通夜見舞いとは?渡す品物の選び方や書き方について解説

冠婚葬祭の風習の中には、特定の地域でのみ行われていて、全国的にあまり知られていない風習もあります。そのため、その言葉自体を知らなかったり、聞きなれないこともあり実際にどのようにすればよいのか悩むこともあるでしょう。

今回は一部の地域の習慣である「通夜見舞い」について、その意味やマナーについて解説していきます。通夜見舞いが必要となった時に、慌てることなく対応ができるようにしておきましょう。

通夜見舞いとは

通夜見舞いとは全国的に良く知られているものではなく、関東の東部・新潟県・福岡県の一部で行われる、お通夜にお金や品物を差し入れする習慣のことです。

通夜見舞いは、故人の生前に入院のお見舞いができなかった代わりとして行われます。故人にお世話になっていたにもかかわらず、入院中にお見舞いに行くことができなかったり、急に訃報が届いた場合などでは入院中にお見舞いに行けなかったことが悔やまれることがあります。そのような場合に、代わりに通夜見舞いをすることで、故人に対するお見舞いの気持ちを表すというものです。

通夜見舞いは、お通夜が行われる前に遺族に対して通夜の時につまむことのできる軽食やお金をお渡しします。

通夜見舞いとして渡すのにふさわしい品物とは

通夜見舞は遺族や親族に対してのいたわりの気持ちを表すもので、通夜を執り行う遺族の気持ちを汲んで品物を選ぶようにすると良いでしょう。通夜では遺族は夜通し故人に付き添うので、その時に手軽に口にすることができるようなものが、通夜見舞いとして渡すのにふさわしい品物と考えられています。

たとえば、サンドイッチやおにぎりなどの軽食や菓子などが通夜見舞いの品物として適しています。ただし、食品は賞味期限があるため、その場で食べられなかった時でも日持ちするようなものを選ぶと遺族に気遣いをさせることがありません。

通夜見舞いで包む金額や品物の相場

通夜見舞いは品物ではなくお金を包んでお渡ししても構いません。この場合、1,000円~3,000円程度が相場となります。

品物でお渡しする場合も同様に1,000円から3,000円程度が相場となります。通夜見舞いは香典とは違うため、香典の金額を上回る金額にならないように注意が必要です。一見すると金額が少ないと感じるかもしれませんが、あまり高価なものをお渡しすると返って遺族が気を使うことになりますので注意しましょう。

また、遺族は通夜見舞いに対して、お返しをする必要はありません。

通夜見舞いと香典は両方渡したほうがいい?

通夜見舞いは、生前お見舞いに行けなかった代わりにお渡しするものであり、香典とは意味合いが異なります。したがって、通夜見舞いは通夜が始まるまでに遺族に渡すようにします。香典や供物はそれとは別にお渡しすることになり、通夜見舞いをする時には、通夜見舞いと香典の両方を渡すことになります。

そのため、通夜見舞いなのか香典や供物なのかが分かるように、品物でお渡しする場合には掛け紙を、現金でお渡しする時には不祝儀袋に包み表書きを書いて香典と区別できるようにしておかなければなりません。

通夜見舞いでお金を包む場合の表書きの書き方

通夜見舞いに現金をお渡しする時には表書きの書き方などにマナーがあります。筆記具は筆や筆ペンを使用し、香典を書くときと同様薄墨のものを使用します。薄墨を用いるのは、「悲しみの涙で文字がにじんだ」「硯に涙が落ちて墨が薄くなった」という意味合いがあるためです。

香典に薄墨を使うのはいつまで?薄墨がない場合はペンで書いても良い?

外袋の書き方

通夜見舞いの外袋には、水引の上部の中央に縦書きで書くようにします。通夜見舞いにお金を包む時の不祝儀袋の表書きは、宗教による違いはなく「御通夜見舞い」または「御見舞」と書きます。

通夜見舞いはたくさんの金額を包むことはないため、あまり豪華な不祝儀袋を使用しないようにしましょう。また、通夜見舞いに使用する不祝儀袋の水引は白黒の結び切りのものを使用するのが一般的です。

中袋の書き方

不祝儀袋の中袋の表面には金額を記入し、裏面には住所と氏名を書いておきます。

表面の金額を書くときは、中袋の中央に漢数字を用いて縦書きで「金〇〇圓」と書きましょう。たとえば、3,000円を包む場合は「金参千圓」となります。

裏面の左下には住所・氏名を縦書きで書いておくようにし、この時の数字も漢数字とするのがマナーです。ただし、最近では横書きで書く中袋も市販されており、この場合の数字はアラビア数字を用いるようにします。

通夜見舞いでお菓子などを渡す場合の「のし」の選び方

©shin28/stock.adobe.com

通夜見舞いに品物をお渡しするときは、サンドイッチやおにぎりなどの場合には掛け紙をする必要はありませんが、箱に入ったお菓子などをお渡しする時には掛け紙をつけて、供物と区別ができるようにしておきましょう。

この時の「のし」は香典袋と同様に白黒の結び切りのものを選ぶのが一般的です。ただし、地方によっては紅白の水引を用いて通夜見舞いを包み、そのまま祭壇にお供えするところもあります。事前に地域の方に確認するようにし、間違えないようにしましょう。

まとめ

通夜見舞いは生前に闘病している故人へお見舞いできなかったことに対して行うもので、全国的な風習ではなく、一部の地域で行われているものです。通夜見舞いは香典や供物とは別のものであり、通夜が行われる前にお渡しします。したがって、故人と近い関係性の方が贈るものとなります。

引っ越しや転勤などで風習の違い地域で初めて知ったという場合には戸惑うことがあるかも知れませんが、これらのマナーを守り失礼にあたらないようにしていきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ