今年のお彼岸はいつ?春と秋の日にちや、いつお墓参りするのかなどを解説

毎年春と秋の年2回あるお彼岸ですが、例年いつ頃あるのかご存じでしょうか。なんとなくお墓参りのイメージがあっても、お彼岸の意味やお供え物など詳しいことを知らないという方もいらっしゃるかもしれません。

本記事ではお彼岸の日程や、お彼岸にすることについて解説していきます。

2021年のお彼岸はいつからいつまで?

お彼岸は毎年春と秋の2回あり、春分の日と秋分の日がお彼岸になります。例年、春分の日は3月20~21日頃、秋分の日は9月22~24日頃となっていますが、国立天文台が発行する官報での公表をもって、翌年の日程が定められることになっています。

2021年のお彼岸はいつからいつまでなのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

春(3月)のお彼岸

2021年の春のお彼岸は、彼岸の入りは3/17(水)、お中日が春分の日の3/20(土)、彼岸の明けが3/23(火)の計7日間となります。
毎年、春分の日が中日となり、計7日間というのは変わりません。(春分の日の日程が毎年変わります。)

秋(9月)のお彼岸

2021年の秋のお彼岸は、彼岸の入りが9/20(月)、お中日が秋分の日の9/23(木)、彼岸の明けが9/26(日)の計7日間です。

春のお彼岸同様、秋分の日が中日となり、計7日間というのは変わりません。(秋分の日の日程が毎年変わるため。お彼岸の日程も毎年変わります。)

そもそもお彼岸の意味とは?

「彼岸」とは、仏教において「三途の川を挟んだ向こう岸=煩悩のない悟りの世界・仏様の世界・極楽浄土」を指す言葉です。

煩悩と迷いが溢れた世界であるこちら岸(此岸・しがん)にいる者が、修行を行うことで「彼岸」の境地に達することが出来るとする、サンスクリット語での「波羅密多(paramita・パーラミター)」の漢訳「到彼岸」を略した言葉とも言われています。

仏教において、極楽浄土ははるか西にあるとされています。春分の日と秋分の日は太陽が真西に沈むためこの世である此岸(しがん)と、仏様のいる極楽浄土=彼岸とを結んだほぼ一直線上を太陽が動くことから、この世と彼岸が一番近づく日、彼岸へ到達するために自身が修行するべき日、と考えられています。

ちなみに、お盆はご先祖様が帰ってくる日とされていますが、お彼岸ではご先祖様が帰ってくるとは考えられていません。

お彼岸にすること

お彼岸ではかつて、修行者でない者も仏様やご先祖様を想い、西に向かって祈りを捧げていました。現在はそのような習慣から、「お彼岸」=「お墓参り」の風習に変化してきています。お彼岸にした方が良い事や、行われる事を詳しく見ていきましょう。

墓参り・お墓の掃除

お彼岸にはお墓参りをして、ご先祖様の供養をしましょう。お彼岸期間中に、何回お墓参りをしなければならない、という決まりはありませんが、毎日行かれる方もいますし、彼岸の入り・中日・明けと3回行く方もいらっしゃいます。出来れば、一度は行かれた方が良いでしょう。

お墓に行ったら、まずはお掃除をします。お墓の周りの雑草や落ち葉などを取り除き、墓石も汚れていたら専用のスポンジに水を含ませて磨きます。墓石用のクリーナーもありますので必要に応じて使いましょう。花筒や線香立ても中から取り出して水洗い等をして、きれいにします。水洗いなどが終わったら、乾いた雑巾などで水分をふき取ります。

全て終わったら、花筒に新しいお花を生け、お線香に火をつけお参りをしましょう。

仏壇のお参り・掃除

仏壇がお家にある方は、出来ればお彼岸中やお彼岸を迎える前に一度、お掃除をすると良いでしょう。仏具を全て取り出し、ホコリなどを払い、乾いたクロスなどで磨きます。仏具も専用のクリーナー等で磨くときれいになります。(仏具は素材によって、扱い方が違いますので注意します。)

仏具を全て取り出す前に、携帯などで写真を撮っておくと、仏具を戻す際に間違えません。

そして、お彼岸中はいつもよりも少し豪華なお花を飾ってあげると良いでしょう。お彼岸中のお供え物の定番はぼたもち(春)・おはぎ(秋)です。

彼岸会

地域などにもよりますが、彼岸の期間にお寺が本堂に檀家を招いて彼岸会(ひがんえ)などの合同供養が行われることがあります。合同で行なわれる彼岸会に参加する際には、僧侶に渡すお布施を持参します。御布施の相場は3千円~1万円程度ですが、お寺によって金額が決まっている場合もあります。

法事

地域によっては故人の初彼岸の際に、菩提寺の僧侶を自宅にお招きして、個別に彼岸法要を行うこともあります。僧侶に個別に拝んで頂く場合は、お布施のほかにお車代・御膳料が必要となります。お布施の相場は1~5万円程度、お車代・御膳料は5千円~1万円を御布施の他に包んで渡すのが一般的です。

ただ、その他にも初彼岸ではなくても、僧侶がお彼岸の期間に檀家の家を回って15分程度お経をあげてくださる地域・お寺もあります。その場合は5千円~1万円程度が相場です。

よくある質問

下記にはお彼岸についてのよくある質問とその答えをまとめました。詳しく見ていきましょう。

お彼岸の墓参りに時間は決まっている?

お墓参りに「この時間にしなければならない」という決まりはありません。しかし、午前中か午後のどちらが望ましいかと言われば、午前中という答えになります。これは、何かのついででお墓参りに行く「ついで参り」ということが避けられてきたこと、他の用事を優先せずにお墓参りを優先させることがご先祖様の供養に繋がると考えられてきたからです。

近年は、その習慣も徐々に薄れてきてはいますが、年配の方の中には気にされる方も多いので気を付けましょう。

また、夜の時間も避けた方が良いとされています。薄暗い中ですと、お掃除もうまくできませんし、足場が悪いお墓の場合には危険が伴います。また、昔から夜にお墓参りに行くと「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」と呼ばれる化け物が出るという言い伝えもあります。

その他、施設の開園・開閉時間が決まっているようなお墓の場合には、きちんと時間を守って行くようにしましょう。

お彼岸にお供えを送る場合、いつまでに届けばいい?

お彼岸の期間にお参りに行きたくても行けない場合に、当家にお供え物を贈りたいという方もいらっしゃると思います。その場合、彼岸の入りの前日・もしくは当日の午前中までに届くようにすると良いでしょう。もし、当家の都合を知っている場合には、当家の方が確実に受け取れる日でも構いません。

お彼岸のお供えを贈りたい場合には、のしの表書きは「御供」「御供物」「御仏前」です。(※浄土真宗以外の宗派では四十九日前は「御霊前」ですが、四十九日を迎える前に彼岸が来た場合には、次の季節が初彼岸となります。)

水引は、黒白の結び切り(関西では黄白の結び切り)を利用し、中央(表書きの下)に名前を書きます。

ちなみに、弔事用ののし紙は正しくは「掛け紙」と言います。もし店頭で包装を依頼する場合には「【弔事用のし紙】もしくは【掛け紙】を掛けてください」と言うと伝わるでしょう。

お彼岸に品物を贈る場合には、個包装されており比較的賞味期限が長いお菓子や、お線香、ろうそくなどが良いでしょう。フルーツの盛り合わせやお花のアレンジなどもお彼岸のお供えとしてよく選ばれる品物です。近年はプリザーブドフラワーのアレンジなども人気です。

お彼岸のとき、仏壇の飾り方はいつもと変わるの?

普段と大きく変える必要はありませんが、地域や宗派によってはお彼岸やお盆、命日や法要の際に内敷(うちしき)を飾るところもあります。内敷は、お仏壇を華やかに飾るための仏具の一つで、金襴で織られている煌びやかな布です。

また、お彼岸のお供えの定番は、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」です。その他、故人の好きだったものや季節のフルーツなど、いつもより少し豪華なお供えをあげるのが良いでしょう。お花も、いつもより少しだけでも豪華なものを飾ると良いでしょう。

おはぎとぼたもちは、それぞれいつ飾るの?

お彼岸のお供えの定番と言えば、おはぎとぼたもちです。おはぎとぼたもちは使うあんこがこしあんか粒あんかというだけで同じものですが、春はこしあんで丸型の「ぼたもち」、秋は粒あんで俵型の「おはぎ」を飾ります。漢字で見るとわかりやすいですが、「ぼたもち」は「牡丹餅」と表記し春に咲く牡丹の花を表すので丸い形をしており、「おはぎ」は「御萩」と表記し秋に咲く萩の花を表しているため、萩の花に似せて俵型にします。

秋は小豆の収穫時期で皮も柔らかいため、粒あんで「おはぎ」をつくり、春まで保存していた小豆は皮が固くなってしまうため、こしあんで「ぼたもち」を作っていたということも影響しているようです。

ただし、これらの定義は地域による違いもあり、形や季節に関係なく「ぼたもち」もしくは「おはぎ」のどちらかの呼び方で固定されていたり、あんこで覆ったものは「ぼたもち」、きな粉をまぶしたものは「おはぎ」と呼ぶ場合もあります。

まとめ

お彼岸はお墓参りをする日だということは知っていても、どんな意味なのかを知らない人やお供え物のマナー等を知らない人も多いかもしれません。意味を知ると、命日・法要・お盆などと一緒で、ご先祖様の供養に関する大切な日だということがわかりますよね。

春のお彼岸は年度末ですし、秋のお彼岸は企業の異動の時期などで忙しい方も多いとは思いますが、ぜひお彼岸にはお墓参りをして、ご先祖様の供養の時間を取って頂くと良いでしょう。

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ