喪主の役割とは?やることや決め方、施主との違いなどを解説!

葬儀では、「喪主」という役割があります。喪主は、一族を代表しての挨拶や取りまとめなど、重要な役割を担います。今回は、葬儀での喪主の役割について解説をします。

喪主とは

喪主は「喪に服する主」、つまり葬儀において遺族を代表する役割です。葬儀社との打ち合わせや、一族の取りまとめ、遺族を代表しての挨拶など、葬儀を取り仕切る立場にあります。

喪主と施主の違い

喪主は「葬儀で遺族を代表する人物」であるのに対し、施主は「葬儀にかかる費用を負担する人物」です。個人の葬儀では、喪主が施主を兼任するケースがほとんどであるため、施主という言葉を使う機会は減っています。施主をおく場合、世帯主もしくは故人と血縁関係が濃い方が施主となるケースがほとんどです。

喪主と施主の違いは?決め方やそれぞれの役割などを解説

喪主は誰がやる?

喪主は、故人の連れ合いや子など、故人との血縁関係が濃い方が行うことが一般的です。家族構成にもよりますが、故人の連れ合い、もしくは長男(長女やその夫)が行うケースが多いです。

ひと昔前では、葬儀には跡継ぎのお披露目の場という役割もありました。現在においても、これからの家を代表する人物が喪主をするという習わしが残っています。

ただし、「誰が喪主を務めるべき」という決まりはありませんので、喪主となる人物は、家族間の話し合いにより決定して構いません。年齢や健康上の問題、関係性などを考慮して、長男ではなく次男が喪主をするケースや、長女やその夫が喪主をするケースもあります。喪主となるのに性別は関係ありませんが、女性の場合は「前に立ちたくない」という理由で敬遠される方も多いです。

仕事と役割には何がある?

葬儀において、喪主が行う仕事にはどのようなものがあるでしょうか。喪主の役割について解説をします。

葬儀の準備

葬儀内容の決定を行うのは、喪主の役割です。葬儀社の決定、葬儀の日程、葬儀の規模やプランの決定など、葬儀の打ち合わせの中心となり決定していきます。

内容が決定した後には、親族や参列者への連絡、受付係の依頼、遺影写真の原板の準備、式場に展示したり棺に手向ける故人の愛用品の準備、食事関係や生花の注文の取りまとめなどを行います。

その他にも、遠方からの参列予定があれば、宿泊先や移動手段の手配を行う必要があります。

通夜・葬儀当日の監督

通夜や葬儀が滞りなく行われるよう、人員配置や取り決めを行います。信頼のおける人物に受付係、連絡係を依頼し、喪主はなるべく弔問対応に専念できるようにします。葬儀担当者との打ち合わせにて、生花供物の配置、焼香順位、読み上げる弔電の選定、出棺時の配車などの取り決めをします。

葬儀での挨拶や弔問対応

通夜や葬儀の場面において、親族や参列者、お坊さんの出迎えや見送りをする役目があります。参列者からお悔やみの言葉に対し、丁寧にお礼を伝えます。

参列者の焼香の際には、参列者に対して一礼を行います。通夜や葬儀の読経終了後、一族を代表して喪主挨拶を行い、故人の生前中や参列に対して感謝の気持ちを伝えます。

菩提寺や参列者との連絡

菩提寺や親族、参列者に対し、訃報の連絡を行います。通夜葬儀の日時が決まり次第、親族や友人関係、学校や会社関係などに周知をします。訃報連絡には時間や手間がかかりますので、なるべく複数人で手分けをして行うようにすると良いでしょう。

葬儀後の各種手続きやお礼の手配

葬儀後にも、喪主には重要な役割があります。故人の年金や、健康保険、生命保険、その他加入している先に対し、死亡や退会の手続きを行います。また、香典返しや、忌明け法要の準備、仏壇や墓の段取りを行うのも喪主の役目です。

葬儀・通夜で喪主がやることは?葬祭ディレクターが葬儀前から後まで解説

喪主をやりたくない!拒否することは可能?

喪主は、葬儀において大切な役柄ですが、「年齢や体調的に難しい」または「目立つ役割はやりたくない」と思われる方もいるのではないでしょうか。

喪主を引き受けたくない場合の対処法としましては、どなたかに代役として喪主をしてもらうか、もしくは複数人で喪主の仕事を行うという手があります。それでは順に解説していきます。

対処法①複数人で分担する

「自分一人で喪主の仕事をやり遂げる自信が無い」という場合には、喪主の仕事を複数人で分担する方法があります。すべての仕事を喪主が一人で背負う必要はありません。

協力してくれる家族がいる場合、親族への連絡や、葬儀社の打ち合わせ、遺影写真やその他必要な物の準備などを複数人で分担して行いましょう。特に女性が喪主の場合に、「大勢の人の前に立って挨拶をする自身が無い」という理由で、親族代表の挨拶を、息子や婿に代理で任せるケースもあります。

このように、自分にとっては難しいと思える仕事を、周囲の人に助けてもらうことで、喪主の負担を軽減することが可能です。分担する場合にも、形式的ではありますが、代表者として喪主を1名決める必要があります。

対処法②代理人をたてる

「喪主としての務めを果たす自信が無い」、「仕事などの事情で難しい」といった場合には、他の誰かに喪主を代理してもらう方法があります。

例えば、故人の連れ合いが高齢であることを理由に、娘や娘の婿に喪主代理を依頼するケース、長男が海外出張のため次男が喪主代理をするケースなどがあります。訃報で気落ちしている場合や、病気のために喪主を務められないという場合にも代理人を立てることがあります。

「喪主の代理を引き受けてくれる人がいない」という場合、葬儀社によっては、喪主代行をしてもらえる場合がありますので相談してみると良いでしょう。

対処法③喪主の負担が少ない葬儀にする

喪主は役割が多く、参列者が多い葬儀では、身体的にも精神的にも疲れてしまいがちです。近年増えている家族葬にすることで、喪主の負担をぐっと減らすことが出来ます。

家族葬は、参列者が少ない分、家族でゆっくりとした時間を過ごすことが出来るメリットもあります。喪主をやりたくないという場合には、小規模な葬儀にすることを検討しても良いでしょう。

喪主をやりたくない時は、辞退できる?喪主の負担を減らす対処法も解説

喪主の服装

喪主をする際の、男性女性それぞれの服装マナーについて、解説をします。

男性が喪主の場合

男性が喪主をする場合、一般参列者と同様、ブラックスーツを着用する方がほとんどです。光沢のないブラックスーツに、白無地のワイシャツ、黒いネクタイ、黒い靴下と靴を合わせ、光を反射する物は身に着けないのが基本です。ネクタイピンは外し、ベルトはバックルが大きすぎない物を選びましょう。

男性の正喪服は、黒紋付の羽織袴、もしくはモーニングスーツですが、正喪服を着用する方は珍しくなってきています。

女性が喪主の場合

女性が喪主をする場合、洋装でも和装でも構いません。洋装の場合は、光沢のない黒無地のワンピースやアンサンブル、スーツに、黒のストッキングやパンプスを合わせます。極力露出を抑えるのがマナーとされています。スカート丈は膝下になるようにし、袖が短い場合には、ジャケットを着用すると良いでしょう。

和装の場合は黒無地で染め抜き五つ紋の着物を身に着けます。帯は地域によって異なりますが、黒無地が一般的です。足袋は白色、帯揚げや草履などその他の小物は全て黒色で統一します。

持ち物

持ち物に関しても、黒が基本です。動物の皮製品は、殺生を連想させるため基本的にはNGです。アクセサリーは基本的には身につけてはいけません。結婚指輪と、一連の真珠のネックレスは例外として許されています。念珠と、白または黒で無地のハンカチを持参しましょう。

葬儀・通夜での喪主の服装は?持ち物やアクセサリーなども男女別で解説

喪主は香典や供花を出す必要はある?

喪主は、基本的には香典を頂く立場であって、香典を出す必要はありません。ただし、喪主と施主(葬儀代金を負担する人)が別の場合、喪主も香典を出す必要があります。

供花に関しても香典同様、喪主は基本的には頂く側であり、出す必要はありません。(ただし、一部地域によっては喪主が供花を出す風習があります。)

しかしながら、供花を出してはいけないというわけではありません。近年は家族葬が増えており、供花が少なくて寂しいと感じる場合に、喪主が供花を準備することもあります。その場合の名札は、「親族一同」や「子供一同」、もしくは無名の表記にすることで、喪主の名を名札に出さないようにすることが一般的です。

まとめ

喪主の役目についてまとめました。喪主は葬儀において一族の中心となる人物です。喪主について、「役割が多く、大変そう」と思われた方も多いかと思います。

しかし、家族葬が増えるにつれて、「喪主がやらなくてはならない仕事」は減っており、「葬儀社や家族と協力して行うこと」が増えています。喪主の仕事を複数人で分担したり、規模の小さな葬儀にすることで、喪主の負担を減らすことが出来ます。

また、事前に葬儀相談を行い、参列者リストの作成や遺影写真の準備など、出来る限りの準備をしておくことで、いざという時の負担を減らすことも可能です。

▼喪主がやることをより詳しく知りたい方はこちらをチェック!

葬儀・通夜で喪主がやることは?葬祭ディレクターが葬儀前から後まで解説

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:澤田ゆか

保有資格:葬祭ディレクター技能審査1級
大手互助会系の葬儀社に9年勤務し、管理者の経験を経て退職。現在はフリーの葬儀アドバイザーとして葬儀や終活相談、葬儀スタッフの育成を行っています。

関連する記事

記事のカテゴリ