友引に葬儀をしても大丈夫?お通夜は?理由や葬儀と六曜の関係を解説

日本にはその日ごとに運勢を示す風習があり友引は先勝、先負、仏滅、大安、赤口と合わせて六曜と呼ばれます。

六曜それぞれには意味が込められており、その中の一つである友引は「友を引く」という意味があり、友引に葬儀を行うのはよくないといわれています。

この六曜は中国で生まれた考え方で仏教とは関係性ないとされていますが、日本人に馴染み深いため、冠婚葬祭の際などに気にされる方も多いのではないでしょうか。

今回は友引に葬儀を行うのはなぜよくないのか?マナー・風習等細かく見ていきましょう。

©area1964/stock.adobe.com

友引に通夜・葬儀をしていいの?

冒頭でもご説明した通り、友引は「友を引く」という意味があり、友引に葬儀をすると故人の親や友人など周辺の人まで連れていかれると言われてるため、友引の日に葬儀をするのはお勧めされていません。

とはいえ、絶対に友引に葬儀をしてはいけないという決まりがあるわけではありません。

世間では友引は葬儀をしないという意識が根付いていますが、これはあくまで習慣であり、当人が気にしないのであれば友引に葬儀を行っても問題ありません。

友引に通夜をしてもいい?

通夜を友引の日に行うことはよくあります。

これは通夜と告別式を別々の日におこなうことが多いので、通夜を友引の日におこなっても、葬儀(告別式)や火葬をやるのは友引以外の日になるためです。

葬儀(告別式)や火葬をおこなう日が重要ですので、通夜は友引の日にあてても問題ないのです。通夜と友引が重なってしまっても安心してください。

もし葬儀が友引と被りそうな場合には、訃報を一日遅らせて友引にお通夜を行うのがよいでしょう。

友引の日に葬儀場・火葬場が定休日の場合がある

六曜と仏教は関係ないとはいえ、「友引に葬儀を行うことは縁起がよくない」という風習が今でも強く根付いており、通夜・葬儀は避けたほうがいいと考える方もいらっしゃいます。

そのため、葬儀が少ない友引を定休日にあてている葬儀もあります。葬儀をおこなうためには火葬場の予約が必須とされているため、葬儀に合わせて火葬場も定休日とすることがあるようです。

全ての火葬場・葬儀場が友引に定休日であるとは限りませんが、利用を考えている火葬場・葬儀場が定休日でないかは確認しておくとよいでしょう。

友引が定休日にあたっている場合は、通夜・葬儀を遅らせたりするなど対応が必要になります。

©ChiccoDodiFC/stock.adobe.com

六曜の中で通夜・葬儀を行っても問題ない日

友引は火葬場が定休日であることがあるため、葬儀を行う際は注意が必要ですが、友引以外の六曜は葬儀を行わない方が良い日はあるのでしょうか。

ここでは、通夜・葬儀を行っても問題ない日について解説します。

先勝

先勝は「先んずれば即ち勝つ」という意味があり、急用の対応や訴訟には吉日とされています。そのため、午前中は吉で午後は凶とされていますが、通夜・葬儀は時間に関係なく執り行って問題ありません。

ただし、先勝の翌日は友引になることがあるため、先勝に通夜を行う場合は翌日が友引でないか、火葬場は定休日でないかを確認すると安心です。

先勝の日に葬儀をおこなっても問題ない?通夜は避けるべき理由や赤口・友引も解説

先負

先負は「先んずれば即ち負ける」という意味があり、午前中は凶、午後は吉となります。急用は避け、平静を保つことが良いとされる日ですが、通夜・葬儀を行っても特に問題はありません。

先負の日に葬儀やお通夜をおこなってもいいの?六曜と葬儀の関係について解説

仏滅

六曜のうち友引と併せて縁起が悪い日といわれている仏滅は1日中「凶」であり、お祝い事などは避けられていることが多いです。

しかし、仏滅を含む六曜は仏教と関係性はなく、葬儀や通夜など仏事を行うことに何ら問題ないといわれています。

通夜・葬儀は仏滅におこなっていいの?仏滅の意味から日程の決め方まで詳しく解説

大安

大安は「大いに安し」という意味があり、万事を行うのに良い吉日とされています。六曜の中でも最も運勢がよくおめでたい日に葬儀を行ってもよいのか不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、六曜と仏教は関係が無いため、大安に葬儀を行っても問題ありません。

ただし、六曜を気にする方や地域もあるため、心配な方は親戚や地域の葬儀社に確認してみるとよいでしょう。

大安に通夜・葬儀はしない?大安の意味や日取りの注意点もご紹介

赤口

赤口は鬼がさまよい歩く日とされており、鬼が休憩する正午(午前11時~午後1時)のみ吉日とされています。正午以外は万事に良くない日と考えられていますが、通夜・葬儀を行っても問題ありません。

知っておきたいマナー・風習

友引に葬儀をおこなうと地域によってマナー・風習は変わってくることがあります。

参列する方は故人を弔うためにもご遺族側の風習も知っておいたほうがいいでしょう。

以上のことを踏まえ友引の日のマナー・風習について詳しく見ていきましょう。

友引では人形を使う

関西地方を中心として友引の日の葬儀の際は棺の中に人形を入れることにより、故人が親族や友人を道ずれにすることを防ぐという習慣があります。

今ではこの習慣が関西地方だけではなく関東地方を中心に広く広まっています。

人形の種類や形には特に決まりはなく故人に思い入れがあるものや愛着があるものだとより祈りが届くでしょう。

友引の日の葬儀は午後にやると良い⁉

友引の日は一日中「凶」というイメージですが、午前が凶、午後は吉と言われています。

葬儀をあげる時間に決まりはないため、もし気にされるようであれば、吉と言われる午後がお勧めです。

まとめ

ここまで友引と葬儀の関係性について解説させていただきました。

友引に葬儀をあげることに決まったルールはないですが、親族や友人など友引に葬儀をあげることに抵抗がある方も少なからずいらっしゃると思います。

親族と話し合いを持つことと火葬場が営業しているのか確認を十分怠らないようにしましょう。

▼葬儀日程の決め方や必要な準備のまとめはこちら

葬儀日程の決め方とは?日程表や6つの確認事項を用いて具体的に解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ