回し焼香とは?| 回し方・最後の人の作法

©Tsuboya/stock.adobe.com

近年は葬斎場を借りたホール葬を行う方が多いので、「焼香」と言えば、焼香台の前に立って行う立礼焼香をイメージされる方が多いのではないでしょうか。

しかし実は焼香のやり方は、立礼焼香の他に「回し焼香」「座礼焼香」があります。

「回し焼香」は自宅やお寺、または式場が狭い場合に行うことが多い方法です。

今回は、「回し焼香」のやり方を詳しく解説していきます。

回し焼香とは

回し焼香とは、立礼焼香の様に自分は移動せず、座ったまま香炉自体を次から次の人に回して行う焼香です。

香炉はキャスターがついた香炉台に乗せて回す場合もありますが、無い場合はお盆に乗せて回すこともあります。

香炉の中の香炭には火がついていますので、特にお盆に乗せた香炉を回す場合にはくれぐれも注意して回さなければなりません。

回し焼香の作法

回し焼香は、焼香が始まる際に僧侶から喪主に香炉が渡される事が多いです。

斎場を借りている場合は、スタッフから喪主に香炉が渡されることもあります。

その後、喪主から隣の人へ、また隣の人へというように焼香が終わり次第、次の人へ順番に回していきます。

細かな手順は下記にて解説していきます。

手順1:香炉を会釈して受けとる

・正座している場合

前の人が焼香を終えたら、会釈して香炉を受けとります。

受け取った香炉は自分の前にお盆を置くスペースがあれば、膝の正面に置きます。スペースがなければ、自分の膝の上に置きます。

・椅子に座っている場合

キャスター付きの焼香台が回ってきた場合には、前の人から会釈して香炉台を受け取り、自分の正面に置きます。

お盆が回ってきた場合には、自分の膝の上に置きます。

手順2:遺影に向かって一礼(合掌)

遺影に向かって、背筋を伸ばして一礼します。もちろん合掌でも良いですが、膝の上にお盆を乗せていて不安定な場合には、手できちんと支えて一礼をするのが良いでしょう。

回し焼香の際には、遺族の方が見えなかったり背中を向けていることが多いので、遺族の方への一礼はしなくて構いません。

手順3:焼香、合掌

右手の親指、人差し指、中指で抹香をつまみ、額の前まで持ち上げ、押しいただいたら静かに香炭にくべます。これを1~3回繰り返します。

※作法は宗派によって異なります。

焼香の最中は、お盆を支える手が左手のみになってしまいますので、くれぐれもひっくり返してしまわないように注意します。

焼香が終わったら合掌をしますが、お盆を膝の上に置いており不安定な場合には、座礼でも良いでしょう。

手順4:会釈をしながら次の人に回す

次の人に香炉を回す際には、会釈したあとこちらを見ているか確認した上で回すようにしましょう。

特にお盆に乗せて回す場合には、香炉は思ったよりも重いこともあるので、相手がきちんと受け取ったのを確認してから自分の手を離すようにします。

焼香台(香炉)の準備の仕方は?

香炉には二つの種類があります。

1つ目は左側に香炭、右側に抹香を入れる場所がある角香炉と呼ばれるタイプで、こちらはよく葬儀場や寺院などでみかけるものです。

角香炉がある場合は、回し焼香でもお盆等は使わずにそのまま回すこともあります。

2つ目は自宅のお仏壇で使われるような丸い香炉です。回し焼香の際には、朱肉ケースの様な香合と呼ばれる蓋付きの抹香入れと合わせてお盆の上に乗せて使います。

配置は角香炉と同様に、左側が香炭が入った香炉で、右側に香合を置きます。

丸い香炉には、土香炉と金香炉の二種類あります。

土香炉は陶磁器で作られたもので、金香炉は金属や真鍮で作られたもので飾りや蓋がついていることがあります。

焼香の際には、土香炉でも金香炉でもどちらを使っても構いません。

回し焼香の最後の人の作法

回し焼香の際は、最後の人が焼香を終えたらそのまま喪主に香炉を渡します。

その後、喪主は受け取った香炉を僧侶の脇に差し出すようにして返します。

式場が狭く、立ち上がって喪主の所まで返しにいくスペースが無い場合は、前の人の肩を軽く叩いて、喪主の所まで返すのをお願いしても良いでしょう。式場の広さなどを考えて、臨機応変に対応しましょう。

斎場を借りている場合は、スタッフの方がフォローに入ってくれる場合もあります。

回し焼香をおこなうときの注意点

©tamayura39/stock.adobe.com

法要などでは、回し焼香をすることも多いですが、一般的な葬儀では少ないので、実際にやったことがある人は少ないかもしれません。

地域によっては特別な習慣あったり、抹香ではなく線香を使うケースもあります。

地域によってはお金を納める習慣がある

回し焼香の際に100円硬貨などのお金を香炉台に置く習慣がある地域があります。これは九州から関西、北陸、中部など一部地域に残っている習慣です。

地域によっては10円玉、50円玉が相場の所もあるようです。

元々葬儀に使うお香は参列者が自分で持参するものでした。現在は用意されたものを使うので、そのお香代としてお金を置く風習が生まれたという説と、故人が三途の川を渡るための渡り銭とする説があります。

香炉台に置かれたお金は、お寺に納められます。

お金を置く風習が残る地域では、回し焼香だけでなく、立礼焼香や座礼焼香の際にもお金を置くこともあります。

これは、以前の葬儀は自宅の狭い中で行う事が多く、葬儀の焼香も必然的に回し焼香になるために当家へのお香代としていたのが、葬儀の場所が葬祭ホールなどに代わっても習慣だけが残ったのだと考えられます。

また斎場を借りている場合は、開式の前に「焼香銭の相場は100円です」などとアナウンスが入る事もあるようです。

代わりに線香を使うことがある

通夜や法事などでは、焼香の代わりにお線香を使うこともあります。

線香も抹香も種類が違うだけで、お香を焚くという意味合いは同じになります。

焼香の代わりにお線香の使うときは、線香を右手に持ち、蝋燭で火をつけ、お線香を左手に移動させ、右手で仰いで消すのが一般的です。

また火のついたお線香は、顔の辺りから胸元までスッと下げると火が消えます。仰いで消すよりそちらの方がスマートに見えますので試してみて下さい。

回し焼香台の用意の仕方

自宅で葬儀や法要を執り行う場合で、回し焼香になりそうな場合は下記の道具を用意をします。

  • 香炉
  • 香炉灰
  • 香炭
  • 香合(角香炉であれば不要)
  • 抹香
  • お盆

これらは回し焼香セットなどとして販売もされていますし、葬儀社などからレンタルも可能です。

香炉には香炉灰を入れておき、開式10分~15分前に火を着けた香炭をその上に置きます。

香炉の足が3本の場合は、後ろに2本の足、正面に残りの1本がくるように置きます。香炉に紋や絵柄が入っている場合は正面にくるように向けて置きます。

お盆の上には左側が香炉、右側が香合となるように並べます。

まとめ

周忌法要などは、葬儀に比べると参列者も少なく、お寺や自宅で行うことも多いので、回し焼香となるケースもあります。

地域によっては、独特の習慣がある場合もありますので、地方の葬儀や法要に参列する場合は、その土地に住んでいる方に事前に確認しておくと良いでしょう。

しかし、どんな形式になったとしても、焼香は作法よりも念じる気持ちが大切だということは忘れないで下さい。

焼香とは?葬儀での焼香の基本的な作法

この記事を書いた人:富永 ゆかり

この記事を書いた人:富永 ゆかりこの記事を書いた人:富永 ゆかり

資格:終活アドバイザー、終活ガイド
大学卒業後、IT系企業にて4年間営業として就業。その後、葬祭業・仏具販売店を経営する家に嫁ぎ、現在は家事・育児と本業の葬祭関連業務のかたわら、ライターとしても活動中。

関連する記事

記事のカテゴリ