お通夜を行う時間帯や所要時間・流れ、親族やお手伝いが集まる時間も紹介

親戚や友人・知人等が亡くなり、お通夜に参列することになった際、何時に斎場に向かえば良いのかわからない方もいるかもしれません。

お通夜の開式時間は、その地域や葬儀の規模、葬儀場のそれぞれで変わることもあります。また、お通夜にはどの程度の時間がかかるのか、遅れても良いのかなど、本記事ではお通夜の時間に関して解説していきます。

お通夜を行う時間帯と所要時間

お通夜が行われるのは地域や葬儀の規模にもよりますが、一般的には18時~19時の開式で式自体はそこから1時間程度行われます。その後、1~2時間程度通夜振る舞いを行った後に散会となります。

家族葬などで参列者が身内だけの場合などは、17時に開式するケースもあります。(お寺など宗教者の都合にもよります。)

お通夜を早めの時間に行うことは可能?

本来お通夜は文字通り夕方から夜にかけて行うことが一般的です。

ただ、近年「昼通夜」という言葉も出てきているようです。告別式の開式が11時からだとすると、昼通夜の開式は10時で、その後少し休憩を挟んで告別式を行うという流れになります。

本来一日葬であれば、お通夜は無しになりますが、このケースであればお通夜の分の読経や焼香を告別式の直前に行うということになります。

昼通夜は増えてきている地域もあるようですが、これが出来るかどうかは地域の習慣やお寺の住職の考えにもよるため、希望する場合は確認してみましょう。

▼お通夜の日程の決め方はこちらの記事をチェック

【お通夜の日程】決め方や避けた方がいい暦、当日の流れを解説!

お通夜の流れと時間

お通夜の当日は、どういった形の葬儀にするかにもよりますが、お昼過ぎから準備が必要になる場合もあります。具体的にどのような流れで進んでいくのか見ていきましょう。

▼お通夜の流れを詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

お通夜の流れ ❘ 葬儀場の手配から当日の流れまで解説

通夜の準備

通夜当日には、斎場にて準備が必要です。受付やお茶出しのお手伝いをすることになっている人は弔問客が来る前には到着し、斎場の担当者から場所や使い方について説明を受ける必要があります。必要な道具が揃っているかも確認しましょう。

大体、受付開始の30分程度前に行けば良いことが多いですが、どこまでの範囲を手伝うかによっても変わってきます。お手伝いの範囲については、地域によっても差があります。あまり早く行き過ぎても迷惑になってしまうことがあるので、葬儀場の方に何時ごろ行けば良いのか確認してから向かうと良いでしょう。

親族の集合時間はその葬儀場によって決められています。受付開始時刻よりも30分~1時間程度前に設定されていることもありますが、こちらも早く行き過ぎても葬儀場側がまだ準備をしていることがありますので、事前に確認しておくようにしましょう。

▼通夜・葬儀での手伝いでは何をするかや、持ち物を確認しておきたい方はこちらの記事をチェック

通夜・葬儀のお手伝い|内容と服装・断りたいときのマナーを解説

受付開始

受付が始まると、一般の方も弔問に訪れますので、遺族は遺族席にて対応を行います。もしお手洗いなど休憩をする際には、遺族の方は交代で行くようにしましょう。

一般の方で、式に参列する予定の方は開式30分~10分前には到着するように行きましょう。ただし、弔問客が大勢来るような大きな葬儀の場合には、開式直前は受付も混み合います。大きな葬儀の際は受付も早い時間から行っていることがほとんどですので、出来れば余裕を持って向かうようにしてください。

式には参列せず、弔問だけを行いたいという方に関しては受付開始以降であれば、早めに会場へ行って焼香して構いません。開式を待たずに帰っても大丈夫です。早い時間の方が遺族ともお話しできる可能性が高いです。

通夜

お通夜は地域や宗派、参列者の人数にもよりますが、式自体は大体30分~1時間で終わります。

斎場スタッフのアナウンスにより、参列者の着席が確認でき次第、宗教者の入場があります。仏教であれば、読経をしばらく行い、僧侶もしくは斎場スタッフのアナウンスで喪主から順番に焼香を行います。

全員の焼香と僧侶の読経が終了した後、僧侶から法話がある場合もあります。終わり次第、僧侶が退席し、通夜式の終了となります。

通夜式終了後は、遺族はその場で帰る方もいるため、見送りを行います。

通夜振る舞い

通夜式が終了次第、通夜振る舞いが行われます。基本的には斎場の別室で行われることが多いですが、近くのお店などで行われることもあります。

また、近年は新型コロナウイルス拡大の影響もあり、通夜振る舞いは行われずに、替わりにお弁当や御食事代として現金が入った封筒が配られる場合もあります。

式の最後までいた方は遺族の方に通夜振る舞いへの参加を誘われるでしょう。この場合は、断らずに少しだけでも手を付けてから帰るのがマナーです。時間の都合がある場合は途中退席しても失礼ではありません。

▼通夜振る舞いのマナーを詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

通夜振る舞いとは?当日の流れや挨拶のマナー、料理についてご紹介

お通夜に遅れそうな時は

仕事の都合などでどうしてもお通夜に遅れてしまいそうな時はあると思います。遅れる場合には予め親族に連絡をしておきます。

式中であれば、遅れても参列する形で構いません。通夜振る舞いが同会場で行われているのがわかっているのであれば、1時間程度の遅刻でしたら、式が終わってしまっていたとしても故人に会うことは出来ますし、遺族もまだいらっしゃる方が多いでしょう。

ただし、式の開式から2時間以上経ってしまっている場合には、通夜振る舞いも散会になってしまっている可能性もあり、式場内に遺族が泊まらない場合などは帰ってしまうこともあります。通夜振る舞いを別会場に移動して行う場合や、そもそも通夜振る舞いを行わない場合などは、必要以上に遺族を待たせてしまうことにもなりますので、開式から2時間以内に行けそうに無い場合は、翌日の告別式に弔問するか、もしくはまた別の機会に自宅などへ弔問に伺うようにすると良いでしょう。

▼お通夜に遅刻していく時の失礼のない対応を詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック

お通夜に遅刻してしまうと失礼にあたる?遅れて参列する場合の失礼のない対応方法や香典の渡し方を解説

お通夜で香典だけ渡して帰る時間はある?

近年は新型コロナウイルス拡大の影響で、一般の方も弔問はしても良いが式への参列は親族のみに限定されている式場などもあります。

この場合、香典を受付で渡し、焼香を行い遺族に挨拶をして帰るという流れになりますが、出来れば受付開時間~開式15分前に行くと良いでしょう。

これは、開式直前になると遺族も着席をして開式の準備を行います。また、受付も混み合いますので、遺族と話がしたくても出来ないというケースもあります。もし早めに伺うことができれば、遺族と話が出来る可能性が高いでしょう。

また、式が終わってしまうと受付も終わってしまうことが多いです。この場合、香典は直接喪主や遺族に渡す必要があります。出来れば早めに行って、受付の時間内に渡すのが良いですが、難しい場合には通夜振る舞いの最中に行っても構わないでしょう。

▼参列する前に確認したい!香典のマナーまとめはこちら

お通夜の香典|香典袋の書き方や金額相場、入れ方・渡し方を解説!

まとめ

お通夜の時間は、地域や葬儀の規模にもよりますが、18時~19時の開式となることが多いです。また、全体としては、開式の1~2時間前に受付が始まり、約1時間の通夜式の後に、1~2時間の通夜振る舞いが行われます。遺族として出席するのであれば3~5時間、会場に留まることになります。

地域や葬儀の規模、葬儀場によっても開始時間などは違うので、予めよく確認するようにしましょう。

▼合わせて読みたい!お通夜の概要とマナーまとめ

お通夜|服装や香典のマナー、参列する際の流れや時間について解説!

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ