通夜・葬儀に履いていく靴のマナー|色や素材、装飾の有無を確認!

葬儀の知らせは突然訪れます。いざという時に備えて、喪服を準備している方は多いと思いますが、靴も準備出来ていますか?「黒い靴であればなんでもOK」と思っていませんか?今回は、通夜や葬儀の靴のマナーについて解説します。

通夜・葬儀に履いていく靴のマナー

まずは、男女に共通していえる、靴選びのマナーについて解説をします。葬儀は喪に服す場です。厳粛な雰囲気に合わせ、フォーマルなデザインの靴を選びましょう。

靴の色

葬儀の靴は、男女問わず「黒」を選びましょう。足元は意外と目立ちます。たとえ黒に近い茶色やグレーの色であっても避けるのが無難です。ヒールや紐など部分的でも、黒以外の色が入っている靴はNGです。

また、黒の靴は意外と汚れが目立ちやすい色です。綺麗に手入れをしておきましょう。靴を脱ぐことがあるかもしれませんので、中敷きも派手な色は控えましょう。中敷きの色は、黒や紺、ベージュなどの落ち着いた色が無難です。

靴の素材

葬儀の靴は、本革や合成皮革が良いでしょう。ヘビ柄やワニ柄、スエード素材など、殺生を連想させるような動物素材は避けるのがマナーです。また、光沢感のある素材は華美な印象を与えてしまします。エナメル素材も避けましょう。

男性の靴

男性の場合、葬儀に適しているデザインは、ストレートチップもしくはプレーントゥのデザインです。ストレートチップとは、つま先に一文字の切り替えが入ったデザイン、プレーントゥとは、飾りのないシンプルなつま先のデザインです。穴飾りが施されたデザインのウィングチップは、カジュアルな雰囲気になるため葬儀にはふさわしくありません。

また、靴ひもを通す部分には、内羽根と外羽根があります。紐を通す部分が靴の内側に付けられたものが内羽根、外側に付けられたものが外羽根です。フォーマルな印象の内羽根の方が、葬儀には適しています。

避けた方がいい靴

装飾のついた靴は、葬儀にふさわしくありません。金具がついた靴も、華美な印象を与えるためマナー違反です。靴ひもの穴に金具が使用されているようなデザインも避けましょう。ローファーもカジュアルな印象を与えるため、避けるのが無難です。

女性の靴

葬儀における女性の靴は、黒のパンプスが基本です。ヒールの高さは、高すぎず低すぎない3㎝~5㎝程度が葬儀には適しています。ただし、脚を痛めている方や高齢の方は、ヒールの無い靴でも構いません。

長時間立ちっぱなしになるかもしれないことを考慮し、ヒールが細すぎず、脚に合った靴を選びましょう。ピンヒールやウエッジヒールなど、ファッション性の高いヒールは避けるようにしましょう。

避けた方がいい靴

ローファー、ストラップのある靴、リボンなどの装飾がある靴は、カジュアルな印象を与えるため、避けましょう。ブーツやサンダル、スニーカーはもちろんNGです。パンプスであっても、オープントゥ(つま先が見えるデザイン)やポインテッドトゥ(先が尖ったデザイン)のつま先は避けましょう。

ヒールの音にも注意!

葬儀では、カツカツとヒールの音を立てて歩くのはNGです。葬儀ホールは、大理石やタイルの床であることが多く、音が響きやすくなっています。ヒールのゴムが外れていないか、音が鳴り響かないかを確認しておくと良いでしょう。

子供の靴

子供の靴は、大人のように厳格なマナーがありません。極力派手ではない靴を履きましょう。

子供は、制服がある場合には制服で参列をします。ローファーや白いスニーカーなど、校則で決まっている靴があれば、校則通りの靴でOKです。制服が無い場合には、黒やグレーなど地味な色合いの靴で構いません。キャラクターがついたデザインや、派手な柄がついた靴は避けるようにしましょう。

通夜・葬儀に履いていく靴下・ストッキングのマナー

葬儀の靴だけではなく、靴下やストッキングもマナーに合ったものを選ぶ必要があります。葬儀の靴下について、基本的なマナーを解説します。

靴下のマナー

男性は、黒無地の靴下を着用します。チェック柄やストライプ、ワンポイントなど、さりげない柄の靴下であっても、葬儀の場にはふさわしくありません。

また、靴下の丈は、短すぎないものを選ぶようにしましょう。くるぶし丈ソックスは、着席時に足首が見えてしまうのでNGです。

▼通夜・葬儀に履いていく靴下のマナーを確認しておきたい方はこちら!

葬儀に履いていく靴下の選び方とは?柄や色などマナーにあった選び方を解説

ストッキングのマナー

女性は、黒のストッキングが基本です。肌色のストッキングでも良いとされる考えもありますが、葬儀の場面で肌色のストッキングを身に着ける人はほとんどいません。黒無地のストッキングが良いでしょう。

30デニール程度の、肌が透けるものがベストですが、寒い時期には体を冷やさないように、60デニール程度のストッキングを履いても構いません。黒のストッキングは伝線した場合に目立ちやすいので、予備を持参するようにすると良いでしょう。

▼通夜・葬儀に履いていくストッキングの詳しいマナーを確認しておきたい方はコチラ!

葬儀にふさわしいストッキングの選び方 ❘ 色やデニールのポイントをご紹介

まとめ

葬儀の靴について解説しました。黒無地で、装飾の無いシンプルな革靴が基本です。「久しぶりに履こうと思ったら、靴底がめくれていた」ということが無いように、定期的にメンテナンスをしておくと良いでしょう。

足元は、意外と目立つポイントです。マナーを守った靴で、故人とのお別れの場に向かいましょう。

▼通夜・葬儀に参列する際の服装のマナーまとめはこちら

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ