通夜振る舞いとは?当日の流れや挨拶のマナー、料理についてご紹介

通夜が終わった後に参列者に食事が振る舞う、「通夜振る舞い」が行われることがあります。ただし、この通夜振る舞いを行わない場合もあり、どのような基準で決められているのでしょうか。また、通夜振る舞いのお誘いを受けた時には参列したほうが良いのか、遠慮するのがマナーなのかも悩むところです。

そこで、この記事では通夜振る舞いを行うかどうかの判断基準や通夜振る舞いの流れに加えて、通夜に参列した後に遺族から通夜振る舞いへお誘いを受けた際のマナーについて解説していきます。

通夜振る舞いについて知っておくと、もしものときにどうして良いかわからずに困ってしまうこともなくなるでしょう。ぜひ、最後までお読みいただき参考にしてください。

通夜振る舞いとは

通夜振る舞いとはお通夜に参列していただいた弔問客に対して、そのお礼として飲食を振る舞い、おもてなしをする会食のことです。遺族と弔問客が一緒に飲食をしながら、故人の思い出話をして、故人を偲ぶ時間を持つためのものです。

したがって、通常の会食のように長時間にわたって飲食をしながら時を過ごすものとは違い、弔問客は少しの飲食と思い出話などを語って遺族の気持ちを慰めて、短時間で退席をするのがマナーです。

このように、通夜振る舞いに参列する場合には遺族側にも、参列者も気をつけるべき点があるため注意が必要です。

通夜振る舞いはおこなわない場合もある

通夜振る舞いは古くからの習慣で、近所付き合いのひとつとして行われるものでした。しかし、最近では核家族化が進み、近所付き合いも少なくなっていることや、家族葬や1日葬が増えていることなどから通夜振る舞いを省略して行わないことが増えています。

また、地域によっては昔から通夜振る舞いを行わない地域も見られます。このように、通夜振る舞いは、必ず行わなければいけないものではありません。また、通夜振る舞いの代わりに折詰や商品券、ビール券などの粗供養をお渡しすることで通夜振る舞いとすることもあります。

通夜振る舞いの流れ

通夜振る舞いは通夜と同じ会場で行われることが一般的で、一連の流れに沿って進行していきます。そのため、通夜とは別に受付などは必要なく、案内に従って参列するようにします。基本的には喪主の挨拶に始まり、挨拶で終わりその間に会食をします。

喪主の案内

お通夜が終了するときに、喪主または葬儀会場のスタッフから通夜振る舞いについての案内がされますので、案内に従って会場を移動するようにします。

通夜振る舞いでは特別席次は決められていませんが、故人の写真が飾ってある席の近くには一般的に喪主や親族が着座されるため、その場所を避けて座るようにしましょう。

開式の挨拶

喪主が開式の挨拶を行い、通夜振る舞いの会食が始まります。そのため、参列される方が揃い、喪主の挨拶が終わるまでは食事に手を付けないように気をつけましょう。

喪主の挨拶が終わり、献杯をした後、会食が始まると遺族は参列者の席をお酌をしながら挨拶に回ります。お通夜が終わりゆっくりと話ができる機会なのでお悔やみの言葉や故人との思い出話をするようにします。ただし、遺族の方はたくさんの席を回っていく必要があるため、参列者は長々と遺族と話し込んでしまうことがないように気をつけましょう。

閉式の挨拶

通夜振る舞いは多くの場合、1時間~2時間で喪主により閉式の挨拶がされてお開きとなります。この時に次の日の葬儀・告別式の案内を合わせて行います。

参列している人は、通夜振る舞いに長居することは好ましくありません。閉式の挨拶が終われば速やかに退席するようにしましょう。

また、地域によっては閉式の挨拶をしないところもあります。そのような場合には、遺族の負担を考慮して、遅くとも22時までには退席するようにしましょう。その際には、それぞれで遺族に挨拶をしてから帰宅するのがマナーです。

通夜振る舞いの挨拶のマナーと例文

通夜振る舞いでの喪主の挨拶は、特段難しいことを述べる必要ななく、定型的な内容で問題ありません。実際にどのような内容のことを話せばよいのかは、例文を参考にしてください。

<開式の挨拶>

本日はお忙しい中、父〇〇(続柄・故人の名前)のお通夜に参列いただきまして、誠にありがとうございました。皆様のおかげで、お通夜の法要を滞りなく済ませることができ、感謝申し上げます。ささやかではございますが、お食事の席をご用意いたしましたので、召し上がっていただきながら、父(故人との続柄)との思い出話などを聞かせていただければ幸いでございます。

<閉式の挨拶>

本日はお忙しい中、父〇〇(続柄・故人の名前)のお通夜に参列いただきまして、誠になりが等ございました。皆様からの父(故人との続柄)との思い出話を伺い、故人も喜んでいることと思います。本日は、この辺でお開きとさせていただきます。明日は同じ会場で〇〇時より告別式を行います。ご都合のつく方はご参列のほど、よろしくお願いいたします。

通夜振る舞いで用意する料理とは

通夜振る舞いにはどのくらいの人数の方が来られるか、あらかじめ人数を把握することは難しいため、用意する料理はある程度人数が増減しても問題がないようなものを手配されることが一般的です。

通夜振る舞いのお料理として良く利用されるのが、オードブル形式になっているものやサンドウィッチ、お寿司などです。また、忌中は肉や魚、生ものは避けることが基本であるため、斎場にお願いをするか、自分で手配する時にはそれらを除いたものにしてもらうようにしっかりと伝えましょう。ただし、最近では刺身やお寿司を提供する場合も見られることも増えており、事前に地域の風習などを確認しておくようにしましょう。

食事と一緒にビールや日本酒の準備も行います。これはアルコールには穢れを清めるという意味があり、通夜振る舞いではアルコールでもてなすとされているためです。故人のお好きだったアルコールの銘柄を準備するのも良いでしょう。

ただし、車で来られている方や子どものためにお茶やジュースなどのソフトドリンクの準備も忘れないようにしましょう。

通夜振る舞いに参列する際のマナー

©tamayura39/stock.adobe.com

通夜振る舞いに参列する時には、気をつけておくべきマナーがいくつかあります。遺族の方や同席している参列者の方に失礼にあたらない振る舞いができるように配慮をしましょう。

遺族に案内されたら極力断らずに参加する

通夜振る舞いに参列する範囲は地域によって違いが見られます。一般的に関東地方では一般の会葬者まで、広い範囲にわたって通夜振る舞いの案内がされます。一方、関西地方での通夜振る舞いは遺族や親族だけで行うことが多く、一般の会葬者には案内がされないことが多いようです。

通夜振る舞いが行われる場合で、遺族から参加を促された場合には極力断らずに参加するのがマナーです。どうしても辞退する場合には、遺族や葬儀会場のスタッフの方に通夜振る舞いは辞退する旨を伝えて挨拶をしてから退席するようにします。けっして黙って退席するようなことがないように注意しましょう。

一口は料理に箸をつける

突然の訃報を聞いてかけつけたお通夜では、その後の予定の調整が出来ず通夜振る舞いに参加することが難しい場合もあるでしょう。そのような場合でも、一口だけでも料理に箸をつけることが望ましいです。その後、頃合いを見計らって遺族に挨拶をしてから退席すると失礼にあたりません。

通夜振る舞いが始まると遺族は参列者の対応に追われて忙しそうにされていることも少なくなりません。そのような時には、葬儀会場の方に伝言をお願いするなどしてから退席をするようにします。

故人に関係のない話や仕事の話はしない

通夜振る舞いは故人を偲んで思い出話などを行う場となります。したがって、故人に関係のない話や仕事の話などはしないように気をつけましょう。常に遺族に対する配慮を忘れないようにすることが大事です。

まとめ

通夜振る舞いは、お通夜に参列していただいた弔問客にお礼の意味を込めて、おもてなしをすると同時に、故人に対する供養になります。したがって、参列の案内があった場合には基本的には参加するようにしましょう。

ただし、献杯を行い一口だけでも料理に口を付けることで故人に対しての供養を行うことになりますので、長居することがないように気をつけます。通常の会食とは違うため、通夜振る舞いの席でのマナーを知っておき、遺族に失礼にならないようにしましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ