お通夜と告別式は両方参列すべき?両方とも参列する際の香典や記帳のマナーについて解説

©buritora/stock.adobe.com

親しかった方の訃報の知らせを受け取った場合、お通夜と告別式の両方に参列するべきかどうか悩むことがあります。また、仕事などの都合があり両方に参列することが難しいこともあります。そのような時でもやはり両方に参列するしなければならないのでしょうか。

この記事では、お通夜と告別式の両方に参列するべきなのかについて、故人との関係性別に解説します。また、お通夜と告別式の両方に参列する際や出来ない場合のマナーについても詳しく説明しています。お通夜と告別式の両方に参列するべきか迷っておられる方は是非参考にしてください。

お通夜と告別式の違いとは

葬儀は厳密には1日目の夜にお通夜を行い、次の日に葬儀を行い、その後に告別式が執り行われます。

お通夜には親族や特に親しい友人などが参列し、故人との最後の夜を過ごして別れを惜しむための儀式で、夜通し火を絶やさずに故人の霊を慰めるとされることからお通夜と呼ばれます。

一方、告別式は本来は身内で宗教的な儀式である葬儀を執り行った後に行うもので、友人や会社関係などの人が故人にお別れをするための儀式です。

しかし、近年では葬儀と告別式を同時に行う形が主流となり、はっきりとした区別をしていないものや宗教的な儀式にとらわれない自由な形での葬儀・告別式が増えてきています。

お通夜と告別式は両方出席すべき?

お通夜と告別式では意味合いも異なることから、両方に参列できるのであればその方がよいでしょう。しかし、両方に参列するべきか悩むような場合には、故人との関係性によって両方参列したほうが良い場合と、どちらか一方でも良い場合に分かれます。

親族の場合

親族の場合は、お通夜と告別式の両方に参列することが望ましいです。なぜなら、お通夜と告別式ではその意味合いが異なります。親族は本来であれば、お通夜と葬儀に参列をすることになりますが、近年では葬儀と告別式との区別をはっきりと分けずに行いことが多くなっているため、親族はお通夜と告別式のどちらにも参列することになります。

友人・知人・会社の同僚の場合

友人や知人の場合はお通夜と告別式の両方に参列することもあります。故人と特に親しい間柄や深い関係性のある友人や知人であれば、お通夜と告別式の両方に参列して故人を偲び最後のお別れをしましょう。

ただし、無理に両方に参列する必要はなく、気持ちの中で両方に参列して故人を偲びたいという思いがあればその気持ちに従って両方参列するようにしましょう。

それほど関係性の深くない知人や会社の同僚であれば告別式に参列するようにします。ただし、仕事などの都合で告別式に参列できない場合にはお通夜に参列することで問題ないとされていますので、どちらかの都合のつきやすい方に参列するようにしましょう。

両方出席する場合は香典は2回渡す?

葬儀に参列する時には、特に遺族からの断りがなければ香典を持参します。ただし、お通夜と告別式の両方に参列する場合には1回しかお渡ししません。香典を2回お渡しすることは不幸を繰り返すことを連想させるため、マナー違反とされています。

また、香典を2回出してしまうことで、遺族が香典の計算や香典返しなどの準備が煩雑になり迷惑をかけてしまうこともありますので、香典は必ず1回だけ出すようにしましょう。

では、お通夜と告別式のどちらで出せばよいのか迷うかもしれません。両方に出席する場合には香典は基本的にはお通夜で出すようにします。お通夜では受付で記帳を行う際にお渡しすることがほとんどですが、もしタイミングを逃したりの理由でお通夜でお渡しできなかった場合には告別式で渡しても問題ありません。

両方出席する場合は記帳も両方おこなう?

お通夜と告別式に両方出席する時には、記帳は2回おこなう必要があります。なぜなら、記帳はその儀式に誰が参列していただいたのかを確認するためのものですので、両方に参列した場合にはれぞれに記帳をしておく必要があるのです。

記帳の際には香典をお渡しするものですが、香典を2回渡すのはタブーとされていることから、お通夜で既にお渡ししている場合には告別式の記帳の際にその旨を伝えれば、受付の方も理解されるため気にすることはありません。

両方とも参列できない場合のマナー

もし、仕事の都合などによりどうしてもお通夜にも告別式にも参列できない事情がある場合には、遺族にそのことをお伝えしてお詫びをするとともに、弔電や香典を送って弔意を示すのがマナーです。

訃報を受けてからお通夜や告別式までの間はあまり長くないことが多く、お通夜と告別式のどちらにも参列することが難しいことが予測されるのであれば、なるべく早くに対応をしていくように心がけましょう。

遺族に連絡する

お通夜と告別式のどちらにも参列することが出来ないときには、必ず遺族に連絡をしましょう。この際、参列できない理由の詳細までを伝える必要はなく、「やむを得ない事情」など大まかに簡単な理由を述べるようにとどめます。

また、お通夜や告別式に参列できないことを速やかに伝える手段としてはメールや電話が便利です。ただし、お通夜や告別式の準備で遺族は忙しくされていることも予測されますので、連絡する時間帯など相手に十分な配慮を行うことも大切です。

お悔やみの手紙や弔電などで弔意を表す

お通夜や告別式のどちらにも参列することが難しい場合には、遺族に連絡をするだけではなく、何らかの方法で弔意を表すようにしましょう。

お通夜や告別式に間に合うように弔電を送りお悔やみの言葉を伝えたり、香典や供花、供物を贈るようにします。できるだけ、通夜の日の午前中に届くように手配をするのが望ましいですが、遅くとも告別式には間に合うようにしましょう。

そして、遺族にお悔やみの気持ちと葬儀に参列できなかったお詫びを記した手紙を送るようにします。お悔やみの手紙を書く際には、マナー違反にならないように気をつけなければいけない点もありますので、しっかりと確認しておくようにしましょう。

▼お通夜・葬儀に行けない場合の対応について詳しく知りたい方はコチラ

お通夜・葬儀に行けない場合はどうしたらいい?断りの入れ方やかわりに弔意を表す方法をご紹介

まとめ

親族であればお通夜と告別式の両方に参列することが望まれますが、親しい友人や知人でも時間が許すのであれば両方に参列して、故人を偲んで最後のお別れをしても良いでしょう。この場合、香典はお通夜でお渡しすることが一般的ですが、何らかの事情でお通夜でお渡しできなかった場合には告別式でお渡しします。

このように、香典をお渡しするのは1回だけですが、受付での記帳はお通夜と告別式ではそれぞれに2回する必要があるため、間違えないようにしましょう。

もし、お通夜と告別式のどちらにも参列することができない場合には、遺族に連絡を行い、何らかの方法で弔意を表すようにします。

お通夜と告別式の両方に参列したほうが良いかどうかだけでなく、マナーについても確認をしておきいざという時に困らないようにしておきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ