寺院葬とは?具体的な費用や流れ、メリット・デメリットを紹介!

「寺院葬」という言葉をご存知でしょうか。葬儀を行うための場所として、自宅やセレモニーホール以外にも、寺院を選択することが出来のです。ただし、寺院葬にもメリットデメリットがあります。どのような方が寺院葬に向いているのか本記事にて解説していきます。

寺院葬とは

寺院葬とは寺院を会場として行う葬儀のことです。寺院葬にも大きく分けて二つあります。

一つ目は、葬儀会社が主体となって取り仕切り、会場を寺院として使うという葬儀の形、二つ目は寺院自体が葬儀を取り仕切る形の葬儀です。

二つ目の寺院葬は、寺院で先代や現職の住職が亡くなったり、住職の家族が亡くなったりした場合などに大きな寺院で行われることがありますが、基本的には葬儀会社が介入して行う一つ目の寺院葬が一般的です。

基本的には檀家であれば寺院を利用した寺院葬が出来ると考えて問題ありませんが、その寺院の状況や日程によっては寺院の都合で出来ない場合もあります。寺院葬をしたいと考えている場合には、住職に相談して了承を得る必要があります。

菩提寺が無いけれども寺院葬を行いたいという場合には、新たにその寺院の檀家になる必要があるケースもあります。

どういったケースで寺院葬が行えるかは住職の考えにもよりますので、一度相談してみるのが良いでしょう。

寺院葬はどのような人におすすめ?

寺院は葬儀をするための場所として建てられた施設ではないので、寺院葬にも向き不向きのケースがあります。どのような人におすすめなのかを解説します。

家族葬など小規模で葬儀を行いたい人

寺院葬を行う寺院の規模にも寄りますが、檀信徒会館など境内に併設された、葬儀を執り行える施設がある場合はそちらで行うケースも多いですし、本堂で行う場合もあります。

ただ、どちらにせよ大人数を収容できる寺院は少ないので、家族葬など小規模で葬儀を行い方は向いているといえます。

大人数の弔問客が想定される葬儀の場合には、受付などを外にテントを張ったりして設置する必要があります。中に大人数が入れない寺院の場合には、焼香をするのに待機してもらうのを外で待ってもらわなければいけないケースもあります。そのような場合には、真夏や真冬などは避けた方が良いでしょう。

慣れ親しんだ菩提寺がある人

檀家総代を務めていた方が亡くなったり、慣れ親しんだ菩提寺がある方、信仰が深かった方は寺院葬を行うのも良いのではないでしょうか。菩提寺が生まれ育った地域にあり、家族も一緒に何度も足を運んでいるような場合などは、全く知らないセレモニーホールで行うよりも遺族の精神的な負担も軽減できる可能性があります。

寺院葬の費用

葬儀費用の全国平均は約135万円という調査があります 。これは、返礼品や飲食費は含んでいますが、お布施の費用は含まれていません。

寺院葬で行う場合も、一般的な葬祭ホールを借りて行う場合も、大きな費用の違いはありませんが、寺院葬の場合は祭壇料や式場の使用料としての費用がかからない場合もあります。(寺院や葬儀社によります。)

何にどのくらいの金額がかかるか詳しく見ていきましょう。

お寺の使用料金

お寺の使用料金に関しては、お寺からはっきりと金額が示される場合もあります。施設利用料としては10万~20万円程が相場となり、一般的な葬祭ホールの使用料と同程度の金額です。お布施に含めるようにいわれる場合もあります。

ただし、寺院によっては檀家の場合は施設利用料としての費用を請求しないケースもあります。

祭壇

祭壇料は30万~120万前後が相場とされています。これには、祭壇自体の費用と祭壇を設置したりする人件費が含まれていますが、白木の祭壇に造花を飾るだけなのか、全て生花の花祭壇にするのかではかなり費用が違ってきます。

また、寺院葬での祭壇は、寺院の本堂で葬儀を行う場合、荘厳をそのまま使用する場合もありますし、荘厳を幕などで隠して葬儀社が祭壇を組む場合もあります。前者の場合でも、祭壇料自体はかからずとも、葬儀ができるように葬儀社から設備を移動させたりする必要がありますので、設置費用を請求される場合もあります。後者の場合は、祭壇のランクによっても費用が前後するでしょう。

祭壇に関しては寺院葬にすることによって安く済む場合と、逆にセレモニーホール等で行うよりも手間がかかってしまうために高くつく場合があります。

祭壇料は寺院と葬儀社の方針やどういった祭壇の内容にするかによって差が出ると考えておくと良いでしょう。

通夜振舞いなど参列者へのおもてなし

参列者へのおもてなしは、寺院葬でも自宅葬でもセレモニーホールで行う葬儀でも違いはあまりないと考えて良いでしょう。

通夜振る舞いの相場は一人あたり2000~3000円といわれています。告別式の後の精進落としの相場は4000~5000円、返礼品の相場は3000円~5000円となっています。相場は地域によっても違いがありますが、弔問客が増えれば増えるほど飲食費は多くかかります。

また、一般的には通夜振る舞いには式に参列した方皆さんにお声がけをして、箸をつけてもらいます。告別式は親族やごく親しい方の参列が中心となる場合が多いので、最後まで参列してくださった方に精進落としの席へのお声がけをします。

返礼品は、近年は当日返しが多くなってきており、皆様に3000円程度の返礼品を当日お返しし、1万円~2万円以上の香典を頂いた方には後日改めて別の香典返しをお送りするという形も増えてきています。地域によっては弔問に来ていただいたお礼としての返礼品と、香典返しは別の物を用意する場合もあります。

お布施

お布施の金額は寺院葬でもそれ以外の葬儀でもほとんど変わりません。お布施の相場は30万~100万程度となります。お布施には、読経料、戒名料、お車代、御膳料が含まれます。

細かくみていくと、読経料は15万~30万、戒名料は15万~50万、お車代は5千円~1万円、御膳料は5千円~1万円が相場となります。

寺院によっては細かく明細を出してもらえる場合もあります。ただし、戒名料等については寺院や宗派によって大きく異なります。「院号」やがついたり「居士・大姉」がつく戒名の場合は100万前後となるケースもあります。

寺院葬の流れ

寺院葬を行う場合には、亡くなってからどのような流れで行うのでしょうか。詳しくみていきましょう。

遺体の安置・納棺

遺体の状況にもよりますが、人が亡くなった後は葬儀までの間、自宅か安置施設でご遺体を安置する必要があります。ご自宅に安置できない場合には、葬儀社等の霊安室に安置を依頼します。寺院によりますが、安置後は住職が枕経をよんでくださる場合もあります。その後、メイクや湯かんがある場合には行い、ご遺体を納棺します。

亡くなった時間が深夜でも、葬儀社に連絡すれば遺体の搬送~安置まではすぐに行ってもらえるケースが多いです。遺体の搬送、安置が深夜だった場合には翌朝以降に、納棺等を行います。

その合間に寺院と葬儀社に相談し、葬儀の日程を決めたり、葬儀の細かい内容を決めていきます。

通夜

通夜の当日にご遺体を安置場所から寺院まで移送します。通夜は17時もしくは18時頃から行われることが多く、開式の1~2時間ほど前には移送を完了し、遺族や近しい親族は早めに集まります。式には参列せずに、焼香だけしてお帰りになられる弔問客の方もいますので、喪主や遺族は弔問客の対応をします。弔問客が大勢見える場合には、依頼すれば葬儀社の方で受付を行ってくれる場合もあります。

司会進行を葬儀社が行うかどうかは、その寺院にもよりますが、時間になり次第読経が始まります。その後住職か、葬儀社のスタッフから焼香の案内がありますので、喪主から順番に焼香していきます。

通夜が終わると、遺族は弔問客のお見送りをしたり、通夜振る舞いの席に案内したりします。

通夜振る舞いが終わると、一般的な葬儀の際は身内の方は宿泊したりしますが、寺院葬では宿泊は出来ない場合が多いと考えた方が良いでしょう。

告別式・火葬

地域によっても違いがありますが、告別式が終わった後に火葬を行うのが一般的です。その場合、告別式は10時か11時頃から一時間程度行われます。
喪主から順番に焼香をしていき、読経が終了次第、告別式は終了となります。その後、一度棺を開け、花入れをし、最後のお別れをします。そして、再度棺の蓋を閉め、釘打ちの儀式を行い、出棺となります。

霊柩車には運転手のほかに喪主と他一名が乗ることが出来る車体が多く、それ以外の人はバスが出る場合にはバス、もしくは自家用車で火葬場まで移動します。
火葬自体は、大体1時間~1時間半程度で終了することが多く、火葬が終わると収骨をし、骨壺に遺骨を納めます。

その後、寺院に戻って初七日法要や四十九日法要を繰り上げて行い、納骨までしてしまうケースもあります。火葬や納骨が終わり次第、精進落としの会食を設けることが多いです。

寺院葬のメリット

葬祭ホールや自宅で行うという選択肢ではなく、寺院葬を選ぶとどのようなメリットがあるのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

厳かな雰囲気で故人をお送りできる

寺院で葬儀を行うことが出来るというのは、信仰が深い方にとってはとても有難いことではないでしょうか。歴史のある寺院の本堂で行うことが出来るとすれば、長年にわたって染み付いたお線香の香りなどに包まれ、葬祭ホールや自宅で行うよりも厳かな雰囲気で故人をお送りすることができます。

祭壇やお車代などの費用がかからない

前述しましたが、寺院によっては祭壇の費用がかからないこともあります。また、自宅から寺院が近い場合には、親族も一度自宅へ集合した後に寺院に向かうことが出来たり、ご近所の方も参列しやすくなります。寺院で葬儀を行う場合には、住職へのお車代は不要になるケースが多いですし、費用の軽減につながることがあります。

移動時間を短縮できることもある

自宅近くの菩提寺で行う場合には、一度親族が自宅に集合した後に寺院に向かうこともできますし、ご近所の方も葬儀に参列しやすくなります。

また、火葬の後に初七日法要や四十九日法要を繰り上げて行う場合には、そのまま移動せずに納骨式も行えるので移動時間が短縮できることがあります。移動時間が少なくなるのは、高齢者にとっては不安が軽減されるのではないでしょうか。

寺院葬のデメリット

寺院葬にはメリットもありますがデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか詳しくみていきましょう。

基本的に檀家でないと寺院葬を行えない

基本的に寺院葬は檀家でないとできないと考えた方が良いでしょう。ただし、住職の考えによっては受け入れてくれる寺院もある場合があります。その場合は檀家の方が寺院葬を行うよりも高く費用を請求されてしまう可能性があったり、その葬儀を行った後に檀家なることが前提とされている可能性が高いです。

もし、檀家ではない場合に寺院葬を行いたい場合には、葬儀社等に相談をすると受け入れてくれる寺院を紹介してくれることもあります。

斎場と比べて設備が少ないことがある

寺院は元々葬儀を行う目的で建てられたものではないので、セレモニーホール等に比べると音響の設備や映像を流すための設備等整っていない事があります。

また、歴史のある古い寺院ですと、駐車場から本堂まで長い階段があったり、中も段差がたくさんあったり、お手洗いも狭かったりとバリアフリーではない場合が多いです。

また、駐車場も狭い場合には、たくさんの弔問客が想定される葬儀には適していない場合があります。

葬儀が難しい時期がある

お盆やお彼岸の時期などや、寺院でイベントが予定されている時期には寺院では葬儀が出来ない場合があります。僧侶をたくさん抱えている寺院であれば、忙しい時期でも寺院葬で無ければ僧侶を自宅やセレモニーホール等へ僧侶にきていただける場合もありますが、お盆やお彼岸、イベント付近では本堂等をお寺で使うため断られてしまう可能性があります。

まとめ

葬儀はセレモニーホール等で行うことが多くなった近年ですが、菩提寺がある方には寺院葬という選択肢もあります。信仰が深い方や、寺院に馴染みのある方にはメリットもある寺院葬ですが、設備が整っている寺院は多くなく、デメリットもあります。

どのような葬儀にしたいのか、どのような方やどれくらいの弔問客を想定しているのかによっても 寺院葬が向いているのかどうかが変わりますので、よく考えて選択すると良いでしょう。

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ