お彼岸|2021年の日にちや行うこと、おすすめのお供えなどを紹介

「お彼岸はお墓参りをする日」だということは知っていても「お彼岸」に関する詳しいことは知らないという人がほとんどではないでしょうか。
本記事ではお彼岸の意味や、お彼岸にすることなど詳しく解説していきます。

お彼岸の意味とは?

「彼岸」とは元々仏教の言葉で、三途の川を挟んだ向こう岸=煩悩のない悟りの世界(仏様の世界・極楽浄土)を意味しています。

煩悩と迷いの世界であるこちら岸(此岸・しがん)にいる者が、修行を行うことで「彼岸」の境地に達することが出来るとする、サンスクリット語での「波羅密多(paramita・パーラミター)」を漢訳した「到彼岸」を略した言葉とも言われています。

現在、お彼岸は春彼岸(3月)と秋彼岸(9月)の年二回あり、それぞれ春分の日、秋分の日を中日として前後三日間の計七日間がお彼岸となります。

春分の日と秋分の日は、太陽が真西に沈みます。仏教では極楽浄土は西にあるとされており、かつては、普段仏道の修行を行っていない人も、彼岸の期間になると、真西に沈む太陽に祈りを捧げていたそうです。

現在は本来の仏様の世界としての「彼岸」の意味ではなく、期間中に執り行われる法要やお墓参りのことを指すようになっています。

お彼岸とお盆の違いは?

仏教において極楽浄土は、はるか西にあると考えられています。お彼岸では太陽が真東から昇って、真西に沈み、この世である此岸(しがん)と、仏様のいる彼岸がほぼ一直線の動きをするため、この世と彼岸が一番近づく日、故人への思いが伝わりやすい日、彼岸へ到達するために自身が修行するべき日、と考えられています。

ただし、お彼岸ではご先祖様が帰ってくるとは考えられていません。

逆に、お盆はご先祖様が帰ってくる日とされているため、迎え火を焚いてお迎えし、供養をした後また送り火を焚いて送り出すということをします。

2021年のお彼岸はいつ?

2021年のお彼岸は下記のとおりです。

【春彼岸】

彼岸入り:3/17(水)

中日(春分の日):3/20(土)

彼岸明け:3/23(月)

【秋彼岸】

彼岸入り:9/20(月)

中日(秋分の日):9/23(木)

彼岸明け:9/26(日)

例年、春分の日は3月20~21日頃、秋分の日は9月22~24日頃となっていますが、国立天文台が発行する官報での公表をもって、翌年の日程が定められることになっています。

今年のお彼岸はいつ?春と秋の日にちや、いつお墓参りするのかなどを解説

初彼岸はいつになるの?

故人が亡くなってから四十九日が過ぎ、初めて迎えるお彼岸を初彼岸と言います。亡くなってから、四十九日までの間に彼岸がきても、初彼岸とは言わず、次の季節のお彼岸が初彼岸となります。

初彼岸はいつ?香典やお布施の相場金額、贈り物などのマナーを解説

お彼岸にすること

年二回のお彼岸ですが、お彼岸の期間にしておいた方が良いことがあります。詳しく見ていきましょう。

墓参り・お墓の掃除

お彼岸ではお墓参りに行き、お墓の掃除をしましょう。彼岸の期間中は、何回行かなければならないという決まりはありませんが、毎日行く方もいますし、彼岸の入り・中日・彼岸明けと三度お参りに行かれる方もいます。

お墓に行ったら、お墓のそばに生えている雑草などを取り、お墓を磨きお掃除をします。そしてきれいになった後に、新しいお花やお水などをお供えし、お線香をお供えすると良いでしょう。

供物をお供えする場合もありますが、「帰る際には供物は持って帰る」「食べ物はお供えしない」など墓地によってルールが決まっている場合もあります。その地域や墓地のルールに従いましょう。

お彼岸にお墓参りをする意味は?いつ行けば良いかや服装・持ち物を解説

仏壇のお参り・掃除

自宅に仏壇がある場合には、お仏壇もきれいにお掃除をしてあげると良いでしょう。お供え物は季節の果物や、ぼたもち(春)・おはぎ(秋)・彼岸団子などを供えるのが一般的です。故人が好きだったものをお供えするのも、おすすめです。

また、お花はいつもよりも少しだけ豪華なものをお供えしてあげると良いでしょう。

▼仏壇の正しい掃除方法を知りたい方はこちらの記事をチェック

仏壇を傷めない掃除の仕方|掃除道具や業者に依頼する際の料金も紹介

彼岸会

彼岸の期間は、お寺側がお寺の本堂などに檀家を招いて彼岸会(ひがんえ)や合同供養が行われる場合があります。

合同で行なわれる彼岸会に参加する際には、僧侶に渡すお布施を持参します。御布施の相場は3千円~1万円程度ですが、お寺によって金額が決まっている場合もあります。

法事

地域によっては菩提寺の僧侶を自宅にお招きして、個別に彼岸法要を行うこともあります。僧侶に自宅に来て個別に拝んで頂く場合は、お布施のほかにお車代・御膳料が必要となります。お布施の相場は1〜5万円程度、お車代・御膳料は5千円〜1万円を御布施の他に包んで渡すのが一般的です。

お彼岸にやってはいけないことはある?

お彼岸にやってはいけないことはありません。結婚式などのお祝い事やお引越しなども仏教的に行っていけないという決まりはありません。ただし、一部地域などでは仏事と祝事を重ねるべきではないとして避けられているところもあります。

もちろん本来のお彼岸の意味として、落ち着いた心で仏様やご先祖様に向き合うべき期間であるということを考えると、お引越しなども避けた方が良いと考える方もいるかもしれません。ただ、年度末である春のお彼岸や、企業の異動などもある秋のお彼岸の期間に引っ越しを避ける、というのは現実的には難しいかもしれません。

お彼岸のお供え

お彼岸のお供えの定番と言えば、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」です。実は「ぼたもち」も「おはぎ」は使うあんこがこしあんか粒あんかというだけで、同じものなのですが、季節によって名前が変わります。漢字で見ると分かりやすいですが、「ぼたもち」は「牡丹餅」と表記し春に咲く牡丹の花を表しており、「おはぎ」は「御萩」と表記し秋に咲く萩の花を表しています。

秋は小豆の収穫時期で皮も柔らかいため、粒あんで「おはぎ」をつくり、春まで保存していた小豆は皮が固くなってしまうため、こしあんで「ぼたもち」を作ります。

持っていくのにおすすめの手土産

ぼたもちやおはぎはもちろん手土産として持って行っても良いですが、お仏壇があるお宅で既に用意している事も多いです。また、ぼたもちやおはぎは日持ちもしない物ですから、「ぼたもちやおはぎが沢山あっても…」と考える場合には故人が好きだった物や、果物、菓子折り、お花、お線香やろうそくをお持ちしても良いでしょう。

好みがわからない場合は季節の物やお線香をお持ちすると良いかもしれません。

のしの掛け方・書き方

お彼岸の際にお持ちするお供えの品物にのしを掛ける際には、のしの表書きは「御供」「御供物」などです。四十九日が過ぎていれば「御仏前」でも構いません。

水引は、黒白の結び切り(関西では黄白の結び切り)を利用し、中央(表書きの下)に名前を書きます。

ちなみに、弔事用ののし紙は正しくは「掛け紙」と言います。もし店頭で包装を依頼する場合には「【弔事用のし紙】もしくは【掛け紙】を掛けてください」と言うと伝わるでしょう。

お彼岸のお供え物|おすすめの品物や金額、送る際のマナーも解説

お彼岸の服装

お彼岸にお墓参りに行くだけの場合は、普段着でも構いません。お墓のお掃除などをする場合には動きやすく、汚れても良い服装の方が良いでしょう。ただし、露出が高いもの、派手な色を使った服、サンダルなどは適していないと考えましょう。

一方で、彼岸法要や彼岸会に参加する場合には、男女ともにダークスーツや暗い色のワンピースやアンサンブルなどにしましょう。喪服やブラックフォーマルまでの正装ではなくても良い場合の方が多いですが、地域のしきたりがある場合にはそれに従います。

お彼岸の服装|墓参りや合同法要、初彼岸で訪問をする場合について解説

お彼岸のお布施

自宅に僧侶に来て頂き、お経を読んで頂く場合には5千円~5万円程度が相場です。お寺や地域によっては、お彼岸の期間に檀家の家を僧侶が回ってお経をあげてくれる場合もあります。そうした場合には5千~1万円程度、彼岸の法要として親族も集まる際に個別に法要を依頼する場合には3万円~5万円程度を相場として考えておくと良いでしょう。

お膳料とお車代としてそれぞれ5千円~1万円程度プラスで渡す場合もあります。

お布施は「御布施」と書いた袋に、お車代や御膳料は「お車代」や「御膳料」と表書きに書いた白無地の封筒などにそれぞれ分けて入れて渡します。もちろん奉書紙に包んで渡すのが正式ですので、そちらでも構いません。

お寺が檀家を集めて行う彼岸会などに参加する場合には3千円~1万円程度が相場ですが、お寺や地域によっても違いますし、お寺によって金額が決まっている場合もあります。

お彼岸にお布施は必要?相場金額や包む袋、書き方、渡し方を解説!

お彼岸の香典

地域によっては初彼岸の際に親族を集めて法事を行う場合があります。そういった場合には香典をお持ちする必要があります。その際は親戚であれば5千円~3万円、知人であれば5千円~1万円程度を相場と考えましょう。法事の後に食事会などがある場合には、香典としての金額に5千円~1万円を足した金額を包みます。

法要が無くても、葬儀に参列できず、香典も渡せていなかった場合、弔問に行く際には香典をお持ちしても良いですが、あまり高い金額の香典ですとわざわざ返礼品を当家に用意させることになってしまったり負担になってしまうこともあります。

「お金だと気を遣わせてしまうかな」と考える場合には3千円~5千円程度のお供え物をお持ちすると良いでしょう。

お彼岸に香典は必要?初彼岸の場合や相場金額、香典袋の書き方を解説

まとめ

「お彼岸にはお墓参りをする」というイメージが強い方も多いと思いますが、お彼岸のお墓参りの意味を知ると、お墓やそこに眠っているご先祖様に改めて向き合い、大切にしようという気持ちが更に沸いてくるのではないでしょうか。

また、お彼岸は地域での慣習によっても作法が違う事があります。気になる方は、年配の方に聞いてみると良いでしょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ