先負の日に葬儀やお通夜をおこなってもいいの?六曜と葬儀の関係について解説

©ayaka_photo/stock.adobe.com

身内に不幸があり急に葬儀やお通夜の日程を決めなければならない際に、「先負の日に葬儀やお通夜をおこなってもいいの?」と疑問に思われる方は多いのではないでしょうか。

日本では一般的な暦注である「六曜」の一つである先負は「負」という字が含まれているため、縁起の悪い日というイメージがあります。

しかし、先負の日に葬儀をおこなうことに否定的な考えもありますが、実際には問題ないとされています。

この記事では、なぜ先負の日に葬儀をおこなっていいのかや友引や仏滅などの六曜と葬儀の関係性についても詳しく解説していきます。

先負とは

©Kzenon/stock.adobe.com

先負はその日の運勢を表す六曜の一つであり、「何事も先んじてはいけない日」と言われているため、1日の前半12時間の午前は凶、正午以降の午後12時間は吉の運勢の日となります。

午前中に物事を進めても上手くいかない日であるため、葬儀や結婚式、神社の参拝など縁起担ぎの行事はなるべく午後に済ませる風習があります。

そのため、気持ちを新たに始める行事、例えば引っ越しや新車の納車等も午後におこなうと良いと言われています。

契約ごとや大きな買い物などもなるべく縁起の良い日取りでおこないたいと考える方は午後であれば差し障りはないでしょう。

一方で、先負は勝負事を避けたほうが良いと日と言われており訴訟や急用を起こさないほうが良いとされています。

先負の日の葬儀

六曜は仏教とは関係のない考え方なので、先負に葬儀をおこなっても問題ありませんが、なるべく縁起のいいタイミングで葬儀を執り行いたい方は、吉とされる午後におこなうようにしましょう。

また、先負の日に通夜も執りおこなうことも問題なく、先負の日に通夜をおこなう場合、通夜のあとに葬儀をおこなう地域では翌日の仏滅が葬儀の日程となることが一般的です。

故人の死を受け入れ新たに人生のスタートを切れるため仏滅に葬儀は適していると言われており、先負の日に通夜をおこなうことは問題ありません。

葬儀の日取りとその他の六曜との関係

前述した通り、六曜と仏教は関係性がないため先負に限らず葬儀やお通夜をしていけないという日はありません。

しかし、六曜によってはこの日は避けたほうがいいという風習が強く根付いており、気にされる方は多くいらっしゃるため、葬儀の日取りを決める際は参列者に配慮を持って決める必要があります。

葬儀の日取りをする中で一番気をつけたいのは「友引」であり、友引は「友を引く」という迷信があり、故人と一緒に親族や友人の魂も引っ張られるというイメージがあるため友引に葬儀は縁起が悪いと伝えられてきました。

では、友引以外の六曜と葬儀の関係性を見ていきましょう。

先勝

先勝は先負と真逆の意味を持ち「先回りして行動する」と良い日とされ、午前が吉で午後が凶と言われているため葬儀をおこなう際は吉とされる午前中がお勧めです。

また、六曜には順番があり、先勝の翌日は友引となっており、亡くなった日の翌日にお通夜をおこない、その翌々日に葬儀と続くことが多く、先勝にお通夜となると友引は葬儀となります。

そのため先勝の日にはお通夜を避けたほうが良いでしょう。

先勝の葬儀は問題ない?通夜は避けるべき理由や赤口・友引も解説

仏滅

仏滅に葬儀やお通夜をおこなうことも問題はありませんが、仏滅には「仏も滅亡する程の最悪な日」と言われる迷信があるため嫌なイメージを持つ方が多く、仏滅に葬儀をおこなわない傾向は今だに強く根付いていると言われています。

葬儀は仏滅におこなっていいの?仏滅の意味から正しい日程の決め方まで詳しく解説

大安

大安はめでたい日というイメージがあるため葬儀の日取りを決める際はなるべく避けた方が好ましいという考えもありますが、六曜と仏教は関係性がないため大安に葬儀をおこなっても問題ないと言われています。

そのため、仏式葬儀が多い日本では、大安に葬儀をおこなったとしても気にする必要はないでしょう。

大安に通夜・葬儀はしない?大安の意味や日取りの注意点もご紹介

赤口

赤口は仏滅に次ぐ悪しき日とされ「火」や「血」を連想させる赤という字が使われているため、縁起が悪いとイメージが根付いていますが、六曜と仏教の関係性はなく、赤口に葬儀を避ける習慣もありません。

また、赤口に通夜や法事をおこなうことも問題ありません。

まとめ

ここまでご説明した通り先負の日は午前中に物事を進めようとせず、午後から動くことにより良い運勢を呼び込めと言われているため、六曜を気にされる方は午後から動くように予定を組んでいきましょう。

また、葬儀の日取りを快く行えるように他の六曜の特徴も把握しておくと良いでしょう。

葬儀日程の決め方とは?日程表や6つの確認事項を用いて具体的に解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
ヒトシア編集部:舩越 結

ヒトシア編集部:舩越 結ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ