焼香って何回やればいいの?宗派による回数の違いと回数の意味

葬儀に参列した際に、焼香の回数で迷ってしまった経験がある方、少なくないのでは ないでしょうか。

実は焼香の回数や作法は宗派によって違うというのをご存知でしたでしょうか。

本記事では、宗派別の焼香の回数や作法を解説していきます。

©naka/stock.adobe.com

宗派別 焼香の回数を表で確認

焼香の回数や作法の違いは、宗派の思想がお香そのものに価値を見出だしているかどうか、また何に対してお香を焚くのかという考え方の違いによります。

宗派別の考えは後述しますが、一般的な宗派の焼香回数は下記の表の通りになります。

ただし、地域やお寺の考えによっては異なる場合もあります。

宗派 くべる回数 押しいただく
浄土真宗本願寺派 1回 押しいただかない
浄土真宗大谷派 2回 押しいただかない
浄土宗、真言宗、天台宗 3回 ※浄土宗、天台宗は特別取り決めはありません 押しいただく
曹洞宗 2回 押しいただき1回の後、押しいただかずに1回
臨済宗 1回 押しいただく
日蓮宗 1回か3回 ※宗内宗派によって違いがあります 押しいただく

「くべる」とは

香炉は右側に抹香、左側に香炭が置いてあります。

焼香の際に、抹香を火のついた香炭の上に落とすこと「くべる」と言います。

抹香は、樒(しきみ)の皮と葉を乾燥させて粉末状にしたのものを使うのが現在では一般的となっています。

この樒(しきみ)は魔除けの効果もあるともされています。

「押しいただく」とは

焼香の際に、抹香を親指、人差し指、中指の三本の指でつまみ、それを額の前まで持ち上げること「押しいただく」といいます。

押しいただくかどうかは、宗派の思想がお香そのものに価値があると考えるかどうかによります。

押しいただかない宗派は、お香そのものが有難いものではなく、お香の煙と香りが仏様を招来し、仏様のお慈悲の心に触れることが出来るという思想なのです。

©naka/stock.adobe.com

宗派別 焼香の回数と作法の特徴

焼香の作法のポイントは、抹香を押しいただくかどうかと、くべる回数が何回であるかという点です。

宗派によってお香自体に関する考えと、お焼香という行為に対する考えに違いがあるため、作法にも違いが出ています。

浄土真宗本願寺派:焼香の回数は1回

浄土真宗本願寺派のお焼香は、抹香を押しいたただかずに1回香炭にくべて終わりです。

本願寺派では、焼香は自分の心身を浄め、香りで身を包み、仏様に香をお供えする行為として捉えられています。

香をお供えすることで、仏様の慈悲の心に触れることが出来ると考えられています。

また、焼香は香りや煙を漂わせることに意味があり、お香自体に価値は特に考えてあないので、押しいただくことをしません。

浄土真宗大谷派:焼香の回数は2回

浄土真宗大谷派の焼香は、抹香を押しいたただかずに2回香炭にくべる動作を行います。

1回目の焼香は、香を仏様にお供えをするという意味が込められています。

2回目は焼香という行為を通して、香りに身を包むことで、日常生活に埋もれてしまっている自分自身の心に安らぎや豊かな心を取り戻すためという意味が込められています。

また、浄土真宗は死後に即往生という考えなので、焼香という行為で故人の冥福をお祈りする必要はありません。

浄土宗:焼香の回数は3回※特に取り決めはない

浄土宗の焼香は、押しいただくかどうかや回数に取り決めは無いですが、抹香を押しいただき、くべる回数は3回とする方が多いようです。

ただし、抹香をくべる時に、抹香を掴んだ後に手のひらを上に向け、こぼれないように左手を添えるのが正しい作法となります。

浄土宗の焼香には身・口・意(心)の三業を浄めるという意味の他に、仏・法・僧の三宝に捧げるという説や、根元的煩悩である貪り・怒り・愚かさの三毒を消し去るという意味があり、「3」が重要視されています。そのため焼香の回数も3回とする方が多いようです。

しかし、形式的な3回よりも仏様や故人に真心を込めた1回の方が尊く見える場合もあり、臨機応変に対応することも大切にしています。

真言宗:焼香の回数は3回

真言宗の焼香は、抹香を押しいただき、香炭に3回くべることを行います。

真言宗では、浄土宗と同様に身・口・意(心)の三業を浄めるという意味や仏・法・僧の三宝に捧げるという意味の他に、大日如来・弘法大師・祖先諸霊にそれぞれに焼香することを意味しているという説もあります。

天台宗:焼香の回数は3回(※特に強い取り決めはない)

天台宗の焼香は、押しいただくかどうかや回数に特に取り決めはありませんが、抹香を押しいただき1回もしくは3回行う方が多いようです。

天台宗はご先祖様や、恩恵を受けた生命、人々に対する感謝と供養の気持ちで焼香を行うことを大切にしており、形式的な回数よりも念じる気持ちを重要視しています。

曹洞宗:焼香の回数は2回

曹洞宗の焼香は、初めの焼香を押しいただき、次の焼香を押しいたただかずに計2回くべる動作を行います。

焼香の際には左手を右手に添えて行います。

曹洞宗では、はじめのお焼香を主香、次のお焼香を従香と言います。

主香では故人の冥福を祈り、2回目の従香は、主香の香りが消えないようにするためとされています。

また、曹洞宗は左手を仏様の世界、右手を人間の世界と解釈しており、両手を重ねる合掌は、仏様と一体になれる行為と考えられているため、重要視されています。

合掌は手のひらを合わせて、しっかりと指を揃え、指は鼻の高さに合わせた上で、肘を外側に張ります。

礼拝をする際は、座礼も立礼も手はそのままの状態で、背筋を伸ばして前方に45度の角度で上体を傾けるのが正式な形となります。

臨済宗:焼香の回数は1回

臨済宗の焼香は、抹香を押しいただき1回香炭にくべて終わりです。

臨済宗の焼香は、仏・法・僧の三宝に対しての供養や亡くなった方への弔いを意味しており、一度のお焼香に心を込め、丁寧に行われるのが特徴です。

また、臨済宗では「万法唯一心」という言葉があり、心を専一にし一心に故人の冥福を祈るということから、焼香の回数は1回という説もあります。

日蓮宗:焼香の回数は1回または3回

日蓮宗の焼香は地域や宗内宗派によりますが、一般的な葬儀では僧侶は3回、参列者は押しいただき1回行うのが良いとされています。

(押しいただかない場合もあります。)

日蓮宗は、一心に法華経を信じ、南妙法蓮華経の題目を唱えれば霊山浄土に行けるとされており、焼香の1回には一心不乱に祈るという意味が込められているという説もあります。

他の宗派と違うのは抹香を掴む際は、左手の親指と人差し指の二本でつまむという点です。(他の宗派は、親指と人差し指と中指の三本の指で抹香をつまみます。)

失敗しない焼香の仕方 | 宗派によって回数・作法が違います

焼香をおこなう意味は?

© naka/stock.adobe.com

お焼香は故人のための行為に思われがちですが、自分の心と身体の穢れを落とし浄めるという意味もあります。

また、極楽浄土は良い香りに包まれていて、仏が故人をお迎えに来るときは香りを運んでくるとされています。

そこで、ご葬儀の際には香りの良いお香を焚いて煙を漂わせることで極楽浄土を表現するのです。

お線香を使って焼香をする場合もありますが、抹香とは種類が違うだけで意味合いは同じです。

つまり焼香は自分自身を清めた上で、香りを仏様と故人に捧げ、冥福を祈る意味があります。

焼香とは?葬儀での焼香の基本的な作法

焼香の回数の意味は?

宗派によって焼香の回数に違いがありますが、焼香の回数にはそれぞれ意味があります。

焼香の回数:1回

臨済宗や日蓮宗のように焼香回数を1回とする宗派は、「万法唯一心」や「一心不乱」といった「1」という数字を大事にしています。

また、形式的な回数よりも、その1回に心を込めて丁寧に行うということを重要視しているのです。

焼香の回数:2回

浄土真宗大谷派や曹洞宗のように焼香回数を2回とする宗派は、1回目、2回目の焼香にそれぞれ別の意味を持たせています。

浄土真宗大谷派は1回目は仏様や故人の為の焼香で、2回目は自分自身を浄める為の焼香です。

曹洞宗も1回目の焼香は故人の冥福を祈るためですが、2回目は1回目の香りを絶やさないようにするため、というのは他の宗派には無い特徴になります。

焼香の回数:3回

仏教の教えには、身・口・意(心)の三業、仏・法・僧の三宝、根元的煩悩の貪り・怒り・愚かさの三毒といったように「3」に関連した言葉が多く登場します。

焼香回数が3回の浄土宗や真言宗などはその教えから「3」を取り、意味を持たせていますが、いずれも状況によっては1回でも良く、臨機応変に心を込めて行うことを重要視しています。

参列者の人数によって1回になることもある

お焼香は、自分の宗派の作法で行っても良いですし、喪家の宗派に合わせた作法で行っても良いのです。

また、参列者が多い場合にはスムーズに式を進行させるために司会者などから「お焼香は心を込めて1回でお願いします」などとアナウンスがある場合もあります。

このことからもわかるように、焼香で重要なのは回数などの作法ではなく、故人の冥福を祈る気持ちだということがわかりますね。

まとめ

それぞれの宗派の考えを知ると、葬儀に参列する際にどのような心構えで焼香をすれば良いのか理解が深まりますね。

焼香の回数に意味を持たせている宗派もありますが、どの宗派も共通しているのは「回数よりも心を込めて行うのが大切である」ということです。

作法にとらわれず、落ち着いた気持ちで故人の冥福を祈りましょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ