密葬と家族葬の違いは?葬儀の流れから、マナーや香典まで徹底比較

核家族化や高齢化の影響もあり、小規模な葬儀を考える方が増えています。

なかでも小規模な葬儀といえば、『密葬』や『家族葬』を聞く機会は多いと思います。

「どちらも家族や親族などで小ぢんまりとやる葬儀じゃないの?同じような葬儀のこと?」と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実は密葬と家族葬では明確に違う点があるのです。

ここでは密葬と家族葬それぞれの葬儀の流れや、マナー・香典など気になる点を説明していきます。是非、最後までご覧ください。

密葬と家族葬は全然違う!

葬儀の事前相談を受けた際に、『密葬を希望します。』『家族葬を希望します。』とおっしゃる方が非常に増えてきました。

しかし、話を聞いていると密葬や家族葬の意味合いを理解していない場合がほとんどです。ですので、密葬と家族葬の違いについて理解されている方は皆無といって良いかもしれません。

密葬とは

© Anze/stock.adobe.com

密葬も家族葬も、遺族・親族を中心とした葬儀という点では同じです。

しかし、密葬は後日改めて本葬を行うことが前提とされています。

企業の会長・社長、著名人などが亡くなった場合は多くの参列者が集まるでしょう。

そのため、いきなりお別れ会を行ってしまっては、遺族や親族は充分なお別れが出来ないかもしれません。

密葬を行うことによって遺族や親族は、ゆっくりとお別れを行うことが可能になります。

密葬とは?香典や出席のマナー、家族葬との違いを解説

家族葬とは

© Anze/stock.adobe.com

先程お話したように、家族葬も密葬同様に遺族・親族を中心とした葬儀になります。

家族葬自体に明確な定義はありませんが、遺族・親族を中心に親しかった方を招く場合が多いようです。いずれにしろ、人数が少数であることが特徴といえます。

密葬との明確な違いは、家族葬を行う場合にお別れ会などの本葬は行われません。

密葬と家族葬を比較した場合、明確な違いが分からない方が多いのは『本葬』を除いて考えている方が多いためといえるでしょう。

つまり、密葬と家族葬の違いは「本葬」の有無といえます。

家族葬 | 費用や流れ、参列時のマナーや香典まで解説

密葬と家族葬、葬儀の流れの違いは?

先程の内容で、密葬と家族葬の意味について説明しました。

意味を理解することで、密葬と家族葬の違いを理解していただけたのではないでしょうか。

さらに理解を深めるために、次は密葬と家族葬の流れについて見ていきましょう。

密葬の流れ

密葬は、直葬・一日葬・家族葬のいずれかと同じ流れで葬儀が行われます。

家族葬と同じ形式で行う場合の流れは、以下の通りです。

  1. 臨終 死後処置を行います
  2. 葬儀社に葬儀の依頼
  3. 搬送 葬儀場・自宅などに移動
  4. 安置 宗旨に合わせて安置
  5. 打ち合わせ 密葬の内容を打ち合わせる(本葬の打ち合わせは、後日改めて行う場合が多い)
  6. 通夜 宗旨と打ち合わせの内容に沿って執り行います
  7. 告別式 通夜同様、宗旨と打ち合わせの内容に沿って執り行います
  8. 出棺 故人とお別れを済ませて火葬場へ向かいます
  9. 火葬 火葬にかかる時間は1時間半~2時間程度です
  10.  収骨 遺族で故人の骨を骨壷に収めます

後日

  1. 本葬の打ち合わせ 本葬の日程や内容を打ち合わせます
  2. 本葬 打ち合わせの内容に沿って本葬を行います(宗教者を招いて行う場合や無宗教で行う場合があります)

初七日法要をいつ行うかは、本葬のタイミングなども含めて宗教者の方や葬儀社の方と相談しましょう。

本葬は、火葬後に行う場合が多いのでお骨を安置している場合が多いです。

家族葬の流れ

家族葬も密葬と同様、一般の葬儀と同じ流れになります。具体的な流れは、以下の通りです。

  1. 臨終 死後処置が行われる。
  2. 葬儀社に葬儀の依頼
  3. 搬送 葬儀場・自宅などに移動。
  4. 安置 宗旨に合わせて安置。
  5. 打ち合わせ 密葬の内容を打ち合わせる。(本葬の打ち合わせは、後日改めて行う場合が多いです。)
  6. 通夜 宗旨と打ち合わせの内容に沿って執り行います。
  7. 告別式 通夜同様、宗旨と打ち合わせの内容に沿って執り行います。
  8. 出棺 故人とお別れを済ませて火葬場へ向かいます。
  9. 火葬
  10.  収骨

家族葬を行った場合、火葬・収骨の後に繰り上げの初七日法要を行うことが多いです。

家族葬の流れ | ご臨終~火葬までにかかる時間の目安

密葬と家族葬の費用相場・費用差は?

©Syda Productions/stock.adobe.com

密葬と家族葬ではどのくらい費用に差が出るのでしょうか。

家族葬の費用は、80万~100万程度が目安です。

対して密葬自体の費用は、一般の葬儀費用に比べて安いといわれています。

しかし、密葬は後に本葬を行うため葬儀費用が高額になってしまうことが多いです。本葬の規模にもよりますが、葬儀代が1000万円を超える場合もあるでしょう。

とはいえ実際の密葬費用は、直葬・一日葬・家族葬とどの葬儀様式で密葬を行いたいかによって費用は変動してしまいます。

直葬形式の場合、20万円~40万円程度。一日葬形式の場合、40万円~60万円程度。

家族葬形式の場合、80万円~100万円程度が目安でしょう。

費用差についてですが、密葬と家族葬のみを比較すると費用差は小さいように見えます。

しかし、密葬の場合は本葬の費用も加わるため高額になってしまいがちです。

家族葬の費用は実際いくらかかる?費用相場と内訳をわかりやすく解説

密葬と家族葬、どちらを選ぶ?選び方の基準

密葬と家族葬の違い・流れ・費用について説明してきました。

では自身が密葬と家族葬のどちらを選べば良いかは、どのように判断すれば良いのでしょうか。
招待したい方の人数から判断する方法と希望するお別れの形で判断する方法が考えられます。

招待したい方の数

招待したい方の人数で密葬と家族葬を判断するには、どのような判断基準があるのでしょうか。

基本的には、お別れ会を開催した方が良いのかどうかで判断することが良いです。

企業の会長・社長または著名人の葬儀の場合は、交友関係の広さなどから数百人単位での参列者が予想されます。このような場合には、密葬をした後に本葬をする方が良いといえるでしょう。

一方の家族葬ですが、100人規模の参列者で家族葬というのは人数的に多いです。

この場合は、一般の葬儀を行うことが良いでしょう。家族葬を行う場合は、参列者の人数が多くても30人程度の場合に選ぶと良いといえます。

お別れの方法

密葬と家族葬の違いは、本葬をするかどうかといえます。

宗教者を呼ぶと、どうしてもその宗旨に沿った進行になってしまいます。

自由な形で親しい方を招いてお別れを行いたい場合、お別れ会を行う場合があります。

密葬の段階では宗教者の方を呼んで葬儀を行う。

その後の本葬では、無宗教でお別れ会を行うことも可能です。

このようなお別れを望まれる方は、人数に関わらず密葬を選ぶと良いでしょう。

特にそのようなお別れを希望しない場合は、家族葬や一般葬を選ぶという判断方法もあります。

まとめ

密葬と家族葬の違いは葬儀後の「本葬の有無」であることがわかりました。

やはり、重要なのは自身が行いたい葬儀の形を考えるということです。これを機会に家族で葬儀について話をしてみてはいかがでしょうか。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:畑中 誠

この記事を書いた人:畑中 誠この記事を書いた人:畑中 誠

保有資格:葬祭ディレクター技能審査 葬祭ディレクター(1級)
大学卒業後、大手冠婚葬祭企業に入社。約10年間葬儀担当者として従事。現在は、葬儀関連の会社に勤務しながら終活ライターとして活躍中。

関連する記事

記事のカテゴリ