無宗教葬とは?無宗教の方のための新しいお葬式 | 流れ・費用

©ayaka_photo/stock.adobe.com

近年、宗教へのこだわりをあまり持たないという人も増え、故人の意向やその人らしさを優先した葬儀をされるなど葬儀の多様化が進んでいます。その中でも宗教的な概念や思想にとらわれずに自由な形式で執り行われる無宗教葬が今着目されています。

この記事では、無宗教葬とはどのようなものであるのかやその費用や注意することなどを分かりやすくご紹介していきます。無宗教葬が気になっている方は是非参考にしてください。

無宗教葬というお葬式のかたち

無宗教葬とは宗教や古くからの風習にとらわれず、自由な形式で執り行う葬儀のことを言い自由葬とも呼ばれます。

古くから日本では仏式の葬儀が一般的ですが、最近では特定の宗教の信仰がないという人も増えてきており、そのような人を中心に無宗教葬を選ばれる方も年々増えてきています。

無宗教葬の特徴

無宗教葬の特徴として従来からの仏式で行うような、僧侶による読経や焼香などの宗教的な儀式は行われません。そのため、葬儀の流れには決まった形はありません。例えば故人が好きだった音楽を流したり、生前の姿をビデオや写真で偲んだり、お別れ会のような形にしたりなど故人らしさを取り入れた葬儀のスタイルにすることが可能です。

自由度が高く故人らしさが表現しやすい

無宗教葬では葬儀の進行は遺族が自由に決めます。読経の代わりに故人が好きだった音楽を流すなど故人らしさを表すことができるように、様々な趣向を凝らしていることが多いです。したがって通常の葬儀とはかなりイメージが違い戸惑うこともあるかもしれません。ただし、無宗教葬に参列する場合には何でも自由というわけではなく、服装は遺族からの特段の指定がない限りは喪服に準じた服装で参列するようにしましょう。ただし、数珠は宗教的な儀式はないためなくても問題はありません。また、無宗教葬であっても香典は持参するようにします。

読経・戒名の必要がない

宗教へのこだわりが無かったり、特定の信仰を持たない故人への無宗教葬では、僧侶を招いて読経をしてもらうことはしません。また、戒名は仏門に入るにあたって授かるあの世の名前ですが、戒名とお葬式を切り分けて考え、お葬式はするけれども戒名はいらないと考える人も増えています。そのような人にとっては、宗教的な儀式をしない無宗教葬であれば戒名を付けずに葬儀をあげることが可能になるのです。

無宗教葬の基本的な流れ(式次第)

故人や遺族が自由に流れを決めることができる無宗教葬ではこれをしないといけないとか、このような流れで進行するというような決まりはありません。

以下では基本的な流れの一例を紹介します。

1.開式の言葉

司会者により開式が告げられます。

2.黙とう

読経に代わり黙とうを捧げ故人の冥福を祈ります。

3.献花や献奏

焼香の代わりに献花を行います。思い出の写真でスライドショーやビデオを流して故人を偲びます。故人の好きだった音楽を流したり、生演奏による演出などをされることもあります。

4.弔辞や弔電

参列頂いた方にお別れの言葉を述べて頂いたり、弔電を紹介します。

5.喪主の挨拶

喪主や遺族代表から参列者へお礼の言葉を述べます。

6.出棺

葬儀場から火葬場に出棺します。

7、会食

火葬後、親しい人が集まり会食をすることもあります。

これらはほんの一例ですので、故人が好きだったことに関連したものを取り入れて自由に式を組み立てていくことができます。

無宗教葬にかかる費用の目安は?

©Syda Productions/stock.adobe.com

無宗教葬では宗教的な儀式を行わないため僧侶への御布が必要でなく、その分の費用はかからず、加えて戒名も付けない場合では一般葬に比べてかなりの費用を抑えることができます。

ただし、無宗教葬にかかる費用はその規模やどのようなことを行うのか、その内容によって金額は大きく変わるため相場といえるものはありません。

大まかには葬儀場などの会場費、供花・供物の費用、エンゼルケアや遺体の保全にかかる費用、棺や霊柩車の費用、演出にかかる費用が必要になります。これらを加えるとおおよそ20万円~70万円くらいの費用がかかることになります。

また、このほか火葬場での費用は別途必要になりますので注意が必要です。

葬儀場・会場にかかる費用

葬儀場の使用料や祭壇の費用かかかります。施設使用料は5千円~3万円程度が相場です。その他、遺体の搬送料金がかかる場合もあります。

祭壇は安いもので10万円ほどですが、高いものだと120万程度するものもあります。しかし、無宗教葬の場合には祭壇は必ずしも作る必要はなく祭壇を作らなければその分費用を抑えることができます。

思い出の写真養を飾るメモリアルコーナーを作る場合にはその分の費用も見ておきましょう。また、式の進行に司会を依頼する場合にはその費用が別途必要になることもあります。

供花・供物にかかる費用

喪主花として供花を飾る場合には一基で7千円~1万5千円が相場となり、2つ分の一対として飾るとその倍の費用がかかります。その他にも祭壇にも花を飾る場合にはその費用も必要です。

また、写真のスライドショーやビデオなど演出に使用するものを業者に作成依頼する場合はその費用も考えなければなりません。相場としては5分~10分程度のもので2万~5万円となりますが、ナレーションの有無や元のデーターの種類によって費用は変動します。

エンゼルケア・遺体の保全にかかる費用

亡くなった後の死後の処置と、死化粧などで生前に近い姿にすることをエンゼルケアと言います。病院や介護施設などでの死後の処置にかかる費用は無料~3万円程度ですが、葬儀社などで湯灌を依頼するとなると10万円前後かかります。

このほか、夏場や火葬までの期間が長い場合には、エバーミングと言ってご遺体に殺菌、消毒、防腐処理を施しご遺体を保全します。エバーミングにかかる費用は基本料金で15万円~25万円程度になります。ご遺体の状態や搬送距離によっては料金が別途かかる場合もあります。

また、ご遺体を自宅に安置する場合などでは安置している間の腐敗を防ぐためにドライアイスを使用することもあります。ドライアイスの費用は外気温や時間数にもよりますが5千円~3万円程度となります。

棺・霊柩車にかかる費用

ご遺体を納棺する棺はグレードによって4万円から100万円を超える高級品まで金額に開きが見られます。これは棺の材質や装飾の違いによるものです。装飾のないシンプルな合板製のものは安価ですが、檜の無垢の材質を使用し豪華な装飾や彫刻を施したものになると金額も高価となります。

また、自宅や葬儀場から火葬場までの移送をする霊柩車の費用は霊柩車のタイプや走行距離によって金額が変わりますが走行距離が10kmまでの場合、おおよそ1万円~5万円程度となります。

おもてなしにかかる費用

無宗教葬の場合でも香典を頂いたり、会葬いただいた際の会葬御礼品は必要になります。香典返しは一般葬の場合と同じく半返しから3分の1程度の返礼を、会葬御礼品は500円から千円程度のものを準備するようにします。また、火葬後に近親者で会食をする時にはその費用も見ておく必要があります。

無宗教葬の場合の供養の方法

宗教にこだわらないスタイルの無宗教葬ですが、供養は大事にしたいという方もいらっしゃるでしょう。もともと供養は宗教的な弔事ですので無宗教葬で葬儀を執り行ったけど供養をしたいという方は注意が必要です。

無宗教の場合、埋葬・納骨する場所が限られている

無宗教葬を行い戒名がない場合の弊害として、埋葬や納骨のできる場所が限られてしまうということが挙げられます。菩提寺や多くの寺院はどの宗教かという縛りがあり、同じ宗派を進行している人を受け入れています。したがって、信仰する宗教が無かったり、葬儀で宗教的な儀式をしない無宗教葬を執り行った場合には、これらの寺院に埋葬されたりお墓に入ることができません。そのため、埋葬や納骨をするためには宗教の縛りのない民間や公営の墓地や霊園を探すことになります。ただし、無宗教葬を選ばれる場合には宗教に対してのこだわりがないのと同様に、お墓に対してのこだわりがないことも多く、無宗教でも問題ない海洋葬などの散骨を選ばれる方がよくいらっしゃいます。

無宗教でも四十九日は必要?

無宗教である場合は葬儀の後に行う法要にも決まりはありません。宗教的な考えがないため喪中という概念がないので、納骨は火葬後決まった時期なく行うことが可能です。したがって四十九日の法要は必要ありません。ただし、中には四十九日には読経してもらったり、故人を偲ぶために仏式の法要と同じようなタイミングで遺族が集まるような場合も見られます。

無宗教葬をおこなうときの注意点

©tamayura39/stock.adobe.com

故人らしさを演出でき宗教へのこだわりがない場合にはメリットが大きいと思われる無宗教葬ですが、その内容についてはまだ広く理解されているわけではなく、注意が必要なこともあります。これらを事前に確認しておかないと葬儀の後で思わぬトラブルに発展することもあるため、しっかりとチェックしておきましょう。

親族の同意を得る

近年、無宗教葬が増えてきているとはいえ、まだまだ多くの場合は従来の仏式の葬儀を行う人が大部分を占めていることから、家族や親戚などには無宗教葬に対する理解がえられないことがあります。

特にこれまで先祖代々のお墓を守ることが続いていた場合などでは、そのお墓に入る人が途絶えることになることもあり得ます。そのため、事前に家族や親戚には無宗教葬での葬儀とした時に問題は生じないかの相談や確認をしておくようにしておきましょう。

菩提寺がある場合は相談する

菩提寺とは先祖代々のお墓のあるお寺のことです。菩提寺と家の間では檀家になる契約がさ結ばれており、通常葬儀は菩提寺の住職に読経を依頼し、その後の法要も執り行ってもらいます。そのため、檀家の誰かが亡くなった時に、菩提寺が読経を行わず宗派の習わしに従わないスタイルの無宗教葬にすることは菩提寺にとっては想定していないことと言えます。これからの供養や先祖のお墓のこともあり、葬儀を無宗教葬としたい場合には勝手に行わず、事前に菩提寺に相談をしておくことが必要です。

納骨・埋葬先を決めておく

先に述べたように戒名を付けない無宗教葬の場合には、納骨や埋葬する場所が限られてきます。そのため、事前に霊園や墓地を決めておいたり、どのような納骨の方法を取るのかを具体的に決めておくようにしましょう。また、海洋散骨などの埋葬ではない方法を希望している場合には、自分がイメージしているようなことが出来ない場合もあるかもしれません。必ず事前に確認しておくようして、トラブルにならないように注意しましょう。

まとめ

時代の変化と共に新しい葬儀のスタイルとして注目されている無宗教葬ですが、そのメリットやデメリットなどを良く知っておくことも大切です。故人らしい見送り方を実現するためには、事前に周囲の人とも相談し理解を得ることを忘れないようにしておきましょう。

この記事を書いた人:寺岡 純子

この記事を書いた人:寺岡 純子この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ