お彼岸にお墓参りをする意味は?いつ行けば良いかや服装・持ち物を解説

春と秋のお彼岸にお墓参りに行くのは日本の古来からの伝統行事ともいえます。しかし、お彼岸にお墓参りをする理由やマナーについては良く知らないという方も多いのではないでしょうか。この記事では、お彼岸のお墓参りについて解説します。

なぜお彼岸にお墓参りをするの?

お彼岸は仏教の考え方に基づいた言葉で、仏教では死後、三途の川を渡るとされています。三途の川を渡る前の世界は「此岸(しがん)」とよばれ、煩悩や迷いのある世界であると理解されています。対して、三途の川を渡った世界は煩悩を脱した悟りの世界である極楽浄土とされ、この三途の川を渡った先は「彼岸(ひがん)」とよばれており、彼岸ははるか西の方にあるとされています。

春分の日と秋分の日は太陽がちょうど真西の方角に沈み、此岸と彼岸が最も近づく日であり、故人のいる世界と現世の距離が最も近づく日になります。このことから、お彼岸にお墓参りをして、故人を偲ぶようになったといわれています。

なお、このお彼岸という考え方は他の仏教国にはなく、日本独自のものになります。古来からの自然信仰と仏教の思想が合わさり、そこに祖先を大切にする考え方が加わって、お彼岸にお墓参りをすることにつながっているのです

また、この時期は農業では種まきや収穫の時期にもあたります。そのため、農耕民族であった日本において彼岸の時期は、自然に感謝し、豊作を願う期間でもあります。

お彼岸のお墓参りはいついく?

では、お彼岸とは具体的にはいつのことをいうのでしょうか。お彼岸とは春分の日・秋分の日を挟んだ1週間のことを指し、春分・秋分の日を「お中日」とし、その前の2日間を「彼岸の入り」その後の2日間は「彼岸のあけ」とよばれます。

昼と夜の長さが同じになる日は、春は3月20日~21日、秋は9月22~23日ごろと毎年微妙に違っており、春分の日と秋分の日は年によって違います。2021年の春分の日は3月20日、秋分の日は9月23日であり、春は3月17日から3月23日、秋は9月20日から9月26日の1週間がお彼岸の期間となります。

お彼岸のお墓参りは、期間中であればいつ行っても良いとされています。また、お墓参りに行く時間帯は諸説ありますが、基本的にはいつ行っても構いません。朝に行くのが良いいわれても、お墓が遠方であれば難しいこともあります。このような時には午後からのお墓参りになっても問題ありません。

ただし、近くに用事で来たからというような「ついで参り」はしてはいけません。また、夜のお墓参りが良くないとされるのは、暗くなると足元が見えづらく危険があることや暗くてお墓の汚れや掃除に不都合が生じる、線香やろうそくの火の元の始末に心配があるからです。

大切なのは気持ちですので、お墓参りには安全にゆとりを持って行ける時間に行くようにすれば良いでしょう。

お彼岸のお墓参りですること

お彼岸のお墓参りでは、何か特別なことをしなければいけない、というものはありません。普段のお墓参りと同様の準備をしてお参りしましょう。

お墓参りではまず、お墓のお掃除をします。お墓をきれいに保つことはご先祖様を大切にするという気持ちを表すとともに、墓石の劣化を遅らせる効果もあります。墓石はやわらかいブラシで水洗いし、ほこりや苔、カビなどはこまめに取り除いておくようにします。また、墓石の周囲の雑草は取り除き、時々敷地内に敷いている玉砂利も洗うときれいなお墓を維持できます。

お墓の掃除が終われば、ろうそくを灯し、食べ物やお花をお供えします。線香に火をつけ焼香し、故人やご先祖様を偲び、感謝の気持ちを込めてお参りをするようにしましょう。

彼岸会では何をする?

お彼岸の期間には、それぞれの宗派で彼岸会(ひがんえ)を行う寺院もあります。彼岸会の期間中、仏教の各宗派ではさまざまな法要の儀式が執り行われ、檀家や信徒が寺院に集まり本尊やご先祖様の霊を慰め、その冥福を祈るというものです。

また、現世に生きるものが悟りの世界、すなわち彼岸に達するため極楽に行くための6つの修業である六波羅蜜の修業を実践するところもあります。

お彼岸のお墓参りをするときの服装は?

お彼岸のお墓参りは故人やご先祖様の供養をするためのものですので、お墓参りをする時にはその場にふさわしい服装を心がけましょう。

通常のお墓参りの場合

通常のお墓参りの時には、清潔感のある普段着で構いません。だたし、派手な色のものは避け落ち着いたトーンのものを心がけましょう。また、肌の露出をしすぎる服装はお墓参りにはふさわしくありません。ノースリーブやミニスカート、丈の短いショートパンツなどは避けるようにしましょう。

お墓の掃除を行う時は動きやすい、汚れても問題がないことも重要なポイントであり、特に靴には気を使いたいものです。ハイヒールや革靴は動きづらく、水がかかるのを避けなければならないこともあり、スニーカーの方が気にせずにお墓の掃除ができるのでおすすめです。

彼岸会に参加する場合

彼岸会は寺院で行われる合同の法要ですので、彼岸会へはきちんとした服装で参加するようにしましょう。必ずしも喪服でなくても構いませんが、男性では黒やグレーなどのダークカラーのスーツ、女性は落ち着いた色のワンピースなどが望ましく、肌の露出がないように気をつけて、ストッキングを着用しましょう。

小物は光沢のない黒のものとし、アクセサリーは一連のパールのネックレスとするのが好ましいです。

お彼岸にお墓参りをするときの持ち物は?

お彼岸にお墓参りをする時の持ち物は、通常のお墓参りで必要なものに加えて、お供えを持っていくようにします。また、お墓の掃除をする場合は掃除で使用するものが必要となります。

お墓参りに行くときの基本的な持ち物は、お参りをする際に手に持つ数珠、焼香をするための線香、お墓に供える花。あの世から故人の霊魂が降りてくるときの目印にするためのろうそく、ろうそくに火をつけるライターやマッチなどです。

お墓の掃除をする場合、墓地に掃除に必要なものがの備わってることもありますが、スポンジや歯ブラシ、タオル、ゴミ袋、ゴム手袋などは持参しましょう。

お彼岸のお墓参りでおすすめのお供え

お彼岸にお墓参りをする際には、故人やご先祖様に感謝と供養の気持ちを伝えるためにお供え物を持参します。お彼岸にふさわしいおすすめのお供えをご紹介します。

ぼたもち・おはぎ

お彼岸のお供え物といえば、ぼたもちやおはぎが代表です。ぼたもちとおはぎはよび方は違いますが、基本的にはもち米をあんこで包んだ同じお菓子となります。

ぼたもちは漢字で書くと「牡丹餅」となり、春の花である牡丹を表し、おはぎは「御萩」と書き、秋の花の「萩」を表しています。ですから、春にお供えするのがぼたもち、秋にお供えするのがおはぎとよび名が変わっているのです。

お彼岸にお墓にお供えする花は、丈夫で花もちが良いものがおすすめです。春のお彼岸にはストックやスターチス、キンセンカなどがおすすめです。いずれの花も長い期間花が楽しめ、華やかな小花が花束のアクセントになります。

秋のお彼岸には菊やユリ、リンドウ、トルコキキョウなどが良いでしょう。このほか、カーネーションは春と秋どちらの時期にも開花し、色も選べるため、故人の好みやイメージに合わせやすいでしょう。

線香・ろうそく

仏様には香りが最も良い供養であるといわれています。また、お墓参りに良い香りのお線香をお供えすることで、お線香の煙を通して故人やご先祖様とお話ができるとも考えられています。

お線香の香りにはさまざまなものがあり、お彼岸にお墓参りをされる時には普段使っているものとは違う香りを選ぶのもおすすめです。

故人が好きだったもの

故人が好きだった食べ物やお菓子、飲み物、お花などが分かっている場合には、好みのものをお供えすることが供養になります。それらのお供え物を通じて故人との思い出を振り返ってみると良いでしょう。

ただし、においや辛みのの強いにら、にんにく、ねぎ、らっきょうは「じかみ五辛」と呼ばれ仏教で食べることが禁じられていたため、お供えとしても避けたほうがよいでしょう。また、肉や魚などの生ものは殺生をイメージさせるため、お供え物としては好ましく無いため、その点には注意が必要です。

お彼岸のお供え物のマナー

お彼岸にお墓参りをして、お供え物ををする際に気をつけなければいけないこともあります。お供え物に関するマナーを知っておきましょう。

お墓参りが終わったら、花以外のお供え物は持ち帰る

お墓参りが終わった後、お供え物の食べ物や飲み物をそのままにして帰ると、カラスなどの鳥や野生の小動物に荒らされて、他のお花の所有者や墓地の方に迷惑をかけてしまいます。そのため、お参りが終わったら、花以外のお供え物は必ず持ち帰るようにしましょう。

お菓子など食べ物は、その場で食べてもよい

お墓にお供えしたお菓子などをその場で食べることはマナー違反にはなりません。故人と飲食を共にすることはそれも供養になります。お供え物を持ち帰るのが難しい場合などには、お墓参りをした人たちで感謝の気持ちを込めて、お供え物のお下がりを頂くと良いでしょう。

お彼岸のお墓参りに行けない時はどうする?

お彼岸は昔から、故人やご先祖様を供養する期間とされています。しかし、仕事の都合や遠方に住んでいるため、どうしてもお彼岸にお墓参りに行けない場合もあるかも知れません。そのような場合には、お彼岸の期間でなくても都合の着くときや帰省した時などにお墓参りに行くことで問題ありません。

自宅にお仏壇がある場合であれば、お線香を手向けてお仏壇に手を合わせると良いでしょう。故人やご先祖様を敬い、感謝の気持ちをもっていることが何よりも大切なことです。

まとめ

お彼岸は春分の日と秋分の日の前後一週間の期間をいい、故人やご先祖様を供養する日本に独特な風習で、この期間はお墓参りをする期間と認識されています。

しかし、お彼岸のお墓参りや彼岸会に参加するときにはお供え物や服装などのマナーがあります。これらのマナーを守って、心からご先祖様に感謝の気持ちを伝えましょう。

▼お彼岸に香典は必要?表書きや金額は?気になる方はこちらの記事をチェック!

お彼岸に香典は必要?初彼岸の場合や相場金額、香典袋の書き方を解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!
この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ