先勝の日に葬儀をおこなっても問題ない?通夜は避けるべき理由や赤口・友引も解説

葬儀の日程を決める際、「友引」や「仏滅」といった暦を気にしてなるべく縁起のいい日に送り出したいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、その中でも「先勝」の日に葬儀を行っても問題がないのかを解説します。

また、六曜の中で葬儀を避けたほうが良い日や、「赤口」や「先負」など、それぞれの暦で葬儀をおこなうことに問題がないかも合わせてお伝えします。

先勝とは

先勝は「六曜(ろくよう)」という暦のうちのひとつです。

カレンダーでよく見かける「大安」や「仏滅」などは六曜に基づいて記載されています。

六曜は中国が発祥とされており、鎌倉時代~室町時代に日本へ伝来しました。江戸時代後期に流行してから、日の吉凶を占う指標として広く使われています。

六曜は6つの暦が日ごとで順番に繰り返すという仕組みになっています。それぞれの順番と暦の意味は以下の表のようになっています。

①先勝 「先んずれば勝ち」の意味があります。
六曜の中では3番目に縁起のいい日であり、急ぎごとや勝負ごとを行うのに吉日です。
何事も早く行うほうが良いとされているため、午前は吉、午後は凶となっています。結婚式などの慶事は午前中に行われることがあり、大事なことを行う際は、午前中のうちに済ませておくことがよいと考えられています。
友引 友引は何事も引き分けで勝負の決着がつかず、良いとも悪いともされない日です。朝晩は吉で、昼は凶といわれています。
先負 「先んずれば負け」の意味があります。急用はなるべく避け、万事に平静を守ることが良いとされています。
仏滅 「仏も滅するほどの凶日」という意味があります。六曜の中でもっとも凶とされ、何をするにも悪い日とされています。
大安 「泰安」が由来となっており、「大いに安し」という意味があります。何をするのにも良い日とされ、結婚式や結納、納車式などが多く行われます。
⑥赤口 正午を挟んで午前11時から午後1時の間のみ吉で、正午以外の時間は凶とされています。また、「赤」という字が血や火を連想させるため、刃物や火の元の扱いに気をつける日とされています。

先勝に葬儀を行っても問題はない?

結論からお伝えすると、先勝に葬儀を行うことは問題ありません。その理由は、六曜と宗教には関係がないからです。

もともと六曜は中国で時間を区切るために利用されていました。日本に伝来してからは、その日の吉凶を占うための指標として広く活用されるようになりましたが、仏教や神道などの宗教とは関係がありません。

「仏滅」など、仏教に関する文字が入っていますが、これは当て字であるためやはり仏教との関係性はありません。

仏教をはじめとし、六曜と宗教には関係がないため、先勝に関わらず葬儀はいつ行っても問題はありません。

六曜で葬儀を避けたほうがいい日

六曜と宗教は関係がないため、基本的に葬儀はいつ行っても問題ありません。

しかし、友引は葬儀を避けたほうがいいとされています。

友引は文字の並びから「死者が友をあの世へ引く」と考えられることがあり、縁起が悪いとして葬儀を行わないという地域もあります。友引に「死者が友を招く」という意味はありませんが、友引での葬儀をよく思わない方も中にはいらっしゃいます。

また、友引に葬儀を避けたほうがよい理由として、友引は火葬場が定休日であるという理由も挙げられます。

友引を縁起が悪いとして葬儀を行わない地域もあるため、それに合わせて火葬場は友引を定休日にしていることがあります。火葬場が定休日となっていると、葬儀や告別式を行った後に火葬ができないため、友引に葬儀を行う際には注意が必要です。

さらに、友引の翌日は「友引明け」ともいわれ、火葬場が混雑する恐れがあるため、友引の翌日に火葬を行う際は事前に確認しておくようにしましょう。

友引に葬儀をしないほうがいい理由とは?友引と葬儀の関係性

先勝のお通夜は避けたほうがよい

一般葬である場合、お葬式はお通夜を行ってから葬儀・告別式があり、火葬するという流れになっています。お通夜の翌日に葬儀と火葬がおこなわれますが、お通夜に先勝があたる場合は先勝の翌日は友引であり、火葬場が定休日である可能性があるため注意が必要です。

さらに、友引に葬儀を行うことは縁起が悪いとする地域もあるため、自分の地域では友引での葬儀が問題ないか確認するようにしましょう。

葬儀を行っても問題がない日

友引に葬儀をする際は注意が必要ですが、それ以外の日に葬儀を行うことは問題ありません。

今回主にお伝えした先勝以外の日では、どのような意味があるのかについても最後に解説します。

  • 先負
    先負は午前は凶、午後は吉とされており、結婚式などのお祝い事は午後におこなわれることが多い日です。葬儀に関しては、時間に関係なく執り行って問題ありません。
  • 仏滅
    仏滅は六曜の中でもっとも凶であるとされているため、お祝い事は避けられる傾向にあります。しかし、「仏事はよろしい」という言葉があり、葬儀を行うには良い日であるという見方もあります。そのため、仏滅の葬儀を避ける必要はありません。
  • 大安
    六曜の中で、もっとも吉日である大安はおめでたい日だというイメージがあります。そのため、葬儀をしても良いのか疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。しかし、六曜と宗教は関係がないため、大安に葬儀を行っても特に問題はありません。
  • 赤口
    赤口は正午を除いて凶であるため、お祝い事をおこなう際は避けた方が良い大凶の日とされていますが、葬儀を行うことは問題ありません。

まとめ

六曜と仏教などの宗教には関係がないため、先勝に葬儀を行うことは問題ありません。しかし、先勝にお通夜を行う場合、翌日が友引となるため火葬場の手配などをする際に注意が必要です。

基本的にどの六曜で葬儀を行っても問題はありませんので、葬儀場の予約状況や参列者の予定などを鑑みながら調整するようにしましょう。

葬儀日程の決め方とは?日程表や6つの確認事項を用いて具体的に解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ