お通夜の準備|必要なものや自宅で通夜を行う際の準備も解説!

通夜は、限られた時間で準備を行う必要があります。大切な人を失って心を痛めた状態で通夜の準備を行うことは、精神的にも肉体的にも大きな負担です。今回は、通夜の準備について解説します。いざという時に慌てないよう、あらかじめ把握しておきましょう。

©Marimo/stock.adobe.com

通夜までに行う準備

通夜に必要な、一般的な準備について説明します。実際の準備の流れは、地域や葬儀社、式の規模によって異なります。詳しくは、葬儀を依頼する葬儀社にご確認されると良いでしょう。

葬儀社の決定・遺体の搬送

故人の死後、まずは葬儀社を選びます。生前に葬儀社を決めていない場合には、インターネットや病院からの紹介で葬儀社を選ぶことになります。葬儀社には電話にて、故人の名前、病院名や病室、安置の希望、連絡先を伝えます。

葬儀の希望日時があるようでしたら、この時に希望日時での葬儀が可能かどうかを確認しておくと良いでしょう。希望する日時に葬儀を行うことが不可能であれば、複数の葬儀社に問い合わせてみましょう。葬儀社が到着した後は、故人を安置場所へ搬送することになります。

僧侶の手配

葬儀を依頼する寺院に連絡をします。菩提寺があればそこに依頼をします。寺院との付き合いが無い場合には、葬儀社や親類からの紹介やインターネットで手配をします。宗旨宗派を間違えることの無いように気を付けましょう。

葬儀の予算や内容を決定する

葬儀社と打ち合わせを行い、葬儀の日時や場所、プラン内容を決定します。後悔しない葬儀にするためには、規模や予算に見合ったプランにする必要があります。葬儀社と打ち合わせをする前に、あらかじめ葬儀の規模や予算などの意向をまとめておくことをおすすめします。

この打ち合わせには、1時間~2時間、場合によってはさらに時間を必要とします。

関係者へ通夜・葬儀の告知

通夜・葬儀の日時や場所が決まったら、関係者に連絡をします。関係者とは、親族や友人、近隣の方など故人と関わりの深い方だけでなく、遺族と関係する方も含みます。訃報の連絡は、なるべく早めに行う必要があります。

訃報の連絡は電話で行うのが基本です。電話がつながらない場合や、大勢の方に一斉に伝える必要がある場合には、メールやFAXを利用するのも良いでしょう。

遺影の用意

遺影写真は、後々まで飾られる大切なものです。故人らしい表情の写真を選びましょう。

写真の加工技術により、写真の背景や着衣を合成することも可能です。大勢で写っている写真であっても利用することができます。なるべく故人の顔が大きく映っていて、ピントが合っている写真を選ぶと、美しい仕上がりになります。

遺影写真に適した写真を探す作業には、時間を要することが多いです。生前に、遺影写真の候補として、数枚の写真をピックアップしておくことをおすすめします。

世話役の依頼

規模の大きな式においては特に、喪主は僧侶や参列者の対応に追われることになります。喪主に代わって葬儀の実務をする役を、世話役といいます。世話役は、親族のみならず、親しい知人や葬儀社に依頼する場合もあります。

世話役が行う実務には、「会計係」や「受付係」「料理の発注」「駐車場・車両手配係」などがあります。規模が大きな式では、「世話役代表」を決め、世話役のまとめ役を任せると良いでしょう。

通夜振舞いの手配

通夜振舞いは、葬儀社に依頼するのが一般的です。親族のみならず、一般参列者も召し上がる地域もあります。「料理が足りない」ということにならないよう、大まかな参列者の人数がイメージできたところで依頼をします。

かつては、通夜振舞いは精進料理とされていましたが、近年では参列者がつまみやすいように、寿司やサンドイッチ、ビールなどを用意することが多いです。

会葬御礼の手配

会葬御礼品とは、通夜や葬儀の会葬のお礼として参列者に渡す品です。会葬礼状とセットで用意をします。香典を、後日返しではなく即日返しにする場合には、香典返しも手配をします。会葬御礼品や香典返しは、葬儀社に手配してもらうことが一般的です。

納棺の儀

納棺とは、遺体を棺に安置する儀式です。故人の体を清め、白装束に整えます。葬儀社によって、納棺を遺族の手で行う場合と、葬儀社に一任する場合があります。プロに任せる場合であっても、遺族は立ち会うことが多いです。

自宅で通夜を行う場合の準備

ここまでは、一般的な通夜の際に行う準備を解説しました。葬儀ホールではなく自宅を通夜の式場にする際は、祭壇や受付を設営するためのスペースを確保する必要があります。

ここからは、自宅で通夜を行う場合に必要になる準備について解説します。

祭壇の設置、式場設営

祭壇の設置や式場設営は、基本的に葬儀社が行うのですが、遺族は、設営の場所を確保しておく必要があります。

自宅での通夜に必要となるスペースは、祭壇を設置するスペース、寺院用控室、通夜振舞いの部屋、参列者の控室、通路となるスペースなどです。家具の移動や、ふすまを外すなどして、式場に必要なスペースを確保します。

受付の設営

受付は参列者の目につきやすい玄関周辺に設置することが多いです。

受付には、参列者が記帳をする場所や、会葬御礼品を置く場所も必要です。規模の大きな式においては、受付周辺に人が混雑することも考慮し、なるべく広いスペースを確保すると良いでしょう。

忌中札など地域の習わしも確認

忌中札とは、黒枠に「忌中」と記された札です。玄関または家の門に貼ることで、不幸が発生したことを知らせます。忌中札と共に、葬儀の日時や場所が記された紙も掲示する場合が多いです。忌中札ではなく忌中紙と呼ぶ地域もあります。

近年においては、忌中札を使用しないケースが増えてきました。家族葬が増えたために、近隣に周知する必要が減ったことや、忌中札を貼ることによって、通夜葬儀の間は留守であることが外部から知られ、空き巣被害に遭う恐れが出ることなどが、忌中札が減ってきた理由です。

地域によっては、提灯をもって近隣の家へ訃報のお知らせをするなど独自の習わしがあるため、近隣の方に確認して対応しましょう。

通夜までに確認しておきたいこと

供花

通夜の時間が近づいたら、式場内の確認を行います。祭壇や遺影写真、受付周りなど一通りのものが、意向通りに整えられているかどうか確認をしましょう。

特に気を付けるべきは、参列者の席次や、供花・供物の並びです。関係者に失礼の無いようにしましょう。

参列者の席次

近しい親族に関しては、大まかな席次を決めておくとスムーズに着席することができます。喪主の席は、式場右側の前列、祭壇に最も近い席が一般的です。喪主の隣には、故人からみて血縁の近い順に、家族単位で着席します。

ただし、通夜の参列者は正確に把握することが難しく、遅刻や欠席などのイレギュラーが生じます。そのため、葬儀ほど神経質に席を決めておく必要はありません。

地域によっては、独自の席の並びや席順がある場合があるため、事前に確認しておくと安心です。

供花・供物の確認

贈られた供花・供物が式場内に揃ったら、供花・供物の確認を行います。注意する点は、並べ方です。故人との関係が深い方から贈られたものほど、祭壇に近く目立つ位置に飾られるように配置します。

通夜を行うまでの流れ

臨終から通夜までの一般的な流れを説明します。

まずは病院にて、死亡診断書を受け取ります。その後、葬儀社に電話で葬儀の依頼をします。葬儀社が到着すると、葬儀社により遺体の搬送や安置、プランの打ち合わせが行われます。

葬儀日時が決定したら、親族や関係者へ連絡をします。遺影写真や愛用品などの準備も行います。通夜の時間が近づいたら、故人を棺に納めます。寺院や参列者をお迎えし、通夜が行われます。

お通夜の流れ ❘ 葬儀場の手配から当日の流れまで解説

通夜の手伝いを依頼されたら

通夜の手伝いに「受付係」「会計係」「接待や配膳の手伝い」などがあります。依頼されたら、可能な限り断らないようにしましょう。

手伝う際には、「喪家の立場」でお手伝いしていることを忘れず、言葉遣いやマナーを守り、丁寧な対応を心がけましょう。役割にもよりますが、開式1時間前までには式場に到着し、喪主への挨拶を済まし、お手洗いなどの場所を理解して式場の場に慣れておくと良いでしょう。

手伝いを引き受ける場合であっても、一般参列者として参列する場合と、同じ服装や持ち物で構いません。接待や台所を手伝う場合には、地味な色合い(白・黒・紺など)のエプロンを持参すると良いでしょう。

まとめ

お通夜の準備について解説しました。逝去から通夜までは、準備のために慌ただしく過ごすことになります。

生前にあらかじめ準備できることとしては、依頼する葬儀社や寺院を決めておくことや、事前相談を行い予算や規模などを決めておくこと、遺影写真を選んでおくこと、喪服を準備しておくことなどがあります。

もしもの時に慌てることの無いよう、備えておくと良いでしょう。

この記事を書いた人:澤田ゆか

この記事を書いた人:澤田ゆかこの記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ