お通夜|服装や香典のマナー、参列する際の流れや時間について解説!

「お通夜」という言葉は誰もが聞いたことがあるでしょう。しかし、なぜ通夜が行われるのか、またどのようなスケジュールで行われるのか、ご存じでない方は多いのではないでしょうか。

今回は通夜についての情報をまとめました。遺族側・参列者側の双方に役立つ内容になっています。お通夜の基本を理解しておきましょう。

お通夜とは

通夜には、「(本)通夜」、「半通夜」、「仮通夜」の3つがあります。もともと通夜とは、夜通しかけて遺体に寄り添うことがでした。しかし近年は、葬儀前夜に行われるお経のことを通夜と呼ぶようになってきています。

「夜通しかけてお守りをする」従来の形式の通夜に対し、「お経を中心とした短時間で終わる」近年の形式の通夜を「本通夜」や「半通夜」といいます。また、亡くなった日の夜を故人と共に過ごすことを、「仮通夜」といいます。

本通夜とは

葬儀前夜に行われる、お経などの儀式を本通夜といいます。本通夜は、一般参列者も招いて行われます。

亡くなった翌日に行われることが多いですが、地域によっては、逝去当日に行われることもあります。お経は30分~1時間程度で終わることが多いです。読経後に、通夜振る舞いが行われます。一般的に「通夜」とは「本通夜」のことを示します。

半通夜とは

かつては、通夜とは夜通し行うものでした。ロウソクや線香の性能が今ほど優れていなかった時代には、火を絶やすことがないよう見守る必要があったためです。

しかしながら、その時代においても、一晩中起きているのが大変な場合には、日付が変わるまでに解散とする形式の通夜が存在しました。従来の夜通し見守る形式の「通夜」に対し、日付が変わるまでに終了する形式の通夜は「半通夜」と呼ばれてきました。

近年では短時間で終わる通夜という意味合いで、「半通夜」と「本通夜」は、ほぼ同じ言葉として使われています。

仮通夜とは

仮通夜とは、逝去当日の夜を故人と共に過ごすことです。仮通夜の過ごし方には、これといった決まりはありません。故人と静かに過ごす場合もあれば、お経をする場合もあります。本通夜では、一般参列者や宗教者などが集いますので、多くの場合は遺族が静かに過ごせません。

仮通夜の時間を設けることで、故人と近親者が、自宅で落ち着いて過ごすことができます。

通夜の日程の決め方

通夜は葬儀の前夜に行うものです。したがって、葬儀の日程が決まれば、その前日が通夜となります。

通夜および葬儀の日程は、火葬場・宗教者・親族の都合を照らし合わせた上で、日柄も考慮して決定します。いつ通夜を行うべきかについては明確な決まりはありませんが、逝去当日~3日後までを目安に通夜を行うことが多いです。

それでは、通夜・葬儀の日程の決め方について解説をします。

火葬場の予約状況

通夜・葬儀の日程を決定する際に、まずは火葬場の空き状況を確認します。人口の多い都心部などでは、火葬場の予約がうまっているために、葬儀の日程が先延ばしになるケースもよくあります。

火葬場によっては、友引の日や、年末年始に休業日を設けている場合があるので、注意する必要があります。

宗教者の都合

通夜葬儀の日程を決める際には、宗教者の都合も重要です。他の檀家の葬儀や法要を受けていることもありますので、宗教者の予定を確認して、通夜・葬儀の日程を決定する必要があります。

無宗派で行う場合には、宗教者の都合は関係ありません。

避けた方が良い暦

「友を引く」といわれることから、「友引の葬儀は避けるべき」と言い伝えられてきました。

しかし、本来六曜は仏教に何の関係もありません。迷信を気に留めないのであれば、友引に葬儀を行うことに問題ありません。

ただし、火葬場によっては友引を休業日にしているため、友引の葬儀が出来ない地域もあります。

また、親族や参列者が日柄を気にするのであれば、不快感を与えるかもしれません。友引に葬儀を行う際は親族間で相談されることをオススメします。葬儀とは異なり、通夜には避けるべき日柄は特にありませんが、友引の葬儀が避けられることから、先勝に通夜が行われることは少ないです。

また、「おめでたい行事が多い大安の日に、葬儀を行うのは不謹慎では?」と、大安に葬儀を行うことに疑問を持たれる方もいるようです。六曜は仏教に関係もないことに加えて、大安は「何をやってもうまく行く日」です。大安に通夜や葬儀を行う事に、問題はありません。

▼通夜や葬儀を避けた方がいい暦について知りたい方はコチラ

友引に葬儀をしないほうがいい理由とは?友引と葬儀の関係性

親族の予定

通夜・葬儀の日程を、親族の都合に合わせて設定する場合もあります。例えば、故人と特に親しくしていた親族が、仕事や学業の関係で駆け付けられない場合には、日程を早めたり、先延ばししたりすることがあります。

また、遺族の精神状態や、通夜の準備にかかる時間を考慮して日程を先延ばしにする場合もあります。規模の大きい葬儀では、参列者への調整などで日数が空くことが多いです。

▼通夜の日程や流れについて詳しく知りたい方はコチラ

【お通夜の日程】決め方や避けた方がいい暦、当日の流れを解説!

お通夜の流れ

お通夜の流れについて解説をします。ここでの解説は、一般的な通夜の流れです。地域や葬儀の規模によっては、他にも行うべきことがある場合もあります。

通夜 までに行うこと

逝去から通夜までに行う事を、順に説明していきます。

医師から臨終を告げられたら、まずは電話で葬儀社に搬送を依頼します。葬儀社が到着後は、自宅もしくは葬儀会館の安置室へ遺体を搬送し、安置します。

安置後は、寺院への連絡を行います。菩提寺がない場合には、葬儀社からの紹介か、インターネットなどで調べるなどして依頼をします。

その後、葬儀社の指示に従って、打ち合わせを行います。葬儀の形式、日時、場所、プランなど詳細が決まったら、通夜の準備に取り掛かります。

通夜の準備として、以下のことを行います。

  • 死亡届と火葬許可の申請
  • 親戚や関係者への連絡
  • 供花供物、料理の手配
  • 受付担当者へ受付の依頼
  • 遺影写真の準備
  • 副葬品(柩に手向ける愛用品)の準備
  • 喪服の用意

死亡届の提出や火葬許可の申請は、多くの場合、葬儀社の方で代行してもらえます。遺影写真の準備に時間がかかることが多いので、生前に候補写真を選別しておくと良いでしょう。

通夜の流れ

通夜の流れについて解説していきます。通夜は18時もしくは19時から開式となります。ここでは、18時から開式の場合のおおまかなスケジュールを説明します。

実際の通夜のスケジュールは、葬儀会社の方針や、葬儀の宗旨宗派、葬儀の規模に応じて変わります。実際の流れは葬儀スタッフに確認されると良いでしょう。

15:00 納棺

故人に白装束を着せ、棺にご安置します。納棺の儀式には基本的に近親者が立ち会います。

「納棺を誰が行うか」については、葬儀会社ごとに方針が違います。葬儀スタッフがすべてを担当し、遺族には見守るのみとする方針の葬儀社もありますし、遺族の手によって納棺を行う葬儀社もあります。

納棺は、故人に触れることができる大切な時間です。納棺について意向があれば、事前に葬儀社に伝えておくと良いでしょう。通夜の時間が近づくと、葬儀会館のスタッフにより柩が式場へと移動されます。

▼納棺について詳しく知りたい方はコチラ

イチから分かる納棺について。おくりびと®のお葬式へ取材のもと解説

16:30 通夜打ち合わせ

式場の配置や、式の流れについての打ち合わせを行います。座席の数が十分かどうか、生花の並び順に失礼がないかどうかなどの確認を行います。受付や案内係と、香典の受け取り方法や、役割についての確認を行います。

17:30 受付開始

参列者や導師をお迎えします。参列者に記帳をしてもらい、香典を受け取ります。香典返しを即日で行う場合は、このときに香典返しを渡すことが多いです。記帳の方法は、手書きや、パソコンでの入力など、葬儀社によって違いがあります。

18:00 導師入場、読経開始

導師が入場し、通夜読経が始まります。司会者のアナウンスに従い、喪主、遺族・親族、一般参列者の順に焼香を行います。読経する最中に焼香を行うことが一般的ですが、寺院によっては読経が終わってから焼香を行う流れになることもあります。読経の後、導師による説法が行われます。

18:45 喪主挨拶

喪主から参列者に対し、お礼の挨拶が行われます。生前のお礼や、通夜に足を運んでいただいたお礼、故人の最後の様子などが話されます。通夜振る舞いの席の案内が行われることもあります。

19:00 通夜振る舞い

通夜振る舞いとは、通夜の後の会食です。儀式を行った部屋とは別の部屋に移動し、飲食をしながら、故人の思い出話をします。地域によりますが、参列した人全員を対象として行う場合と、親族や近しい友人のみを対象とする場合があります。

通夜振る舞いの参加は必須ではありませんが、声を掛けられた場合には断らず、一口でも箸をつけるのがマナーです。食事をしながら、故人との思い出話や挨拶をします。遺族の疲れも考慮し、あまり長居しすぎないようにしましょう。

20:00 解散

順次解散となります。宿泊可能な葬儀ホールでは、遺族はそのまま故人のお守りをして過ごす場合があります。本通夜後、夜通しかけて故人のお守りをするケースもありますが、疲れを感じる場合には無理をせず、翌日の葬儀に備えて休むことをおススメします。

通夜に参列する際のマナー

ここからは、参列者向けの解説をしていきます。通夜に駆けつける際の、最低限のマナーを知っておきましょう。

お通夜と葬儀はどっちに参列する?

本来、通夜は特に親しい関係の方のみが集まるものでした。かつては、通夜・葬儀のどちらかしか参列しない場合「お通夜ではなく、翌日の葬儀に参列するべき」とされてきました。

しかしながら、近年は「どちらに参列すべき」というマナーは無くなりつつあります。傾向としては、昼間に行われる葬儀よりも、参列しやすい時間帯のお通夜に参列する人が多くなってきています。

もちろん、通夜葬儀の両方に参列するのがベストですが、どちらかしか参列しない場合には、ご自分の都合の良い方に参列すれば良いでしょう。遺族からの意向がある場合には、従うようにしましょう。

服装のマナー

葬儀や通夜に参列する際は、男性はブラックスーツ、女性は黒のスーツ、ワンピースやアンサンブルを着用するのが基本です。

ただし、急な知らせで駆け付ける場合など喪服が間に合わない時は、黒に近いグレーや紺などの目立たない平服でも問題ありません。平服といっても、最低限のマナーは守り、失礼のない服装で参列するようにしましょう。

▼通夜での服装のマナーを詳しく知りたい方はコチラ

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

香典のマナー

香典辞退である場合を除き、香典を持参するようにしましょう。香典は、不祝儀袋に入れ、袱紗(ふくさ)に包んで持参をします。

表書きは、仏式であれば「御香典」もしくは「御香料」とします。宗教がわからない場合には「御霊前」としておくと、幅広い宗教に対応できるので無難です。

香典に相応しい金額は、故人との関係や、社会的立場により異なります。目安としては、友人や会社関係なら3千~1万円、町内関係であれば3千~5千円、親戚関係であれば1万~3万円程度です。詳しくは香典についてまとめた記事がありますので、ご参考にしてください。

▼通夜での香典のマナーを詳しく知りたい方はコチラ

【香典のマナー】書き方から相場金額、お金の入れ方・渡し方まで解説

通夜の持ち物

通夜の持ち物としては、香典、数珠、ハンカチが必須です。ハンカチは、白無地もしくは黒無地が好ましいです。

カバンは黒色を選びます。布製のカバンが基本ですが、革製を使用する場合には、蛇柄やスウェードなど、明らかに動物の皮であることが分かるものは避けましょう。

アクセサリーは外すのがマナーですが、真珠のアクセサリーは「涙」を連想させるため身に着けても構いません。派手な時計は控えましょう。

また、故人が好きだったものや饅頭などのお菓子を、お供えとして持参するのも良いでしょう。

▼通夜での持ち物についてマナーを詳しく知りたい方はコチラ

葬儀やお通夜の持ち物チェックリスト~参列者編~ ❘ 出かける前に必ず確認しよう

まとめ

通夜に関して、遺族側・参列者側が知っておくべき内容をまとめました。お通夜は、故人を弔う場です。服装や作法など、失礼のないようにすることが大切ですが、何より大切なのは故人や周りの方を思う気持ちです。故人への弔いの気持ちや、故人と過ごした思い出を語り合い、最後の夜を過ごしましょう。

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ