お彼岸に香典は必要?初彼岸の場合や相場金額、香典袋の書き方を解説

お彼岸の時期にお墓参りに出かけるのは古くからの続く風習ですが、その時に香典を持参したほうが良い場合もあるのをご存知でしょうか。この記事ではお彼岸に持参する香典について詳しく解説していきます。

お彼岸に香典は必要?

お彼岸は春と秋の年に2回訪れ、ご先祖様や家族のお墓参りをイメージする方が多いのではないでしょうか。多くの場合、お墓の掃除をしてお供え物をして、ご先祖様や故人への感謝の気持ちを表します。このように、自分の身内のお墓参りに行くときは基本的に香典は必要なく、お墓やお仏壇にお供えする品物を持参するようにします。

初彼岸に香典は必要?

故人がお亡くなりになり四十九日の法要を過ぎて初めて迎えるお彼岸は初彼岸とよばれます。初彼岸では特に何か特別なことをする必要はないため、お墓参りだけで済ませることもありますが、地域によっては初彼岸に僧侶に読経をしてもらうなどの法要を行う場合があります。このような時は、自分の親の法事など身内であっても香典を準備しておく必要があります

また、友人や知人の通夜や葬儀に参列できなかった場合、初彼岸の機会にお仏壇やお墓参りをさせて頂くこともあるでしょう。このような場合にも、香典やお供え物を準備し持参する必要があります。

お彼岸に香典を渡す場合の相場金額

お彼岸に香典を渡す場合、どれくらいの金額にすればよいのか気になるところです。お彼岸の供養は家族や親戚などのごく親しい人で故人を偲ぶ場合が多く、香典は一般的に3千円から5千円くらいが相場といわれています。

お彼岸のお香典に包む金額は、少なすぎるのも良くありませんが、あまり多いと相手に気を遣わせてしまいます。故人との関係性を考慮して、一般的な相場に応じた金額を包むようにすると良いでしょう。

また、香典の金額を決める際に気をつけなければいけないのは、偶数の金額は避けることです。偶数は割り切れることからご縁が切れると連想をさせ、弔事や慶事で使用することを避けられています。なかでも、「四」は「死」をイメージさせ縁起の悪い数字とされますので、4千円にはしないように注意が必要です。

初彼岸の香典の相場金額

初彼岸で香典を包む場合にも、通常のお彼岸の時と同様に3千円から5千円くらいが相場となります。ただし、初彼岸に法要が行われる場合では、他の法要の時と同様に故人と親戚であれば1~3万円ほど、血縁関係のない知人であれば5千円から1万円程度としますが、特に親しい友人などの場合では1万円以上となっても問題はありません。

また、特別な法要が実施されない場合では、香典の代わりにお供え物を持参しても構いません。お供えの品物だけを持参しても良いですし、お供え物と香典を持参する場合には両方の金額を合わせて5千円程度になるようにします。

お彼岸で使う香典袋

香典は香典袋に入れて持参するようにします。香典袋には中央に水引がついていますが、お彼岸の香典を包む香典袋は水引が黒白のものを使用します。ただし、関西地方では黄白、関東での四十九日以降の弔事には双銀の水引が良く使用される傾向があり、故人のお住まいの地域でよく使われるものを調べておくと良いでしょう。

また、水引の結び方は結び切り又はあわび結びにします。これは、弔事で用いる水引は結び切りにすることで簡単に結び直しができず、「一度で終わるように」「不幸を繰り返さないように」という意味が込められているためです。あわび結びは弔事と慶事のどちらにも用いられる結び方になります。

香典袋は水引があらかじめ印刷されたものや豪華な水引がデザインされたものなどさまざまな種類があります。5千円前後の香典であれば水引の印刷されたシンプルな香典袋とし、香典の金額に合わせたものを選ぶようにしましょう。

お彼岸の香典の表書き

香典袋の水引の上の部分には表書きを記載します。お彼岸の香典の表書きは仏教であれば一般的には「御仏前(御佛前)」「御香典」または「御香料」と書くようにします。「御霊前」は故人がお亡くなりになって仏になるまでの間、すなわち四十九日までの表書きに使用するものです。したがって、四十九日を過ぎてからのお彼岸の香典では用いられません。

また、、神教では「御玉串料」、キリスト教や無宗派の方なら「御花料」と宗派によって表書きが違うため、できれば事前にご遺族に確認をしておくようにします。

水引の下の部分には香典を送った人の名前を書きます。夫婦でお香典を送る時には世帯主の名前を書くのが一般的です。しかし、夫婦の両方が故人と交流があった場合には夫婦で連名にしても構いません。

墨の色は?

お彼岸の香典の表を書く際の墨の色は黒墨を使用します。これは、薄墨を使用するのは訃報に接して悲しみの涙で墨が薄まったことを意味するためで、四十九日までの法要でもちいます。したがって、四十九日が終わって落ち着いた頃に行われるお彼岸の香典では、黒墨を使用するのが正式です。

お彼岸の香典の包み方

お通夜や葬儀での香典に用いるお札に新札を用いると、死期を予測していたと連想させてしまうため、旧札を使用する必要があります。しかし、お彼岸はあらかじめ予定が分かっているものですので、新札を使用しても問題ありません。

香典袋にお札を入れる向きは、お札の肖像画の書かれている面が香典袋の裏側にくるようにし、肖像画の位置が香典袋の上側にくるように入れるのがマナーです。お札の枚数は、割り切れる数を避け、奇数の枚数になるようにします。

中袋がある場合は表面には何も書かず、裏面の右側に金額を書き、左側には住所と氏名を記入します。金額を記入するときは漢数字や旧字を使用し、3千円であれば「金参仟圓(也)」、5千円であれば「金伍仟圓(也)」とします。

また、香典袋の外袋の折り方は下の折り返しを先に折り、次に上の折り返しを折って、上の折り返しが外側になるようにします。

お彼岸の香典の渡し方

香典袋は袱紗とよばれる小さな布に包んで持参するのが正式なマナーです。弔事と慶事で用いる袱紗の色には違いがあり、使い分けをしなければなりません。香典を包む袱紗は深緑や紫、茶色などの落ち着いた色のものを使用します。

香典を渡すときには、袱紗から香典を取り出し、袱紗を畳んでその上に香典袋をのせて差し出します。この時、表書きの文字が相手に読める向きにして、両手でお渡しするようにしましょう。

お彼岸で香典を渡すタイミング

お彼岸で香典を渡すタイミングは、家に着きなるべく早いタイミングがベストです。施主(家主)から出向かえを受けたら、「お仏壇にお供えください」といって、香典袋をお渡しするようにします。そして、お線香を上げさせていただきたいことを告げて、お仏壇に向かうようにしましょう。

寺院などで法要が行われる場合では、受付で袱紗から香典袋を取り出し、相手から見て表書きが正面になるような向きにしてお渡しします。この時「本日はお招きいただきありがとうございます。ほんの気持ちですが、御仏前にお供え下さい」と伝えましょう。

お彼岸でいただいた香典へのお返しはどうする?

お彼岸に頂いた香典へのお返しは、基本的には不要です。もし、家族以外の方から頂いたお香典などで、お返しをする場合には頂いたお香典の半額から3分の1程度の金額の品物をお返しにするようにします。どのくらいの金額にするかは地域にもよるので、事前に確認しておくのが良いでしょう。

お返しをする時には、お彼岸にお参りに来ていただいたことに対する、お礼状を添えることを忘れないようにしましょう。

また、お返しの品を送る時には掛け紙をかけて送るようにします。掛け紙の表書きは「志」や「粗供養」と書き、その下に施主のフルネームか家の名前を記載します。

まとめ

お彼岸にはお墓参りをするだけでなく、地域によっては初彼岸などの法要が営まれ、香典を持参する場合もあります。その場で慌てないように、あらかじめ香典の相場や包み方などのマナーを理解しておき、失礼のないようにしたいものですね。

▼お彼岸にふさわしいお供えや手土産を知りたい方はこちらの記事をチェック!

お彼岸のお供え物|おすすめの品物や金額、送る際のマナーも解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ