葬儀の時間はどのくらい?時間帯は?通夜・告別式、火葬で分けて解説

葬儀を準備する、または参列するにあたりどのくらい時間がかかるのかは気になるものです。

そこで今回は葬儀の通夜から告別式・火葬までの時間と、法要にかかる時間をそれぞれ解説します。

この記事を読むことで葬儀の全体の流れを把握した上で、それぞれどのくらい時間がかかるかがわかるようになります。

通夜・通夜ぶるまいの時間

通夜・通夜ぶるまいの時間

©マツ/stock.adobe.com

一般葬である場合、葬儀は2日にわたって執り行われますが、通夜は一日目の夜に行います。

通夜が行われる時間帯は17~19時が多く、所要時間はおよそ1時間ほどです通夜の後にある通夜ぶるまいに参加した場合、追加で1時間ほどかかり、通夜と合わせると2時間ほどの所要時間となります。

通夜ぶるまいは長くても2時間ほどであるため、22時頃までにはすべての式次第が終わります。

通夜とは本来、故人との最期の時間を夜通しで過ごし、別れを告げる場でした。しかし、近年では夜通しではなく数時間の儀式を夜に行う「半通夜」が一般的です。

日中に行われる葬儀・告別式や火葬に参列できない方でも、通夜は仕事帰りに参列できるようになっています

では、具体的な通夜の流れと時間をみていきましょう。

【通夜のタイムスケジュール例】

時間 式次第 内容
17:00 親族集合 遺族や親族は開式の1~2時間前に集まり、新興の確認をするなど通夜の準備を行います。
17:30 受付開始 受付は通夜の30分~1時間前から始まります。
受付では参列者に芳名帳へ名前を記入してもらい、香典を受け取ります。また、会葬御礼や香典返しを葬儀当日にお渡しする場合は、受付の際にお渡しします。
17:55 僧侶入場 読経する僧侶が入場します。
18:00 開式 司会により、通夜の開式が宣言されます。
18:10 焼香 開式後、僧侶によって読経が行われます。焼香は読経の最中に「喪主→遺族→親族→一般参列者」の順番でおこなっていきます。
なお、読経は宗派にもよりますが20~30分ほど行われます。
18:45 僧侶退場 読経と焼香が終了した後、僧侶が退場します。故人のエピソードや人となりのお話も含めた法話をいただけることもあります。
19:00 閉式 司会によって通夜の閉式が宣言されます。この後、喪主から参列者に向けて挨拶をします。
19:10 通夜ぶるまい 通夜が終わり、喪主の挨拶も済んだ後は通夜ぶるまいという会食が設けられます。
通夜ぶるまいでは親族や親しい友人と読経をしてもらった僧侶が招かれ、参列のお礼に食事が振舞われます。参列者は、一口でも料理に箸をつけることがマナーとされています。
また、喪主や遺族が各テーブルを回って参列者に挨拶をします。
通夜ぶるまいは1~2時間でお開きとなります。

葬儀・告別式、火葬から骨揚げまでの時間

葬儀・告別式にかかる時間

©FRANK/stock.adobe.com

葬儀は通夜と異なり10時~11時など朝の時間帯に行われるケースが多いです。葬儀の後には、火葬や精進落としなど行わなくてはいけないことが多いため、早めの時間から始まることが一般的です。

ただし、葬儀の前に火葬を済ませる「前火葬」が一般的な地域もあるため、注意が必要です。

葬儀は火葬場の予約時間から逆算して開始時間が決められるため、午後から行われることもありますが、遅くても14時までに始まることがほとんどです。

また、葬儀・告別式では僧侶による読経~焼香までを行います

およそ1時間程度で行われ、その後の出棺では別れ花を入れたり釘打ちをしたり喪主の挨拶が大体30分ほどになります。

出棺後は霊柩車で移動して火葬場に到着後、火葬を行います。火葬は目安として1~2時間ほどかかり、骨揚げが30分ほどになります。

10時に開始した場合、およそ14時が目安の終わりとなります

なお、近年では葬儀当日に初七日法要を繰り上げて行うこともあり、その場合所要時間はさらに30分~1時間ほど長くなります。

【葬儀~精進落としのタイムスケジュール例】

時間 式次第 内容説明
9:00 葬儀の準備 開式の1時間ほど前に集まり、進行の確認をしたり、弔電に目を通すなど、葬儀の準備を行います。
9:30 受付 準備が済んだ後、受付を行います。参列者が多い場合は、一時間ほど前から受付を始める場合もあります。
遺族は遺族席に座り、会葬に来てくださった方に挨拶をします。挨拶や御礼を述べるときは立ちましょう。
9:55 僧侶入場 参列者が着席した後は、読経のためにお呼びした僧侶を迎えいれます。
10:00 開式 司会により、葬儀・告別式の開式が宣言されます。
10:05 読経・引導 読経をし、引導が行われます。引導は故人に戒名を授け、極楽浄土へ導く儀式です。
また、読経の長さは宗派によって異なりますが、約30~60分ほどかかります。
10:10 焼香 僧侶の読経の中、焼香をします。焼香は「喪主→遺族→弔問者」の順で行います。
10:55 僧侶退場 僧侶が退場します。
11:00 弔辞・弔電の読み上げ いただいた弔辞・弔電を読み上げます。時間の都合で、一部名前のみ紹介することもあります。弔電を全て読み上げたら、祭壇に供えます。
11:05 喪主挨拶 閉式の前に喪主から挨拶をすることもあります。
11:10 閉式 司会により、葬儀・告別式の閉式が宣言されます。
11:15 お花入れ・釘打ち 親族が棺の中にお花などを入れ、最後のお別れをします。お花が入れ終わったら棺の蓋を閉め、釘打ちを行います。
11:30 出棺 告別式の後に出棺をし、遺族や一部の参列者が火葬場へ向かいます。
12:00 火葬 火葬には、およそ1時間~1時間半ほどかかります。
13:30 お骨上げ・収骨 火葬が終了したのち、骨拾をして収骨します。
14:00 移動 初七日法要を行う場合、火葬場から式場へ移動します。
14:30 初七日法要 故人の死後7日目に行う法要を繰り上げて行います。
15:00 精進落とし 1時間ほど、「精進落とし」という会食が行われます。火葬の間に行われることもあります。

▼葬儀・告別式の時間について詳しく知りたい方はコチラ

告別式の時間はどれくらい?流れや所要時間、受付開始時間などを解説

法要の時間

法要の時間

©sand555/stock.adobe.com

法要に関しては、午前と午後どちらの時間帯でも行います。ただし、お斎をいただくお昼の時間から逆算して10時から始めるケースが多いです。

流れとしては、最初に僧侶の読経・焼香・法話を行い、これが大体1時間~1時間半が目安になります

その後のお墓参りが1時間ほどで、会食(お斎)が大体2時間ほどなので合計4~5時間ほどが法要の時間の目安になります。

法要には四十九日や一周忌などがさまざまな式がありますが、式次第はそれぞれ異なるため、読経~法話のみ、読経~お墓参りまでと、その分所要時間も変動します。

今回は四十九日法要の流れを例として紹介します。

【四十九日法要のタイムスケジュール例】

時間 式次第 内容
10:00 開式 僧侶を仏壇へ案内した後、施主により開式の挨拶が行われます。
10:10 読経・焼香 開式後、僧侶によって読経が行われます。焼香は読経の最中に順番でおこなっていきます。
10:40 僧侶による説話 読経と焼香が終了した後、僧侶から参列者に向けて仏法に関するお話をいただけます。
10:50 閉眼・開眼供養 仮位牌から魂を抜き、黒塗りの本位牌に新しく魂を宿らせる儀式です。
11:00 閉式 司会によって通夜の閉式が宣言されます。この後、喪主から参列者に向けて挨拶をします。
11:10 お墓参り・納骨 参列者でお墓参りをし、納骨をします。
12:00 お斎 参列者や僧侶を招いて「お斎(おとき)」といわれる会食が開かれます。お斎は1~2時間ほどでお開きになります。
なお、お斎の際には引き出物を参列者にお渡しするのが一般的です。

葬儀の時間に関するマナー

葬儀では参列する際にさまざまなマナーがありますが、時間に関するマナーもしっかりと守りたいものですね。

ここでは、通夜や葬儀に遅刻してしまいそうなときの対処法などを解説いたします。

時間に余裕をもって斎場に到着する

大前提として、葬儀に遅刻は厳禁です。葬儀では受付を済ませたり、喪主や遺族と挨拶をしたりなど思ったよりも時間のかかることがあります。

そのため、開式の10分前には着席できるように余裕をもって斎場に到着するようにしましょう。30分前に斎場へ着くようにすると理想的です。

ただし、通夜は仕事帰りに参列する方もいらっしゃるため、少々の遅刻であれば問題ない場合もあります。

葬儀に遅刻した時のマナー

気を付けていても、交通機関の乱れなどにより葬儀に遅刻してしまうこともあるでしょう。1時間以上遅刻してしまいそうなときは、斎場に電話をして参列が問題ないか確認しましょう。30分以内であれば、急いで斎場へ向かうようにします。

斎場についたら、係の方か斎場のスタッフに声をかけましょう。タイミングをみて会場へ入室してもらえるため、静かに入り遺族へ一礼して入り口付近の席に着きます。芳名帳の記入や香典を渡すのは、式が終わった後で問題ありません。

なお、途中退出も望ましくはありませんがすることは可能です。ただし、途中退出する場合でも焼香が終わるまでは参列するようにしましょう。

まとめ

以上が葬儀にかかる時間の内容でした。

葬儀や通夜に参列するにあたり、時間を把握していないことによりトラブルが起きないようしっかりと事前に把握しておきましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部

ヒトシア編集部ヒトシア編集部

ヒトシア編集部です。 シニアの方々の、これからの人生がイキイキとなるような記事を執筆していきます。 毎月、ヒトシア編集部員が旅行、趣味、仕事、健康・美容、終活、介護についての先進的な取り組みをしているサービスや企業の事例をお届けします! フェイスブックを登録するとお得な情報を素早く取り入れることができます。

関連する記事

記事のカテゴリ