お通夜と告別式の違いとは?どちらに参列すればいいかや香典の取り扱いについて解説

葬儀は一般的にお通夜と告別式に分かれていますが、その違いは何なのでしょうか。急な訃報の知らせがあった場合、お通夜と告別式のどちらに出席するべきなのか、または両方に出席をしたほうが良いのでしょうか。このように葬儀に関しては分からないことや知らないことがたくさんあるのではないでしょうか。

この記事では、お通夜と告別式の違いはどこにあるのかや、香典の渡し方、お通夜と告別式の流れ、お通夜や告別式での服装についての解説をしていきます。また、それに加え自分が葬儀を執り行う立場になった時のために、それぞれの日程の決め方や喪主の挨拶についても合わせて解説しています。

葬儀に参列することになった場合や葬儀を執り行うことになった時に慌てることがないように、お通夜と告別式についての知識やマナーを知っておくようにしましょう。

お通夜と告別式の違いとは

そもそもお通夜と告別式に違いはあるのでしょうか。それぞれにどのような意味合いがあって行われているのかやその流れを確認しておきましょう。ただし、葬儀は地域や宗派によってその流れや内容に違いがあるため、注意が必要です。

お通夜とは

お通夜とは、生前に家族や、親族、生前に故人との関係性の深かった友人などが集まり、故人との別れを惜しむための儀式のことです。以前は夜通し火を灯し、故人の霊を慰めていたことから「通夜」と呼ばれています。

ただし、現代では葬儀を自宅ではなく葬儀会場で執り行うことも増え、防災上の理由で夜通し火をつけたままにすることが難しく、通夜は夜通しではなく2~3時間で終了する「半通夜」の形をとることが増えています。

また、通夜の終了後に、弔問客に対して飲食でおもてなしをして会葬の御礼を行う「通夜振る舞い」を行う場合もあります。

葬儀・告別式とは

葬儀・告別式は厳密には葬儀と告別式に別れ、葬儀は故人の冥福を祈って読経や焼香を行う宗教的な儀式のことです。また、告別式は故人とゆかりの深い友人や知人、会社の関係者、近所の人などが故人と最後のお別れを行うための儀式のことを指します。

最近では葬儀と告別式をしっかりと区別をして行わずに、ふたつの儀式を合わせて行われることが一般的となってきています。

また、告別式が終われば出棺され火葬場に移送されるため、火葬場まで同行しない遺族や親族以外の者にとって、告別式は故人の姿を目にする最後の儀式となります。

故人との間柄別でどちらに参列すべきかご紹介

©tamayura39/stock.adobe.com

訃報の知らせを聞いた時に、お通夜と告別式のどちらに参列するべきか悩むことがあるのではないでしょうか。本来お通夜は家族や親族、特に親しい友人が参列するもので、一般の弔問客は告別式に参列するのが一般的であったように、故人との関係性によってどちらに参列するべきなのかは違ってきます。

ただし、現代では半通夜が増えていることや日中に執り行われることが多い告別式に参列することが難しい場合などもあり、どちらに参列するべきかの考え方も変わってきています。

また、葬儀は地域の慣習にも従わなければならないことも多く、案内状にどちらに参列してもらいたいかが記載されている場合には、その内容に従うようにしましょう。

親族が亡くなった場合

親族が亡くなった場合には、お通夜と葬儀の両方に参列するようにします。最近の葬儀は告別式と一緒に執り行われることが多くなっているため、通夜と次の日に行われる葬儀・告別式に参列することになります。

もし、両方への参列が難しい場合には遺族に簡単な理由を述べて、そのことを伝えるようにします。

親しい友人が亡くなった場合

親しい友人が亡くなった場合には、お通夜に参列して故人との最後の夜を過ごすだけでなく、告別式にも参列するのが望ましいとされています。ただし、両方に参列することが難しい場合には、どちらかに参列すれば問題はなく、その場合にはどちらかに行けないことを遺族に伝える必要もありません。

友人の親が亡くなった場合

友人の親が亡くなったという知らせを聞いた時には、本来は告別式に参列するのが望ましいです。ただし、近年では仕事などの都合により、日中の告別式に参列することが難しいことも増えてきています。このような場合には、必ずしも告別式に参列しなくてはならないのではなく、特に親しい友人でなくても夕方から夜にかけて行われることが多く、時間の都合のつきやすいお通夜の方に参列しても問題ありません。

お通夜と告別式で渡す香典のポイント

お通夜や告別式に参列した時には、故人や遺族の意向により、香典や供物などの辞退がない場合、香典をお渡しするようにします。香典の金額の相場や渡し方など、基本的なことを知っておき、その場で慌てないようにしておきましょう。

香典で包む金額の相場とは

香典は故人との関係性や自分の年齢などにより、包む金額の相場がだいたい決まっています。一般的に故人との関係性が深い場合に相場が高くなります。

香典は故人へのお供えとしてだけではなく、たくさんの費用を必要とする遺族に対してのものとなるため、相場よりも大きく金額が下がると、故人や遺族に対して失礼にあたることにもなるため注意が必要です。

▼香典の相場について詳しく知りたい方はコチラ

【通夜・告別式】香典の相場は?年齢・故人との関係による平均金額

香典は受付で渡す

香典を渡すタイミングは、会場に到着して受付で記帳を行い受付を済ませた後になります。ご遺族や受付の方に対して、お悔やみのことばを添えてお渡しするようにしましょう。

また、香典は香典袋に入れて袱紗に包んで持参するのがマナーです。香典袋の書き方や袱紗の包み方なども間違えないように注意が必要です。

▼香典の渡し方について詳しく知りたい方はコチラ

香典を渡すタイミングはいつ?親族の場合や家族葬での渡し方も解説

両方参列する場合は香典を二回渡す?

お通夜と告別式の両方に参列する時には香典は2回渡す必要はありません。香典を2回渡すことは、不幸が重なることを連想させるためマナー違反とされています。そのため、お通夜と告別式の両方に参列する場合には、基本的には香典はお通夜でお渡しするようにします。また、この場合、告別式の受付では香典はお通夜でお渡ししていることを伝えるようにします。

もし、何らかの理由でお通夜で香典をお渡しすることが難しい場合には、告別式でお渡ししても問題はありません。

両方参列できない場合の香典の渡し方

お通夜と告別式の両方に参列できないような事情がある時は、お通夜や告別式に代理を立てて香典を自分の代わりに渡してもらうこともあります。この場合、受付では代理人の名前ではなく、出席することができなかった人の名前と住所を書供養にします。

もし、代理を立てるのが難しい場合には、お悔やみの手紙と共に現金書留で郵送するようにしても構いません。

▼香典をあとから渡す方法について詳しく知りたい方はコチラ

「葬儀で香典を渡しそびれた!」香典をあとから渡す2つの方法

 

お通夜と告別式の流れ

お通夜や告別式に参列する機会はそれほど多くないため式場でどのように振る舞えばよいのか不安に感じることがあるかも知れません。

お通夜や告別式の流れは地域の慣習によって違いも見られますが、どのような流れで進んでいくのかを理解しておくと、参列した時に戸惑うことが少なくなるでしょう。

お通夜の流れ

お通夜は一般的には18時から19時ごろに開始されますので、遅刻をしないように到着しましょう。会場に到着したら最初に受付で記帳を行います。まずは、受付の方にお悔やみの言葉を述べて、一礼てからふくさから香典袋を取り出して、相手に文字が読める方向で差し出します。その後、芳名帳に住所と氏名を書いて再度一礼します。

受付後は式場に移動して着席し、通夜が始まるのを静かに待ちましょう。通夜は僧侶の入場後、読経が行われます。僧侶による焼香に続いて、喪主、家族、親族。一般の会葬者の順番で焼香をしていきます。

すべての参列者の焼香が終われば、僧侶による法話があります。法話を行った後、僧侶は退席され次に喪主が挨拶を行い閉式となります。場合によっては通夜の後に通夜振る舞いが行われることがありますので、遺族から声をかけられた時には参加しましょう。

▼お通夜の流れについて詳しく知りたい方はコチラ

お通夜の流れ ❘ 葬儀場の手配から当日の流れまで解説

葬儀・告別式の流れ

告別式も地域の慣習や宗派による違いなどはありますが、だいたいの流れは決まっています。

まずは、葬儀・告別式でも会場に到着すれば受付を行いますが、前日の通夜に参列していても再度告別式の記帳を行う必要があります。

その後は式場に移動し、葬儀・告別式が開始されるまで着席して待ちます。定刻になると僧侶が入場されますので、参列者は合掌をして黙礼し僧侶をお迎えします。そして開式の辞が伝えられると僧侶の読経が始まり弔辞が述べられ、いただいた弔電の紹介がされます。

弔辞・弔電の後、再び僧侶により読経が行われますので、順に焼香を行っていきます。すべての方の焼香が終われば、僧侶は退場されますので、合掌と黙礼でお見送りをしましょう。

僧侶が退場されると出棺に向けてお別れの儀を行い、棺の中に別れ花でご遺体を飾り棺を搬出します。霊柩車に棺を搬出した後に喪主の挨拶があり、出棺となります。

▼葬儀・告別式の流れについて詳しく知りたい方はコチラ

葬儀・告別式の流れ|喪主・遺族と友人で分けて具体的な流れとマナーを解説

お通夜や告別式の服装マナー

お通夜や告別式に参列する際に気をつけることのひとつに服装のマナーがあります。基本的にはお通夜、告別式のどちらの場合にも喪服を着用することが多いですが、お通夜や告別式では、服装だけでなく靴やアクセサリーなど細かいところにも気を配る必要があります。

男性の服装マナー

男性の服装は黒の礼服を着用します。白のワイシャツに黒のネクタイ、黒の靴下を着用し、ベルトや靴も黒にするのがマナーです。

靴やベルトは光沢のあるものは避け、殺生をイメージする革製品も避けるようにします。

また、お通夜や告別式では基本的にアクセサリーはつけないようにするのがマナーですので、結婚指輪以外の指輪やネクタイピンなどは外しておきましょう。

▼男性の服装マナーについて詳しく知りたい方はコチラ

【男性向け】葬儀での服装はシンプルに| 光沢・柄が無いものを身に着けよう

 

女性の服装マナー

女性の場合は、略礼服であるブラックスーツやブラックフォーマルと呼ばれるアンサンブルのスタイルが基本となります。肌の露出の高いデザインは避けるようにし、トップスは長袖か5分袖になっているものが良いでしょう。また、スカート丈は膝からふくらはぎくらいの長さのものが適しています。

女性の場合のアクセサリーは真珠のネックレスとイヤリングであれば認められています。その他、ストッキングは黒のものを着用し、靴は光沢のない黒のパンプスを選びます。バックを持つ時には黒の布製のものが好ましく、バックには数珠や袱紗を入れておきます。もし、荷物が多くなるようでしたら、黒のサブバックを持つようにしましょう。

▼女性の服装マナーについて詳しく知りたい方はコチラ

【女性向け】葬儀での服装マナー | 洋装・和装の決まりを解説

 

お通夜に参列する際には厳格に守らなくても問題ない場合も

お通夜の場合は突然の訃報を聞いて駆けつけるたり、仕事場から会場に直接足を運ぶ場合もあるため、服装のマナーは厳格に守らなくても良いとされることもあります。ただし、この場合も濃紺やダークグレーなどのなるべく暗い色のスーツを選び、白のシャツに黒のネクタイや靴下を着用するのが基本となり、派手な印象にならないように気をつけましょう。

お通夜と告別式の日程の決め方

お通夜と告別式の日程は故人が亡くなった日の翌日にお通夜を行い、お通夜の次の日が告別式であると思われがちですが、必ずしもそうとは限りません。地域によってはさまざまな調整を行って、亡くなってから数日後にお通夜や告別式を行うことも珍しくはありません。

葬儀の日程を決めるためにはさまざまなことを考慮して、調整を行う必要がありますので、日程調整を行う時にどのような点に留意する必要があるのかを知っておきましょう。

檀家の場合

お寺の檀家になっており菩提寺がある場合には菩提寺の都合を最優先して日程を決めていく必要があります。菩提寺がある場合には必ず菩提寺の僧侶に読経をお願いする必要がありためです。もし、他の菩提寺の僧侶が葬儀で読経を行わなかった場合、お墓への納骨を断られるなどのトラブルに発展することがあるため、絶対に避けなければなりません。たとえ、菩提寺が遠方にある場合でも読経は菩提寺の僧侶にお願いをすることが基本です。

そのため、菩提寺の都合によっては故人が逝去されて数日たってからお通夜や告別式が行われるということもあり得ます。

葬儀・告別式は友引の日にしてはいけない?

古くから葬儀・告別式は友引の日にしてはいけないとされてきました。これは、不幸なことに友を引くとして友引の日の葬儀を避けるようにされてきたのです。最近ではこのようなことを気にしないと言われる方もいますが、ご高齢の方の中には友引を気にされる方も少なくありません。したがって、参列される方の年齢層なども考慮して友引に葬儀を行うかどうかの判断をしていきましょう。

喪主のお通夜と告別式の挨拶の違い

葬儀における喪主の大切な役割のひとつとして、節目で行われる挨拶があります。喪主の挨拶はどのようなタイミングで、どんな内容のことを話せばよいのでしょうか。

喪主として挨拶を行う場合には参列者に対して感謝の気持ちを伝え、失礼のない言葉を選ぶなど配慮は必要となり、その場に応じた話すべき内容を含んでおくようにします。

お通夜の挨拶

お通夜では焼香が終わり閉式する前に喪主の挨拶を行います。故人に代わってお通夜に参列していただいた謝意を表しましょう。そして、亡くなった日時と享年、亡くなる際の様子を伝え、遺族としての今の心境を伝え、最後に次の日に行われる葬儀・告別式の案内を行います。もし、通夜振る舞いを行うのであれば、通夜の閉式時には通夜振る舞いの案内を行い、通夜振る舞いのお開きの挨拶として行うこともあります。

<お通夜の挨拶の例文>

本日はお忙しい中、父〇〇(続柄・故人の名前)のお通夜に足をお運びいただき、誠にありがとうございます。皆様のお志に父(続柄)故人も大変喜んでいることと存じます。父(続柄)に成り代わりまして、心より御礼申し上げます。父(続柄)は〇月〇日の〇時〇分に〇〇のため他界いたしました。享年〇〇歳でございました。父(続柄)の闘病中にはご親切にお見舞いを頂きましたことを故人に成り代わりまして、御礼申し上げます。

なお、明日の葬儀・告別式は〇時より同じ会場で執り行いますので、ご都合のつく方は足をお運びいただければと存じます。

心ばかりではございますが、別室に酒肴の用意をいたしましたので、今しばらくお付き合いいただき、故人の在りし日の思い出話などをお聞かせいただければ幸いです。

本日は誠にありがとうございました。

葬儀・告別式の挨拶

葬儀・告別式では出棺の前に喪主からの挨拶を行います。この際の挨拶はあまり長くならないように簡潔に述べるように心がけましょう。

挨拶の内容としては、まずは、葬儀・告別式にご参列いただいたお礼に続いて、故人の亡くなる際の様子を軽く述べ、最後に遺族の気持ちや今後も引き続きご厚誼やご支援をいただくお願いをします。

<葬儀・告別式の挨拶の例文>

本日はお忙しい中、父〇〇(続柄・名前)の葬儀・告別式にご会葬賜りまして誠にありがとうございました。

父(続柄)は〇月〇日の〇時〇分に〇〇のため他界いたしました。享年〇〇歳でございました。余命半年と医師より伝えられておりましたが、医師も驚くほどの生命力でがんの告知を受けてからも母と二人で出かけたりと、家族との貴重な時間を作ってくれて家族一同心おきなく父(続柄)とお別れすることができ、父(続柄)には心から感謝しかありません。

皆様には、私共に対しましても生前の父(続柄)と同様にご厚誼、ご支援賜りますよう心よりお願い申し上げます。

本日は最後までお見送りいただきまして、誠にありがとうございました。

まとめ

お通夜も告別式も故人との最後のお別れをする場に変わりはありません。どのような流れでお通夜や告別式が行われるのかを知っておくことで、不慣れな場であっても落ち着いた対応ができることでしょう。

お通夜や告別式では在りし日の故人を偲び、哀悼の意を表すことが大切であり、マナーを守り遺族や参列者に失礼にあたらないような行動を心がけましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ