喪主と施主の違いは?決め方やそれぞれの役割などを解説

葬儀や法事を執り行う時に、遺族の代表をあらわす言葉として「喪主(もしゅ)」や「施主(せしゅ)」があります。この喪主と施主にはどのような違いがあって、それぞれにどんな役割があるのかを解説していきます。

喪主と施主の違い

喪主とは、遺族を代表して葬儀の準備から当日の進行に至るまで、葬儀全体を取り仕切る役割をする人のことをいいます。具体的には、葬儀を執り行うにあたって、葬儀会社を決め、葬儀の日時や場所などの打ち合わせは喪主を中心に行っていきます。また、各所からの問い合わせなどへの対応や、葬儀当日の参列者や僧侶への対応や遺族代表としての挨拶をすることも喪主の役割になります。

一方で、施主とは葬儀の費用を負担する人のことをいいます。葬儀の進行や、費用に掛かる部分を担うのが施主の役割となります。このように、喪主と施主の役割は違っていますが、実際には喪主と施主は同じ人が兼任したり、施主を立てない場合も見られます。

喪主と施主の決め方

喪主の決め方には時に決まりはありません。そのため、誰を喪主にするのかは親族間で話し合いをして決められます。

この際、故人の配偶者や子など血縁関係の深い人から決めていく、または将来的に故人の供養を執り行う役割をすることになると思われる人を喪主とする、というのが現代では一般的な決め方です。また、喪主は祭事継承者(家を祀る行事を受け継ぐ人)である必要がないため、喪主を1人に決められない場合は複数としても問題ありません。

施主の決め方にも決まりはなく、費用を負担する役割であるという前提のもと、親族の合意の上で決めていくことになります。この場合、故人の配偶者や血縁関係の深い人に限らず、なかには家の当主が施主を務めることもあります。

喪主の役割

喪主は葬儀を執り行うにあたって、いろいろなことを決めていく役割があり、具体的には次のようなことを行います。

葬儀の準備をする

喪主は葬儀を執り行うために必要なことを決めていきます。最初に喪主が中心となり、どこの葬儀会社に依頼をするのかを決定します。特に、葬儀会社は複数の会社に見積もりを依頼し、費用を比較しておきたいものです。また、菩提寺がある場合は連絡を取り、日程の調整をしておかなければなりません。

最近では、どのような葬儀をしてほしいのかなどの希望を故人が残している場合もあります。それらの希望をふまえた上で、遺族や関係者と相談してどのような形式で行うのかや日時、参列者の範囲、遺影写真や棺に入れたいものなどを決定し、葬儀会社と詳細の打ち合わせを行っていきます。

また、遠方から葬儀に参列していただく方の宿泊先の手配や葬儀で受付などを手伝っていただく方に依頼の連絡をするなど、葬儀の前に喪主が準備することは数多くあります。

挨拶など葬儀当日の運営をする

通夜や葬儀当日は弔問客への対応、僧侶や参列者への御礼の挨拶などの役割を担います。通夜ぶるまいをする場合は、開始時間や場所の案内、通夜ぶるまいの席での挨拶や次の日の告別式の案内も喪主の役割となります。

葬儀・告別式では通夜の時と同様に弔問客や僧侶への対応を行い、弔電の中から読み上げてもらうものを選び、葬儀が滞りなく進行するようにします。

香典返しの手配など葬儀後の仕事をする

葬儀後は、香典の確認をして香典返しの手配が必要です。香典返しは、頂いた香典の金額に応じてそれぞれ品物を準備しなければなりません。そのほかにも、その後の供養や法要の手配、葬祭補助金や相続関係の手続き、遺品の整理など、喪主としてしなければいけない手続きがたくさんあります。

葬儀・通夜で喪主がやることは?葬祭ディレクターが葬儀前から後まで解説

施主の役割

施主は、葬儀に係る費用を負担するだけでなく、葬儀の進行に関して喪主のサポートを行う役割も担っています。喪主の年齢が若いなどの理由があれば、喪主に代わって施主を立てて喪主のサポートをする場合もあります。そのため、葬儀に係る費用に関しては喪主と連携を取りながら決めていくようにするほか、僧侶へのお布施の準備をしておかなければなりません。

また、供花は血縁関係では原則として並び順が決まっていますが、故人と関係性のあった会社や団体等から送られた供花をどのような順番に並べるのかを決める必要があり、これを決めるのは施主の役割となります。

喪主・施主も香典や生花(供花)は必要?

香典は葬儀や法事の際の費用の負担を援助するためにあるものですので、喪主が費用を負担する立場にあるのであれば、香典を包む必要はありません。

一方、喪主ではなく施主がいて、施主が葬儀や法事にかかる費用を負担するということであれば、喪主も香典を準備する必要があることになります。

しかし、喪主と施主が近しい血縁関係になる場合などでは、香典をどうするのかを家族間で話し合っておくと良いでしょう。また、施主は香典を頂く立場ですので、一般的には香典を出す必要はありません。

供花は香典とは違い、故人に対するお悔やみの気持ちを表すためのものとなるため、喪主や施主が出しても問題はありません。ただし、地域性によっては必ず出すようにする場合や、逆に喪主や施主は供花を出さないというところもあるため、事前に確認しておくようにしましょう。

弔電は喪主と施主のどちら宛にだす?

葬儀や法事に参列できないため、弔電を送る場合基本的には喪主あてに送るようにします。喪主は遺族の代表として葬儀を取り仕切る役割を担っていますので、その代表者にあてて贈るのが望ましいといえます。

しかし、喪主や施主を誰が担うのかが分からないような場合は、宛先を「〇〇(故人の名前)様ご遺族様」として送るようにします。

▼弔電の出し方や例文はこちらの記事をチェック!

弔電とは?文例や宛名の書き方、送り方などのマナーを詳しく解説!

まとめ

喪主は遺族の代表として葬儀を仕切る人であり、施主は費用を負担し、必要に応じて喪主をサポートする役割がありました。

以前は、葬儀の際に喪主と施主を分けているケースが多かったのですが、現代では葬儀の形も変わりつつあり、喪主と施主を分けずに兼任するケースも増えてきています。いずれにしても、葬儀を行うことになれば、親族間で喪主と施主を誰にするのかを話し合ってきめると良いでしょう。

▼喪主とは?葬儀までにやることや、服装についてのまとめはコチラ

喪主の役割とは?やることや決め方、施主との違いなどを解説!

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ