お彼岸のお供え物|おすすめの品物や金額、送る際のマナーも解説

年に2回くるお彼岸では、どんなものをお供えにすると良いのか悩むことがあります。この記事では、お彼岸におすすめのお供えものや、選ぶときのポイントをご紹介していきます。

そもそもお彼岸とは?

お彼岸とは、春と秋の年に2回あり、それぞれ春分の日と秋分の日の前後3日間を合わせた7日間の期間のことをいいます。また、お彼岸の期間の初日は「彼岸の入り」、春分の日と秋分の日を「中日」彼岸の期間の最終日は「彼岸明け」とよばれます。

お彼岸にすること

春分の日と秋分の日は昼と夜の長さがほとんど同じであり、太陽が極楽浄土のある真西の方角に沈む日です。そのため、仏教ではこの日をあの世とこの日の距離が最も近くなる日とされ、古くからお彼岸にはお墓参りをする風習が広まりました。

お彼岸にはお墓参りやお仏壇やお墓の掃除をするほか、寺院で行われる彼岸会とよばれる法要に参加したりします。また、先祖や故人を偲び崇拝するために、お墓参りや彼岸会ではお供え物をするようにします。

お彼岸で仏壇にお供えするもの

お彼岸にはお菓子をお供えすることが多いですが、どのような意味があるのでしょうか。ここでは、お仏壇にお供えするお菓子について解説します。

ぼたもち・おはぎ

お彼岸のお供えとして代表的なものが、ぼたもちやおはぎです。ぼたもちもおはぎも基本的には同じお菓子で、もち米をあんこで包んだものです。お彼岸にぼたもちやおはぎをお供えする理由には諸説ありますが、ぼたもちは春の花である「牡丹」、おはぎは秋の花の「萩」にちなんだお菓子とされています。

どちらも小豆であんこを使用されていますが、小豆の赤い色は厄除けの効果があるとされています。また、江戸時代にはあんこを作る時に使用する砂糖は高級品であったため、普段から口にすることはあまりなく、お彼岸のお供え物として用いられるようになったともいわれています。

秋は小豆の収穫期でもあり皮が柔らかいため、粒あんでおはぎを作ります。一方で春まで保存していた小豆は川が硬くなってしまうため、こしあんにしてぼたもちを作ります。

落雁

おはぎやぼたもちと同様に、落雁もお彼岸のお供え物のお菓子として良く用いられます。落雁とは、米や麦などの穀物の粉に砂糖を混ぜて作り、蓮の花などの形にした干菓子です。また、形だけでなくピンクや緑など華やかに彩られたものも多いのが特徴です。

お彼岸に落雁がお供えされるようになった理由として、おはぎやぼたもちと同様に高級品であった砂糖を使って作られる特別なお菓子であるため、ご先祖様を供養するためお彼岸にお供えするようになった。また、干菓子である落雁は日持ちがするため、日持ちのしない花や果物の代わりとして、それらの形をかたどった落雁が供えられるようになったといわれています。

お彼岸の手土産でおすすめのもの

お彼岸に手土産として持っていくものを選ぶときには、どのような点に気をつければよいのでしょうか。おすすめの手土産と選び方のポイントをご紹介します。

団子や羊羹などのお菓子

お彼岸に手土産としてお菓子を持っていくときには、なるべく日持ちのするものを選ぶのがポイントです。お彼岸の期間は1週間あるため、お供えしている間に悪くなってしまわないものを選ぶようにしましょう。

団子や羊かんは常温で保存ができるためおすすめです。ただし、お下がりを一度に食べきれない時や、分け合うことができるように小分けされたものを選ぶとよいでしょう。

果物

お供えには果物も良く用いられます。お供えには故人との縁をイメージし、丸い果物が好まれ、りんごや桃、かき、ぶどう、メロンなどのほか、年中入手が可能で分けやすいバナナなども良く選ばれます。故人がお好きだったものや季節の果物を選んでも構いません。

果物をお供えとする際には、複数の果物を箱詰めやかご盛にしてもらうとお供えしやすいのでおすすめです。

ろうそく・線香

ろうそくの灯りは、私たちの周囲の不浄を浄め、あの世とこの世との懸け橋の役割を果たしてくれるといわれており、ご先祖様がこの世に帰ってこられるように場所を教えてくれるものです。最近のろうそくには柄が描かれたものやお酒や食べ物を形どったものなど、さまざまな種類のものがあります。

仏様にとっては香りと煙が食事であるとされるほか、お線香の香りでお線香をあげている人の「心身を浄める」という意味もあります。お線香をお供えすることは仏様にとってもっともよいご供養とされているので、手土産として箱入りのお線香を選ぶのもおすすめです。

お線香の煙の量の違うタイプやさまざまな香りのもの、ろうそくと一緒に箱詰めになっているものなど、お供えにしやすい色々なタイプのものから選ぶことができます。

ご先祖様や故人を偲ぶ気持ちをこめて、お墓やお仏壇に花をお供えするのも良いでしょう。お彼岸にお供えする花には決まったものはありません。故人がお好きだった花や季節感を意識して贈ると良いでしょう。

故人がお亡くなりになって日が浅いのであれば白を主体とし、日がたっているのであれば淡い色味のものを組み合わせるようにしましょう。たとえば、春のお彼岸にはストックやスターチス、キンセンカなどがよく選ばれます。秋のお彼岸には菊谷ゆり、リンドウ、トルコキキョウなどが花もちが良く、お供えには適しています。このほか一年中花を見かけ、色の種類も多いカーネーションもお供えの花としてよく選ばれます。

ただし、バラのようにとげのある花やスイートピーのようなツルのある花、彼岸花のような毒のある花はお供えする花には不向きですので、避けるようにします。

お彼岸のお供えでタブーなもの

お彼岸のお供えは基本的には、故人がお好きだったものなどとすることで良く、これでなくてはいけないというものはありません。しかし、故人がお好きだったからといって何でも良いわけではなく、お供えにはふさわしくないタブーとされているものもあるため注意が必要です。

仏教では殺生がタブーとされており、肉や魚は殺生をイメージさせるためお供えにはふさわしくありません。また、バラなどのとげのある花は、けがをする恐れがあるだけでなく、そのことから相手を攻撃しているようにも受け取れるためもちいないようにしましょう。

ご先祖様や故人を敬い、家族や遺族を不快な想いにさせないお供え物を選ぶようにすることが大切です。

お彼岸のお供えとして現金を包んでもいい?

お彼岸にお供え物として現金を包んでも問題ありません。現金だけを準備しても良いですし、現金と品物を持参しても構いません。

現金を包むときの金額の相場は3~5千円程度であり、品物も持参する際には現金を3千円、品物を2千円程度というように、全体で5千円程度になるようにするとよいでしょう。あまり高額になると、先方に気を使わせることになるため注意が必要です。

なお、お彼岸にお供え物として現金を包むときには、双銀か白黒の結び切りの水引の不祝儀袋を準備します。また、関西地方では黄白の水引を用いることもあり、表書きは「御供」や「御供物料」「御仏前」としましょう。そして、水引の下には名前をフルネームで書いておくのが一般的です。この時、表書きや名前を書く際の墨は黒墨をもちいるようにします。

不祝儀袋にお札を入れる時の向きは、お札に印刷されている人物の肖像画が不祝儀袋の裏側に向くようにし、肖像画の位置が上側にくるように入れるようにします。

お彼岸のお供えの相場金額

お彼岸のお供え物の金額の相場は、3~5千円程度にするのが望ましいです。お供え物の品物だけを持参する場合には、相場内の金額のお菓子や果物などの詰め合わせなどを選ぶようにします。あまり高価なものを持参すると相手が恐縮してしまいますので、お供え物を選ぶときには相場内におさまるものにするようにしましょう。

お供えにかけるのし(掛け紙)のマナー

慶事での贈り物にはのし紙とよばれる、「のし」が書かれた紙をつけることが多く、包装されたしたものに掛ける紙のことをのしやのし紙とよぶこともあります。しかし、お供え物はお祝いではないので、「のし」がついておらず、水引だけが印刷された「掛け紙」をかけるのが正式なマナーとなります。

ただし、身内である自分の家族にお供え物を渡すときには、改まった形での掛け紙をつける必要はありません。

表書き・名前

掛け紙には水引の上段に表書きを書きます。お彼岸のお供えにつける掛け紙の表書きは、一般的に「御供」や「御供物」とします。お彼岸の供養は四十九日の法要の後に行いますので、「御仏前」としても問題はありません。

水引の下段の部分には送り主の名前を書きます。名前はフルネームで書いても、名字だけでも構いません。また、表書きや名前を書くときの墨は黒墨を使用します。

水引

水引とは、お供え物や香典袋などの中心に結んである、ひものようなもののことをいいます。お彼岸のお供えで使用する水引は、あらかじめ掛け紙に印刷されているものを使用することがほとんどです。

この水引の結び方には主に、結び切りと蝶結び(花結び)、あわび結び(あわじ結び)があり、お彼岸のお供えには結び切りまたはあわび結びになっているものを使用します。これは、「二度と同じことが繰り返されないように」や「いつまでも良いお付き合いを」との思いが込められているといわれています。

水引の色は黒白や双銀をもちいることが多いですが、関西地方では黄白のものがよく使用されます。また、水引の本数は一般的には5本とすることが多いですが、2本や4本などの偶数にすることもあります。

お彼岸のお供えを郵送したい場合は?

お彼岸にお墓参りやお仏壇のお参りに行けないとき、お供え物を郵送で送ることはマナー違反にはなりません。ご先祖様や故人にとってはその気持ちがありがたいことでしょう。

お彼岸のお供えは彼岸の期間であればいつお供えをしても良いとなっていますが、相手の方がお仏壇を掃除したり、お墓に行くタイミングに合わせるようにします。そのため、彼岸の入りから中日までにはお供え物が届くように手配すると良いでしょう。

お供えを郵送するときはお供えするまでの管理やお供えするときの負担への気遣が必要です。大きすぎてかさばるようなものや、重いものは避け、日持ちのするお菓子やろうそく、線香などは相手の負担になりにくいです。また、郵送する場合は掛け紙が破損することを防止するため、送るものに直接かける「内のし」とよばれるかけ方をしましょう。

お彼岸のお供えをいただいたら、お返しは必要?

お彼岸のお供えをいただくのは、家族などごく親しい間柄のことが多いため、基本的にお返しは不要とされています。しかし、何かお返しがしたい場合には、お参りに来ていただいた際にお渡しできるようにお返しの品を用意しておくと良いでしょう。

また、お供えを郵送いただいた場合にも同様にお返しは不要とされていますが、お彼岸明けにお礼状とお返しの品を送っても構いません。

まとめ

お彼岸には、お菓子や果物、飲み物などの食品だけでなく、花、ろうそくやお線香などの品物といったさまざまなものをお供えとしてすることが可能です。しかし、中にはお供えとしてふさわしくないものもあるため注意が必要です。

お彼岸にお供え物を贈るのは親しい身内であることが多いことから、どのようなものが喜ばれるのかをイメージしながら選ぶようにすると良いでしょう。

▼お彼岸に香典は必要?表書きや金額は?気になる方はこちらの記事をチェック!

お彼岸に香典は必要?初彼岸の場合や相場金額、香典袋の書き方を解説

▼お彼岸の日にちやマナーを確認しておきたい方はこちらの記事をチェック

お彼岸|2021年の日にちや行うこと、おすすめのお供えなどを紹介

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ