別れ花とは?納棺・出棺時に手向ける花の種類とお別れの儀の流れ

葬儀・告別式が終了すれば一般の参列者は会場から退場し、親族や近親者は会場に残って別れ花と呼ばれる棺の中に花を手向る儀式で最後のお別れをします。

ただし、葬儀の規模や喪主の意向によっては親族ではなくても別れ花を供えるように求められることがあります。急遽そのようなことになった場合でも慌てることがないように、この別れ花とはどのようなものなのかをご紹介します。

©Syda Productions/stock.adobe.com

別れ花とは

葬儀・告別式が滞りなく終了すると出棺され棺を火葬場に移送することになります。

ただし、告別式の後すぐに出棺されるのではなく、出棺までには近親者によって最後のお別れのを行う時間が設けられています。このお別れの儀式では、ひとりひとりが棺の中の故人の周囲に花を手向けていきます。その際に棺に入れる花またはこの一連の儀式のことを別れ花と呼びます。

© Suguru/stock.adobe.com

別れ花をする意味は?

別れ花を行った後は遺族や親族によって棺のふたにくぎ打ちがされます。したがって、お別れの儀を行った後は棺のふたを開けることはできなくなり、火葬場では故人の姿を見ることはできません。

そのため、出棺の前に行う別れ花の儀式が故人と対面できる最後の機会となり、この別れ花の儀式は遺族にとって大きな意味を持つことになります。

基本的には供花を入れる

葬儀では祭壇の飾りや親族などから贈られた供花としてたくさんの花が飾られています。したがって別れ花は基本的にはそれらの祭壇に飾られた供花を使用することがほとんどであり、新たに別れ花用のお花を準備するようなことはあまり見られません。

つまり、それまで祭壇に飾られていた花や供花を一輪ずつになるようにカットされて準備がされることになるのです。別れ花の準備は葬儀・告別式が終了したあとに、葬儀場のスタッフによってその場で行われます。

© Tsuboya/stock.adobe.com

別れ花にふさわしい花の種類

別れ花には一般的には白を基調とした落ち着いた色の花が好まれます。花の種類としては百合や菊、カーネーション、蘭、カラー、グラジオラスなどがよく用いられます。ただし、最近では色に関してもこれらにこだわりすぎる必要がないとされるため、淡いピンクや紫色などの色も好まれます。したがって、あまり考えすぎずに故人の好きだった花を選ぶようにすると良いでしょう。ただし、血液を連想させるような赤い花や毒を持つ花、とげのある花、においの強い花などは避けるようにしたほうが良いでしょう。

お別れの儀の流れ

一般的なお別れの儀である別れ花は次のように行われます。遺族にとっては大事な時間であるためマナー違反とならないようにしていきましょう。その反面、出棺までの時間に行われるため儀式がスムーズに進行するような配慮も必要と言えます。

  1. 葬儀・告別式が終了した後、お別れの儀に参加されない遺族や親しい関係者以外の方はは葬儀会場から退場されます。
  2. 葬儀場のスタッフによって棺が祭壇からおろされて祭壇の前に移動されます。参列者は棺のふたを開けて故人との最後のお別れをします。
  3. 葬儀場のスタッフにより飾られていた生花が小さく切り分けられ、別れ花としてお盆にのせられて配られてきます。
  4. お盆にのせられた別れ花をひとりずつ順番に、最初は一輪ずつ受け取るようにします。
  5. 喪主、喪主の配偶者、親兄弟、子供、孫など故人に近い人から順番に故人と対面しながらご遺体の周囲に別れ花を入れていきます。最初はお顔の周囲から入れていくようにしましょう。
  6. 全員が花を手向けた後、まだ別れ花が残っているようであれば関係性や順番は関係なく数本ずつ受け取りながらすべての別れ花を棺に入れていくようにします。ただし、出棺までの時間の余裕がない場合には、葬儀場のスタッフによってお手伝いがされることも見られます。

©マツ/stock.adobe.com

別れ花の値段は?

別れ花は多くの場合、祭壇に飾られている花や供花を利用して行います。なので、故人の好きだった花で見送ってあげたいと思う場合には、遺族にそのことをお伝えして供花として贈るようにすると一緒に棺に入れてもらうことが出来るでしょう。

なお、供花の相場としては一基で7,500円から15,000円程度となり一対で贈る場合にはその倍の金額となります。

また、通夜や告別式を行わず祭壇を作らない直葬や火葬式などの葬儀の形であっても、最後は棺に別れ花を入れて送り出してあげたいと思うこともあるでしょう。このような場合にでも別れ花を準備して、お別れの儀式を行うことは可能です。

別れ花の値段は花の量や種類によって違ってきますが、お顔周囲だけにお花を添える場合で2万円ほど、全身にお花を添えるのであれば6万円ほどが相場となるようです。

花以外を納棺してもいいの?

納棺の際には別れ花以外にも故人の愛用品などを一緒に入れることがあります。

ただし、棺に入れてはいけないものもあるため、愛用品であっても棺に入れられるものであるかの確認が必要です。特に火葬によって燃え尽きないものや火葬場の炉を痛めるようなものは入れてはいけないことになっていますので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。

まとめ

故人との最後のお別れの儀式で用いられる別れ花について解説してきました。お別れの儀は故人と対面できる最後の機会になります。火葬される前に故人の姿をしっかりと胸に焼き付けるとともに、生前の雰囲気や故人の意向にあった別れ花で心に残るお見送りとしていただきたいと思います。

 

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ