葬儀のお供え物の種類と選び方 ❘ 宗教ごとの選び方と気を付けておきたいこととは

葬儀に参列した時に祭壇に供物が供えられているのを目にしたことがある人もいらっしゃるでしょう。しかし、この供物はどのような場合に贈るのか、またその贈り方のマナーで気を付けなければいけないことなど、知らないことも多いのではないでしょうか。

この記事では、葬儀や法要の時におくる供物の費用の相場や、送る際のマナー、送り方、注意点など供物を贈る時に気をつけておきたいことについて解説していきます。

供物とは

供物は故人や仏様などに対して、感謝と弔意を表すために贈るもので、親族や近親者、故人と親しかった友人、故人が所属していた会社や学校などから贈られることが多いです。これら以外の関係の方は送ってはいけないという決まりはありませんが、最近では葬儀自体が小規模で簡素化される傾向にあり、近親者であっても供物を送ること自体が少なくなってきている傾向にあります。

供物をおくるのであれば香典はどうするのが良いかと迷うかもしれません。香典とは香やお線香を準備するために使ってくださいという意味をもって包むものであり、供物のひとつと考えられるため、香典をおくる場合には供物は必要ありません。

ただし、会社や学校の友人などの大人数で供物や供花をおくる場合には、葬儀に参列する時には個別で香典を持参するようにすると良いでしょう。

また、故人や家族の意向により香典や供物を辞退されていることがあります。葬儀や法要の案内にそのような記載がある時に供物をおくってしまうとかえって相手に迷惑をかけることになります。もし、辞退の意向が明らかにされている場合には供物や香典は不要です。

供物にかける費用の相場とは

供物の相場は故人との関係性にもよりますが、だいたい5千円~1万5千円くらいが相場になります。供物は祭壇にほかの人が贈られたものと並べられるため、費用をおさえすぎると見劣りしてしまい恥ずかしい思いをすることになります。かと言って、高価すぎても、ほかの供物と並べた時に目立ってしまいますので、香典と同等の金額のものを贈るようにするのが良いでしょう。

また、供物は線香やお菓子などの小さいものであれば持参しても良いですが、盛籠にしてもらう時には祭壇に飾った時の統一感を失わないために、葬儀会社に依頼をして準備してもらうようにしたほうがよいでしょう。

宗教ごとのおすすめの供物の種類とは

供物として贈るものは基本的には故人が好きだったものを贈ると良いのですが、宗教によって供物としてふさわしいものや、贈ってはいけないものがあります。そのため、供物をおくる時にはそれぞれの宗教に適したものを選ばなければならず、どのようなものをおくるのが良いかをあらかじめ知っておきましょう。

仏教でおすすめの供物の種類

供物はもともとは仏教の五供(ごくう)と呼ばれるお供え物に由来します。五供は「香」「花」「灯明」「水」「飲食」を基本のお供え物とすることで、この五供をもって先祖の供養を行います。

したがって、仏式の供物ではこれらを基本として品物を選ぶようにすると良いでしょう。具体的には、日持ちのするお菓子や缶詰、季節の果物を盛籠に詰め合わせたものなどがおすすめです。そのほか、香や線香、ろうそくなどを持参しても構いません。また、地域によっては仏壇の脇におく灯籠などを供物として贈る地域も見られます。

神道でおすすめの供物の種類

神式の葬儀での供物は仏式と同様に、お菓子や果物の盛り合わせを贈ると良いでしょう。ただし、神道では仏教とは考え方の違う部分もみられます。たとえば、海産物は神道では神の恵みとされ、供物としてお供えされます。

また、お酒も神道では神聖なものとされるため供物として贈ってもマナー違反とはなりません。そのほか、神の恵みの五穀なども供物として贈るのにふさわしいです。

キリスト教でおすすめの供物の種類

キリスト教には祭壇に供物を飾るという考え方はなく、供花として生花のみが飾られます。したがってキリスト教の葬儀には生花を贈るようにしましょう。

供花には白を基調としたユリや胡蝶蘭、カーネーションなどが良く用いられます。ただし、キリスト教の中でも宗派によって供花のマナーに違いがあるため、事前に教会や葬儀場などに確認をしておくほうが良いでしょう。

供物として送ってはいけないものとは

宗教によって供物として贈らないほうが良いものもあるため、注意が必要です。

仏教では不殺生戒の戒律により、生き物の命を絶つことを禁止しています。したがって、肉や魚などの生ものを供物とするのはふさわしくありません。このほか、仏教ではお酒を贈るのも不飲酒戒の戒律によりマナー違反とされることがあるため避けたほうがよいでしょう。

また、神道では仏式の供養の方法である線香や香、ろうそくなどを神前に供えることはふさわしくないとされるため、供物として贈ることは避けましょう。

供物を送る際の注意点

葬儀に供物をおくる時には何を贈るのか以外にも、注意をしなければならないことがあります。これらを守らなければせっかくの気持ちがマナー違反になってしまいますので、そうならないように気をつけましょう。

親族の了承をとる

供物をおくる時には、必ず親族に了承を取るようにします。なぜなら、故人やご遺族の意向によって供物をご辞退されていることがあります。

また、贈るものによっては場所を取ってしまったり、祭壇や式の雰囲気や大きさにそぐわない場合もあります。供物を贈る時には事前に葬儀場の方などに、大きさや雰囲気など、どのようなものにすればよいのかを相談をして決めるようにしましょう。

供物の手配を葬儀場に依頼をすれば、雰囲気に合ったものを選んでもらえるため手間もかからずおすすめです。

葬儀が始まるまでに届くようにする

供物は葬儀では通夜から告別式の間祭壇の脇に飾っておくものです。したがって、通夜が始まるまでには届いていなければなりません。ただし、届いてから準備をする時間を考えると、余裕を持ってお届けしておくのがマナーです。出来れば通夜の前日まで、遅くても通夜の当日の午前中には届くように手配をしましょう。

同様に、法事の場合は式の間に供物をお供えすることになります。法事では葬儀のように事前の準備が大がかりではないですが、法事が始まる1時間前までには届くように手配をしましょう。

のし紙の水引の選び方と表書き

供物を贈る時には弔事用の包装紙やのし紙を選びます。葬儀や法事に供物を贈る時には包装紙の上からのし紙をかける外のしとし、誰から贈られた供物かが分かるようにするのが望ましいです。

また、水引は5本の結び切りのものを使用し、水引の色は東日本では黒白または双銀、西日本では黄白または双銀が選ばれます。

表書きは仏式では「御供」「御霊前」「御霊前」などとし、神式では「御玉串料」と記載します。もし、宗教が分からない場合や無宗教葬の場合には「御霊前」としておけば、どの宗教にも対応できます。

まとめ

供物は故人やご遺族への弔意を表す贈り物であり、親族やごく親しい身内、会社などの組織として贈られるものになります。

ただし、供物をおくる時には供物の選び方や、贈り方、注意することなど、宗教や地域によってさまざまなマナーがあります。特に贈られる側の遺族への配慮を忘れないようすることがたいせつです。そのため、ご遺族には事前に了承を得ておき、どのようなものを贈るのが良いのか迷ったときには、必ず葬儀場の方などに相談をしてマナー違反を避けるようにしましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ