お通夜は自宅でおこなっても大丈夫?喪主が準備するべきことや参列する際の注意点を解説

@sand555/stock.adobe.com

昔はお通夜は自宅で行うことが多かったのですが、今は葬儀場などの自宅以外の場所で行うことが多くなっています。しかし、故人の自宅でお通夜を行うことは住み慣れた家から故人を送り出すことになり、遺族も故人を偲びながらお通夜を過ごせるという利点があります。

現代でも自宅でお通夜を行うことは可能なのでしょうか。その場合、準備や弔問時のマナーはどうすればよいのでしょうか。この記事では、ご自宅でお通夜を行いたいときに気をつけなければならない点についてご紹介していきます。

自宅でお通夜をおこなうことはできる?

家族が亡くなりお通夜は自宅で行いたいと希望した場合、自宅で行うことは可能です。現代でも地域によっては、昔と同様に自宅でお通夜を行っています。しかし、自宅でお通夜を行おうとした際には、家族や親族だけでなく近隣の方の協力を得ることが不可欠となり、葬儀社にお任せして葬儀場で行う場合に比べると遺族の負担が増えてきます。

お通夜を自宅で行う時には、家族や親族だけでなく地域の方皆で故人を送り出す、という考え方のもと行われるものとなります。しかし、近所の方に協力を得ることが難しい場合でも葬儀社などの専門業者に依頼をして、自宅でお通夜を行うことが可能ですので相談してみると良いでしょう。

祭壇や僧侶の手配は葬儀社に手配を依頼しよう

自宅で通夜を行う場合、菩提寺に連絡をして読経をしていただく僧侶の手配を自分で行わなければなりません。また、祭壇や霊柩車の手配なども自分たちですることになります。もし、菩提寺がなく自分たちで僧侶の手配をすることが難しかったり、祭壇や霊柩車を手配するためのつてがない場合には、葬儀社に相談をして手配を依頼したほうが通夜の準備をスムーズに進めることができます。

自宅で通夜をするためには、葬儀場で行うよりも自分たちが行わなければいけない準備も多くなりますので、何でも自分たちでしようとするのではなく、葬儀社の力を借りていくことで遺族の負担を減らす工夫をしていくようにしましょう。

お通夜を自宅で行うために準備しておくべきこと

©tamayura39/stock.adobe.com

自宅でお通夜を行う時には、葬儀社に依頼するしないに関わらず、あらかじめ遺族が準備しておかなければいけないことがあります。自宅でお通夜を行うことに決めたら、すぐに準備に取り掛かるようにしましょう。

祭壇や遺体を安置する部屋を決める

自宅でお通夜を行う場合、まずはご遺体をどこに安置するのかを決めなければなりません。ご遺体を安置するのはお仏壇のある仏間に北枕になるように安置するのが一般的です。

そのほか、祭壇を置くスペースや僧侶や遺族の控室なども必要になります。

それらのお部屋の不要なものを片付けなるべく広くスペースが取れるようにして、簡単にお筋を済ませておきます。祭壇を置く部屋のスペースに合わせて祭壇の大きさを決めていきましょう。

受付を設置する

玄関付近や建物の外などに弔問に来られた方の受付を設置します。弔問客の方に記帳をしていただいたり香典を受け取ったりするため、屋外に受付を設置する場合にはテントを張るなど天候にも気を配る必要があります。

なお、お通夜の受付は遺族が行うのではなく、近隣の方や会社関係の方にお願いすることが多く、その場合は誰に依頼をするのかも決めておくようにしましょう。

仏壇や神棚の戸を閉じておく

葬儀の間は仏壇の戸を閉めておきます。ただし、宗派によって違いがあるので、お寺などに確認をしておくようにしましょう。

神道では家族に不幸があった時には神棚を閉じておく神棚封じを行います。そのため、ご自宅に神棚がある場合には神棚封じをしておく必要があります。

忌中札をかける

玄関に身内が亡くなったことを示す忌中札を張り出しておきます。忌中札は、長方形や正方形の半紙の中央に忌中と書いたものを、門扉や玄関の壁に直接貼るか黒い額縁に入れ掲げておくことが多いです。

忌中札を掲示する期間は地域によって違いが見られますが、故人が逝去して葬儀の日程が決まればすぐに張り出すようにします。また、本来は忌中期間が終わるまで掲示しておくものですが、最近では葬儀が終わればすぐに外す家庭も増えてきています。

近所の方へ挨拶をしておく

自宅でお通夜を行う場合、多くの弔問客が出入りすることで近隣の方に迷惑をかけてしまうこともあります。そのため、近隣の方には必ず挨拶をしておきましょう。また、自宅の近隣だけでなく、町内会や自治体などに連絡をしておくことで、何かあった時にお手伝いをしてもらえたり、助けてもらえることもあります。

普段からあまり近所付き合いがない場合や、弔問客がそれほど多くない身内だけの葬儀の場合であっても、隣近所にはご挨拶をしておくほうが良いでしょう。

自宅での葬儀に参列する際のマナー

ご自宅で行われるお通夜に参列する時には、どのような点に注意するれば良いのでしょうか。お通夜に参列する際の香典や服装など、葬儀場で行われる際のマナーとの違いがあるのかをご紹介します。

香典のマナー

香典は受付がある場合とない場合で渡し方が違うため、間違えないようにしましょう。

受付がある場合には受付で記帳を済ませてから、お悔やみの言葉を添えて香典を差し出しましょう。この際、袱紗から取り出した香典袋ののし書きの文字が相手に読めるように向きを変えて差し出すようにします。

自宅で葬儀を行う規模の小さい葬儀では受付を設置しないこともあります。この場合は、故人をお参りした後に遺族へご挨拶を行ったタイミングで香典を差し出すか、お参りした際に祭壇にお供えするようにします。

服装のマナー

自宅でのお通夜の場合でも、葬儀会場で行われるときと同様に、服装は喪服か準喪服を着用して参列する方がよいでしょう。

以前は通夜での服装は訃報を聞いて駆け付けたということで平服でも構わないとされていました。しかし、情報の伝達手段も早くなった現代では、お通夜に喪服を着用して参列されることが一般的となっています。そのため、それに準じてご自宅でのお通夜の場合でも喪服または準喪服を着用するのが望ましいと言えます。

ただし、急な訃報を受けて喪服や準喪服を準備することが難しかった時には、ダークカラーのスーツやワンピースなどの平服と呼ばれる服装で参列しても問題ないとされています。

遅刻して参列する際のマナー

お通夜は通常午後6時や7時ごろから開始されることが多く、仕事などが終わってから参列する場合などでは、やむを得ずお通夜の開始時間に間に合わないこともあるかも知れません。このような場合、30分から1時間程度の遅刻であればお通夜に駆けつけるようにしましょう。

到着した時間にまだ弔問客の焼香がされているようであれば、最後尾に着座して焼香を行うことも可能です。また、お通夜が終わった後も1時間から1時間半くらいは通夜ぶるまいの会食が行われています。ですから、その時間までに到着することができれば、故人との最後のお別れを行うことは可能になり、遺族も忙しい中故人のために来ていただいたという気持ちを持たれることでしょう。

ただし、到着が21時を過ぎてしまい通夜ぶるまいも終わっているだろうと思われる時間になってしまう場合には、お通夜への参列は諦めて、翌日の葬儀へ参列するが、日を改めて後日弔問に訪れるようにする方がよいでしょう。

まとめ

お通夜を自宅で行いたいときの進め方や、自宅でのお通夜へ参列する際のマナーについてご紹介しました。自宅でお通夜を行う時には近隣や町内会などにその旨をお伝えして時には協力を得るようにすることで、遺族や親族の負担を減らすことができます。場合によっては葬儀社に依頼して僧侶などの手配をお願いすることも可能です。

自宅でお通夜を行う時には、喪主や遺族は弔問客への対応を最優先することになります。故人や遺族の意向、地域での風習にのっとり、自宅でのお通夜がスムーズに行えるよう事前準備をしっかりと行っておきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ