葬儀・通夜での喪主の服装は?持ち物やアクセサリーなども男女別で解説

喪主を務めることになった時に、どのような服装をすれば良いのかは性別や季節による違い、小物等の持ち物も含めて悩みやすいところです。この記事では喪主の服装について解説していきます。

【男性が喪主の場合】通夜・葬儀での服装

基本的に男性が喪主となった場合の服装は和装、洋装のどちらでも構いません。また通夜では、正式喪服でなくてもよく、略式喪服で構わないとされています。

ただし、洋装の場合は喪服の定義に即したものでなければマナー違反となるため、正しい知識を身につけておきましょう。

和装の場合

男性の喪主が和装を選ぶ場合、正式礼装は「黒羽二重の染め抜き五つ紋付、羽織袴」となります。

紋付の長着に袴を履き、紋付の羽織を着用します。羽織は縦糸・横糸共にひねりのない生糸を用いた黒羽二重で仕立てられ、背・両袖・良胸に各一つづつ家紋が染め抜かれています。また、袴は最高級の絹織物である「仙台平」や「博多平」を着用し、帯は角帯とするのが一般的です。衿は白または灰色の羽二重を選びます。ただし、葬儀では衿を重ね合わせないように気をつけましょう。

足袋は白のものを履くのが一般的ですが、地域によっては黒の足袋を履くこともあるため、事前に確認しておく必要があります。また、草履は畳表付きのものを準備します。

洋装の場合

男性が喪主を務める際の洋装の正式礼装は、ブラックのモーニングコートにダークグレイの縞柄のスラックス、黒のネクタイとなります。

ただし、モーニングコートは昼の礼装ですので、通夜では諄礼装であるブラックスーツを着用するのが一般的です。しかし、最近では通夜だけでなく葬儀・告別式を通してブラックスーツを着用するのが一般的になっています。

ブラックスーツにはシングルとダブルがありますが、どちらを着用しても問題ありません。ブラックスーツの生地は光沢のないものとし、白のワイシャツに黒のネクタイ、黒または濃紺の無地の靴下を履きます。靴は光沢のない黒のシンプルなデザインの革靴とします。ワイシャツは暑い時期には半袖でも構いませんが、式の間は上着を着用するようにします。

また、ベストはおしゃれなイメージがあるため基本的には着用しません。冬場などで防寒のためにコートが必要な時は無地の黒や紺のシンプルなデザインのものを選びます。

髪型やアクセサリー、バック

髪型は落ち着いた清潔感のある髪型が望ましく、襟足や前髪は短くカットされている髪型が理想的です。前髪が目にかかるような場合にはカットするか、おでこを見せる髪型にするようにします。

ワックスやヘアスプレーは少量なら使用しても問題ありませんので、お辞儀をした際などに髪が乱れることがありそうであれば、香料の強くないワックスやスプレーで軽く固めておくようにすると良いでしょう。

また、葬儀ではアクセサリー類は基本付けないのがマナーですが、腕時計は結婚指輪同様に、葬儀で身につけても良いものとされています。喪主は通夜や葬儀の進行などで時間を確認する必要があり、時計はあったほうがよいでしょう。しかし、どのような時計でも良いわけではなく、目立たないシンプルなデザインのものをつけるようにします。また、ゴールドや派手な色づかいものはさけ、シルバーや黒などのものを選びましょう。

このほか、ネクタイピンやカフスなどの装飾品は喪服を着用する時には付けないのがマナーですので、使わないようにしましょう。

【女性が喪主の場合】通夜・葬儀での服装

女性が喪主を務める場合は、和装とするのが良いとされてきましたが、最近では洋装・和装のどちらでも良いとされ、以前に比べると洋装で務められる方が増えています。

和装の場

女性の和装の正式礼装は染め抜きの五つ紋付きのものを着用します。以前は関東と関西では生地に違いがあり関東では黒羽二重、関西では黒の一越縮緬とされていましたが、現在では東西共通して縮緬の生地を用いるのが主流となっています。女性の場合の紋は必ずしも嫁ぎ先の家紋でなければならない訳ではなく、実家の紋を入れることも多く見られます。

帯や帯揚げは黒無地で、帯は地域性によって袋帯か名古屋帯を着用し、一重太鼓で結びます。帯締めは黒の平打ちのものを使用し、端は下向きにします。また、半襟と足袋は白とし、それ以外のバックや小物はすべて黒で統一します。

洋装の場合

女性が洋装で喪主を務める時には、光沢のない生地を使用したワンピースまたはフォーマルスーツとします。正式礼装ではスカート丈は長い方が格式が上とされています。そのため、喪主を務める場合には、ひざ下5~7cm以上のロング丈のスカートを着用するようにしましょう。

また、ボタンやベルトは同じ生地を使用してあるものを選びます。そして、足下は黒のストッキングに、靴は飾りのないシンプルな黒のパンプスが基本です。

喪服は肌の露出を避けなければいけないため、夏でも長袖を着用します。そのため、気温の高い時期は夏用の喪服を着用するのが良いでしょう。

冬の防寒着は黒または濃紺やグレーなどの地味な色のコートを着用します。また、寒い時期でも、厚手のストッキングはカジュアルな印象を与えるため好ましくありませんので、肌の透ける黒のストッキングを着用します。

髪型やアクセサリー、バック

洋装の喪服を着用するときは、髪はすっきりとまとめておき、黒のヘアゴムで耳より下で結んでおきます。この際、編み込みなどはせず、ヘアアクセサリーなども付けずに、シンプルな髪型となるように心がけましょう。

そのほか、アクセサリーは結婚指輪と一連のパールのネックレス、イヤリング以外は付けません。また、バックは光沢のない黒のもので、革製品のものは避け布製のものが正式です。

お葬式・通夜での髪型のマナー|男女別や髪の長さ別に詳しく解説

【女性向け】葬儀でのアクセサリーのマナーは?「真珠」と「結婚指輪」はOK!

メイク

喪主を務める時に、メイクをしないのはかえって失礼にあたるとされます。控えめで上品なナチュラルメイクとなるように、チークやアイシャドウ、光沢の出るグロスは使用しないようにしましょう。

また、ネイルは取り除くようにするのが基本ですが、ジェルネイルなどで落とすことができない場合は、上からベージュのネイルを重ね塗りするなどして目立たないようにしておきましょう。

葬儀でのメイクの基本マナー|葬儀にふさわしい「片化粧」とは?

喪主の通夜・葬儀での持ち物

喪主を務めるにあたっては、服装を整えることに加えて、通夜、葬儀の時に持っておくべきものがあり、忘れないようにしましょう。また、喪主は香典を受けとる側になり、香典を準備する必要はありませんので覚えておきましょう。

数珠

通夜や葬儀でお坊さんの読経の時や焼香を行う時に数珠が必要になります。本来数珠は108個の珠が連なっていて、略式の場合は27個とされています。葬儀の間常に持参しておくことが望ましく、宗派に関わらず片手で持っておくことのできる略式数珠を持っておくと便利です。

ただし、宗派によっては決められたものがあることもあるため、どのような数珠を準備しておくのが良いのかは、あらかじめ仏具店や菩提寺等に確認をしておきましょう。

葬儀・お通夜での数珠の使い方・持ち方は?数珠なしで参列するのはマナー違反?

ハンカチ

喪主は白か黒のハンカチを使用します。ただし、ガーゼやタオル地のものや、サテンのように光沢のあるハンカチは避けるようにしなければなりません。シンプルな無地のものを準備するようにします。

なお、汗をかく季節では汗を拭くために別途、無地の白や黒のタオル地やガーゼ生地のものを準備しておくことは問題ありません。

葬儀にふさわしいハンカチはどんなの?葬儀で役立つハンカチの使い方

お布施

僧侶に葬儀で読経をしていただいた御礼に、喪主よりお布施をお渡しします。お布施をお渡しするタイミングは最初に僧侶が会場に到着された時、またはお帰りになる時です。

もし、僧侶に遠方より葬儀会場にお越しいただいた場合は、お布施とは別に御車代をお渡することになり、これらを忘れないようにします。

葬儀に必要なお布施の書き方と正しい包み方とは?マナーや費用相場も詳しく解説

法事での喪主(施主)の服装は?

葬儀以降の法事であっても、三回忌までは喪主(施主)は正式喪服、又は準喪服を着用するのが一般的です。七回忌以降になれば故人が亡くなってから年月の経ち、身内だけで行うことも多くなるため、略式喪服を着用することで問題ありません。

略式喪服は男性であれば黒のスーツに黒のネクタイを基本として、無地かシンプルな柄の紺やグレーなどのダークスーツでも構いません。女性の場合は黒や紺、グレーなどの見時またはシンプルな柄のワンピースやスーツ、アンサンブルが基本です。略式喪服のスーツはスカートでもパンツスタイルでも構いません。これに、黒のストッキングに黒やダークカラーのパンプスをあわせます。

喪主の妻の場合の服装は?

喪主を務められるのが男性である場合、その妻の服装は基本的には女性の喪主の場合の服装に準じます。しかし、洋装にするか和装にするかは、喪主の服装に合わせて決めておく必要があります。

最近の傾向として、頻雑に動くことの多いお通夜では準礼装の洋装を着用し、葬儀・告別式では正式礼装の和服を着用されるという方も多いようです。

ただし、地域の風習や代々伝わる家のしきたりがあるなどの事情もあります。これらを尊重しながら、ご夫婦でどのような服装にするのかを決めると良いでしょう。

遺族・参列者の服装

喪主以外の遺族の服装は、正式礼装である必要はありません。現在通夜・葬儀や法事では、準礼装、略礼服を着用するのが一般的になっています。
準礼服とは、標準的な喪服と呼ばれるもので、男性ではブラックスーツとなります。白のワイシャツに黒のネクタイ、黒の靴下と光沢のないシンプルな黒の靴が基本です。

女性の場合は漆黒のワンピースやスーツ、アンサンブルなどがあります。肌の露出を避けた、ゆったりとしたデザインのものを選びます。具体的には袖は肘が隠れるつくりになっていて、スカート丈は座った時に膝が出ないようにふくらはぎ程度の長さ以上が適当な長さといえます。

また、子どもの場合は学校の制服があれば制服で問題ありません。幼児や小学生では男の子は白の襟付きのシャツに黒のズボン、女の子であれば白のブラウスに黒のスカートや、黒やダークグレーのワンピースとします。大学生以上になれば、黒やダークカラーのスーツやワンピースを着用するようにしましょう。

葬儀・お通夜での服装マナー | 男女・子供は何を着ればいい?

まとめ

喪主の服装は法要の種類や故人との関係性によって、どのような服装はふさわしいのかが変わってきます。しかし、喪主は参列者よりも格式の高い服装をしなければならないことには変わりません。

急に喪主を務めることになった場合でも、参列者の方に失礼にならないようマナーを心得ておきましょう。

▼葬儀での喪主の役割やすべきことを知りたい方はコチラ

喪主の役割とは?やることや決め方、施主との違いなどを解説!

当サイトでは、終活や葬儀・法事でのマナー以外にも、介護や健康、定年・子育て後の再就職について、役に立つ情報を毎週発信中!
「新着記事をいち早くチェックしたい!」「終活や老後の楽しみ方について、情報収集したい」という方にむけ、LINEアカウントでは新着記事の情報や充実したセカンドライフに役立つ記事を定期的に配信していますので、ぜひチェックしてみてくださいね! 友だち追加はこちらから。

LINE友だち追加はこちら 新着記事をいち早くお届け!

この記事を書いた人:寺岡 純子

保有資格:終活カウンセラー上級、主任介護支援専門員、看護師、GCS認定コーチ
合同会社カサージュ代表。急性期の看護師として従事後、介護保険制度の開始と共に介護業界へ転身。超高齢社会の社会構造の変化を目の当たりにし、人生100年時代を自分らしく生きる必要性を実感する。 現在、20年間の介護業界での経験も生かしながら、終活をお手伝いする終活カウンセラーとして活動中。自分らしい人生を応援する『Happy Life College』を主宰。

関連する記事

記事のカテゴリ