大安に通夜・葬儀はしない?大安の意味や日取りの注意点もご紹介

六曜の中で最も吉日とされている大安。結婚式などおめでたい行事をおこなうイメージが強いですが、「大安に葬儀をおこなっても問題ないのか」と疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。

結論として、葬儀を大安におこなうことは問題ありませんが、なかには気にする方もいらっしゃるたため、注意が必要です。

今回は、大安に葬儀をおこなうことが避けられる理由や、大安以外で葬儀を避けたほうがよい日をご紹介します。

大安と六曜について

「大安」や「仏滅」などの文字がカレンダーに記載されているのを見たことがある方は、多くいらっしゃるでしょう。

大安は「六曜(ろくよう)」という暦のうちのひとつで、「泰安」が由来とされており、六曜の中で最も吉日とされています。そのため、結婚式の他に車の納車日や登録日に選ばれることがあります。

六曜は中国が発祥の暦であり、名前の通り6つの暦から成り立っています。鎌倉~室町時代に日本へ伝来し、江戸時代に流行してから広く使われるようになりました。

それぞれの暦には次のような意味があり、順番に繰り返していきます。

先勝(せんしょう・せんかち・さきがち・さきかち)

「先んずれば即ち勝つ」という意味があり、物事は急ぐほど良いとされています。そのため、午前中は吉で午後は凶となっており、急用の対応や訴訟などには吉日です。

特に、葬儀を避ける必要のない日です。

友引(ともびき)

もともとは「共引」と記され、物事に勝負がつかず、良くも悪くもない日という意味があります。朝晩は吉、夕方は大吉ですが正午のみ凶とされています。

「友を引く」という言葉から、葬儀の執り行いは避けられることがあります。

先負(せんぶ・せんまけ・さきまけ)

「先んずれば即ち負ける」という意味があります。急用は避け、平静を守ることが良いとされています。午前中は凶で、午後は吉であるため、結婚式など慶事は午後に行われることがありますが、葬儀は時間に関係なく執り行って問題ありません。

仏滅(ぶつめつ)

「仏も滅するような大凶日」という意味があります。六曜の中では最も凶であり、何事もうまくいかない日とされています。結婚式などは避けられることが多い日ですが、「仏事はよろしい」とされ、葬儀は問題なく行えます。

大安(たいあん)

「大いに安し」という意味があり、万事に良い日とされています。六曜の中では最も吉日ですが、葬儀を行うことに問題はありません。

赤口(しゃっく・しゃこう・せきぐち)

正午を含め、午前11時~午後1時の間のみが吉とされる日です。鬼がさまよい歩くと考えられ、万事に良くないとされていますが、鬼の休憩する正午のみ吉となります。

また、結婚式など慶事は避けられる傾向にありますが、葬儀を執り行っても問題はありません。

大安に通夜・葬儀を行っても問題ない?

大安は、六曜のなかで「何事をするにも良い日」でした。それでは、大安に葬儀をおこなっても問題はないのでしょうか。

六曜と葬儀は関係がない

六曜と仏教などの宗教に関係はないため、大安に葬儀をおこなっても問題はありません。

「仏滅」など、六曜は一見仏教と関係があるような言葉が使われていますが、これらは当て字であり、六曜と仏教は関係がありません。

六曜とは、もともとは中国で「時間」を区切るために使われており、日本に伝わってからも時間を占う指標として活用されていました。

六曜と仏教は関係がないため、お通夜や告別式など、葬儀に関わることは全て行っても問題ありません。

大安に通夜・葬儀が避けられる理由

葬儀と六曜は関係がないため、大安に葬儀を行っても問題はありません。

しかし、なぜ大安に葬儀が避けられるのでしょうか。

「大安」は万事を行うのに良い日とされ、結婚式が行われるなど「おめでたい日」というイメージを多くの人がもっています。「おめでたい日」に葬儀を行うことは不謹慎だと考える方もいらっしゃるため、大安での葬儀は避けることがあります。

そのため、大安での葬儀は行わない方が無難かもしれません。

大安に通夜・葬儀をするか悩んだら

亡くなった日時や葬儀場・火葬場の空き状況によっては、通夜や葬儀を大安に行わざるをえない場合もあるでしょう。大安はおめでたい日というイメージから通夜や葬儀を行うことはためらわれるかもしれません。

本来仏教と六曜には関係が無いため、通夜や葬儀を行っても問題ありませんが、地域によっては六曜を重視することもあります。

大安に通夜や葬儀をするか悩んだら、地域の年長者や親戚、葬儀社に相談してみると良いかもしれません。

通夜・葬儀に適した日はある?

六曜の中で葬儀を行うのに適した日として、「仏滅」が挙げられます

仏滅は、もともと「空亡」「虚亡」と表記され、何をしても全てが滅するほど良くない日とされています。一方、全てが滅んだあとは新たに物事が始まるとして、何かを始めるのに適した日という解釈もあります。

そのため、故人の死を受け入れて新たなスタートを切るという意味で、葬儀を行うのに適した日であるという捉え方もできるでしょう。

とはいえ、葬儀は結婚式のように日程を自由に決めることが難しく、制約があることがほとんどです。基本的には、どの六曜でも葬儀を行うことに問題はないため、臨機応変に対応できるようにしましょう。

葬儀は仏滅におこなっていいの?仏滅の意味から正しい日程の決め方まで詳しく解説

葬儀をやってはいけない日は?

六曜と葬儀は関係がないため、基本的にはいつ葬儀を行っても問題はありません。

しかし、葬儀が避けられる傾向にあるのは、「友引」です

「友を引く」という文字から、「死者が友をあの世へ引く」というイメージあり、慣習的に葬儀の執り行いは避けられることが多くなっています。

この慣習にならい、友引は葬儀があまり行われないため、それに合わせて多くの火葬場が友引を定休日としています。葬儀を行ってもその日のうちに火葬をすることができないため、友引に葬儀や告別式を行うことは困難です。

さらに友引が明けた翌日は「友引明け」といい、火葬場が混雑することがあるため、葬儀のスケジュールを決める際に注意が必要です。

葬儀や告別式が友引にあたる可能性がある際は、友引に通夜を行ったり、事前に火葬場の空き状況を確認したりするなど、工夫すると良いでしょう。

友引に葬儀をしないほうがいい理由とは?友引と葬儀の関係性

まとめ

今回は、「大安に葬儀を行っても問題」はないのかという疑問におこたえしました。

六曜と仏教は関係がないため、大安に葬儀を行っても問題はありません。しかし、「おめでたい日である」というイメージから、大安は葬儀が避けられることがあります。

大安の他に葬儀が避けられる日として、友引が挙げられます。友引では火葬場が定休日であることが多いため、注意が必要です。

葬儀を行う際には、火葬場の空き状況などにも注意してスケジュールを立てるようにしましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ