初七日とは?数え方や具体的に何をするのかという疑問まで詳しく解説

葬儀が終わった後の、はじめての法要は初七日になりますが、初七日の法要と聞いても何をしたら良いのか分からない事が多いです。

しかし、初七日の法要は故人が無事にあの世に渡れるようにお祈りをする大切な法要の1つであるため意味やマナーを理解しておく必要があります。

今回は初七日の意味やマナー、知っておくと良いこと等を詳しく解説していきます。

初七日とは?

初七日について解説

故人の命日から七日目を初七日と呼び、仏教では1つの節目とされています。

仏教では、人が亡くなった際、その人の魂は四十九日間は現世とあの世をさまよっていると言われています。

故人は四十九日目に生まれ変わると言われており、四十九日目までにあの世に行けるように七日ごとに追善法要をおこないます。

また、初七日の法要は、故人が三途の川の緩流を渡れるために、お祈りするという意味もあります。

その一方で、浄土真宗では、亡くなってすぐに、その人の魂はあの世へと行くと言われており、初七日は故人への感謝を捧げ親交を深める日とされています。

ただ最近では遠方に住んでいる親族などへの配慮から、葬儀の後の遺骨迎えと一緒に行うことも増えています。

これを付七日と言います。

初七日の読み方

初七日は「しょなぬか」または「しょなのか」と読みます。

元々、七日の読み方は「なぬか」なので、「しょなぬか」と読む事が正しいと言えるでしょう。

しかし、最近では「しょなのか」と読まれる方も多く、どちらの読み方をしても問題ありません。

初七日の数え方

初七日は前述した通り、故人が亡くなった命日日を1日目と数え、そこから七日目を初七日と言います。

つまり、実際の日付でいうと亡くなった日から6日後に初七日法要をおこないます。

(例)5/14に亡くなった場合、5/20が初七日になります。

この考え方は浄土真宗やその他の宗派も変わりはありません。

しかし、関西では亡くなった日の前日から数えて7日目に初七日法要をおこなう風習の地域もあります。

この亡くなった日の前日から数えて初七日法要をおこなう事をお逮夜法要と言い、四十九日の法要も同じ数え方をします。

初七日法要では何をする?

初七日の法要

基本的に法要では葬儀のように必ずといってよい決まりはありません。

通常は僧侶の読経、焼香、法話という流れで行われます。

最近では、葬儀会館で法要をおこなう事が多くなっていますが、僧侶が自宅に来ていただいたり寺院に遺骨を運んで法要をおこなう事も可能です。

初七日のお供え

初七日のお供え物には、故人があの世に行く際に、お腹を空かせて寂しい思いをさせないようにする目的があります。

仏壇から下げた後は、処分などせず、お土産として参列者に御裾分けする事が通例です。

また、初七日法要を葬儀と同日におこなう場合と、別日でおこなう場合ではお供え物に用意するものを少し変える事をお勧めします。

その理由として、葬儀と同日におこなう場合は、遺族や親族がそれぞれ7日おきに集まるのは現実的に難しくお集まりになられても、お参りをされたらすぐお帰りになる場合もよくあるため、皆さんにお供え物を配る時間がない事が想定されます。

そのため、個別包装がされていて分けやすく、日持ちのする羊羹やクッキー、ミニケーキなどのお菓子を用意すると良いでしょう。

その一方で、葬儀と別日におこなう場合は、喪主が参列者に配ることがマナーであり、参列された全員に行き渡るように、分けやすいお菓子を用意するとよいでしょう。

初七日のお供えにおすすめの羊羹

初七日に香典を用意する際に知っておくと良いこと

香典

初七日は葬儀と比べると意味やマナーは深く知られておらず、香典を用意する際の相場などの情報が足らず、不安を抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは香典の相場や香典を渡すタイミングなどを解説していきます。

香典の相場

初七日の香典の相場は、葬儀と同日におこなう場合と、別日におこなう場合で異なります。

葬儀と同日におこなう場合は、葬儀の香典にかかる費用の半額となります。

その一方で、別日ならば葬儀の香典にかかる費用の半額に会食分を上乗せした金額を包みましょう

また、香典の金額は故人との関係により変動することが多く、それぞれの立場における香典の相場を以下で確認してみましょう。

  • 近所の方は3000~5000円
  • 友人の方は5000~10000円
  • 会社の同僚の方は10000~30000円
  • 親族の方は10000~30000円
  • 家族の方は50000~100000円

上記の通り、故人との関係が深いほど金額が高くなり、年齢が上がるごとにそれなりの金額を包むことが通例とされています。

香典を渡すタイミング

香典を渡すタイミングも、初七日法要を葬儀と同日におこなう場合と、別日でおこなう場合で異なります。

初七日法要を葬儀と同日におこなう場合は、葬儀の香典と一緒に初七日の香典も添えてお渡しをしましょう。

また、葬儀の香典と一緒に渡す場合は、初七日の香典も一緒に持参したことを受付で一言お伝えしましょう。

その一方で、葬儀とは別日に初七日法要がおこなわれる場合は、受付でお悔やみの言葉と一緒に香典をお渡ししましょう。

初七日で香典返しする際のマナー

初七日に香典をいただいた方には、香典返しをするのがマナーです。

香典をいただいた事への感謝や葬儀などの弔事が無事に終えたことへの感謝の気持ちを伝えることを目的としますが、香典をいつお返しすればいいのか分からない方やお返しに適した品物はどんな物なのかという疑問はよくあります。

ここではお返しをするタイミングとお返しに適した品物を詳しく見ていきましょう。

お返しはいつ渡す?

香典返しをするタイミングは、即日返しや、葬儀後1か月を経過した頃に送るというケースも増えているようですが、一般的には四十九日法要後にお返しをおこなうことが通例とされています。

四十九日法要後にお返しする理由として、昔は葬儀の手配で忙しく、香典返しを用意しようと思ったら急いでも四十九日法要頃になる事が多かった事が要因と言われています。

そのため、四十九日の前に香典返しをおこなっても問題ありませんが、周りに配慮を持ってお返しをしましょう。

お返しに適した品物

初七日の香典返しは、他の香典返しと同じく、あとに残らない「消え物」が適しています

一般的な消え物といえば、お菓子やお茶、コーヒー等が選ばれます。

また、当日にお返しをする場合、重くなるものや鞄に入らないサイズの物は参列者から好まれないため、できるだけ避けるようにしましょう。

一方で、商品券を香典返しされる方が最近ではよくいらっしゃいますが、金額があからさまに分かってしまうため、何をお返ししていいのか迷われている方はカタログギフトでお返しすることをおすすめします。

初七日で挨拶はどうする?

法要では挨拶をするタイミングが多くあります。

その中の1つである初七日法要は、故人を失くした悲しみから立ち直れない遺族や親族の方または参列者に対して適切な挨拶をおこないたいものです。

ここでは喪主が挨拶をおこなう場合と参列者が挨拶をおこなう場合と分けて解説していきます。

参列者の挨拶

参列者が挨拶をおこなう場合は、香典を渡す際に心中お察しいたします等のお悔やみの言葉を述べましょう。

また、法要へご案内していただいた事への感謝の気持ちをお伝えしましょう。

「本日はご案内いただきまして、誠に恐れ入ります」等を述べると良いでしょう。

喪主の挨拶

喪主が挨拶をする場合は、参列者に対して参列していただいた事への感謝の気持ちを伝えることが大切です。

また、故人が亡くなった事の心境や故人に対する生前中の感謝の意を述べましょう。

一方で、世話になった方などに食事を振る舞う精神落としがある場合は、改めて参列へのお礼をお伝えしましょう。

喪主と参列者の服装で気をつけるべきそれぞれのポイント

葬儀の服装について

故人を偲ぶとともに初七日のような大切な儀式では、喪主や参列者はどのような服装が適しているのでしょうか。

葬儀と同様に失礼にあたるマナー違反な服装は避けるために、喪主、参列者に関わらず男性や女性に適する服装のマナーについても見ていきましょう。

喪主の服装

ご遺族の場合は喪服を着用します。

その際は和装と洋装どちらでも問題ありません。

しかし、喪主は葬儀を催す側なので、格式の高い服装をする必要があります。

また、和装の場合、男性は黒羽二重の染め抜き五つ紋付きの羽織袴を着用しましょう。

五つ紋は背中、左右の外袖、左右の胸に1つずつ家紋が入っている羽織の事を指し、紋の数には五つ紋、三つ紋、一つ紋があり、五つ紋が最も格式が高いと言われています。

一方で洋風の場合は、格式の高いモーニングコートを着用するとよいでしょう。

黒のジャケットの下に白シャツを着用し、ズボンはグレーのストライプ、その他のネクタイや靴下は黒で統一しましょう。

女性の場合、和装は男性同様に黒羽根二重の染め抜き五つ紋付の着物を着用し、洋装は黒のワンピースを着用しましょう。

参列者の服装

参列者の場合は、男性は基本的に洋装の礼服を着用し、ブラックスーツに白シャツ、その他の靴下やネクタイは黒色の物で統一しましょう。

また、女性の場合は黒色のワンピースを着用し、和装を希望の場合は1つ紋または三つ紋の着物を着用しましょう。

繰り上げ・繰り込み法要

葬儀社には繰り上げ法要と繰り込み法要という2種類のものがあります。

また、現在では生活ライフスタイルの変化により繰り上げ法要を利用する方が増えてきました。

では、繰り上げ法要と繰り込み法要にはそれぞれどんな特徴があり、どんな違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

繰り上げ法要

繰り上げ法要とは、初七日や四十九日の日程を繰り上げて、葬儀と同じ日に法要を済ませる事を言います。

葬儀を終えた後に法要の日程を立てても、仕事上の理由や家庭の事情で、遺族や親族が何度も集まれない事から、初七日法要を葬儀と同じ日におこなう事が一般的になってきました。

上記の通り、最近では繰り上げ法要をおこなう方が増えており、後日おこなう法要は四十九日法要のみ済ませる事が多くなっています。

繰り込み法要

繰り込み法要は、告別式が終了した後に続けておこなう法要の事を言います。

繰り込み法要の場合、告別式が終了した後に初七日法要のお経を読経され、火葬の途中に精進落としが設けられます。

繰り込み法要は火葬の途中に精神落としがおこなわれるため、繰り上げ法要以上に効率的なやり方と言えます。

しかし、遺骨になった状態で法要をおこなう初七日法要に対して、繰り込み法要は遺骨がない状態で法要をおこなうため抵抗感を覚える方も多いかもしれません。

また、葬儀社によっては、繰り込み初七日法要をおこなっていない事があるため、事前に確認をしておく事をお勧めします。

まとめ

現在では、昔と比べると仕事などの影響により法要を簡略化されている風潮があります。

簡略化することに故人に対して申し訳ないと感じる遺族の方もいらっしゃいますが、大事なのは今後、故人に対して感謝の気持ちを忘れないように日々過ごしていくことです。

そのため、初七日法要などの意味をしっかり理解して、心の中で手を合わせ弔いの気持ちを忘れないようにしていきましょう。

ヒトシア編集部

ヒトシア編集部ヒトシア編集部

ヒトシア編集部です。 シニアの方々の、これからの人生がイキイキとなるような記事を執筆していきます。 毎月、ヒトシア編集部員が旅行、趣味、健康・美容、終活、介護についての先進的な取り組みをしているサービスや企業の事例をお届けします! フェイスブックを登録するとお得な情報を素早く取り入れることができます。

関連する記事

記事のカテゴリ