お通夜の流れ ❘ 葬儀場の手配から当日の流れまで解説

普段の生活の中で、葬儀やお通夜に参列する機会はそれほど多くありません。そのため、急にお通夜に参列することになったときに、どのような流れで式が進行するのかが分からず戸惑ってしまうことがあるかも知れません。ここでは、一般的なお通夜の流れやお通夜を迎えるまでに遺族がどのようなことをされているのかをご紹介します。あらかじめ、お通夜についての知識を持っておくことで、遺族を前にして慌てることがないよう、気持ちに余裕をも持てるようにしましょう。

お通夜とは

お通夜とは、葬儀の行われる前日の夜に故人の遺族や親族、特に親しかった友人などが集まって、故人との最後の夜を過ごして最後のお別れをする儀式のことです。通夜を行うのは葬儀で故人を送り出すにあたり、遺族や近親者が故人を送り出すための心の準備をするためとされています。

従来、故人との関係性が深い人が集まって、一晩かけて故人の霊を慰めていましたが、最近では特に関係性が深かった人だけにとどまらず葬儀と同様に一般の方にも参列していただくことが多くなっています。このような通夜は「本通夜」と呼ばれますが、通夜にはそれ以外にも「半通夜」や「仮通夜」と呼ばれるものもあり、その違いを理解しておくようにしましょう。

半通夜

半通夜とは夜通しで行うのではなく、夜の18時ごろから開始して数時間で終了するお通夜のことを指します。本来お通夜とは一晩中、眠らずに行うものとされていました。しかし、時代の流れに合わせて、現代のお通夜のスタイルはこの半通夜の形を取られることがほとんどとなっています。

仮通夜

「本通夜」は故人が亡くなった翌日の夜に行われ、親戚や親しい友人などが参列します。一方「仮通夜」とは亡くなった当日にごく近しい遺族や親族が集まって行います。家族が故人との最後の夜をゆっくりと過ごし、線香を絶やさないように番をする「夜通し灯明」という習わしを行う地域もあります。しかし、最近ではこの「仮通夜」を省略することが多くなっています。

お通夜当日までにおこなう準備の流れ

故人が亡くなってからお通夜まで、遺族は故人が亡くなったことを悲しんでいる間もないまま、短時間で決めなければならないことがたくさんあります。それらを知っておいて、遺族へのお悔やみとねぎらいの気持ちを持っておくことも大切です。

遺体の搬送・葬儀社の決定

病院などでお亡くなりになられた場合、遺族はなるべく速やかにご遺体を搬送することを求められます。その際には、搬送する車(寝台車)を手配する前に故人やご家族の意向を考慮し、搬送先を自宅にするのか自宅以外の安置場所にするのかを決めておかなければなりません。

香典や供花の辞退するかどうかの決定

ご遺体の搬送先が決まれば、葬儀会社とどのような葬儀をするのかの打ち合わせ行います。葬儀の規模もですが、香典や供花を受け取るのか辞退するのかを決めて、訃報の連絡の際に伝えられるようにしておかなければなりません。そして、香典や供花を辞退するのであれば、その旨を訃報を伝える際に一緒に伝えておくようにします。そうすることで、持参されたお香典を受付納などで断る手間を少なくすることが可能となります。

香典辞退のマナー|職場や親族に伝える文面例や断られた際の対応を解説

訃報・案内状の送付

親しい方に故人が亡くなったことを連絡し、葬儀に来ていただきたい方に訃報の連絡や葬儀への案内状を送付します。連絡の方法としては、訃報を知らせるのは電話で、案内状は時間の余裕がないため郵送よりもFAXやメールを使用することが多いです。故人の仕事や友人関係の人のリストがあれば簡単に知らせることもできますが、そうではない場合には連絡先を知らべるだけでも大変ということも起こり得ます。

葬儀の案内状を作成する際の注意点と例文集

香典返しの準備(即日返礼の場合)

香典や供花をいただいた場合、香典返しは忌明け後に行うのが通常ですが、最近では葬儀の当日に香典返しをお渡しする即日返礼をされることも増えてきました。通常香典返礼品はいただいた香典の半分から三分の一程度の金額のものをお返しします。ただし、即日返礼の場合、返礼品は同じものを準備することになります。そのため、高額の香典をいただいた方に対しては、後日準備した香典返礼品との差額分の返礼品を再度お返しすることになります。

香典返し | 金額相場や人気の品物、挨拶状の書き方などのマナーを解説

お通夜当日の流れ

お通夜当日の流れは仏式の葬儀ではだいたい同様の進行となりますので、どのような流れで進行するのかを理解しておくと、お通夜に参列した時に落ち着いて行動できるでしょう。

受付・芳名帳への記載

お通夜の会場ではお通夜の開始時刻の1時間前くらいから受付が行われます。会場に到着したらまず受付に向かい、芳名帳へ氏名や住所を記帳します。最近では芳名帳ではなく1人ずつカードになっていてそこに氏名と住所などを書いていただくようになっているカード式のものも出てきていますので戸惑わないようにしましょう。

芳名帳への記帳が終われば受付の方や遺族へお悔やみの言葉を述べるようにします。また、香典を持参した場合は受付でお渡しするようにしましょう。

通夜の開始時間の10分前くらいから弔問客への着席の案内がされますので、できるだけそれまでに会場に到着するようにしておき、着席の案内があった時には故人との関係性の近い人から着席をするようにします。

通常は祭壇に向かって右側には遺族が、左側には葬儀委員長や職場関係者、親しい友人などが着席されます。それ以外の方はその後ろに前から詰めて着席するようにしましょう。

葬儀の「芳名帳」の書き方は?代理・夫婦・連名の場合の書き方も解説

僧侶入場

通夜の開始時刻になると僧侶が入場されます。僧侶の入場の際は参列者は一同が起立して入場を迎えたり、遺族だけが起立して迎えるなど宗派や地域によってさまざまな方法のお迎えの仕方があります。そのようにして僧侶の入場をお迎えするかは、事前に司会の方から案内がありますので、その指示に従うようにしましょう。

僧侶が入場され経机の前に到着されると、参列者一同は合掌礼拝を行いお通夜の開式となります。

読経・焼香

お通夜が開式すると、僧侶の読経が始まります。読経が始まりほどなくすると司会者の案内によって参列者による焼香が始まります。焼香は喪主から始まり親族、参列者の順に行っていきます。

読経は30~40分間行われ、読経、焼香が終われば僧侶から法話や説教がある場合がありますので、耳を傾けて聞くようにしましょう。

僧侶退場

読経、法話が終了すると僧侶は退場されます。僧侶が退場される時には入場の際と同様に起立でお迎えした場合には起立してお見送りすることになります。この場合も司会者から案内がありますので、その指示に従うようにしましょう。

喪主の挨拶・通夜終了

僧侶が退出されると喪主による通夜の挨拶があります。お通夜での喪主挨拶では、参列への感謝のことば、故人の生前や病気療養中の厚情に対するお礼などが述べられます。

また、翌日の告別式の開始時間の案内もこの時に合わせてされることになります。

葬儀の挨拶はこれで安心。マナーやポイント、例文、いつ行うかなど網羅的に解説

通夜振る舞い

通夜が終わると通夜ぶるまいの席に移動します。通夜ぶるまいでは故人を偲んでお料理やお酒で参列者をもてなし、遺族は参列者に感謝を伝えます。通夜ぶるまいは1時間程度行われますが、地域によっては通夜ぶるまいを行わない地域もあります。

お通夜にかかる時間とは

最近のお通夜は半通夜で行われることは一般的になっています。半通夜にかかる時間は参列される人数にもよりますが、通常1時間程度行われます。中には2時間程度行われることもあり、通夜振る舞いまで合わせるとだいたい2時間から3時間程度かかると考えておくとよいでしょう。

お通夜は通常18時ごろに開始されることが多いため、終了時間は20時から21時ごろになるでしょう。

まとめ

通夜は近親者や親しい友人で行うものとされていましたが、最近では葬儀告別式への参列が困難な友人や会社関係者などもお通夜に参列するようになっています。また、お通夜のスタイルも夜通し線香の火を絶やさないために朝までお通夜を行うことは減少しており、2~3時間程度で終了する仮通夜で行われることが多くなっています。

通夜は受付での記帳、僧侶の入場、読経、焼香、僧侶の法話や説法と進んでいき、喪主の挨拶の後、通夜ぶるまいがある場合には通夜ぶるまいの会場に移動をすることになります。進行に関しては司会者より適宜案内がされるため、聞き逃さないようにしておくようにしましょう。

お通夜に参列するときに大切なのは、故人とのお別れをするとともに、遺族への思いやりの気持ちを持つことだと言えます。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ