香典の中袋・中包みの表書き・裏書きの書き方、そもそも中袋は必要?

お葬式の連絡をもらったとき、香典を準備しなければと思うものの、いざ香典袋を前にするとどのように文字を記入するのか悩んでしまったことはありませんか?
香典袋には中袋・中包みがついているものもあって一筋縄ではいきません。
この記事では香典袋の書き方について、そもそも中袋は必要なのかどうかも合わせて説明をしていきます。

香典とは?金額相場・書き方・包み方・渡し方などマナーを完全解説

香典袋の中袋・中包みはなぜ必要?

香典袋の中袋や中包みは現金を入れたり、包む為のものです。
大切な中身を守り、外側から決して覗かれないようにするためにあるものといえるでしょう。
また、中袋・中包みがある香典袋の場合には金額は中袋・中包みに記入しますが、無い場合には外袋に金額を記入します。
そのため、開けた人以外に香典の金額を知られたくない場合には、中袋・中包みがある香典袋がよいでしょう。

香典袋中袋・中包みはなくても良い

香典袋の中袋・中包みはなくても全く構いません。
これは中袋・中包みの有無に明確な決まりがなく、中袋・中包みが無いことでお金をそのまま入れるのは丁寧ではないと考える人と、中袋・中包みがあると外袋と合わせて二重に包むことになるので、不幸が重なることが連想されて縁起でもないと考える人が両方いるからです。
また地域によっても考え方が異なるので、中袋・中包みの有無で必要以上に悩む必要はありません。
困ったら周りの人に聞いてみると良いでしょう。

香典を中袋なしで渡す場合の書き方・お札の包み方

外袋:中袋・中包みがある場合の香典袋の書き方

香典袋は中袋・中包みがある場合と無い場合で、記入する事柄の場所が変わってきます。
中袋・中包みがある場合、香典袋の外袋の「表面」には、「表書き」と「名前」を記入します。なお外袋は薄墨を使用して記入しましょう。これは突然の出来事で墨をする時間もありませんでしたという意味で、香典をおくる際のマナーです。

©minianne/stock.adobe.com

宗教・宗派ごとの表書き

表書きは、香典袋の表面の中央上部に書くもので、参列をするお葬式の宗教・宗派によって異なります。

  • 浄土真宗以外の仏教「御霊前」「御香典」「御香料」など。
  • 浄土真宗…「御仏前」「御香典」「御香料」など。
  • 神式…「御霊前」「御玉串料」「御榊料」など。
  • キリスト教(カトリック)…「御霊前」「御花料」「献花料」「御ミサ料」など
  • キリスト教(プロテスタント)…「御花料」「献花料」「忌慰料」など

参列するお葬儀の宗教・宗派がわからない場合は、「御霊前」が最も無難ですが、仏教とだけわかっている場合にはどの仏教の宗派にも使える「御香典」がよいでしょう。

▼香典の書き方を知りたい方はこちらの記事をチェック

香典袋の書き方は?表書きや金額、名前、中袋がある場合の書き方について解説

名前の書き方

表書きの下に名前を書きますが、この際、名前はフルネームで記入するのがマナーです。
2人や3人での連名の場合は右から順に目上の人から書き、序列が無い場合にはあいうえお順で記入しましょう。
夫婦の連名の場合は夫の名前のみを記入するのが一般的ですが、妻の名前を書き添えても構いません。
4人以上の連名の場合は、代表者名書いた左下に「外一同」「他〇名」などと記入し、香典を出した人の名前・住所・香典金額を別紙に書いて香典袋の中に一緒に入れておきます。

▼香典の名前の書き方を知りたい方はこちらの記事をチェック

香典の名前の書き方とは?一人の場合や夫婦連名の場合などシーン別に詳しく解説

中袋:中袋・中包みがある場合の香典袋の書き方

ここでは中袋・中包みに記入する事柄を見ていきます。
中袋・中包みには住所や金額、名前を記入しますが、中袋・中包み自体に住所や金額を書くための場所が線などで定められている場合には、それに従って書き入れれば問題はありません。
また、外袋は薄墨で文字を書くのがマナーですが、中袋・中包みには金額や香典返しに必要な住所など大切な事柄を書くため、黒の毛筆ペンやボールペンなどではっきりと文字が遺族に伝わるように記入しましょう。

住所・名前の書き方(裏面)

住所は中袋・中包みの裏側の左下に、縦書きで記入します。
住所は香典返しなどで遺族が必要としますので、郵便物が届くように郵便番号や番地、マンション名などをしっかりと書くようにしましょう。
郵便番号も縦書きで、一・二・三…などの漢数字を使いましょう。
その左に名前をフルネームで書き添えます。

金額の書き方(表面)

金額は中袋・中包みの表面の中央に、縦書きで大きく記入します。
表面に書くのは金額だけですので、小さすぎるとバランスが取れませんので気を付けたいところです。
またこの金額を書く際は「大字(だいじ)」と文字を使って書きます。
大字とは簡単な漢数字の代わりに使う漢字で、「一」を「壱」、「二」を「弐」、「三」を「参」などとすると同時に、「万」を「萬」、「円」を「圓」としますので、例えば「3万円」と書きたいのであれば「金参萬圓也」と記入することになります。
「也」はつけてもつけなくても問題はありません。
なお、横書きの場合には、「¥30,000-」と英数字で記入して構いません。

▼香典金額の書き方を詳しく知りたい方はコチラ

香典の金額の書き方のマナー ❘ 3000円や5000円などの実際の書き方をご紹介

中袋・中包みへのお札の入れ方・包み方

中袋・中包みがある香典袋の書き方がわかれば、次は重要な中身、つまりお札の入れ方と包み方を見てきましょう。
お札は裏表がわかりにくいですし意識している人は少ないでしょうが、入れたり包んだりする正しい向きがあるのです。
最近ではあまり気にされなくなってきたとはいっても正式なマナーがありますので、可能な限りマナーに沿ってお札を入れるにこしたことはありません。

中袋へのお札の入れ方

お札は、肖像がある側が「表」で、肖像がない側が「裏」と決まっています。
中袋は封筒型ですのでお札は上から入れますが、お札の裏が封筒の表側に来るように入れるのがマナーです。
これは肖像を下に向けることで喪に服するという意味を表しています。
また、その際には金額が書かれている角が下に来るように入れましょう。
入れるお札の向きが裏表と上下がバラバラにならないように、揃えて入れるように気を付けましょう。

中包みへのお札の包み方

中包みは白く無地の紙でそこにお札を入れて包みますが、外袋に入れた時の向きは中袋と同じで、お札の人物の無い側が表に来るようにし、金額が書かれている角が下に来るように包むのです。

  1. 中包みを広げ、中央にお札を裏面で金額が右上に来るように置きます。
  2. 下をお札に沿って折ります。
  3. 左をお札に沿って折ります。
  4. 右をお札に沿って折ります。
  5. お札ごとを下から上へ折りあげます。
  6. 上を下へと折ります。

表側にするには、一度裏返す必要があり、最後に折った部分が向かって左下に来るように縦にしたまま外袋の表に合わせて入れると完成です。

▼お札の入れ方を詳しく知りたい方はコチラ

香典の入れ方・包み方 ❘ お札や中袋への正しい入れ方とは?

まとめ

今回は香典袋の中袋・中包みがある場合について記入の仕方やお札の入れ方・包み方を解説してきましたので、ここでまとめてみましょう。

  • 香典袋の中袋・中包みはある場合と無い場合があるが、どちらを使用しても構わない。
  • 香典袋の中袋・中包みがある場合、外袋には表書きと名前を、中袋・中包みには金額・住所・名前を記入する。

香典には細かなマナーがありますが、これも昔から故人への気持ちを形にしてきた名残ですので、できればマナーを守って香典を準備して頂ければ幸いです。

▼香典袋に関するマナーのまとめはこちら

香典袋のマナー ❘ 書き方やお札の入れ方、種類ごとの違いについて徹底解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

ヒトシア編集部:舩越 結

資格:終活ガイド
介護福祉士の母と兄を持つWEBマーケター。「ヒトシア」を通じて老後を人生で一番楽しい時間にするためのお手伝いをします。気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

関連する記事

記事のカテゴリ