葬儀の写真を選ぶ3つのポイントと写真撮影のマナーとは?

葬儀での写真は故人との思い出を残すための重要な役割をします。たとえば、祭壇に飾る遺影写真は、故人らしさが良く表現されている写真を準備して故人を偲びたいですね。それだけでなく、葬儀の様子を写真に残しておいて後から振り返ることができるようにしたいと思うこともあるでしょう。

このように、葬儀と写真は深いつながりがあるものですが、どんなことに気をつけていけば良いのかを迷うこともあるかも知れません。この記事では、葬儀に飾る写真を選ぶときのポイントや葬儀会場で写真撮影をする際に気をつけなければいけない点についてマナーを含めて解説していきます。

葬儀に飾る遺影写真を選ぶ3つのポイント

葬儀を執り行うことになった時には、祭壇などに飾られる遺影写真を準備しなくてはなりません。遺影写真は葬儀の時だけでなく、葬儀が終わった後も後飾り壇や仏壇の近くに飾られるため、どんなものでも良いわけではありません。遺影写真を探すときは次のポイントをおさえておくと良いでしょう。

故人の人柄がわかる写真を選ぶ

遺影写真はどのような写真でも構いませんが、故人らしさが伝わってくるような写真を選ぶようにします。故人の好きだっとことや趣味などの場面での写真や故人らしい表情があらわれている写真でも良いとされます。

最近の遺影写真はしっかりと正面を向いたものだけに限らず、故人らしさが出ているのであれば少し横を向いている写真を選ぶこともあります。

また、遺影写真は古い写真ではなく、できるだけ新しいものを選ぶようにします。もし、本人の自宅で最近の写真が見つけられない場合には、スマートフォンの写真データを確認したり、友人や介護サービスなどの関係者の方が写真を持っておられる場合もあるので聞いてみると良いでしょう。

ただし、故人が長い期間闘病していたなどの理由で、故人らしい最近の写真がない場合には元気だったころや少し若い頃の写真を使用しても構いません。

服装は加工せずそのままでも問題なし

遺影写真といえば和装のものを想像するかもしれません。確かに、昔は遺影写真にするために写真の服装を和装に加工していました。しかし、最近では故人のお気に入りの服装で写っている写真を遺影写真に選ぶことも増え、わざわざ和装に加工することは少なくなっています。

もし、スナップ写真などで故人以外の人が写っている場合や、背景をすっきりさせたい場合には、遺影写真としてふさわしい写真に加工することも可能です。

▼遺影写真の服装についての詳しい情報はコチラ

遺影写真の服装は何がふさわしい?

サイズはA4または四つ切サイズ

葬儀で使用する遺影写真のサイズは、一般的にはA4サイズまたは四つ切サイズのものを選ばれることが多くなっています。ただし、会場が広い場合にはこれよりも大きいものを準備することもあるでしょう。また、これよりコンパクトなL版サイズであれば、仏壇の横やリビングなどに飾るのに適しています。

遺影写真はサイズの変更も簡単に行うことが可能ですので、いろいろなサイズのものを準備をしておくと様々な場面で利用することができます。

ただし、元の写真のサイズが小さすぎたり、ピントがしっかりあっていないと、大きく引き伸ばした時に、出来上がった写真がぼやけてしまうため注意が必要です。

▼遺影のサイズについての詳しい情報はコチラ

遺影のサイズは一般的な大きさは?サイズ変更をする時の注意点!

葬儀に使う写真はいつまでに決めればいい?

遺影写真は葬儀の際に祭壇に飾られるものですので、通夜を行う場合は通夜の前には準備が出来ていなければなりません。それまでに写真の引き伸ばしなどの加工も済ませておく必要があり、写真の加工は数時間から半日程度かかるため、その時間も考慮するようにします。

葬儀に向けての葬儀社との打合せの中で具体的な話がされますが、通常、通夜を執り行うまでに1日程度しかありませんので、それに間に合うように、故人がなくなった後は早急に写真を探すようにしていきましょう。

葬儀場によっては写真や愛用品を飾るメモリアルコーナーがあることも

葬儀場によってはメモリアルコーナーを設けて、故人の写真や愛用品を飾って参列者が故人を偲ぶ思いを深められるようにしていることもあります。この、メモリアルコーナーでは写真が重要な役割をはたしており、遺族や親族が選んだ写真をディスプレイに並べて展示したり、アルバムなどにまとめてたくさんの写真が見られるようにしたりされています。

メモリアルコーナーに展示する写真は、趣味を楽しんでいる写真や、家族との思い出の写真、人生の節目の写真などさまざまな場面の写真を選んでいくようにすると良いでしょう。

写真のほかにも、故人の思い出の品や趣味に関する品、愛用していたものや愛読書、好きだったお酒など、故人に関するものを展示したりします。このように、故人にゆかりのあるものを展示することで、参列者が故人に想いを馳せることは供養のひとつといえます。

家族葬などの葬儀の中で写真撮影をしてもいい?

家族葬などは身内や親しい友人などでゆっくりと故人とのお別れをすることができますが、最後の思い出を残すためにその様子を写真に残しておきたいが、そもそも葬儀の様子を写真にとって良いのか悩むことがあるかも知れません。

家族葬などの親しい間柄で執り行われる葬儀では、故人との最後の思いでを残すために、写真を撮ることは基本的には問題ありません。遺族や親族の集合写真だけでなく、それぞれの思い出としてもらうために葬儀の様子を写真に残しておくようなケースも増えてきています。

葬儀で写真撮影をする際に守るべきマナー

葬儀で写真撮影をする場合には、遺族や参列者が不快に感じるような行為はマナー違反となりますので、写真撮影に夢中になって配慮に書くような行為は謹まなければなりません。事前の確認を怠らないようにして、参列者に不快感を与えないように留意しましょう。

一般葬で撮影する場合にはご遺族に確認をとる

一般葬に自分が参列した際に、勝手に写真撮影を行うのはマナー違反になります。一般葬には家族や身近な友人以外も多く参列されるため、まずは撮影をしても良いかを遺族に確認を取る必要があります。

葬儀では誰でも自由に写真撮影をしても良いわけではありません。基本的には遺族や葬儀社が許可をした人のみが撮影可能であると考えましょう。参列者や僧侶の撮影は許可をいただいた人だけに限られますが、許可が下りた場合でも棺を開けて故人のご遺体を撮影したり、お別れの邪魔にならないようなどの最大限の配慮が必要です。故人のご遺体の写真をとっても良いのは遺族から撮影を依頼された時だけになります。

読経や焼香のタイミングでは撮影をしない

僧侶に写真撮影の許可をいただいた場合でも、読経や焼香などの故人に対する供養を行うような場面での写真撮影は好ましくありません。写真撮影のタイミングをしっかりと図って、故人や遺族への弔意を決して忘れないようにしましょう。

シャッター音やフラッシュはたかないようにする

一眼レフカメラやスマートフォンはシャッターを切った時に音が出ます。静寂な葬儀の会場でのカメラのシャッター音は非常に気になるものです。したがって、一眼レフであれば静穏モードが付いている機種で、スマートフォンであれば音を消すことができるアプリなどを使用して、参列者が不快に感じないように配慮をしましょう。カメラの種類によってはシャッター音を消すことができるものもあるため、葬儀で写真撮影を行う場合にはそのようなカメラを選ぶのが望ましいです。

写真撮影時にフラッシュを焚いてしまうと、葬儀の厳かな雰囲気も壊れ、気が散ってしまいますのでフラッシュ撮影はしないようにしましょう。

このようにうっかりシャッター音を鳴らしたり、フラッシュ撮影をしてしまうこともあるため、撮影の前にはカメラの設定をしっかりと確認しておくことが大事です。

祭壇に背をむけない

祭壇は葬儀の中では最重要とされるものです。その祭壇に背を向けることは故人や本尊に背を向けることになり失礼にあたります。写真撮影をする時には祭壇に背を向けることのないアングルとなるように、工夫をして撮影するように気をつけましょう。

まとめ

葬儀を行うことになれば、通夜までに遺影写真を準備しなけらばならないため、すぐに遺影写真を探すことを始めます。遺影写真には故人らしさが伝わるような最近のものを選ぶのがポイントです。また、最近の遺影写真は和装で正面を向いたものではなくても構いません。服装や表情も自由に本人らしさを優先したものを選ぶようにしましょう。

良い写真がたくさんある時にはメモリアルコーナーを設置して、参列者に見ていただくこともできます。

葬儀の様子を写真撮影する際には遺族や葬儀社に写真撮影の許可をとって、許可のある人のみを撮影するようにします。また、シャッター音やフラッシュには十分に注意し、参列者への配慮を欠かさないようにしましょう。

これらのマナーを守って、故人との思い出をいつまでも写真で残しておくことができるといいですね。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ