていく場合は、葬儀で着用しても良い腕時計のマナーと同じマナーを念頭に置いておきます。
黒を基準にしてフォーマルであり、おしゃれ感が強くないデザインであること、また通知をオフにして音が絶対に出ないようにすることに気を付けましょう。
しかし、原則として腕時計は葬儀では着けないことが望ましいため、スマートウォッチも特に参列者の場合は腕時計と同じく着けない方が無難と言えます。

葬儀中に携帯・スマホで時間を確認するのはマナー違反

現在では腕時計をせずに携帯やスマホで時間を確認する人が増えています。
また葬儀では腕時計をしないのがマナーですので、葬儀中に時間を確認したいと思った時にはつい携帯やスマホを見る癖がついてしまっている人もいることでしょう。
しかし、葬儀中に携帯やスマホで時間を確認するのはマナー違反ですので気を付けたい行動の一つです。
携帯やスマホで時間を見るためには、携帯やスマホを取り出す必要がありますが、この仕草は葬儀中にはとても目につく動きなのです。
また、携帯やスマホで時間を見る仕草は、他の人からはメールをチェックしているように見えたりしてしまいます。
「葬儀に集中していない」と思われてしまい失礼にあたりますので、葬儀中に携帯やスマホは見ないようにしましょう。

まとめ

葬儀では故人を悼む為におしゃれは不要との考え方があり、腕時計は機能性から悩ましいところですが、原則として着けなくて構いません。
ただ葬儀の場にふさわしいフォーマルでシンプルな腕時計は認められる傾向がありますが、装飾性の高いものは避けるべきです。
腕時計を葬儀で必要だと考える人は、葬儀で着けることのできる時計を用意しておくとよいでしょう。

▼葬儀・通夜での服装マナーを知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ